辺境の老騎士

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 東宮彩香  [2017年 04月 09日 12時 19分] ---- ----
一言
書店で漫画版を見かけて、まずは、と思い、小説(web)を拝読しました。良き作品でした。要所要所で、目頭が熱くなるのは、久しぶりでした。ありがとうございました。
支援BIS    [2017年 04月 09日 21時 28分]
東宮彩香 様

 お気楽な物語を書き始めたはずだったのですが、ちょっと路線が変わってしまったかもしれません。
投稿者: 桧皮桝木  [2017年 04月 02日 18時 58分] 23歳~29歳 男性
一言
支援BIS様へ。
素晴らしい小説をありがとうございます。
実は私はまだ、書籍として発行された分しか読んでおりません。

「辺境の老騎士」との出会いはよく覚えております。一巻発売してすぐ折り込みの宣伝で目にして、少ししてからやはり気になって手に取りました。
それ以来、あなたのファンです。
新刊が出るとすぐ本屋へ行き、購入しては読みふけり・・・・・・。素晴らしい物語の世界へ浸らせて頂きました。
ずっとずっと新刊を待ち続けておりましたが、待ちきれなくなり、ついに「なろう版」を読む決心を致しました。
今回筆を取らせて頂きましたのはその報告と、ちょっとした恨み言があってのことです。

それは、この小説は無料で読むにはもったいなさすぎる、ということです。
私は、対価を払ってこの世界を堪能したかったのです。たった1000円ぽっちかもしれませんが、あなたの想像力と文章と、何よりも努力に、お金を払わせて頂きたかった。

頭のおかしい読者のいちゃもんと笑って頂いて結構です。読了後、おそらくまた感動して、この小説を心に残すことは間違いないかと思われますので、あえて読み始める前に書かせて頂きました。

乱文失礼致しました。
この頃は体調を崩しやすい気候ですので、お体にはお気をつけ下さいませ。
ご健勝と、新刊の発行をお祈りしております。
支援BIS    [2017年 04月 02日 20時 24分]
桧皮桝木 様

 ようこそ、web版老騎士に。
 長い物語ですから、ゆっくりとお楽しみください。
 小説など書いたことのなかった私が、「小説家になろう」で鍛えられ、励まされて、それなりの文章を書けるようになりました。
 webの読者のかたがたには、感謝しております。
投稿者: クロセ  [2017年 03月 29日 01時 31分] ---- ----
一言
コミックから小説を買い、そのままここにて本日読了させて頂きました。目から鱗が落ちる思いでした。素晴らしい物語でした。バルドの物語は私に、素晴らしい、本当に素晴らしい時間を、感動を与えてくれました。ひとえにそれは、其れを書かれた作者様のお陰です。素晴らしい物語を、素晴らしい騎士のお話を、ありがとうございました!!作者様に、バルド・ローエンに、人民の騎士の旅路に祝福あれ。
支援BIS    [2017年 03月 29日 05時 20分]
クロセ 様

 私も、バルドたちには、いろいろなものを与えてもらったように思います。
投稿者: イチロー  [2017年 03月 26日 16時 11分] 23歳~29歳 男性
良い点
本当に良かった。読んで良かったと心から思いました。
人々の心をほぐしながら、受け継ぎながら、支えながら、与えながら、慮りながら、最後までなすべきことをなしたバルト・ローエンの姿は、そして数々の登場人物の人生は、これまで読んだ数々の作品のキャラクターの姿に勝るとも劣らず私の心に突き刺さりました。
最初読んでいた時私は、この物語はなすべきことをなし終えた老騎士バルト・ローエンが、その人生の残りの軌跡を人々の心に残す物語だと思ってました。
しかしそうではなかった。バルト・ローエンはまだまだ人々の為に、何より自分の為に出来ることが、すべきことがあり、最後にはそれを次世代に渡しきったのです。
その姿は私の心を強く震わせ、この作品は今後の私の人生に小さくない影響を与えるのでは無いかと思いました。
本当にありがとうございました。こんな作品を書いてくれた事に心から感謝します。
支援BIS    [2017年 03月 26日 22時 03分]
イチロー 様

 お読みくださり、ありがとうございました。
 もう終わりだろうと思ったその時が、
 実は始まりの時だったという物語でした。
投稿者: ひろき  [2017年 03月 25日 21時 05分] ---- ----
一言
他の方と同じくコミックの存在から辿ってきました。
全て読み終え深い満足感に浸っております。
とても素晴らしいお話でした。
ありがとうございます。

ドーラへの求婚騒動でのシャンティの挙動の描写への言
さすが神速の男
これがてとも可笑しくて他にも涙しながら読んだ場面や感動した場面は多々ありましたが一番印象に残ってしまいました笑
(返信は不要です)
支援BIS    [2017年 03月 25日 22時 31分]
ひろき 様

