本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: ゆうなぎこやぎ  [2014年 11月 21日 12時 17分] ---- ----
良い点
( ´・д・)エッ2巻とな↓のコメ読んで心は予約に飛びます飛びます(笑)
一言
本日もありがとうございます。
体調いかかですか?
世の中3連休です。
家族サービスも有りでございます。

鈍感ローゼマインちゃんやっと気がついたのか
ローゼマインには絵のお勉強が必須!
みんなチャンスだよ(笑)

護衛騎士もお勉強の大事がわかってよかったよかった
おかげでお茶会決まったし♪
相談する仲間ができて(側仕えだけであえてなかま)ローゼマインの成長がみられてハッピー(*°ั˘°ั*)нарру♡
投稿者: 蜂の子  [2014年 11月 21日 12時 08分] ---- ----
一言
シシさんの感想を見て

作中リヒャルダは有能に書かれてるけど結果だけ見ると、みんな何処か歪んだ人として成長してますね。
リヒャルダよりフランの方が確かに有能ですね~貴族の習慣をよく知っていればフランの方がマインのお付にふさわしいかもしれませんね。
投稿者: 歌野あひる  [2014年 11月 21日 12時 06分] ---- ----
良い点
図書館に目を奪われがちだったマインに『周囲』がストップをかけ始めることが出来たこと。
天才というより、マインは奇才ですからね。
一言
二巻発売やった!!!
どんな話がつくのかワクワクしてます。
ログインの調子がすこぶる悪くて、書き込めませんが、ベンノさんの既得権益の争いとか、マイン視点では見られなかったところが分かるかと思うとワクワクです。
投稿者: シシ  [2014年 11月 21日 03時 03分] ---- ----
悪い点
マインが急に頭が悪い子になったね。
今まで身分差の怖さは身をもって分かってた筈なのにね。違和感ありまくり。
リヒャルダが今まで色んな人に仕えてきて一流の仕事が出来た、なんていってるけど誰一人まともに育ってないよね。ジルヴェスターは身内に甘く自分の仕事を押し付け。 神官長は周りに厳しく薬常習者。カルステッドは第三夫人にのぼせ上がり夫人達の対立を余計に深める。
ヴェローニカ、ゲオルギーネなんて…、リヒャルダって一流なの?w
リヒャルダと意思疎通とかするよりフランを買い取って城に呼んだ方が早くね?

聖女伝説ってw 80年代のアイドルかよw

投稿者: ちぃ  [2014年 11月 20日 22時 27分] ---- ----
一言
主の真意を見抜けない筆頭側仕えの懺悔、もしくは哀愁。

…と、最初読んだときは思ったんですけど、考えてみたら魑魅魍魎跋扈する貴族社会で長年生きてきただけでなく、その世界を生き抜くための術を領主に授けてきたリヒャルダがそんなに甘いでしょうか?
もちろん今までの領主候補と違うローゼマインを教育しなければならないのは、彼女の人生経験においても難しいものはあるでしょう。吐露したものは正直な部分も十分にあるのだと思います。
けれど、こうして弱みを見せることすらもローゼマインをコントロールするのに必要なことと割り切って行っているのではないかと思うのは、穿ちすぎでしょうかw
でもねぇ、あの癖のある首脳陣を育て上げた人ですよ?
あのフェルディナンド様が頭の上がらない人ですよ?
一筋縄ではいかないと思うんですけどーw
投稿者: 夢路  [2014年 11月 20日 18時 06分] ---- ----
良い点
暴走の自覚とリヒャルダさんとの意志疎通ができてよかったです。
一言
新書棚を作って、そこで分類なんかを試して貰えばいいんじゃないかなと思います。良さがわかれば他の棚も少しずつ分類しようと思ってもらえるのではないでしょうか。
何はともあれ、まずは謝罪ですが(笑)
投稿者: などれっく  [2014年 11月 20日 17時 36分] ---- ----
良い点
 人物設定が更新されたところ。ヒルシュールとルーフェンの、最後の評には笑えました!
悪い点
 ローゼマインが今回、図書館通いを許されたのに読書に走らず、図書委員に執着することに、違和感がありました。でもよく考えてみたら、念願の司書になる直前に、麗乃は事故死していたのでした。無意識のうちにその無念さが凝って、今回の暴走に繋がっているのではないでしょうか。

