機械仕掛けの天使は人の夢を見る

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 新染 因循  [2017年 04月 24日 21時 26分] ---- 男性
一言
不快に思われたならば、謝罪はします。ですがその意見を僕は取り下げません。
作者がどれだけ頑張ったって、読者にとって大事なのは作品。
あなたが全力で10の文章を書いたところで、半分の力で11の文章を書ける人の方を僕は読む。
人の全力を笑うつもりはありませんし、それを蔑むつもりもありません。かといって褒めません。
全力を出せば、褒められると思いますか? いいえ、結果を出したか出していないか。それにつきます。
結果の伴わない全力は、全力じゃない。なぜか。
その「全力」とやらは、結果を伴うための過程に過ぎないからです。
本を書いてる人が、私はこんなにここを頑張って書いたの! って、読者全員に言って回りますか? 回れますか? ていうかしなくていいです。興味がないので。
社会には結果と過程のどちらも重要だという考え方が広まるべきだと思いますが、前衛芸術でもないファンタジー作品においては、結果がすべてです。
僕はあなたのいう全力の結果を見て、まあ上手いっちゃ上手いけど、本で買うほどじゃないよな、そう判断しました。素人の域を出ないだろうと。そういう意味で、慣れれば書けると、そう書きました。
事実、文章は慣れです。経験です。どれだけ作品を読み、知識を蓄え、試行錯誤したかに、文章力の六割はよるでしょう。後の四割は、時流に乗れたか、とか才能とかいう不定なものによるでしょう。

努力をすることは前提です。努力は、報われる為の前提条件に過ぎないのです。世の中には、努力せずに結果を出しているように思える人もいますが、あなたは自分がそうだと思いますか?

以上の事をふまえて、僕は意見を取り下げるつもりは、けしてないのだという事をもう一度ここに表明します。気に入らないなら、僕をブロックするなり、感想を消すなりすればよろしい。そんなことに興味はありません。

あと評価し忘れていましたが、ストーリーが崩れないことは素晴らしいと思います。ストーリーを崩さない、っていうのは練習しにくいんですよね。だって数をしようにも、そこに至るまでの文字数が多いので。
景    [2017年 04月 25日 00時 21分]
新染 因循さん

私はただ、貴方の物言いが気に入らなかったということをお伝えしただけで、謝ってほしいわけでも褒めてほしいわけでもありません。興味がないと仰るなら、何故再度書き込まれたのでしょうか。放っておいてほしかったのですが。

貴方のご意見に、なるほどな、と思うところはあります。私の努力が足りていない、というのも実際そうなのでしょう。ですが、誰にでも書けると取られかねない書き方をされたのだけは許せないです。それは厳しい寸評というより、人の書いた文章を扱き下ろしているだけのように感じます。
とはいえ、事前に貴方がどんな寸評を書かれるのか、調べなかった自分が悪かったですね。少し腹が立ちましたが、同時に参考になる意見を戴いたのも事実なので。もう、これ以上は何も言いません。
投稿者: 新染 因循  [2017年 04月 24日 09時 42分] ---- 男性
一言
ジャンル ハイファンタジー 一致

寸評と表現と総合 上手いです。
このまま数を数え踏むか、本気の改稿作業をすれば持ち込みで書籍化出来る!……は、どうだろうなー。レーベルで変わるけど、イメージとしてはこういうのは電撃かダッシュエックスだから要求される文章も高い。地の文と、戦闘シーンの文が一緒なのも少し辛い。
正直なところ、なろうだから上手に見えるけど実際は中の上、ある程度なれたらかけるレベル。だからって、それが駄目な訳じゃないよ、レーベルなんか気にしなければ、出せる。それでいいのかって話。
シーンの作り方はできてる。シーンというか山場の作り方はね。
あとは、そこを文章の緊張感で盛り上げられればもっといい。
あとは視覚について。一例ですが
人の親指ほどの大きさしかない、黒い板。それも死天使の骨格金属や核のように、自ら発光していた。片面には目が痛くなりそうな細かさで、銀線が幾重にも走っている。
ここねー、違和感ないですか?
黒くて、発光してて、銀線が幾重にも走っているの……
ここで必要な情報はなんでしょう。まず、黒くてという必要があるのでしょうか。イメージを犠牲にして伝えることでしょうか、後で入れてもいいのではないでしょうか。
写実的に行きましょう。こういうのが、イメージしにくいのです。全般を通して、こういうのを直せると、もう一段階上に上がります。でもこれは自分で頑張ってください。僕の作品じゃないもの。
ちなみにストレスフリーでいくなら、戦闘シーンだけすこし負荷のかかるものにしてみては? ただそうするとシーンに入りにくくなるっていう短所はあるけれども。

