アンスイートラバー

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 我亦恋  [2013年 06月 01日 15時 46分] ---- 女性
良い点
須藤さん
春樹君
一言
執筆お疲れ様でした。昨夜寝る前に、完結したのに気付きましたが、読んだら寝れなくなると思い、今読みおわりました。他の方もおっしゃってましたが、1話ずつのアップだったらホント、ヤキモキして大変だったので、一気にアップしていただいて、よかったです。須藤ちゃん可愛いですね。ステキな彼氏ができるといいなぁと思います。
そして春樹君、やっぱ可愛いです。
番外編もできたら希望します。
マタティーニ    [2013年 06月 02日 08時 58分]
今まで読んでいただきありがとうございました!
なかなかひねりのない展開で一話ずつ更新したら途中で飽きられて読んでもらえなくなるんじゃないかなと思って怒涛の大量更新でした、てへぺろ☆ここまで読んでいただき本当に嬉しいです。
作者が自分のキャラに萌えるのは大分痛いとは重々承知してすのですが、須藤をかなり贔屓して書いてしまいました…。須藤の相手役とかはすでに考えていてストーリーを妄想して一人でにやにやしているくらいに気に入っているキャラです。須藤はツッコミなのでボケタイプの男子が合うのではないかなぁ…とか。ハッ!(我に返った)垂れ流し申し訳ありませんっ…!
投稿者: 斬葉はるき  [2013年 06月 01日 15時 07分] ---- 女性
良い点
須藤ちゃんのツンデレかわいいwww
凜ちゃんなら真琴ちゃんの親友として側にいるのを許してくれませんか春樹君。女の子の軍師いた方がいいよ、君の彼女騙されやすいよ危険だよ!(とアピールしてみる)
悪い点
篠原ェ…
こっちのヤンデレは完全制御キャラがいないので野放しになってるのが困りものですね。
最後に彼は完全に余計なお世話だったことに気付けたんでしょうか。これでもまだ「騙されてる!」って思ってたらこわい。
一言
読み始めたら「うわ、こんな彼氏嫌だな、っていうか何で主人公も心から拒絶しないんだ」ってイライラしていたら、読んでいるうちに主人公が春樹君をいかに大事に思ってたか、好きだったか、春樹君がいかに主人公がいないと駄目なのか、が分かって、「幸せになってええええ」といつの間にか二人の恋を応援し隊に入隊してました。たぶん須藤ちゃんも入ってるに違いない。
途中のあまあまらぶぶりがある分ラスト付近のすれ違いが悲しく、篠原の策士ぶりが恐ろしく、どどどどうなるんだとはらはらしていましたが、無事纏まって良かったです。
「わたしより篠原を信じたあんたが悪い」って須藤ちゃんが言ってましたが、本当その通りだと思いました。
なまじ友達がいなかったから、耐性が無くて判別できなかったんだよね…。これは排除してた春樹君も悪かったと思う。
これからは最強彼氏もいるし、ご両親の公認もあるし、ツンデレ親友もいるし、楽しい毎日が待っているんだろうな、と思いを馳せます。
出来れば春樹君が本懐を遂げるとこみたーい。須藤ちゃんにめっさ格好いい彼氏出来て「友達取られた!?」って初めての友情嫉妬にもやもやする真琴ちゃんとかそんな真琴ちゃん見て拗ねる春樹君とかみたーい。

楽しいお話を読ませて下さって有難うございました!
マタティーニ    [2013年 06月 02日 09時 09分]
今回の事件で春樹は須藤に頭上がらなくなってると思います。基本的に彼は心を許した相手には従順なので、須藤の事は認めるんじゃないかなという作者の妄想でした。ただしあんまり真琴が須藤にべったりだと嫉妬すると思いますが…。
篠原のその後はスピンオフにてお待ちを!笑。彼は大いに病ませたい。
この話は「絶対他人じゃ駄目な恋愛」がテーマでした。傍からみたらどいつもこいつも重いなぁって感じですが、しっかり読んでいただけて嬉しいです。こちらこそ完結まで読んでいただき本当にありがとうございました!
投稿者: 志梛  [2013年 06月 01日 10時 52分] ---- ----
良い点
最後までキャラが崩れなくて良かったです

