SaveOurSоuls《セーブ・アウァ・ソールズ》 DE《こちらは》総通局・電波監理部・監視第二課

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 乾レナ  [2017年 08月 15日 00時 35分] ---- ----
良い点
電磁波による影響、違法電波の恐さを具体的に感じられました。電磁波は目に見えない、それ故に及ぼすものは重くて拡大的なんだと、改めて学ばせていただきました。

停車中電車に後続車への無線が繋がらない場面、読みふけっていました。刻々と迫り来る惨事と死を感じてハラハラしました。詳細な場面の移り変わりと丁寧な情景描写に、スローモーション化されたような恐怖心を与えられ、惹き込まれました。文章力が高く、感心させられます。

希望の持てるラストの終わり方が好きです。今日も変わらず任務が待っていて、日常に戻っていく、十和田ヒーローたちは陽射しを浴びてキラキラしている、そんな雰囲気が感じ取れます。最後の文章は、キリリと引き締まっていて軽やかで、これまでのストーリーを爽やかにまとめあげていると思います。

そしてやっぱり、老婆が原因だったのですね。冒頭の方で、彼女の無線機が要因にしては一見疑問が残るように仕向けていて、最後にその理由と関連が解き明かされるのが見事でした。

目新しいテーマに挑戦されているしちさんの作品は、世の中も若者たちも眩しく煌めくような、独特の作風で未来の希望に満ち溢れていました。最後の一文と読後感も良いですね。
にのい・しち    [2017年 08月 15日 15時 37分]
いつも、暖かいメッセージ、本当に痛み入ります<(_ _)>
文章力が高いと言って頂き、作っている時の苦が労吹き飛びます!
創作しているときは、いつも文章にうなされているのもので(泣)

未熟者ですので、文章もレベルが低い上に、ミステリーとしては、要所要所で矛盾があるなどで、お恥ずかしいかぎり(赤)

それでも最後まで読んで頂き、まことにありがとうございます!(^^)!

元々、電波監視官が出てくるSFを作っていて、いろいろ調べていたら、ふと「これは、普通にドラマとして作っても、面白いかも?」と思い、勢いで作ってしまった物です(笑)

なろうや、他の投稿サイトにも、電波監視官の作品は無かったので、これは先取り出来るぞと! と、よこしまな考えもありまして(^^ )

正直、小説を作るまでは、電波監視官なんて職業は、全く知らなかったので、四苦八苦しました(~_~;)

何せ、素人からしたら、情報が少ないので、資料を集めるのも一苦労で……

時間があれば、続きを書いて行きたいです。

なので、今回の若い電波監視官の活躍はここまで、と言うことで……。

本当にありがとうございます!(^^)!
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