文章 ◎ なろう書籍以上電撃未満
景    [2017年 04月 24日 20時 38分]
新染 因循さん

丁寧なアドバイスをしていただき、ありがとうございます。長く続けてきた作品も最後まで読み込んでくださったようで、感謝しております。
ご指摘はとても為になりました。拙作の修正や次回作の執筆の参考にさせていただきます。細かい修正は、見直しつつ地道にやっていこうと思います。

ですが、ある程度なれたらかけるレベル、というのはどういう意味でしょうか? それは、書き慣れた人ならば誰にでもこんな文章は書けると、そう仰りたいのでしょうか? 貴方にとってはつまらない文章かもしれませんが、私なりに頑張って書いてきたつもりです。そのような物言いをされるのは不愉快です。寸評を受ける身だからといって、全ての意見を黙って受け入れなければならない、ということはないはずです。それだけお伝えしておきます。
投稿者: zat  [2017年 04月 22日 22時 17分] ---- ----
一言
アフターフォロー入ります。
するっと読めることが既にストレスフリーなのですね。そして主人公が人並みの苦しみを味わう程度ではストレスになりにくいです。問題は地の文の書き方。これが気にする必要がないくらい上手い。それがキャラのストレスを相殺している。
どうやらそれらのことが本能で出来てるようなので人気作品になったのかなと。
人と話しをしてて「楽しい」と言われたことはありますか?
まさにそれが求められてることなのです。あなたがどんなにキャラにストレスをかけようと思っても無駄です。それは読者には期待に変わるからです。皆あなたの面白い話に夢中になります。あなたがそう思ってなくてもです。読者と作者の視点は違います。その結果が大量の感想数です。

もっと自分に自信を持ってください。マイペース、リラックス。
景    [2017年 04月 23日 08時 57分]
zatさん、書き込みありがとうございます。

ここまで高評価をいただいてもよろしいのでしょうか。とても驚いています。なんだか逆に、申し訳なくなってもきますね。
地の文がストレスになっていない、ということで安心しました。ですが人によっては読みにくい、と仰る方もいますので、もう少し親しみやすい文章を書けるようになりたいですね。
楽しいと言われたことは……ないですね。変なことをして、周りに笑われることは良くあります(白目)
読者や作者の視点は確かに違うと思いますが、意見を取り入れずに我が道を行くというのも、どうなのかなと感じます。なんだか独りよがりになってしまいそうで。ですので、自分が良いと感じたり納得した意見は、積極的に取り込んでいきたいです。

寸評、ありがとうございました。今の方向性でも大丈夫だとわかったので、少し自信に繋がりました。まずは拙作を完成させられるように頑張ります!
投稿者: zat  [2017年 04月 22日 19時 32分] ---- ----
一言
さて、殴り合いを始めましょう。全員に極辛あるいは寸評しないか選べと指示してます。私は約束は守るタイプなので、始めていきましょう。

寸評 あなたに求められてるのは「ストレスフリー」。悩んでいること全てが問題外で上手いです。この文字量でストレスフリーを維持できているのは評価に値します。そのためにあなたは読者にストレスフリーでなくてはならないのです。ポイントが欲しいですか? 何が欲しいですか? 私は2000ptオーバーの作品を持っているが何モノにもなれてない。ここはそういう世界です。ようこそ。中流の世界へ。所詮中流です。我々はそうなのです。手に入れるべきはカリスマ性。さらにファンを獲得しなさい。私のようにptだけの存在になってはならない。以上です。
景    [2017年 04月 22日 21時 45分]
zatさん、書き込みありがとうございます。

