ログ・ホライズン

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: とふ  [2017年 09月 17日 21時 52分] ---- ----
良い点
久しぶりにログホラ読みました。
Ep12、Ep13を土日で一気読みしました。
すごく良かったです。
投稿者: 夜の狼  [2017年 09月 13日 22時 30分] ---- ----
一言
 元から人格に問題があったと思われる「秧鶏(くいな)/インクティス」ですが、その人間性が壊れてしまった現在では、多少気の毒にも感じます。
 彼女にも救いの手があれば良いのですが、しでかした事が事だけに、大半の人はそれ相応の報いを受けるべきだと思っているんでしょうね。
 もちろん私も、不始末の責任は取らされて当然だと思いますが、その後で何かあれば後味も少しはマシになるかも知れません。

 もしかして、ラスボスは彼女……って事はさすがに無いだろうなあw
投稿者: 白灰  [2017年 09月 06日 19時 42分] ---- ----
一言
●誤字など
それぞれ
>顔見知りや友人同士では底抜けに陽気になるような男が、交流のない他人に対しては警戒のあまりか急によそよそしくなることも、[珍しいではない。]
[珍しくはない。]

>魅惑するような怪しい笑みは[そのままだったら、]たぶん、濡羽のなかに陰湿なものはないのだと思う。
[そのままだったから、]

>関西が大変だった時期に手を[課さず、]アキバを中心にした〈円卓会議〉体制のみに注力してしまったのだから、
[貸さず]

ではないかと思います。
そういえば誤字を見直すには、文章を一度何かで隠して、文末から一文字一文字確かめるという方法があるそうです。
・・・・流石に、ちょっと面倒ですが。
あとは、読みあげソフトなどは良いかもしれませんよ。
先入観無しに、文章を読み上げてくれますから。
それに、そういったものは、キャラクター製品になっています。
そう、ちょっと画像を加工してホワイトプリムをのっければ、あのゆっくりな饅頭でさえ立派な朗読専門メイドに!
・・・・・・・・見えるような気がしてきませんか?

●感想
更新乙です!
シロエと濡羽さんの対談は、内容の密度が濃くて大満足でした!
では、今回もさらっと感想行きます!

・131話
>「シロエ殿も可愛らしいご息女をお持ちですな!」と言われて立腹しているのだ。
ひどいw
いや、
>いたわりの気持ちを込めて、アルコールの入っていない飲料を受け取ってアカツキにも手渡しておいた。
という一文を読むまで、私もアカツキが成人してることを、すっかり忘れていましたがw
アカツキさんにじゅっさい。
しかし、職務中とはいえ、ここでお酒を渡したりはしないのですね。
どうやら、シロエくんのそのあたりのフォロー能力は、まだまだ発展途上みたいですね。

>「カラシンさんは『僕は商業系を担当しますね!』とか言いそう」
>「ああ……」
>「僕は商業系を担当しますね!」
吹き出しましたw
これが、気心が知れた仲間というヤツですね!(微妙に違います)

>だがしかし、おなじ〈放蕩者の茶会〉出身のインティクスが、その〈Plant hwyaden〉の実権を握っているということを聞いたならば、彼女との交渉を何処かの誰かに押し付けるなんて言う選択肢はシロエにはない。
シロエにしっかりした決意がうかがえて、安心しました!

>おそらく彼らは同意を求めているのだ。
>年少男子コンビとソウジロウ行方不明
うーむ、不穏な予感しかしません。
年少男子はともかく、ソウジロウさんはわりと責任を負っている身のはずなのですが・・・・・・・・。

>あの夜敵として濡羽を断ったのは、決して濡羽のためだけではなかった。突風のようにシロエの人生に現れて全てを塗り替えてシロエを新しい場所へと連れて行ってくれる人。新しいカナミを、シロエは断ったのだ。
おお、そういった意味もあったのですね!
>どうにかして良い関係を築ければ良いと、シロエはそう考えていた。
フラグにしか思えません。
ま、まあ全ては意図、想像から始まるのです!
想像は、自由にして未知なる世界へのスタート地点!イマジン!
と、60年代風のスタンスで押し切って、今回の感想を終えさせていただきます。

あ、想像力といえば、
>アカツキは頬を染めると気配を絶って姿を消した。
ということは、あの濡羽さんとのデートも、じっとアカツキさんは監視なされていたのですね!
ニンジャ少女(20)は、見ていた。
公認スト・・・公認の密会とか、斬新です!
こうなると、ミノリと前の章できちんと向き合っていて、本当に良かったですね!
これ以上、盤面が複雑になれば、さすがのシロエのキャパシティーも限界を超えてしまうでしょうから!

それでは、また。
次回も、楽しみにしています!
投稿者: mine999999999  [2017年 09月 04日 10時 50分] ---- ----
良い点
濡羽さんが可愛すぎる。
気になる点
濡羽さんが可愛すぎる。
一言
アカツキ大丈夫かな……。
投稿者: nao  [2017年 09月 02日 08時 18分] ---- ----
一言
一枚板→一枚岩 が適当と考えます。
投稿者: 砂橋三九三  [2017年 09月 01日 19時 56分] ---- ----
一言
久々に来ましたよ、一言のセリフで。
「新しいカナミを、シロエは断ったのだ。」
あぁ、良いですねぇ。ほんとに、読んでてよかったって思えるほどに。
投稿者: 吉宗  [2017年 09月 01日 15時 42分] 40歳~49歳 男性
一言
インティクス他、様々な組織が色々と策を弄し、アレコレ起こり、色々な人間模様が現れ、さてどうなるかーー!

でも、結局最後は、カナミが出てきて全部持って行っちゃうような気がしてならないw
投稿者: ナナヤラ  [2017年 09月 01日 07時 24分] ---- ----
一言
濡羽勢力が優勢なのは良いことなのかな。これはこれで逢瀬に見えなくもないのが何とも
投稿者: やぶ  [2017年 09月 01日 00時 49分] ---- ----
一言
朝起きてログホライズンの更新が来てると、今日はラッキーな日だ!と思います。
これからも執筆頑張ってください!
投稿者: 兎川 浪  [2017年 09月 01日 00時 01分] ---- ----
良い点
更新お疲れ様です。
一言
ついに親子扱いされたアカツキに同情します……(笑)

シロエは今度こそ目を逸らさずに濡羽と向き合えたんですね。そして敵としての縁を結んだと。
問題はあの陰険メイドさんが何をしているか……。今回の話が127話(インティクスが濡羽に「最後通牒」を突きつけた回)からどれくらい時間が空いているのかがよくわからないので、向こうの準備がどれくらいかが……。大方やりすぎた頃にはカズ彦辺りがどうにかしてくれないかなとも思いますが
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