部長さん良いですねナイスです(≧∇≦)

須藤ちゃんのツンデレ加減も余らない(≧ψψ≦)
一言
完結おめでとうございます

誰得って勿論私ですよww
もうちょードストライクな作品でした(≧∇≦)

番外編もみたいなーなんて思っちゃいましたw
マタティーニ    [2013年 06月 02日 09時 14分]
部長、ほんと登場回数少なくてこれ存在忘れられてたらどうしようってなって思ってたので嬉しいです。須藤にツンデレさせるの楽しかったです。
私得って、まじっすか!やっべー、嬉しすぎて鼻血でそう…
完結まで読んでいただきありがとうございました!
投稿者: りひと  [2013年 06月 01日 09時 07分] ---- ----
良い点
最終章をまとめてアップしてもらえてよかったです。
これ、1話ずつだったら心臓に悪すぎる。
ハッピーエンドまで一気に読めてよかったです。
悪い点
連載途中、ある日突然お気に入り登録していたはずの
このお話が消え失せていてマタティーニさんが退会
していることに気がついた時には目の前が暗くなりました。
時々、読者からのキツイ意見に耐えられず連載途中に
逃げ出してしまう作者様がいるので、マタティーニさんも
そうなのかと心配しましたが、単に間違えて消して
しまっただけと戻ってきてくださって、
本当にうれしかったです。
一言
完結おめでとうございます。
ハッピーエンドでよかったです。
二人のその後のイチャイチャをもっと読みたいです。
春樹くんが本懐を遂げる所を是非お願いします!
(もちろんお月様の方で。)

私のお気に入りのキャラクターは真琴のパパママです。
機会があればパパママから見た二人の様子なんてのも
読んでみたいなぁ。
マタティーニ    [2013年 06月 02日 09時 24分]
いやぁ、あの件は…もうほんと申し訳ないです(焼き土下座)。
お酒怖いです。完結投下した直後から祝杯をあげたのですが気付けば焼酎の瓶と一緒に椅子から転げ落ちて寝てました。やっぱ禁酒再開しようと心に誓いました。
本懐を遂げる所、ですか…!すいません、9.0を涙目で書いてた私には恥ずかしくて書けません!もう誰か二次創作してもらうしか…(チラッ というのは冗談ですがあの後どうなったのかの話はセルフサービスでお願いします笑
最後まで読んでいただきありがとうございました!
投稿者:  [2013年 06月 01日 04時 44分] ---- ----
良い点
最初に読み始めたときはタイトルがキャッチーで、冒頭がコミカルだったので気楽に読んでましたが気がつけば涙が滂沱で、8章も真琴がかわいそうで……でもそれに感動しました。

真琴を最も幸せにできるのは春樹ではないかもしれませんが、真琴といて最も幸せになれるのは春樹だと感ぜられる最後で、すごくほっとしました。
一言
完結おめでとうございます。
実のところ、最後に印象に残ったのは篠原でした。なんというか、ゴールドベアにまじったサルミアッキのような野郎だ、とんでもねえ、と思ってしまい、とくに終盤が非常に強烈でした。滋味というか渋味というかえぐみというか、でも現実にもこういうのいるよなあ、迷惑だなあと、しみじみしました。

それから、主人公二人の出会いのときには、まだ真琴の前歯が生えておらず、反面、別れる決定打となった
「私って春樹に要る?」
「何いってんの、お前とはそういうのじゃないだろ」
という会話では真琴がきれいに生え揃った歯を見せて笑う対比が、流れた時間や、「体」が成長してしまう致し方なさ(このままでいたい、という望みは絶対に叶わない)を感じさせて、もうぐわーっと気分が盛り上がりました。
小作りな口、というところも、物事をはっきり言わない真琴を象徴しているのかな、とかいろいろ推測できて、絵解きが楽しいです。