これは評価していただけている……と受け取っても良いのでしょうか? ストレスフリーとは、文字通りストレスがかからない、楽で容易等の意味だと思うのですが、それは文章構成について仰っているのでしょうか? それとも、ストーリーの展開が? 内容は自分自身では、とてもそうだとは思えないのですが……。キャラクターは苦しんでこそだと思うので、楽な展開はあまり書きたくないです。読者さんにとってはストレスが溜まるとは思うのですが。
どうにもおかしな受け取り方をしてしまっている気がします。

なろうで書き始めて間もない頃は、ブクマやポイントにこだわっていましたが、今は気にするのをやめにしています。上には上がいますし、羨んでも仕方がないので。それに、ポイントやブクマが、本当にその作品の正当な評価を表しているでしょうか? テンプレ物が異常な猛威を奮っているだけで、ポイントが少なくても、ブクマが千に届いてなくても、素晴らしい作品はたくさんあります。埋もれてしまっているだけです。

では、お読みいただきありがとうございました。
投稿者: zat  [2017年 04月 22日 15時 44分] ---- ----
良い点
非常に読みやすい文章で一気読みしてしまいました。
気になる点
日常編でも戦闘編でも地の文のリズムが一定ですね。今はそれ以上いうことは無いです。
一言
人間として過ごそうとしたフェイに襲いかかる「天使」としての運命は言ってはあれですが見ていて飽きませんね。飽きませんがそれだけですね。今はそれ以上は言いません。またお会いしましょう。
景    [2017年 04月 22日 17時 35分]
zatさん、お読みいただきありがとうございます。

文章については、自分ではクドいのではないかと思っていたので、少しホッとしました。
戦闘場面はスピードを重視し、日常の場面ではもっと気楽に読めるような文章を心がける、ということでしょうか。癖のようになってしまっているのですが、改善していけるように頑張ります。
それだけ、ですか……。こういった鬱々としたストーリーは好みが別れるので仕方がないことかもしれませんね。

ご感想、ありがとうございました。
投稿者: 上野文  [2017年 03月 27日 21時 45分] ---- ----
一言
 こんばんは、景さん。上野文です。
 御作を最新話まで読みました。

 ユニが可哀想でTT
 ディヴィアが腹に一物もってたのはわかってただろうけど、他に頼れる存在を見いだせなかったでしょうし。
 俯瞰すれば怪しさ満点のテレサさんだって、フェイちゃんはまず疑わないでしょうし。
 心に痛かったです。
景    [2017年 03月 28日 22時 12分]
上野文さん、お読みいただきありがとうございます!
お久しぶりです。こうやってまた、感想欄でお声をかけていただけて嬉しいです。最近はこっそりと更新することがあるのですが、まさか気づいていただけるなんて。

私も、ユニはあまりに不幸だと思います。ここは普通だったら間に合って、助かるはずの場面ですよね。なんやかんやあっても、最終的には仲直りできたかもしれません。そう考えると、自分のキャラなのにとても可哀想な気がします。
最近は読む人の気持ちを盛り下げるような展開しか書けていないような気がしますね……。
テレサもテレサで胡散臭い感じですよね。彼女はディヴィアと違い、極端に言えばフェイヴァ以外はどうなってもいい、というキャラなので、そこのところもこれから改善していけたらいいな、と思っています。

ご感想、ありがとうございます! 励みになります!

投稿者: KAYA  [2017年 03月 19日 20時 37分] ---- ----
良い点
まったくルカとハイネの裏を考えなかったので、
最新話までの流れにびっくりしました。
実はみんな裏あったんですね!
展開がまったく読めなくて、これからがとても楽しみです^^
一言
機械仕掛けのフェイヴァが、ちゃんと自分を大切に思うことができるようになる流れが作られていて、その秀逸さを感じました。
試練に対して、心で乗り越える力を持つキャラクターは魅力的です。
レイゲン、超強いの納得ー!って思いながら、楽しませていただきました^^
これから先の展開に期待しています!
景    [2017年 03月 20日 00時 26分]
KAYAさん、お読みいただきありがとうございます!

