本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 多雨  [2014年 07月 25日 03時 31分] ---- ----
良い点
見事な悪役ぶりを見せる教師モードの神官長が素晴らしかったです。
ローゼマイン様の聖女らしさを引き立てるように振る舞いつつ、しかも途中でこっそり演技指導までついているという親切仕様!
冷気発散で場が凍ったらどうしようと心配していたのですが、神官長は冷静に、ローゼマイン様への教育のほうに専念していましたね。本当に良かったです(ローゼマイン様が風邪をひかなくてw)。

ローゼマイン様も、聖女役がずいぶんと様になってこられましたね。
ハッセの問題は、事前情報や貴族として知っていて当然の知識がないままに、衝動的に動いたから起こってしまったことでした。ですが本来、ローゼマイン様は、商人見習い候補の頃からそうだったように、日本人らしい折衷案や、誰もが損をしないような落とし処を見つけるのが、すごくお上手な方なんですよ。この世界の人には持つことのできない、素晴らしい独自の政治センスだと思います。今度からは、人脈の広さを生かして、情報をきちんと集めてから計画を立てるようにすれば、大丈夫なはずです。
聖女演技の残り、頑張って下さいませ。

平民のマインが「死亡」した時には、単に住民登録メダルが返却されただけでしたが、町長たちの場合は、どうなるんでしょうね。すごく楽しみです。
悪い点
おはようございます。私はいつも早起き組です。
実は、感想を書く順番が、前のほうになってしまって戸惑いを感じている今日この頃です。
私の後にご感想を書かれる方々の邪魔にならないように、この夏は、いつも以上に斜め上の内容を目指して頑張ります!←待テ
一言
今回は少し趣向を変えて、ものすごく前の回の感想を書かせて頂こうと思います。というのも、当時は感想欄の存在を知りませんでしたし、いずれにしても、書き込むことが出来る環境ではありませんでしたので。内容が重複しているご感想があったもしれませんが、何卒お許し下さいませ。

本当に今更のことで恐縮ですが、第129話「癒しの儀式」を拝読して私が一番興味を引かれたのは、目に見える発芽現象よりも、種は一体どこから出てきたのだろうか、という点でした。

その地に宿る魔力を根こそぎ奪い、生息している草木もすべて吸収してしまうトロンベです。当然、栄養価がたっぷりの種も、全部食べてしまったに違いありません。
ですから、騎士団のメンバーと違って私がびっくりしたのは、先行した雑魚騎士のショボい(笑)儀式のほうだったのです。魔力だけでなく、地に眠る種子までも完全に失われたはずの、まさに不毛の土地です。水分を付与するのは水の女神ですからお手の物でしょうが、種もないのに無から緑を生み出したフリュートレーネの奇跡に、心底、畏敬の念を抱きました。
そんなわけで、二回目のマインの時は、そういう意味での驚きはありませんでした。もちろん、魔力が渦巻いたり、風で衣装が翻ったりする描写については、存分に満喫させていただきましたし、やっぱりマインちゃんは魔力がめちゃくちゃ強かったんだ、神官長までびっくりしてるみたいだよw、と楽しく思ったりしましたけれど。

私は第一部の最初のほうで、パルゥという魔木があり、踊るキノコや叫ぶラディッシュという不思議食材があるということから、この世界には魔力が満ちていて、一部、魔力がなければ生長しない植物があるらしい、と考えるようになりました。
しかし、この癒しの儀式を目の当たりにしたことで、ごく普通に見える植物についても、認識を改めなければならないと思ったのです。……すなわち、全ての植物は、魔力で生み出すことが可能である。そして、地球と違って肥料の必要性はおそらくゼロに近い、と。

森に行けば、古い落ち葉が積み重なった、一見、腐葉土のような土壌が見られるでしょう。ですが、それに含まれる有機物や微生物(+もしかしたらごく微量の魔力)が、地球と同じように森の生態系を支える重要な要素であるかどうかは、全く不明です。その腐葉土に見えるものを畑に導入しても、肥料のような効果が得られるとは、ちょっと考えにくいです。色インク開発という単純な工程でさえ謎変色を遂げるような異世界の科学ですから、下手をすれば、逆効果になる可能性すらあるのではないでしょうか。

マインの行動範囲が広がり、知識が増えていくにつれて、少しずつこの世界を支配する理(文化や社会構造から自然科学や技術、そして魔力・魔術に至るまで)が見えてくるのが、とても楽しいです。「種はどこから?」は、魔力も関係しますが、ぎりぎり自然科学の「生物」領域と言っていいですよね。次はどんなジャンルが出てくるんだろう、といつもわくわくしております。

※本当はこの内容、前回を拝読して思い出したことだったので、昨日のうちに書いてしまいたかったのですが、既に普段の倍の長文になっていましたし、時間的にも限界だったので諦めました。でも、仮に一日早かったとしても、あまりに遅すぎる感想という点には変わりありませんね。全くフィードバックにならず、誠に申し訳ございません。
投稿者: ふせいねぬ  [2014年 07月 25日 02時 21分] ---- ----
一言
マインの扱いは宗教観から来るものなのかなぁと

