次期魔王に雇われたが何かがおかしい

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: トーラ  [2014年 02月 05日 19時 09分] ---- ----
一言
 セージ君の時代は、憐れみを感じても、痛みがあっても、周囲ごとごっそりと膿んだ病巣を取り除かなければ、追いつかなかった時代ということでしょうね。
 世代は代わり、時代は変わり。されど、予防医療を行いながら、早期発見早期治療ができるような時代になるのは、まだまだ遠く。 京姫の旅がどう世界に影響を与えていくのか、改めて楽しみになりました。

 ザイツ君の対妖精本草についての知識は、誰に教わったものなのだろうな~w
宮路広子    [2014年 02月 06日 08時 12分]

トーラ様

殺らなくては殺られる、足を引っ張られる、組織の内側から瓦解させられる、ですからね。非情にならなくては生き残れない世界だと、一応民主主義の法治国家で育ったセージも理解するしかなかったと思います。やがて敗戦する敵国の迷走を、少しずつ過去からお届けします。

ザイツの薬学は…さて、誰からでしょうかw
投稿者: ルアベ  [2014年 01月 26日 13時 01分] ---- 男性
一言
賞金を勇者への嫌がらせに使うと聞いて、てっきり

「勇者エルンストがどこの馬の骨とも知れない冒険者にぼろ負けした。実際に強かったのは護衛たちで、勇者自身は無名の冒険者に負けるような弱さだった」

みたいな噂をお金を使って広めるのかと思っていました。予想が外れました。

エルンストが精神的に立ち直って動けるようになったころには噂が広がっており、目撃者が大勢いる以上、家の力で揉み消すことも容易ではないから、そのせいでエルンストは家から怒られてしばらく身動きができなくなるとか考えていました。
宮路広子    [2014年 01月 27日 09時 18分]

ルアベ様

どこかの魔王が企てているマスコミ戦略ですか。これも怖いですね。魔王女一行はさっさとその場から逃げた方がトラブルにならないと、勇者(笑の戦力を削ぐ嫌がらせを選択しました。なお大勢の前でボロ負けしましたし、少なくともあの町では噂になってると思います。
投稿者: 今煮 ミテロ  [2014年 01月 18日 23時 53分] ---- ----
良い点
はじめまして、今煮ミテロです。
貴作、拝読させていただきました。感想としまして、実直に大変おもしろく感じました。
よく練られたファンタジー設定は目を見張るものがあり、細かな設定もとても勉強されておられるんだなと思いました。主人公もあえて転生ではなく、ヒロインが転生者である設定は既存の数多あるものより新鮮で面白くあり作る側としては難しそうだと察します。
悪い点
あえて自論を申し上げるならば、『』や〔〕が 多用されているので喋っているのか話なのか、わかりにくく感じました。あえて〔〕を使わず直喩で地文に~と思ったと入れてみてはいかがでしょうか?
また、キャラクターとして主人公とヒロインが人格として薄く感じました。もう少し葛藤や負の部分、弱さがあればキャラクターに厚みが出ると思います。
?!、や……が会話に多く思います。これらはいざとう時の見せ場に使わなければ、会話に起伏が生まれにくくなります。
最後にストーリー自体に起伏が少ないと感じます。どこか受容的で設定に動かされている感をぬぐいされませんでした。
一言
読めば読むほど深まる設定の引き出しの多さに感服します。これからも、連載頑張ってください。楽しみにしています。
宮路広子    [2014年 01月 19日 22時 11分]

今煮ミテロ様

 未熟な拙作を御読了いただき、ありがとうございました。ああしようか、こうしようかと頭の中で色々なネタをこねくり回すのが好きなので、設定が無駄に細かくなりがちだと思ってましたが、楽しんでいただけたなら幸いです。

 そして悪い点の、『』や〔〕、そして?!、……を 多用するというご指摘は、その通りだと思います。少しでも解りやすく強調して、とつい多用しているようです。使いやすいのでこれからも使うでしょうが、読んでいる側に違和感を与えない程度に、他の表現もできればと思います。
 主人公&ヒロインは、確かに二人ともドロドロしてないですね。二人とも根が単純というか、ボケ同士というか……特に善人というわけでもなく、悩みや負の感情は普通にある二人なので、話が進めば、もう少し掘り下げられるかもしれません。

 丁寧なご指摘ありがとうございました。
投稿者: トーラ  [2014年 01月 18日 10時 28分] ---- ----
一言
 え、ケイトさん賭けていなかったんですか? 賭け札を手に握りしめつつ。

 博徒クローディア、始まるよ? 多分、心理的な駆け引きとかなんとか気づかずに天然で大勝ちするタイプ。イカサマとかも、驚異の身体能力と防衛機能アラブルツバサで迎撃し……
 ケイトさんは確率とか状況分析とか、そういうの気にしすぎてドつぼにはまるタイプと見た。確率はあっているはずなのに(いらいら
宮路広子    [2014年 01月 19日 21時 45分]

トーラ様

 ケイトは特に賭け事駄目っぽいですね。100%勝てる答えを検証しているうちに、賭自体が終わってそうです。そしてその隣で、魔王女が「えーね買わなかったんですかケイトさん~♪」と言いながら、適当に買った万馬券を数えている、と(酷)まぁ、一攫千金できない方が真面目に働きそうですし、良いんじゃないでしょうか。
投稿者: 黄金拍車  [2013年 12月 23日 13時 39分] ---- ----
悪い点
53 場外乱闘もあったが何かがおかしい
ザイツは体制を崩したエルンスト
体勢
一言
自動防衛かい!
宮路広子    [2013年 12月 24日 13時 06分]