自分ではかなりわざとらしく書いてるな、と思っていたので、結構引っかかってくださる方が多くて喜びと驚きを感じています。特殊な奴が出すぎで、バーゲンセールかよって感じですね。
Tweetでも触れましたが、フェイヴァの成長は大切に書いてきたつもりなので、そう受け止めてもらえてとても嬉しいです(*´∀`)
レイゲンの過去からの一連の流れは、正直言うと読むのをやめられるのではないかという懸念があったのですが、最後まで読んでいただけて本当に良かったです。もしよろしければ、これからも見守ってください。
投稿者: ロージア  [2017年 01月 03日 16時 49分] ---- 女性
一言
こんにちは。
最新話、読みました。
「妹のような存在を助けるために、実の弟を手にかけるのはどうなのか」
という事実にルカが迷うのももっともだと思いました。
このままでは全員が死亡してしまうという、切迫した状況が、どう展開して、どう物語が開けてくるのか、興味がつきません。戦いのあとに残るものはなんなのでしょうか。

お仕事大変だと思います。
身体に気を付けて、趣味を楽しんでください。
景    [2017年 01月 03日 23時 21分]
ロージアさん、お読みいただきありがとうございます!
拙作に出てくるキャラクターは皆境遇が特殊で、共感されないだろうなと思っていました。ルカとリヴェンがともに暮らしていたのは十年も満たないので、やはり多感な時期に関わり合った人間の方に重きをおいてしまいますね。どっちとも選べたらいいんですけど。

ここから先は、もうこれ読みたくないな、と思わせる展開になってしまうかもしれません。書いてる方としてもガクブルです。よろしければ、また目を通していただけますと嬉しいです。

身体のことまで気遣ってくださってありがとうございます。無理しない程度に頑張ります!
投稿者: 上野文  [2016年 12月 18日 09時 21分] ---- ----
一言
 こんにちは、景さん。上野文です。
 御作を最新話まで読みました。

 フェイちゃんとハイネさんの戦闘は胸を引き裂かれそうでした。
 ”人間じゃなかった”から、ずっと我慢して我慢して耐えてきて。人間だったって知らされただけでも辛いのに。
 心のよりどころのひとつで、頼りがいのある友達がよりにも寄って立ちふさがってて、倒さなきゃって。
 泣きたいほどの名シーンだと思います。

 一方のリヴェンくんは ( ゜д゜)
 らしいっちゃらしいけど、心臓に毛が生えてるんじゃ……。
 衝撃の事実以上に、彼の精神的な強さにしびれました。
 面白かったです!
景    [2016年 12月 19日 01時 12分]
上野文さん、お読みいただきありがとうございます!

今回は本当に、フェイヴァも辛かったと思います。ちょっと自信がついたかな? と思ったら、ご覧の有様です。彼女は自分の正体に振り回されっぱなしですね。ハイネのように吹っ切れられるといいんですが、まだまだ時間がかかりそうです。

名シーンですと!? そのように言ってもらえるなんて……。実はこの展開、とても書きにくくて辛かったんです。普通の人ならもっと盛り上がるように演出できるんだろうな、と思いながら書いていました。勿体無いお言葉、ありがとうございます。

リヴェンもリヴェンなりに動揺したり心配したりとかするんですけど、レイゲン以上に思ってることを言わないんですよね。言葉遣いも汚いですし(;´∀`) 素直に言えば良いのに、言い方が悪いから誤解されやすいんです。確かに、八人の中では一番精神が強いかもしれないです。

いつもご感想をありがとうございます。とても励みになっております。十二月さえ過ぎれば余裕が出てくると思いますので、その時はまたよろしくお願い致します。
投稿者:  [2016年 11月 30日 10時 23分] ---- ----
一言
 面白いです! 
 フェイヴァは、可愛くて天然で健気で強くて格好良くて、とにかく大好きです! 
 これからも頑張って下さい。応援しております。
景    [2016年 11月 30日 18時 19分]
源京平さん、お読みいただきありがとうございます!

好き嫌いが激しく別れるフェイヴァですが、そこまで気に入っていただけますと書いてきた甲斐がありました。主人公を好きになってもらえるのは、やっぱり一番嬉しいですね。

感想だけでなく、レビューまでいただけるとは( ;∀;) 見た瞬間とても驚きました。最近忙しくて執筆意欲が低下していましたが、これで五年は戦えそうです。ご感想とレビュー、ありがとうございます!
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