半端チート、勇者未満の禁欲ハーレム

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 伝々虫  [2017年 08月 18日 21時 24分] ---- ----
一言
最初から読み返してみたけど、寒暑の岩山の件に関しては殺した相手にももしかしたら事情があったかもって考えてるシーンが何度かあったのね
ちょうど今回の話の前振りになってますな
蝙蝠の館の件に関しては普段からレネルと組むような外道だらけだけど
ユニコーン狩りについてはグレーゾーンみたいな扱いだったしつい魔が差したって人も多かったんだろうな
ラッテル騎士なんかも状況次第でユニコーン狩りしてもおかしくなさそうだったし
投稿者: リィオン  [2017年 08月 16日 22時 48分] ---- ----
気になる点
誤字報告です

337話

〉もって正義を世に示したその功績を賞する、ラッテル領主、アキラ・カミヤ・ライワ伯爵だと

ラッテル領主 → ライワ領主

カミヤはライワ伯だからライワ領主ですよね。
一言
むう、トレンの目的が気になる。

まあ、ありそうな理由だと、四弦万矢を先にライワ側(ライフェル神殿側)の人物であるリョーに借りが出来る形で接触させて、後の戦争でムルズ側に付かない様に保険をかけた…って辺りかな?

単騎で戦況をひっくり返せる実力者が敵側に付けば、勝てても被害が馬鹿に出来なくなりますから、ライフェル神殿側としては実質的な負けみたいな結果になってしまいますからねぇ。
トオル    [2017年 08月 17日 01時 08分]
ご指摘ありがとうございます、修正しました。

トレンたちの目的は次話当たりで書く予定ですが、そこまで政治的な目的だった理はしないです。ある意味予防的な行動みたいなものなので。

とは言え確かに四弦万矢の存在は場合によってはジョーカーになりかねませんね。
まあ、彼はロングレンジ専門な所があるので、ラッドやコンナ辺りが接近戦を仕掛ければ結構簡単に堕ちたりします。
まあ近寄るまでが大変でしょうが、遮蔽物が多く接近に気付けない場合や、全方位から散開して一気に突撃などすれば、全滅する前に辿り着けるでしょうし。

四弦万矢がうまく戦えたのは、敵の攻めてくる方向が狭い山道に限られていたという状況だったせいですから。
投稿者: bogusmonster  [2017年 08月 16日 22時 35分] ---- ----
気になる点
度々で申し訳ありません。

http://ncode.syosetu.com/n2691bs/340/
「では、貴殿がカテン卿の仇と言う事は間違いなのか」
→間違いないのか

俺が間に合わずに死なせてしまったユニコーン立ちに
→ユニコーンたち

角を奪おうとして返り討ちに有ったとは言えない
→返り討ちに遭った

まあ、人によって若干表情が違うけど、『死弦万矢』辺りは
→(修正漏れ?)『四弦万矢』

http://ncode.syosetu.com/n2691bs/341/
『寒暑の岩山』でどんなことがあったのかさわりくらいは知っても良さそうだけど。
→知ってても

「法師まで、どうか、どうかわたくし目にもその書状の内容を……」
→わたくしめ OR 私奴

う、ラ、ランズ、ランズ・カテン……
→(修正していただいてなんですが、他ではヅとなっているので)ランヅ、ランヅ・カテン

やっと仇を見つけたと思ったら、実は父親の方が犯罪者で返り討ちに有っただけって
→返り討ちに遭った
一言
ふと思ったこと:

http://ncode.syosetu.com/n2691bs/155/
術送の指輪 LV14×10
付加効果 魔法拡散送信 魔法受信放出

(簡単に言えば、ひとつの指輪に掛けられた魔法を他の指輪に送る『効果』じゃ。例えばハルにこの指輪を一つ嵌めさせて『火弾』を使い指輪に込めれば、九等分された同じ魔法がそれぞれの指輪から放たれるのじゃ。まあ、送る指輪を選べぬ上、このレベルでは威力の低い魔法しか送れぬがのう)

http://ncode.syosetu.com/n2691bs/341/
専用の情報網を持ってなければ噂話なんかが主な情報伝達なんだろうし、そうなれば、面白いネタじゃなければ伝わりにくいのかも。

