宗歩好み!~最強美少女棋士 天野宗歩ができるまで~ 

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 巻神様の下僕  [2018年 01月 11日 00時 19分] ---- ----
一言
荘次郎君棋譜探しはどうしたんだい?

藤之森ちょろり    [2018年 01月 11日 07時 56分]
巻髪様の下僕様
感想ありがとうございます。
古寺で古い棋譜を探している際に偶然見つけた民間伝承。彼もまた鬼に取り憑かれてしまったのかもしれませんね
投稿者: 巻神様の下僕  [2018年 01月 07日 08時 51分] ---- ----
気になる点
菊ちゃん、宗歩たんをお姉さまと人前で言って良いのかい?
一言
駒作りの苦労が忍ばれますね。

どれだけの値段がしたのか知りたいですね?
藤之森ちょろり    [2018年 01月 07日 10時 05分]
巻髪様の下僕様
感想ありがとうございます。
菊の不適切な発言についてご指摘ありがとうございます。
こちらの見落としでございますので、早速修正させていただきました。
当時の駒の値段は正確にはわからないのですが、もともとは武士の手内職でしたので卸値は相当安かったように思います。それでも庶民には高嶺の花で、自作の駒かせいぜい書き駒が主流でした。幕末になると手彫りの彫駒が少しずつ大阪などで流行していったようです。
投稿者: 巻神様の下僕  [2017年 12月 28日 04時 54分] ---- ----
良い点
デフォルメキャラが可愛い! ……じゃなかった。

お姫様が化けて出てくるのかね?

菊ちゃん以外と良い娘なのか?


藤之森ちょろり    [2017年 12月 28日 08時 55分]
巻神様の下僕様

感想ありがとうございました!
コミカルに書くって難しいなと、頭を悩ませながら書いてましたので、可愛いと言ってもらえると嬉しいです。
昔話を絡ませたエピソードを一度書いてみたかったので本章で挑戦しております!
投稿者: 秋野 木星  [2017年 12月 25日 17時 38分] ---- ----
良い点
メリークリスマス!☆彡
皆のイラスト可愛いですー!
じっくり全員を見てしまいました。(〃艸〃)ムフッ
藤之森ちょろり    [2017年 12月 25日 21時 27分]
秋野 木星様

感想ありがとうございました!
結構時間がかかったのでそう言ってくれると、本当に嬉しいです。
あくまで私のイメージなので、ご想像と違うキャラクターもあるかもしれませんが、引き続き本作をどうぞよろしくお願いします!
(私のお気に入りは、大橋柳雪です^^)
投稿者: 秋野 木星  [2017年 12月 19日 22時 15分] ---- ----
良い点
この将棋の駒を作る村はどの辺りなんだろうと想像するのが楽しかったです。
うちのダンナーの伯父さんは大山名人の同級生で、そこの生家の近くに大野昭和斎という木彫りをする人間国宝の人の家もありました。
ちょっとその事を思い出しました。
藤之森ちょろり    [2017年 12月 20日 07時 09分]
秋野 木星様
感想ありがとうございました!
駒作りの村は、山形県天童がモチーフです。
駒師も将棋のプロ、是非本作のどこかに登場させたかったのです。
倉敷は大山名人の出身地ですね。
そんな木彫りの有名人がいらっしゃったなんて偶然ですね。
当時は天童ではなく、大阪彫りが全盛の時代。
駒師も関西で活躍していたそうですよ。
投稿者: 巻神様の下僕  [2017年 12月 18日 23時 05分] ---- ----
良い点
ゴロゴロ宗歩たん 可愛い!
一言
宗歩たんの必殺技は……

『寝言で目隠し将棋だ!』
藤之森ちょろり    [2017年 12月 18日 23時 17分]
巻神様の下僕様

感想ありがとうございました!
前章がシリアス気味でしたので、本章はコミカル調で楽しい雰囲気で行きたいと思います!
投稿者: カボチャの悠元  [2017年 12月 09日 23時 34分] ---- 男性
一言
今回かなり、可愛い内容でしたね?

むしろホッとしながら笑ってしまいました。(*^^*)いつの世も明るく活気がある風景に引かれるカボチャは楽しく読ませていただきました。
藤之森ちょろり    [2017年 12月 09日 23時 48分]
感想ありがとうございました(・∀・)
本章ではラブコメディーに挑戦したいと思います(笑)
ps
御作の更新に追いつけておらず申し訳ありません。
ようやく落ち着きましたので読書の方も再開します。
投稿者: 巻神様の下僕  [2017年 12月 04日 23時 43分] ---- ----
一言
うう、私にはちょっと難しい問題です。

そして名探偵荘次郎が最後まで教えてくれないなんて!

なんて意地悪!(分かってるけどね)
藤之森ちょろり    [2017年 12月 05日 09時 53分]
巻神様の下僕 様

ご感想ありがとうございました。

ちょっと推理小説っぽい展開に挑戦してみました!
でも少しずつ物語の確信に触れていく、というのがとても難しいですね。

投稿者: 巻神様の下僕  [2017年 12月 04日 23時 29分] ---- ----
良い点
芋虫荘次郎に笑た!
一言
お律さん。あんたはんはええ人や!

腐女子の鏡やで!
藤之森ちょろり    [2017年 12月 05日 08時 27分]
感想ありがとうございました(・∀・)
彼女はかつて遊郭の頂点にいたので、これくらい朝飯前かと(笑)

本章は将棋の駒をテーマにする予定です。
宗歩好み書体が如何にして作られたか、フィクションですがお楽しみに!
投稿者: 巻神様の下僕  [2017年 11月 29日 00時 40分] ---- ----
一言
宗歩たん、そんなに金吾と仲良くしないで!

太郎松が袖で唇噛んで見ている風景が目に浮かぶ。
藤之森ちょろり    [2017年 11月 29日 09時 38分]
感想ありがとうございました!

なにせ、「宗歩好み!」ですからねぇ。

これからも太郎松の苦難は続くことでしょう。

本章もなんとか無事に完結いたしました。

ぼちぼちになりますがこれからも頑張っていきますので、よろしくお願いいたします
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