辺境の老騎士

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 小津公  [2017年 05月 23日 11時 45分] ---- ----
良い点
あぁ~読み終えてしまった・・orz
最近、大人(おっさん)が主人公のチート御都合小説に呆れてたのですが
読み応えのある 大変な良作に出会えました ありがとうございました
気になる点
分からんでも無いのですが・・・ 脇役殺しすぎ


一言
ジュルチャガは生かした欲しかった
まぁゴドンもですが
支援BIS    [2017年 05月 23日 12時 08分]
小津公 様

 ジュルチャガが死んだときは、私も泣きました。
 ところで、外伝とかは読まれましたか。
 ジョグが活躍したり、しなかったり。
投稿者: チカ  [2017年 05月 17日 19時 00分] ---- ----
良い点
もっとやりたい放題してくれ!
気になる点
コメディらしくやりたい放題して欲しい!
異世界モノはコメディ色が濃いほど最強!
一言
ベテランすごっ!!
支援BIS    [2017年 05月 17日 19時 24分]
チカ 様

 実生活では、やりたい放題やってます。
投稿者: ぼぼぼのばばば  [2017年 05月 16日 01時 42分] 18歳~22歳 男性
良い点
主人公が一線を退いた老騎士という
なろう小説界ではありそうでなかった設定に
作者の人生経験に裏付けられた
濃厚な異世界戦記ファンタジーを展開しているところが最高でした

人との出会いや別れ、主人公が抱えている悩み、そして
仲間や世界が抱えている問題を上手に結びつけていて
小説全体のテーマ性や構成力は商業作品にも引けを取らない
まさにWeb小説界の老騎士のような存在でした


気になる点
お世辞にも美辞麗句を並べたような文章とは言えない点
タイトルやあらすじから染み渡る隠し切れない堅苦しさは
若者から一定の距離を取られてしまう要因かもです。
(個人的には『老人と海』のような文調でハマりました。)
一言
ラインで友人に「web小説でおすすめある?」
と聞いたところこの作品を勧められました。
友人はだいぶラフな方だったので、堅苦しそうなこの作品を勧められた時は、騙されたような気持ちで読み始めたことを覚えています。

結果として騙していたのは自分の偏見であり、
自分が抱えていた感情そのものであったと
作品を通じて理解をすることができました。

貴重な体験をさせてもらい、感謝の念に堪えたません。

次回作を楽しみにお待ちしております。

P.S イラストがイメージとだいぶ違っていてビックリしました。素朴で紳士的な短髪の下町育ち風の風貌をイメージしておりました。思い込みは怖いですよね(+_+)



支援BIS    [2017年 05月 16日 20時 25分]
ぼぼぼのばばば 様

 お読みくださり、ありがとうございました。
 イラストは読者のかたが、自発的に書いてくださったものですから、そのかたのイメージで描かれています。
 読者の数だけバルド像があるのでしょうね。
投稿者: かむ  [2017年 05月 10日 01時 26分] ---- ----
一言
本当に素晴らしい物語をありがとうございました。
バルドは強く優しく聡明で柔軟で、一言では言い表せないほど新しい魅力に満ちた騎士だったと思います。
そしてカーズやジュルチャガ、周りの仲間達もとてもイキイキとした登場人物たちばかりでした。
メインでなくとも、脇役の一人一人がこの世界で自分なりの考えを持って生きているのだ、と思える物語で、世界観の豊かさや奥深さに感銘を受けました。
色々な、「あれ、どうしてここでこんなことしたのかな?」「このキャラ何だったんだろう」と思う点が、ずっと先に伏線として生きていて、「ここであれが!」と思うことも多く、起伏に富んだ壮大な物語に本当にワクワクしました。
まるでこの世界で生きて、バルド・ローエン卿の冒険譚を泣いたり笑ったりしながら楽しむ、一人の民になったような気持ちになりました。
書籍版の方も応援しております。楽しい物語を、本当にありがとうございました。
支援BIS    [2017年 05月 10日 05時 04分]
かむ 様

老騎士の物語に登場する人々は、勝手に動いてくれるので、作者としては、らくといえばらくでした。書いていて、「あれ? こいつなんでこんなことしたんだ?」と思ったことが、あとになって、「ああ、そういうわけか」とふに落ちたこともしばしばです。「こいつはこんなやつだったんだ」とあとから知ることも少なくありませんでした。これはいったい、どういうことなのでしょうか。
投稿者: おむすびコロロ  [2017年 05月 04日 03時 56分] ---- ----
一言
私は口下手でこの作品についてうまく語ることができない、だから一言だけ、最高の作品でした。
支援BIS    [2017年 05月 04日 05時 55分]
おむすびコロロ 様

