次期魔王に雇われたが何かがおかしい

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: John Doe  [2015年 06月 25日 21時 36分] ---- ----
良い点
多彩なキャラ達。読者の興味を少しずつ引っ張っていく伏線の織り込み方。
悪い点
悪い意味でファンタシーの皮をかぶったジャンル詐欺

水戸黄門系解決物語がケイト中心の探偵小説(推理じゃない)になっている事。初期はザイツや姫の活躍があったのに、今はケイトべったり。ケイトが消えればそれだけで物語が回らなくなるほど。解決モノ=「ケイトの探偵モノ」だけじゃないのに、何故か何時もそっちに。読んでて「またケイトか」とうんざりする。
一言
ケイトが頭良いって設定で、博識な学者のハズなのにそれが物語に生かされてない。

探偵モノとしても作者が情報をただ読者から隠しているだけでしかなく。他のキャラが???となってる内にケイトが全てを繋げるので、_最初だけ_は、キャラの掘り下げ、という意味で「ケイトスゲ〜!」という意外性で楽しめたが。。。。

二度目の探偵モノからは「作者が読者から隠している情報」の開示が全て「後出し」である事を再確認してしまうし、しかも推理過程であるハズの「時系列内の虫食いの穴埋め」は「すべてケイトの脳内」なので、ここも読者はただ「隠された情報」の存在を認識させられるだけで面白みが一切無い。

作者が「読者から隠していた情報」を「便利な安直な解説キャラ」と_成り下がった_「探偵ケイト」という_薄っぺらい_存在を通じて開示する事で「解決」とするが読者からしてみれば「解決」ではなく「回答」。ただの答え合わせに付き合わされているだけでしかなくそこには感動も意外性も無い。

これが三度目以降になると。。。。

「宝石」がらみでケイトが表から消えた時、「やっと他のキャラ達の解決方法がみられるか?」と期待したのに_また_ケイトに逆戻りになってガックリ。

逆に期待すらしてなかった、あの勇者と聖女のコンビがぐんぐん成長して行く話は意外性があり引きこまれた。オカマキャラも強烈で使い勝ってが難しそうだけど、バックグラウンドの伏線に絡む様子が見えて先が楽しみになる。


面白い組み合わせのキャラ達も、面白そうな伏線も沢山存在するのだから、探偵モノ路線から外れて、初期からの物語を語って欲しい、と思う。
宮路広子    [2015年 06月 26日 05時 51分]
John Doe様

貴重な御意見をありがとうございました。表現する事の難しさを痛感しておりますが、今後の展開に活かせればと思っております。
投稿者: ASTO  [2015年 06月 23日 01時 38分] ---- ----
一言
マトモに育ってない感じは有りましたが予想以上にひどいですね、まさか全く両親の記憶が無いとは。
村に復讐できなかったのが効いてる感じですねえ盗賊になった鬼ババア息子あたりが襲ってきて返り討ちにすればちょっとはマシになるかな?
宮路広子    [2015年 06月 23日 07時 43分]
ASTO様

ザイツのしぶとい小狡さと妖精魔法は、この人生ハードモードスタートから、強制傭兵生活で培われました。確かに幼少期の理不尽を、何かの形でちゃんと晴らす事ができれば、ここまで引きずる事もなかったのかもしれません。

>鬼ババア息子
そんな事があれば、少しはすっきりでしょう。問題はこの息子が、村を焼け出されて生き残る力量があるかどうかですが。
投稿者: Yeti  [2015年 06月 22日 20時 58分] ---- ----
一言
>「だぁあああもぉおおおお!! 納得いかなぁああああいいいいいっっ!!」

 理不尽に憤り、キョウは病院の庭木を拳で殴った。
 庭木は倒れた。
…………何故かウチの脳内シーンでは、◯安鉄筋家族的描写にてキョウ姫が殴った庭木がすっげぇ大回転しながら地面にブッ倒れる光景が浮かんでくるんですが…?!
宮路広子    [2015年 06月 23日 07時 30分]
Yeti様

……い、一応姫様なので、もうちょっとはお上品な感じに、こうクルクルと……orz
投稿者: ライン・W・フォルト  [2015年 06月 22日 12時 39分] ---- ----
一言
私は゛盗んで゛いない
この言葉がキーのような気がします
てかバカラス君実は嬉しいだろ君
宮路広子    [2015年 06月 23日 07時 27分]
ライン・W・フォルト様

少女の内心は、まだ謎に包まれていますが……真相はどこにあるのか。

>バカラス君
【べっ、別にあんたのためじゃないけど、撫でさせてあげてもいいんだからねっ】――割とチョロインかもしれませんこいつ。
投稿者: 読むせん  [2015年 06月 21日 19時 35分] ---- ----
良い点
読ませていただいております。

少年もの王道展開において、前降りででてきた凄い人物は世を忍ぶ主人公の正体である!!……………のですがザイツはふわふわしていて分かりません(笑)

親子?師弟?養子?血縁者なら非業の姫君の血脈?

ほどほどに陰謀、ほどほどに推理、ほどほどにバトル。尖りすぎてダーク路線にならない程度に残酷で、悲しく考えさせられる話を楽しませていただいてます。
宮路広子    [2015年 06月 22日 07時 57分]
読むせん様

>少年もの王道展開
とみせかけて、ほどほどに地味でふんわり仕様のザイツです。今後何か派手な設定が出てきても、地味&ふんわりは変わらないでしょう。

拙作をお楽しみいただきありがとうございます。ダークになり過ぎない、どこか割り切れない話を目指してがんばります。
投稿者: トーラ  [2015年 06月 21日 19時 14分] ---- ----
一言
 キョウ姫さまたのしそう……
宮路広子    [2015年 06月 22日 07時 45分]
トーラ様

かわりに悪ガキが恐怖で泣きそうです……(゜∀゜)
投稿者: ASTO  [2015年 06月 17日 22時 10分] ---- ----
一言
ツィリルさんが捕まった時点からおかしい気がしますね。
自分が死ぬことが解っていたにしてはちょっと納得できないことが有ります。ここら辺が真相への手がかりなんですかね?ちょっとワクワクします。

処刑人さんが独白で言ってる『これ』ってなんでしょうねえ、明かされる時が楽しみです。
どうも宝玉じゃない気がするんですがこの子だともっとダイレクトにツィリルさんの体の一部を欲しがる気がしますし。
宮路広子    [2015年 06月 18日 07時 55分]
ASTO様

>ツィリルさん
>処刑人さん
何かがおかしいのかそうでもないのか、真相で彼らがどう行動していたのか、魔王時一行はまだまだ五里霧中で、がんばっております。
投稿者: syrup  [2015年 06月 16日 22時 13分] ---- ----
悪い点
あのオーブリーのポイント稼ぎに利用されるのは面白くねぇが、くらばったツィリルの宝玉のためにも、がんばってやるかっ

くたばった
宮路広子    [2015年 06月 17日 07時 21分]
syrup様

誤字脱字報告ありがとうございます。訂正しました。
投稿者: syrup  [2015年 06月 16日 22時 05分] ---- ----
悪い点
汚名挽回

名誉挽回

わざとならすみません
宮路広子    [2015年 06月 17日 07時 19分]
syrup様

誤字脱字報告ありがとうございます。訂正しました。
投稿者: 遠野  [2015年 06月 16日 19時 38分] ---- ----
一言
くらばったツィリルの宝玉のためにも、がんばってやるかっ


くたばった、では?




更新頑張って下さい
宮路広子    [2015年 06月 17日 07時 17分]
遠野様

誤字脱字報告ありがとうございました。訂正しました。

更新もがんばります。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