本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 上原  [2015年 04月 24日 22時 01分] ---- ----
良い点
魔王様の弟子の聖女様が、次々と新伝説を築いている…。
しかも、殺人的にマズい薬の苦難に耐えながら、なんという献身的なお姿でしょうか(´;д;`)ブワッ

神殿長という魔法の合言葉は、罪をかぶせる存在だったり、何か規格外な出来事をやらかしたときの免罪符だったり使い勝手良すぎです(笑)
エーレンフェストは神官長だけでなく、神殿長もマジ万能!

脳筋かと思いきゃ、意外と誤魔化されない修造先生。
修造先生、ローゼマインへの騎士コースの勧誘により一層の決意を固めてそうですね☆

フィリーネがローゼマインの心の癒しになってますね。

ローデリヒも無事に名捧げの石を作れそうで一安心ですね。
悪い点
頑張ったのに帰還命令とか、ローゼマイン可哀想に…。
一言
討伐禁止の意図は院生の安全確保だけではなさそうな気がしますね。
投稿者: 玲音  [2015年 04月 24日 21時 55分] ---- ----
一言
なんという「わたくし、神殿長ですから」ごり押し
聖典原理主義者に疑われるぞー

これで実技で2つに今回で2つ、4つの神具変形
フィリーネは下級で実技場の違いでヴィルは素材取り中で見てなければ4つ全て目撃できたのはいないかな

通常の土地魔力による成長ではなくローゼマイン魔力による急成長
素材の内在魔力や質、効果がどのように変わるか神官長に送って研究しなければ
以前も魔力で成長させないかと提案したので喜んで研究するはず

周知な虚弱体質で一目で顔色悪い体調不調児に帰さず詰問責めとは
自分の体力基準とはいえ、後日きくなり事情知るほかの文官騎士見習いに聞こうとせず
そして止めない側近、また目の前で倒られトラウマになりたいか

今回の事変 誰も、やはり聖女傾倒ハルトムートさえ冷静に客観的な報告できてない
これって大問題でローゼマイン帰還命令は体調立場心配でなければ筋違い
投稿者:  [2015年 04月 24日 21時 54分] ---- ----
一言
>ベルケシュトックに多く生息する魔獣
 “生息する”ではなく“生息していた”ではないでしょうか?
 もしくは“元”ベルケシュトックとか、ベルケシュトックと呼ばれていた地域に~とか

 それともおとり潰しになってなお、地名はそのままなんですか?
投稿者: おでん  [2015年 04月 24日 21時 52分] ---- ----
良い点
聖女無双! いいね! すばらしい!!
一言
しかしルーフェン先生は鬱陶しいなぁ
投稿者: j×3  [2015年 04月 24日 21時 49分] ---- ----
良い点
聖女伝説に、また一ページが(笑)
一言
癒しの儀式の、緑の強い光を先生たちは見てなかったのかな?

そして、ルーフェン! 貴方、武に携わる教育者でありながら、マインの体調の異変に気付かないのか!?
投稿者: 読み専  [2015年 04月 24日 21時 45分] ---- ----
一言
ルーフェンは脳筋を装ってるけど、やっぱり油断ならない男ですね
着実にマインの情報を収集してるように見えました

それに対してヒルシュールは……有能だけど興味のないことには目を向けない人、というよりは、興味のあることしか出来ない総合点での無能、に見えます

ていうか、学生達では勝てないはずの魔獣が倒された、という話を聞けば、誰が?どうやって?そもそも何で居る筈の無い魔獣が?と、疑問に思っても良さそうなのに、それらを無視して現場から去ろうとするとか
ひょっとして犯人なのでは、とすら思える態度ですね


神具を、機能込みでシュタープから作り出すのって普通は可能なのかどうか、で聖女伝説の重みが増しそうな予感
投稿者: Asana  [2015年 04月 24日 21時 41分] ---- ----
一言
脳筋先生、まだ諦めてないのか〜。

マインはリハビリさえ嫌うから、騎士コースを受講する訳ないのに。それより、ディッターを宝狩りに戻す方が早そうですよね。さては騎士コースを受講させる事を狙いつつ、無理なら次点でディッターのルール改正も視野に入れているのかな? 宝狩りなら文官も参加だったような…。
投稿者: 瓜子  [2015年 04月 24日 21時 33分] ---- ----
一言
思いがけず最新話を読むことが出来て幸せです。
ありがとうございます。
でも、香月様もしっかり休まれて下さい。

癒しの儀式が、なんだか偉いことに……今回、対象となった土地が前回とは違って森だったということもあるのでしょうが、それにしてもコレは……。
アレですか、各神殿で管理されている神具はレプリカで、神々に愛されまくっているローゼマインが自分の魔力で作った神具はオリジナルと同等の力があるということでしょうか。
それなら納得です。
ローゼマインは、無自覚に本物の儀式を復活させていくんですね……あぁ、聖典原理主義者が怖い。饅頭が怖い。
とりあえず、ローゼマインは、なんだかんだで話してはいなかったシュタープ取得時のこととか癒しの儀式の相違点なんかをちゃんと神官長に話さなきゃ駄目だと思うんだ。
投稿者: 戦うママ  [2015年 04月 24日 21時 32分] ---- ----
一言
更新ありがとうございます。
今回も大変楽しく読ませて頂きました!
癒しの最中は頭の中で映像化して楽しんでました。

やっぱり癒しが終わった後に先生達の到着でしたね。現在進行形を見られたら大事ですから。
でも、個人的な気持ちを書くと、現場に向かっている時に光が遠くに見え「あれは何だ!?何が起こっている!?」なんて展開も読みたかったかな。

ヒルシュールはやっぱ問題ありまくりですね。倒したなら帰ってもっていう発想になるのが……。
学生の怪我とかそんな心配はしないんかい!と思っていました。

それに、今回の魔獣が現れた結果どうなるか分かっているなら、帰っても良い発言の前に、どうして森がこの状態なのかをまず疑問に思い聞いてきそうなのに。
魔術具の研究者であっても、研究者として大変興味を持ちそうなのに。

ルーフェン先生からまたマインの素晴らしさがあちこちに広まるのですね。神具つくりまくりの聖女様。土地の癒しも出来る事も広まるかな?

……ヴィル兄との婚約話、王家からやっぱ駄目なんて通達きませんように。今きちゃうとヴィル兄困っちゃう。
投稿者: shohei  [2015年 04月 24日 21時 25分] ---- 男性
一言
うわー、前回と同じ強制送還か。でも、前回と比べると、後にドレヴァンヒェルのお茶会、音楽教師とのお茶会が待っている以上、奉納式前に一度帰還するか、もしくは、奉納式後には即帰還しないといけないですよね。
そう考えると、ジルヴェスター達のやったことはちょっと悪手だったかも。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼悪い点
▼一言

↑ページトップへ