レベル0の異世界旅行記

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 梨野可鈴  [2017年 05月 07日 22時 10分] ---- ----
良い点
楽しく読ませていただきました。美晴含めキャラの内面がとても丁寧に書かれていて、良いなと思いました。
投稿者: ルーファ  [2014年 09月 29日 09時 50分] ---- ----
一言
面白かったです!
今度は雛の誕生話とか読んでみたいな(*・∀・*)ノ
そして、子供は何人にする?とかの話になればいいよ(笑)
飛鳥    [2014年 10月 06日 17時 29分]
ご感想ありがとうございました!
お返事遅くなりまして申し訳ありません。

主人公を置き去りにして脇役の夫婦生活が進んでいくw
ちっちゃい鳥ちゃん可愛い…書けたら書いてみますねー。
しかしまずは鳥ちゃん夫婦にいい加減名前を付けるのが先か…。
投稿者: 秋野真珠  [2014年 08月 11日 12時 56分] ---- ----
良い点
好き。
鳥さんがとっても好き。
一言
久しぶりに覗いたら更新されていて、すごくうれしかった。
すごく好きなお話です。
好きすぎて他の人に教えたくないくらい(笑
飛鳥    [2014年 08月 14日 19時 54分]
ご感想ありがとうございました!

鳥さんやけに人気w
やっぱり皆ふかふかが好きなんだよ。羽毛は人類共通の癒しということですね。

うぇへへ、ありがたすぎて涎が出るお言葉です!
今後もネタが浮かべばちらちら番外編UPしていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。
投稿者: みぃ  [2014年 07月 12日 10時 35分] ---- ----
良い点
何回も読み返すくらい好きです。
私は鳥さんとの絡みが好きすぎてかなり
萌えますw
鳥さん…なんてふぁさふぁさなんだぁ
め…めがねだとぉぉぉぉぉ

みたいなw
今回の番外あざーす!うまうまでしたw
飛鳥    [2014年 07月 14日 22時 11分]
ご感想ありがとうございました!

鳥さんは書いてて大変楽しいです。
名前付けなかったし今更付けても妙だから名無しのままですが、レギュラーにしたいくらいでした。
頭の中でキャラ動かしてるときにモフモフファサファサしてるんだ…時々羽をくちばしで突いてたりするんだ…。鳥ちゃんかわいい。小刻みに首傾げて欲しい。

むしろ番外編書くのが目的で本編書くこともあるほど番外編書くのが好きです。
また何かネタが浮かんだら追加したいと思います!
投稿者: フォドラ  [2014年 07月 11日 17時 36分] ---- ----
気になる点
[脱字] ]衍字[ [誤字->修正]

◆01.旅立ちと生い立ち
>その短時間の旅は時間を伸ばした。
→その短かい旅は時間を伸ばした。
人に[合わない->会わない]場所にばかり行っていたが、
多種多様の世界を、美晴は様々[な]旅をした。
トラブルの[交わし方->躱し方]もそこそこ身に付いた。

◆02.救出と交流
それ以上突っ込まれなかったのは[行幸->僥倖]だった。

◆03.食事と寝床
風呂は習慣[が]ない様子だったものの、

◆04.友達と期待
きゃっきゃとはしゃぐ少女]は[が目立ったのか、
「流れの傭兵とか[荒れくれ者->荒くれ者]とか、そういう腕が立つだけの

◆05.帰宅と身支度
早速ティティに会えるとは[行幸->僥倖]だが、

◆08.獣と力
ティティが上になっていたのは[行幸->僥倖]だった。

◆09.開示と霹靂
小さなザック一つ[で->の]装備で森[を]抜けるのは

◆10.邂逅と逃走
繊細には育]っ[たなかったけれど、
迷惑を[振り捲く->振り撒く]かもしれない能力であるという
ただでさえ人手の足りない警備を[裂かせて->割かせて]、
[見に->身に]覚えのない悪意にさらされていたと思えば、