→これって同じ指輪が拡散送信(ブロードキャストですね)と受信の両方ができるということですよね。『照明』とか『小雷』とか、合図になりそうな魔法を送受信すれば、モールス符号を使う電信のように情報伝達ができるわけで(特に『小雷』をコイルに通して電磁石にすれば本当に電信ですし)、これでカミヤ氏が言っていた情報伝達の問題が、部分的に解決できそうな気がします。距離に制限があると限定されますが、もし可能ならライワ伯爵領とラッテル子爵ぐらいから試用してみてはと思いました。
トオル    [2017年 08月 17日 00時 37分]
ご指摘ありがとうございます修正しました。

はい、術送の指輪は、ご指摘通りの目的で出していたりします。
消費の少ない二種類の魔法を組み合わせて、モールス信号、またその組み合わせに使う魔法の属性で誰が発したか解る様(風と雷ならアラ、火と土ならハル)に等と考えていたのですが、それを使う予定のイベントがお蔵入りにしてしまい、また現状ではミーシア(回復)とトーウ(毒)が魔法を一属性しか使えないので、現状はかなり先まで使わないネタだったりします
ちなみに送れる範囲は、まだしっかりと決めてはいないのですが、当初の予定では同じ都市内程度といったところです。
投稿者: 枕菓子  [2017年 08月 16日 22時 05分] ---- ----
一言
カミヤさんの威光が凄い。
現状、裏ルートでなくカミヤさん以上に成功している元勇者います?

物語の主人公なら彼女もここから持ち直して色々成長していくのだろう。或いは闇落ち真っ逆さま。

今回問題なしとしましたが、場合によってはリョーくんはカミヤさんに報告しなくちゃな事件ですよね。
雇われの冒険者がカミヤさんレベルの依頼人の名誉を目の前で汚されたわけですから。今後の事考えても報告しないと。後で知られる方が怖い。

ミムズ達も行っちゃったか。サミューさんについての話し合いが楽しみなんだが。
そしてこいつらは神官長の仕込みかな?
盆休み中の更新ありがとうございます。
トオル    [2017年 08月 17日 00時 21分]
普通の貴族でも、この手の事をすれば刺客を送られたりしかねない無礼のようですが、カミヤさんの場合勇者と言うのも有る上に、領地がかなり発展してきてただの伯爵を遥かに超える権力が……

領主や君主としてはカミヤさんレベルはいませんが、自分一人の戦闘力で大概の事は解決できる程度の小国や小領地などでのんびりやってる勇者や、冒険者や傭兵として大成功して世界中を駆け回っている勇者などはいたりします。

この事実が他の誰かに知られれば大問題になり、未遂であってもカミヤさんは動かざる得ず、ピリム・カテンに報復するでしょうが

この場に居た当事者たちにとっては、リョー君とミムズ達を除けば、ピリム・カテンの陣営なので、外に漏れれば自分達もただでは済まないと解っているので口外しないでしょうし、四弦万矢やミムズは、ピリムをかばうでしょうから、他者に漏れなければ例えカミヤさんが知っても、ギリギリ見逃してくれるかと。

ミムズとサミューさんについては、互いにどうしていいかわからないので、あまり際立った行動はしばらくないでしょうが、もう一波乱ある予定だったりします。

尼さん達が何を考えているのかは次話で
投稿者: のんびりゆっくり  [2017年 08月 15日 15時 25分] 18歳~22歳 男性
気になる点
ゆっくりと短剣を抜き、仲間たちに包帯を巻いて貰いながら『死弦万矢』が頭を下げると、ミムズが軽く手を振る。以降「四弦万矢」が「死弦万矢」になっています。しかしこれはこれでかっこいいですね…。
一言
族滅と言っていましたが、一族郎党皆殺しってことなのでしょうか?そりゃ、止めますよね…。
トオル    [2017年 08月 16日 15時 11分]
実際のところ彼の二つ名は『死』を連想させるような感じで作ってはいましたが、あからさまにやってしまうとは。修正しました、ご指摘ありがとうございます。