真琴の興味が春樹だけではなく、最後まで外に向いているところが作品自体の尊い救いに見えます。
5.1でのこのセリフが印象に残っています。
「なんていうか私、もっとちゃんと人と付き合なきゃいけないかもしれない。その人がどういう人なのか少しは分かろうとしなきゃだめだ。適当にごまかすんじゃなくて…ああ、えーと、ごめん。何言ってるか分からないでしょ。うん、もういいや」
こういう前向きな成長をする真琴は、ヒロインとして、ヤンデレが惚れるだけの説得力を持っているというか、そりゃこんな人が身近にいれば救われたいとも願ってしまうというか。ただやっぱり最後まで逃げ腰でわりと余裕がなく、優しさが鈍感さに比例していて、そこが切なくもあり可愛くもあり、もどかしい思いです。

今は成人しましたが、この小説を読んで、キャラクターたちぐらいの年頃のことを懐かしく思い出しました。(私の過ごした時間はこんなに豊かではなかったですが笑)

ずいぶん感傷的な感想を長々と、不躾に失礼しました。
この作品を書いてくださって、ありがとうございました。
読んでる最中ほんと楽しかったです。

お忙しいでしょうから、お返事のお気遣いはなさらないでください。
それでは。
マタティーニ    [2013年 06月 02日 09時 34分]
返事の気遣いなさらずにと言われても嫌がらせのように書いてしまいますよ、だって嬉しすぎるんですもん←
真琴といて最も幸せになれるのは春樹、まさにそれが書きたかっただけなんですよ~。面倒くさい男を救う女みたいな…ただ、作者の力量不足で色々気持ち悪くしてしまいましたが笑
割と重点を置かないで書いたので流されてしまうかなと思っていた部分に気付いていただき嬉しいです。作者冥利に尽きるってこのことだなぁとホロリとしました。本当に嬉しいです。キャラクター達と同様に色々面倒くさい仕様になってしまった拙作を完結まで読んでいただきありがとうございました!
投稿者: 夜那  [2013年 06月 01日 02時 35分] ---- 女性
一言
完結おめでとうございます!
最後、どうなるかとひやひやしましたが、とりあえずハッピーエンドでよかったです。

須藤ちゃんがナイスアシストすぎる。
キャラの中で一番好きです。拗ねたとか可愛い。

後日談、特に篠原視点が読んでみたいなー、とひそかに期待してます(笑)
最後、春樹並みに歪んでいた彼は大丈夫なのか、とか。
マタティーニ    [2013年 06月 02日 09時 43分]
ここでそのまま真琴と春樹は分かれたままでした、とはやっぱり出来なかったです。王道すぎるなーと思いつつ何だかんだで長編で作者の思い入れもあったので…笑
篠原のスピンオフは後日投下すると思います!
ヤンデレは時限爆弾みたいに放っておくと大変なことなので、篠原スピンオフを書くまでは本当の意味で完結ではないなぁと考えているので。
完結まで読んでいただきありがとうございました!
投稿者:  [2013年 06月 01日 01時 21分] 18歳~22歳 女性
良い点
キャラがステキ。
個人的には井沢さんが若干苦手な以外は皆愛せる。
特に須藤さんと新聞部の部長と真琴母。
春樹と真琴と篠原は行動が愛故ってのが良い。
一言
完結おめでとうございます&お疲れ様です!



最後の方まで、え、これってハッピーエンドですよね?ってハラハラしてました。
が。
うん。良かった、良かったね…!春樹!
真琴もおめでとう!
そして須藤さんLOVE。←真顔


春樹はきっとこれからは(これからも?)義母と組んで真琴に振り回されつつ振り回すんだろうなぁと妄想してにやけてます。にやにや。
て言うかそのうち産まれるであろう二人の子供は一体どんな子に育つんだろう…。


まぁ何はともあれ須藤さんと篠原のスピンオフを楽しみに待ってます。
あみん並に待ってます。←
マタティーニ    [2013年 06月 02日 09時 55分]
井澤さんは最後まで書きにくくて損な役回りをさせてしまいました。可哀想なことをしてしまったなぁ、と若干後悔してます。ただこの話で一番メンタルが強いのは彼女だと思っています。井澤さんのスピンオフは書く予定は今の所ありませんが。
春樹・義母コンビが手を組めば、気付けば新垣姓になってそうですよね笑。いや、春樹が婿に来る可能性もなきにしもあらず、と自キャラ萌え乙。