 感想をありがとうございました。
投稿者: 洋光  [2017年 04月 27日 14時 20分] ---- ----
一言
素晴らしい作品を読ませていただきありがとうございます。
色々とここに書きお伝えしたくもあるのですが、とても書き表わせないほどの気持ちです。この作品は私にとって、旅の空の下で思い返し、また家で読んでは旅にいざなってくれる作品になりました。本当にありがとうございました。
支援BIS    [2017年 05月 04日 05時 55分]
洋光 様

 旅はいいですね。
 バルドたちも旅でさらなる成長を遂げたと思います。
投稿者: 東宮彩香  [2017年 04月 09日 12時 19分] ---- ----
一言
書店で漫画版を見かけて、まずは、と思い、小説(web)を拝読しました。良き作品でした。要所要所で、目頭が熱くなるのは、久しぶりでした。ありがとうございました。
支援BIS    [2017年 04月 09日 21時 28分]
東宮彩香 様

 お気楽な物語を書き始めたはずだったのですが、ちょっと路線が変わってしまったかもしれません。
投稿者: 桧皮桝木  [2017年 04月 02日 18時 58分] 23歳~29歳 男性
一言
支援BIS様へ。
素晴らしい小説をありがとうございます。
実は私はまだ、書籍として発行された分しか読んでおりません。

「辺境の老騎士」との出会いはよく覚えております。一巻発売してすぐ折り込みの宣伝で目にして、少ししてからやはり気になって手に取りました。
それ以来、あなたのファンです。
新刊が出るとすぐ本屋へ行き、購入しては読みふけり・・・・・・。素晴らしい物語の世界へ浸らせて頂きました。
ずっとずっと新刊を待ち続けておりましたが、待ちきれなくなり、ついに「なろう版」を読む決心を致しました。
今回筆を取らせて頂きましたのはその報告と、ちょっとした恨み言があってのことです。

それは、この小説は無料で読むにはもったいなさすぎる、ということです。
私は、対価を払ってこの世界を堪能したかったのです。たった1000円ぽっちかもしれませんが、あなたの想像力と文章と、何よりも努力に、お金を払わせて頂きたかった。

頭のおかしい読者のいちゃもんと笑って頂いて結構です。読了後、おそらくまた感動して、この小説を心に残すことは間違いないかと思われますので、あえて読み始める前に書かせて頂きました。

乱文失礼致しました。
この頃は体調を崩しやすい気候ですので、お体にはお気をつけ下さいませ。
ご健勝と、新刊の発行をお祈りしております。
支援BIS    [2017年 04月 02日 20時 24分]
桧皮桝木 様

 ようこそ、web版老騎士に。
 長い物語ですから、ゆっくりとお楽しみください。
 小説など書いたことのなかった私が、「小説家になろう」で鍛えられ、励まされて、それなりの文章を書けるようになりました。
 webの読者のかたがたには、感謝しております。
投稿者: クロセ  [2017年 03月 29日 01時 31分] ---- ----
一言
コミックから小説を買い、そのままここにて本日読了させて頂きました。目から鱗が落ちる思いでした。素晴らしい物語でした。バルドの物語は私に、素晴らしい、本当に素晴らしい時間を、感動を与えてくれました。ひとえにそれは、其れを書かれた作者様のお陰です。素晴らしい物語を、素晴らしい騎士のお話を、ありがとうございました!!作者様に、バルド・ローエンに、人民の騎士の旅路に祝福あれ。
支援BIS    [2017年 03月 29日 05時 20分]
クロセ 様

 私も、バルドたちには、いろいろなものを与えてもらったように思います。
投稿者: イチロー  [2017年 03月 26日 16時 11分] 23歳~29歳 男性
良い点
本当に良かった。読んで良かったと心から思いました。
人々の心をほぐしながら、受け継ぎながら、支えながら、与えながら、慮りながら、最後までなすべきことをなしたバルト・ローエンの姿は、そして数々の登場人物の人生は、これまで読んだ数々の作品のキャラクターの姿に勝るとも劣らず私の心に突き刺さりました。
最初読んでいた時私は、この物語はなすべきことをなし終えた老騎士バルト・ローエンが、その人生の残りの軌跡を人々の心に残す物語だと思ってました。
しかしそうではなかった。バルト・ローエンはまだまだ人々の為に、何より自分の為に出来ることが、すべきことがあり、最後にはそれを次世代に渡しきったのです。
その姿は私の心を強く震わせ、この作品は今後の私の人生に小さくない影響を与えるのでは無いかと思いました。
本当にありがとうございました。こんな作品を書いてくれた事に心から感謝します。
支援BIS    [2017年 03月 26日 22時 03分]
イチロー 様

 お読みくださり、ありがとうございました。
 もう終わりだろうと思ったその時が、
 実は始まりの時だったという物語でした。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