 でも、本も図書館も司書もその価値観念が異なる世界で、日本式の方法を一方的に押し付けるのは無謀なことです。今回のことで、「孤児院の改善」をベンノさん・ルッツ・側仕えたちの協力を得ながら立案していたことを思い出しました。今回も、すぐさまとはいかないでしょうが、皆の意見を聞きながら進めてくださいね。
一言
 図書館でも何でもそうですが、改善しようと手を付けたのに、途中で止めてしまって混乱するのが一番困ります。4万冊もある図書館なら、人手が不可欠です。
 私なりに、ローゼマイン様用の図書館改善計画を用意いたしました。長いのですが、よろしければどうぞご覧くださいませ。

    ~貴族院図書館の改善計画~
1.現状分析
 貴族院図書館は利用者が減少傾向にあり、現在、職員を削減しているところである。中級貴族のソランジュが、司書として勤務している。
 蔵書の配置は、
1階    参考書    約2万冊  (羊皮紙 木札)
2階   研究・専門書  約1千冊(羊皮紙・鎖付) その他(巻物・木札)
閉架書庫  保存用資料  約1万~2万冊  
という構成になっている。
 利用されている資料は、最近書かれた参考書に偏っている。学生に借りられたまま、戻ってこない参考書も増えてきている。

2.改善の理由
 「エーレンフェストの聖女」と呼ばれるローゼマインは、貴族院に在籍した1年目に、座学と実技、すべての科目で一発合格を果たすという偉業を成し遂げた。そればかりでなく、エーレンフェスト生は、すべての学年で驚異的な成績の伸びを示した。特に1年生は、全員が座学を一発合格している。さらに65名の学生中、成績優秀者は、領主候補生ヴィルフリートほか多数に上った。
 この要因として、ローゼマインは領地エーレンフェストにある図書館を、学びやすく改善したことを挙げている。ただし、効果が上がるのに4年を要したという。
 今回、エーレンフェストのローゼマインから、「同様に貴族院図書館資料を整理し、学生がより勉学に励めるようにしたい」との申し出があった。それにより学生の学力が向上するならば望ましいことであるし、ほとんど利用されていない3年以上前の資料を整理し直しても、利用者にとって不便とはならないと考えられる。

3.改善の内容
①1階の参考書のうち、3年以上前の資料を内容別に分類する。学生が利用しやすいよう、分類方法を明示する。
②そのうち、いくつかの分野にまたがっている資料については、分冊して利用しやすくする。
③2階の研究・専門書を、分類別に配置し直す。
④閉架書庫の保存用資料を、分類別に配置し直す。
⑤蔵書の目録を作る。

4.必要経費・実施時期等
 ローゼマインの申し出による改善のため、かかる経費は貴族院の費用に加えて、ローゼマインが補助する。
 改善の時期は、学生への影響を考慮し、春から冬の、貴族院がない時期に限る(領主会議の期間も除く)。蔵書が大量なことに鑑み、1階の参考書の分類を優先する。すべての改善が終了する時期は未定だが、数年がかりの計画となる。

5.人員
 分類の作業に従事する人員は、すべてローゼマインの指示に従う。文官見習いまたは文官志望者(学生に限る)のうち、各領地・1~3名希望者を募る。
 エーレンフェストにおいては、必要と思われる人員の入来を許可する。
 人員はその領地の寮に居住するものとし、食費等は各領地が負担する。今回の措置により得た知識に関しては、各領地において節度を持って利用するものとする。
投稿者: イブキ  [2014年 11月 20日 16時 54分] ---- ----
一言
いつも楽しく読ませてもらっています!
ちょっと疑問なのですが、マインとルッツの契約魔術って他の領地にも通用するものに更新されているのですか?特に紙の契約は他の領地にも業務拡大しそうなので必要だと思ったのですが・・。
一気に読んだので、書いてあったかもしれませんがちょっと疑問に思ったので質問しました。これからも応援しています。
投稿者: のま  [2014年 11月 20日 16時 32分] ---- ----
一言
ストッパーお見事!
それにしても!かなりのエーレンフェストVIPに仕えてきたわけで、ヒルシュールの持ってる首脳陣の弱みや、白黒兎の保護対策なんかも、相談すれば何とかなっちゃいそうな凄味がありますな!
投稿者: 歌野あひる  [2014年 11月 20日 13時 09分] ---- ----
悪い点
ハラハラしながら見ていたので、リヒャルダとの相互理解が出来そうでよかったです。
本に関わるとマイン様は止まりませんから、ストッパーがんばれ!
一言
リヒャルダさん、リヒャルダさん、もしかして、ローゼマリンを次期神官長にするために誘導してはいませんか?
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼悪い点
▼一言

↑ページトップへ