私まーつわ、いつまでもまーつわー。
そ、そんなに待ってもらっても、嬉しくなんかないんだからねっ
投稿者: 相田れい  [2013年 06月 01日 00時 09分] ---- 女性
良い点
こんばんは。はじめまして
お気に入りに入れていたので続きが気になってました
完結きてたーと一気に読みました
ハッピーエンドで良かったです
篠原くん怖かったです
真琴ちゃん変な男ホイホイなので春樹くんもまだまだ苦労するかもしれませんね(笑)

後日談あれば読みたいです
では
マタティーニ    [2013年 06月 02日 10時 04分]
一気更新驚かせてしまったかもしれないです。申し訳ありませんでした汗
篠原は自覚なきヤンデレ、得意技は情報操作と言葉巧みな誘惑。ちなみに春樹に最後きつく当たってたのは、同属嫌悪みたいなものです。
真琴にちょっかい出す男が出てくる度に毎回修羅場になりそうですね~笑。春樹成長しろ!と言われても多分成長しないんだろうなぁと。
後日談…多分篠原スピンオフがそれに当たるかと思います。よければ読んでやってください笑
完結まで読んでいただきありがとうございました。
投稿者: ssaw  [2013年 05月 31日 23時 40分] ---- ----
一言
完結おめでとうございます。
始まったときは、真琴がこんなにもネガティブだと思ってもみませんでした…春樹のツン(?)部分と重なって、二人はどうなるんだ?!とずっとドキドキしながら読ませていただきました。
ともかく春樹のたまーに出るデレに悶絶しておりました。
素敵なお話をありがとうございました。
マタティーニ    [2013年 06月 02日 10時 10分]
完結まで読んでいただきありがとうございました。
春樹のデレを書くたびにこいつ本当にヤンデレかと、自分のヤンデレ描写の酷さを嘆いておりました笑
ツンデレ一本で行けば良かったんじゃね、と書いてる途中思わないでもなかったです。ヤンデレ、読む分には好きなんだけどな~。人間、得意不得意あるようで。
すいません、なんか愚痴っぽくなってしまいました汗
嬉しい感想を本当にありがとうございます^^
投稿者: 七誌  [2013年 05月 31日 23時 01分] 23歳~29歳 女性
一言
完結おめでとうございます。
最終的に丸く収まってよかったです。最後の方は真琴のネガティブ一直線と篠原のヤンデレ策士っぷりが悪い具合に噛み合って、どうなる事かと思いました。でも最後は大団円で良かったです。
結局本編で本懐遂げられなかったね、春樹(笑)あの後どうなったかは二人とマタティーニさんと誠のお母さんのみぞ知るってやつですかね。
ネガティブで鈍感な真琴もヤンデレハイスペックな春樹にも幸せになってほしいですが、最後に大活躍したツンデレで友達思いの須藤さんにも幸せになってほしい。彼女は次こそ顔も性格も良い男を好きになって欲しいです。
色々気になるので、もし番外編があれば読みたいです。
本当にお疲れさまでした。
マタティーニ    [2013年 06月 02日 10時 20分]
完結まで読んでいただきありがとうございます!
作者の思い入れが強すぎてアンハッピーには出来ませんでしたね…
多分今後私の書く話にNOTハッピーエンドはないと思います。書いた本人が落ち込んでしまうので笑
本懐は遂げられませんでしたが、最終話で結構生生しく書いてしまったのでアレこれR15大丈夫?って投稿してから気付きましたw
須藤はとにかくツンツンデレデレさせたいので、どちらかというとボケタイプの男子をあてがいたいとか妄想してます。人間的には春樹や篠原よりはまともなキャラクターにしたいです。
なんだか関係ないことをつらつら書いてしまいすみませんでした汗。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

▲ページの上部へ