旗をテーブルに敷いた時のミムズのセリフにも有りますが貴族に取って家紋を汚されたり傷付けられるのは、かなりの侮辱であり敵対行為として決闘や家同士の抗争、行ったのが目下であれば処刑あるいは即座に手打ちにされかねない事態です。
更に、カミヤさんからすれば、領内での事に関して自分の出した公文書を切り裂くというのは領主としての権威の否定、領地の支配権の否定をされたに等しい行為となり、しかもそれをしたのが騎士としての身分を失った浪人となれば、放置すれば他からナメられかねないので、見せしめとしても完全に潰すしかないという所みたいです。
投稿者: けろきち  [2017年 08月 15日 11時 38分] 50歳~59歳 男性
良い点
長く楽しんで拝読しています。
気になる点
323話、ピリムの台詞、
「かつてはとある侯爵家に仕えていた地方貴族、カテン家の当主代理に御座いまする。」
337話、武勲証書
「旧テズン子爵家元家臣」
整合がとれません。
一言
年に2~3回位最初から読み通しています。再読に耐えられる作品は少ないので非常に気に入っています。
トオル    [2017年 08月 16日 14時 34分]
ご指摘ありがとうございます、侯爵家の方で修正させて頂きました。

まさかそんなに読み返して頂けるとは。一応読み返して頂くと解る仕込みが有ったりはしますが、無駄に長いので大変でしょうに本当にありがとうございます。
投稿者: 各務  [2017年 08月 15日 09時 02分] ---- ----
気になる点
337話で四弦万矢が死弦万矢にパワーアップしてる(笑)
一言
あそこまで取り乱すとはどうやって身元確認したのか…明らかになるのを楽しみにしてます
トオル    [2017年 08月 16日 14時 24分]
修正しました、まあ彼の二つ名は『シ』の音を強調して『死』の字が連想できるようにしてはいたのですが、普通に誤字でやってしまうとは……

基本的には所持品、騎士の場合ですと家紋の入った先祖伝来の品など、後は迷宮に入る前に宿泊した宿帳や関所の通過(裏道を使った者も居るかもしれませんが)記録などでしょうね。
投稿者: ホウキボシ  [2017年 08月 15日 00時 14分] ---- ----
良い点
読んでて逆転裁判連想しましたw
気になる点
ごく最近の呼び名である『焦砦』を知っているなら、『白嵐』など他のメンバーの二つ名も耳に入っていた可能性が高いように思います。『虫下し』のリョーがカテン一行に伝わっていないのもトレン法師の情報操作でしょうか?
一言
トレン法師は真相を知りながらも意図して操作した情報をピリム・カテンに与え、行動を誘導したようですね。非のある側の仇討ちを承認してしまったこの地の領主にカミヤさんかライフェル教、あるいはその両方が怒鳴り込める口実作りでしょうか。
トオル    [2017年 08月 15日 07時 04分]
逆転裁判ですか、実はやったことが無かったりします。

おそらくは、比較的近場で立った最近の噂に関しては、知っているのでしょうね。『虫下し』に関しては『鬼族の町』攻略直後に広まった二つ名ですが、『不浄斬り』の方はそのもう少し後にアンデッド退治で苦労してた冒険者たちが、アンデッドを軽々と倒して他リョー君を思い出して付けた物なので、こちらの方が新しく耳に入りやすかったのかもしれません。

まあ、トレン法師が情報をある程度精査してピリム・カテン達を誘導したのは事実なんですけどね、何せライフェルの坊さんですから。
とは言えその目的は、高度な政治的目的なんて感じではなく、あまり大した事のないある意味予防的な理由だったりします。
投稿者: bogusmonster  [2017年 08月 15日 00時 02分] ---- ----
気になる点
五月雨式でもうしわけありません。なお返信はなくても結構です。

は、破棄し、族の所持品の全てに対する所有権は
→賊の
投稿者: bogusmonster  [2017年 08月 14日 23時 55分] ---- ----
気になる点
誤字らしいものがありましたのでご確認頂ければ幸いです。

http://ncode.syosetu.com/n2691bs/341/
「トレン法師、まずは法師にこの書状の内容を確かめて、その上で今日を説得しては頂けませぬか」
→その上で卿を?

う、ラ、ランヅ、ランズ・カテン……」
→ランヅ・カテン
一言
すばやい更新ありがとうございます。
トオル    [2017年 08月 15日 06時 49分]
誤字指摘ありがとうございます、両方の感想共に修正しました。


更新に関しては、私用でしばらく停滞していたのと、今回の内容的にあまり間を空けるのもアレだったので、連続更新しました。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