このシステムだとヤプー系ディストピアが展開されててもまったくおかしくないのですが、現状そこまではいっていません。なら平民を同じ人間だと見なすような宗教的根拠があるのでしょう。たとえSFの世界だろうと、王権を授けるのはやはり神でしょうから。


投稿者: クロスケ  [2014年 07月 25日 02時 00分] ---- ----
一言
……前回の貴族が平民を魔力で養ってるってだけでも衝撃的だったんですけど

もしかして:契約魔術で首根っこ抑えられてる

ただのファンタジー式住民登録とか思ってスルーしてましたけど……目から鱗です。
いや、まだただの除籍の手続きの可能性もありますけど。

それがなくたって
・魔力で豊作を約束するよ!
・あ、害意の選別余裕です^^

……貴族Tueeee!領主Tueeeeeeeeeee!
生物としての格が違いますね。
市民革命とかまず起こる気がしません。
投稿者: さき  [2014年 07月 25日 01時 12分] ---- ----
良い点
無実の証明はとても難しいので、目に見える形で反逆者とそれ以外を区別する方法を用いた神官長は十二分に慈悲深いと思いました

この工程によって今後の憂いが無くなってリヒトも一安心ですね
事あるごとに叛意があるんじゃないのと言われるのは嫌ですから
一言
「神殿長、できればお慈悲を」と嘆願した広場の人達は反逆者+街の人かな
この時点で慈悲の結果だとわかってないんですね
連帯責任免除の時点ですごい慈悲だとわかっているリヒトと村長は苦々しかった事でしょう

領主じゃなくても貴族相手に庶民が攻撃なんて即消されるんじゃないのかな
村長は色々言っていたけどわかってやっていた事は明白ですが、街の人たちはそれを知らないから貴族への攻撃に加担したのか、前神殿長パワーがあるからと安心していたのか不思議です
投稿者: 歌野あひる  [2014年 07月 25日 00時 39分] ---- ----
良い点
マインちゃんの成長が見れてよかったです。
やっぱりマインちゃんの常識は農村でも噛み合わなかったか。
一言
もしかして、ずっと気になってた契約魔術違反をした場合の罰則の程度が分かるとか?
メダルと契約書を使って強制的に罰発動とかなるのかな?
どんどん聖女ローゼマイン様になってるのに、マインちゃんはすぐに忘れますね( ̄▽ ̄)
投稿者: 昌  [2014年 07月 24日 23時 02分] ---- ----
一言
「待て! 小神殿はフェルディナンド様の作った白の建物だと言わなかったか!?」

大変です!エックハルト兄様に認知症の疑いが!
小神殿を建てた時、ベンノを騎獣に相乗りさせて見ていたはずですけど、
美味しい料理に意識が奪われたのでしょうか?
投稿者: 鳥の巣のある案山子  [2014年 07月 24日 19時 56分] ---- ----
一言
貴族の騎獣は基本的に動物・魔獣をもしているか、一部を加工(領主の騎獣が3つ首である等)しているものであるようです。
今回ユストクスの質問「どのようにしてこの騎獣を作ったのですか?」に対して「こういうものだ」と返答してますが、この返答でユストクスがどう感じたのか、また神官長やベンノさん等の搭乗者がどう感じたのか知りたいな…と思いました。
投稿者: redo  [2014年 07月 24日 19時 41分] ---- ----
一言
皆様こんばんは。
ひと晩開けて、反応の大きさにビックリです。
また、関係のない方々にはお騒がせして申し訳ございませんでした。
今後はそういうことはないかと思うので、ご安心下さい。
一応全て目を通しましたが、この場でのご返答は控えさせて頂きますね。

ところで少し早めではありますが、
ネームラフの続きが仕上がりましたので、ご興味のある方だけどうぞ。
http://11749.mitemin.net/i119118/

今日もものすごく暑かったので、皆様熱中症にはお気をつけくださいませ~。私は溶けております。
投稿者: まな  [2014年 07月 24日 17時 28分] ---- ----
一言
漫画や絵は、原作者である作者が描いたものではなく、ファンの一人が描いたものだから小説通りじゃなくても仕方がないかと。
これで作者監修の元で漫画化しているのなら、キチンと原作を読んでいる方達から色々と突っ込みを入れられるのは当然でしょうが…。
ファンの好意による作品なら、ローゼマインがアフロになってても笑い飛ばすべきだと思ってます。

私はこの小説が大好きで雰囲気を壊したくないので、漫画や絵は一切見ないことにしてます。
実際にバスじゃなく、カーだとの説明に、見なくて良かったと実感してますしね。
好きな分だけ、そういった細々したことは嫌な気持ちになりますからね。
投稿者: ステラ  [2014年 07月 24日 15時 00分] ---- ----
良い点
更新ありがとうございます。
神官長、エックハルト、ユストクスの3人組が楽しいです。
一言
魔力と自然現象すらも操る魔獣がいる世界は、とても興味深いです。

ふと思ったのですが、貴族街のトイレには魔生物がいますけど、貴族の糞尿と下町の糞尿、10年以上地中で熟成させるとどうなるんでしょうね。
貴族の方が肥料として優れていそうですね。
血や涙が同じ扱いになるのならば、血液をろ過した尿も魔力を含んでいるということになるから・・・・聖杯がいらなくなるなんてことはないですよね?
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼悪い点
▼一言

↑ページトップへ