黄金拍車様

誤字報告有り難うございました。訂正しました。

【『荒ブル羽根』ノ防衛システム作動 敵対行為ヲ確認シマシタ コレヨリ排除ヲ開始シマス】とか言ってるのかもしれません。怖いです。
投稿者: トーラ  [2013年 12月 23日 12時 55分] ---- ----
一言
 ハウさんかっけぇ、エル坊ささけな、女ってこわいわねぇとか思ったら…….え、背中の羽根、え?
交換留学なのではと考えておりましたが…….
謎が、謎が……おいしそうな謎です!! たのしみですわぁw

 ……スピンオフでは、何枠だろう.西遊記のお釈迦様か、ライトノベルとかでよくある、主人公にしか見えない神様とか異次元の人か、しゃべるアイテムか…… なやみますなぁ.
宮路広子    [2013年 12月 24日 13時 01分]

トーラ様
ハウルグおっさん大ハッスル。ガキはガキ同士で遊んどけ回ですから、おっさんはまだまだがんばる予定です。そして女は怖いですが、ガルムを一撃必殺した魔王女の羽根はもっと怖かったようです。自己防衛システムなのか、無意識か、それとも何か別の何かが原因なのか…確かに謎…というかホラーですねぇwいきなりしゃべり出したら、アイテム化決定でしょうかww

まおうじょ は 『あらぶるはね』 を そうび した!!
投稿者: ルアベ  [2013年 12月 09日 23時 14分] ---- 男性
一言
この勇者との戦いはどのように決着が付くのですかね。勝負に勝つこと自体はできそうですが、この勇者なら逆恨みで家の力を使うとかやりかねないです。

そうなったら主人公個人では対抗できず、魔王女の権力に頼らなければならないとなってしまいますが、それだと主人公はみじめな気持になりそうですね。

はたしてどのような展開になるのか、楽しみにしています。
宮路広子    [2013年 12月 10日 07時 16分]

ルアベ様

確かに、この手の勇者()は執念深そうです。それでも既に害意を持たれてしまってる以上、降りかかる火の粉は払わなければならないのが辛いところ。少々使える一般冒険者程度のザイツには、できる事をやってもらおうと思っております。感想ありがとうございました。
投稿者: ひつじ  [2013年 12月 09日 09時 29分] ---- ----
悪い点
ハウルグの発言に「♪」を使いすぎ。
ハウルグが、シリアスな発言をしても、ウザく感じられる。
登場したときとのハウルグと、キャラが変わりすぎ。
宮路広子    [2013年 12月 10日 06時 59分]

刀狼様

発言に♪、確かに使いやすいため、多用しがちだったかもしれません。今後の参考にさせて頂きます。ハウルグのキャラは、事件解決後のパーティーINで素が出てきたという事で。感想ありがとうございました。
投稿者: ルミネルテ  [2013年 11月 15日 19時 13分] ---- ----
悪い点
まだ読んでる途中なのですが、誤字報告です。ロン君の村の名前が、ボッジ村、ホッジ村、ペッジ村の三種類存在してます。…ボッジ村で良いんですよね?
宮路広子    [2013年 11月 15日 23時 32分]

ルミネルテ様

誤字脱字のご指摘ありがとうございます。確認して見つけた分のホッジ村、ペッジ村は訂正させていただきました。村の名前はボッジです。
投稿者: トーラ  [2013年 11月 15日 05時 58分] ---- ----
良い点
 勇者()に漂う、三下臭
 一昔前、掲示板などによく張られていた「が許されるのは~」を彷彿とさせる軽そうな女

前の王子()の上を行くとは……あなどれん
一言
 これはもう、残念時空としては公衆面前での逆モヒカンの上、パンイチ放置の刑ですね.金の切れ目が縁の切れ目と実感してまえと.
 ……残念時空だけの世界ではないのでこんなんですまないかもしれないのがチト怖し.

 >名探偵ケイト&固ゆで任侠ハウルグ

 最終的にケイトが組織と敵対し、ハウルグは苦悩するのですねw おいしいれすw
 このほか、ハウルグが官警というパターンも思いついたり.ケイトが見たハウルグは、出会うたびに口説いてくるうだつの上がらぬボサ&不良刑事、ハウルグからは危ないヤマに出しゃばってくるはねっかえりの新聞記、げふんナマイキ探偵というところで(笑) 勝手ぬかせるのでこの話題たのしw
宮路広子    [2013年 11月 15日 07時 33分]

トーラ様

 同性は踏み台か、自分を讃え盛り立てる仲間()しか許さない勇者(笑)ですからね。ザイツが真っ当な雇用関係など築けるはずもありませんでした。残念なのに時々ゲスいこの世界で、勇者(三下)はどんな事になりますやらw

 不良刑事&新聞記者兼探偵もいいですなぁ。ということはこの場合、警視総監か総理大臣が上司の魔王なんでしょうか。これはひどいトップだwwパラレル現代モノなどつい想像してしまいそうです。考えるだけならタダということで。

― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

▲ページの上部へ