江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めつつ吉原遊廓の未来も変えようと思う

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: Tony Lewis  [2018年 01月 16日 08時 40分] 23歳~29歳 男性
一言
#239
誤、十字屋の太夫にはには
正、十字屋の太夫には

碁のルールは知っていても、
どうもよく理解してはいない現状。。。
投稿者: りー  [2018年 01月 15日 18時 45分] ---- ----
一言
本当、藤乃太夫他の太夫も大変だなぁ~。
でも江戸の、自分の見世の、名誉やら何やらがかかっていますからねぇ?
どちら様も頑張れ!と。←太夫も家元も大変。

ところで。十字屋にも、太夫が居たんですねぇ?
水源    [2018年 01月 15日 20時 48分]
感想いただきありがとうございます。
江戸と吉原と三河屋と本因坊の名誉を背負ってるので大変です。
十字屋の太夫は厳密には格子太夫ですけどね。
投稿者: mikoto  [2018年 01月 15日 17時 57分] ---- ----
気になる点
他社の作品名と登場人物名は、一部伏せ字にするか違う言葉に置き換えた方が、後から問題にならないと思います。
今は著作権とか、とても五月蝿くなっているので注意が必要かと…。
一言
いつも楽しく読ませていただいてます。
これからの更新も無理せず頑張って下さい。
水源    [2018年 01月 15日 18時 34分]
感想いただきありがとうございます。
ふむ、作品名は伏せ字にしておきましょう。
本因坊秀策は架空の創作されている人物ではないので大丈夫だと思うのですが。
投稿者: 狐塚  [2018年 01月 15日 16時 56分] ---- ----
良い点
遊女の一日 看板太夫の藤乃の場合まで読みました。けっこう雑学も多い?和風な雰囲気がよかったです。桃香がかわいかったです。
水源    [2018年 01月 15日 17時 11分]
感想いただきありがとうございます。
桃香を気に入っていただけたようで幸いです。
投稿者: 人造スライム17号  [2018年 01月 15日 16時 32分] ---- ----
一言
十字屋の太夫もオブザーバーとして指導してやりなよ。仲間はずれにすると拗ねるぞw
水源    [2018年 01月 15日 17時 10分]
感想いただきありがとうございます。
やっぱ不公平で駄目でしょうか(^^;
投稿者: Tony Lewis  [2018年 01月 15日 04時 57分] 23歳~29歳 男性
一言
#238
誤、夏に吉原都島原で対抗戦をすることを
正、夏に吉原と島原で対抗戦をすることを
水源    [2018年 01月 15日 12時 15分]
誤字失礼しました、訂正済みです。
投稿者: mujina  [2018年 01月 14日 00時 51分] ---- ----
一言
江戸の碁家にとってはいい臨時収入だろうなぁ。
水源    [2018年 01月 14日 19時 33分]
感想いただきありがとうございます。
そうですね後の家元には良い臨時収入ですが、弟子が負けたら面目に関わるので指導は鬼になると思います。
投稿者: りー  [2018年 01月 13日 23時 29分] ---- ----
一言
藤乃太夫、大変ですね。
でも、まあ島原には負けられないので頑張れ~!
三浦屋に山崎屋、玉屋も、もうちょっと温和に協力しようや。←ココロの声。

いよいよ主人公にも子供が(笑)
性別もですが、名前とか考えないと~(^^♪
水源    [2018年 01月 13日 23時 35分]
感想いただきありがとうございます。
何かで一番になるためには大変な努力と運と才能がいるのですね。
才能とか運はともかく努力は常にし続ける必要があるので大見世の太夫も大変なのです。
もちろんそれは島原では当たり前に行われていることではあるのですけど。
大阪の新町遊郭の太夫が教養芸事の習得にあんまりやる気が無いのは客が成り上がり商人や水夫ばかりで教養が理解できる人間がほとんどいないからだったりします。

まあ、三浦屋に山崎屋、玉屋も自分は藤乃に歌合戦で負けてるけど直接対決では負けてないから好き放題ですね。

はい後ちょっとで子供が生まれるはずです。
投稿者: 羽柴煌  [2018年 01月 10日 08時 48分] ---- ----
一言
絵本の選考はやっぱり裏事情たっぷりになった模様でwww まぁ無難なところに落ち着いたみたいですが。
定本部門に関しては完全な一般と、武家・公家・宗教関係者などのセミプロたちとを暫くは分けて審査するしかないみたいですね。教養や知識、何より読書量が違いますから垣根無しはまだちょっと早すぎたみたいですね。アイデア的に優れたものをプロが書き直したものを演じ、応募作を本にして見比べるというのも面白い試みかも?
水源    [2018年 01月 10日 09時 22分]
感想いただきありがとうございます。
絵本の特別賞はやはり色々事情が勘案されたようです。
物語の脚本を作るにしてもたとえば能楽や猿楽の知識があるのとないのとでは大分違いますからね。
のど自慢のときもそうですけど素人とセミプロはわけないとやはり厳しいものがあるようです。
脂漏のの作品を原案として利用するというのは良いかもしれません。
投稿者: omega11  [2018年 01月 10日 02時 03分] ---- ----
一言
更新お疲れ様であります
楽しく読ませて頂いてます

237のタイトルが、お応募になってます
水源    [2018年 01月 10日 03時 41分]
誤字失礼しました、訂正済みです。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