考えてみると、ほんとに神速の男です。
誰にも追いつけない速度で恋に落ち、
目にも止まらぬそくどで思いを深め、
あっという間に失恋してしまいました。
投稿者: 久遠マリ  [2017年 03月 23日 02時 31分] ---- ----
良い点
3周目のエンドマークです。読む回数が増す度に此方が流す涙の量も増えるのは、その都度より多くが心に染み込んでくるからでしょうか……一滴がいくつにも連なった大河の如く。

書籍も所持しているのですが、この物語が漫画で読めるとはなんたる幸福だと思い、コミックス版を購入して読み、また来てしまいました(書籍を購入した後にも来てしまった)。これからどんな風に人々の表情が描かれるのか、楽しみでなりません。
自分の手で食材を扱うと、やはり食べることは間違いなく生きることに繋がっているのだと実感します。
支援BIS    [2017年 03月 25日 22時 29分]
久遠マリ 様

3周もお読みくださり、ありがとうございます。
もしかすると、作者より読んでおられるかもしれません。
食べる楽しみのなかには、間違いなく、(育て/収穫し)作る喜びがありますね。
投稿者: 泉 コーデ  [2017年 03月 22日 03時 43分] 18歳~22歳 男性
良い点
この物語を発見してから一気に読んでしまいました。
盛り上がるシーンでは軒並みなぜか涙が出てきました。
語彙がなくてこの気持ちを表現できないのがもどかしいです。
素敵な時間をありがとうございました。
支援BIS    [2017年 03月 22日 05時 17分]
泉 コーデ 様

 ようこそ老騎士の世界へ。
 外伝などもアップされております。
投稿者: 青柳  [2017年 03月 21日 05時 26分] ---- ----
一言
今、この『辺境の老騎士』を読み終えました。マンガで知り面白くて直ぐにWebへ→。読み終えるのに一週間かかりましたが、とにかく面白くとても勉強になりました。特に懇意にしてた者たちとの突然の別れ(=死亡)!!!が多い作品ではありましたが、それにも意味があるのには感服いたしました。途中からではありますが、この作品から『だいせんじがけだらなよさ』という”詩”をずっと私は感じておりました。最終話のバルド達が目を覚まして『雲海』を目の当たりにしたときに、その時突然に、はっきりと私はさかさまに読むことが出来た気がします。→「さよならだけが人生だ」

「人生 別離足る」を井伏鱒二は「「サヨナラ」ダケガ人生ダ」と訳され名文として知られているけれど、実は「さよならが多い人生だ」ということと解釈すれば、「人間はたぶん、さよなら史がどれくらいぶ厚いかによって、いい人生かどうかが決まる」と云った阿久悠の言葉に繋がる気がします。「さようなら」とはなんとも美しくはかない、でも意味を持つ日本語ではないでしょうか?。「さようなら」或いは「さらば」とは、本来「さようであるならば」であり「然あれば」であるという。この長きに渡って何気なく使っている言葉がこんなにも深く重い意味を持つ感じを、この『辺境の老騎士』より特にくみ取りました。作者様の作品は良い意味で、日本人の精神や死生観、または武士道にまで繋がるように思います。それは運命を受け入れる、覚悟や潔さでもあり、これは決して諦めではない。ゆえに「さようであるならば」なのではないでしょうか?。「さようなら」というお別れの言葉が死と結びつく時、その限りではなく、「さようなら」の後にも人の心の中で生きて行くことに出合う。

最後の『雲海』で支援BIS様は、バルド、カーズ、ジュルチャガをとおして、この日本語ならではの言葉の微妙さと淡い「美」を表現かつ完成されたのでは?と私にはさらに感じました。

『足るを知る』矜持SFファンタジー、とても楽しませていただきました。深く深く御礼申し上げます。

……あと、バルド全敗のカムラーとのグルメ対決のやり取りがコミカルでよかったですね♪。バルドの『くそう』ってところがなんとも……(。>д<)タマランネ!。

支援BIS様、『面白い作品を本当にありがとうございました!!!。』
支援BIS    [2017年 03月 21日 05時 33分]
青柳 様

 読者のかたの感想を通して、自身の作品の新たな読み方を教えていただくというのは、とても楽しい体験だなと、あらためて思いました。
 お読みくださり、ありがとうございました。
投稿者: 象のお布団団象田パオン  [2017年 03月 20日 17時 33分] ---- ----
良い点
作者サマはお幾つなのだろう?私が青春時代に夢中になったラノベの雰囲気を彷彿させる、そんな匂いを感じました。大感謝。
支援BIS    [2017年 03月 21日 05時 31分]
象のお布団団 様

 最近、ラノベが何か、わからなくなってきました。
 ともあれ、お読みくださり、ありがとうございました。
投稿者: てぃるきぃよ  [2017年 03月 18日 23時 29分] ---- ----
良い点
作者様、素晴らしい作品を有難うございました
支援BIS    [2017年 03月 19日 05時 23分]
てぇるきぃよ 様

 お読みくださり、ありがとうございました。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