◆11.私と世界
[以外->意外]とパーソナルスペースが近い。

◆12.兵士と歓迎
常に美晴を警戒して]の[行動を取っていたわけで。
「……それ[に]許さないと、私、

◆13.親友と散策
精一杯の緊張感を[振り蒔き->振り撒き]ながら

◆14.暗雲と捨鉢
ティティ[を->の]救出と不正の証拠を探す組と、

◆15.旅人の蛮勇
別室にいるケース]は[の大体の目星は、
内側から引っ張って、[気の板->木の板]が光を遮断するのと、

◆16.レベル1の異世界旅行
事態は[一息に収束->一気に終息?]した。
某かに[まだ->まで]絡んだ証拠の数々に、
領主[の->に]代わり一時置きの代表となった
[あた->また]バカップルかと思うような追っ駆けっこをしていたけれど、

◆番外1.発展先の話
>命の危険を保証できないよな。
→身の安全を保証できない
分け隔てない慈愛を[振り捲く->振り撒く]妹と

◆番外2.能力補填(前)
人が災難に[合って->遭って]いる間に
言いたいこと早くも]が[伝わったらしい。

◆番外3.嫁姑戦争
視線だけが各方向から[くれられた->むけられた]気がしたが、

◆番外4.一方的鞘当
健気な[炉端の花->路傍の花]を求める傾向はあるから


【行幸】天皇が外出すること
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/56204/m0u/
【炉端】囲炉裏のそば
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/236948/m0u/
一言
防犯ブザーあまり役に立ちませんでしたね
ブザー音に対する警戒心を利用して、ミハルの持ってるものを陽動に使うかと思ったけど別にそんなことはなかったぜ
飛鳥    [2014年 07月 11日 19時 34分]
ご感想、誤字脱字報告ありがとうございます!

こんな細やかに教えていただけて大変ありがたいです…!
見直しているつもりでこんなに間違ったまま投稿しているなんてお恥ずかしい…いかに節穴かがよくわかります。メガネ新調せな。
早速修正して参ります!

>防犯ブザー
そうなんですよね…おっしゃるとおり、ラストで部屋飛び出すときに使おうかとか思ったんですけど、どうもテンポが悪くなってしまって結局役立たずのままになってしまいました。
防犯ブザーがないと領主の館を攻略できないと思っているようだが、別になくてもできる!
ちなみに没案として、ティティが催涙スプレーでちゃんと逃げてくるシーンもあったりしましたが、そうするとティティが強くて最後に攫われてくれるかが心配になったので止めました。
投稿者: ぶたきりん  [2014年 03月 13日 11時 08分] 23歳~29歳 女性
良い点
文章に誤字脱字もなく骨組みもきっちりしていて読みやすい。(何様!な感想ですが、凄く読みやすかったです)

ちゃんとハタチ過ぎた主人公の何気ない基礎化粧のとこ、長所短所がしっかりしていて想像しやすいし、可愛らしい。
気になる点
最後ニヤニヤしすぎて顔が崩壊した点
一言
鳥頭の鳥人たちの会話やそちらの世界をみてみたいです。
飛鳥    [2014年 03月 15日 13時 16分]
こんにちは、ご感想をありがとうございました!

何度見直しても不思議とアップ後すぐに見付かる誤字脱字…投稿一時間後くらいには大体直ってるかな?という感じですねw
ケースバイケースで話を考えられないので骨組みは先に箇条書きで最後まで組んでから書き始めています。
書きながら考えるという方が結構みえるようで、皆さん凄いなあと思っていたのですが…やった…褒めていただけた…!
主人公がつけままでばっちりしないと人前に出られないタイプだったら、それだけで1000文字くらい費やすところだった>化粧

あれあれえ?にやにやするシーンなんてあったかなあ?(しらじら)

鳥頭たちは是非番外編として書いてみたいところです!
何せ本編に組み込もうとしていたのに、やけに収まり悪くなって泣く泣く削ったので…。鳥ちゃん大好き。人外大好き。
でも全く別の話みたいになってしまうので、しっかり登場はさせられないとは思います。ううん…。
投稿者: ナツ  [2014年 03月 12日 13時 43分] ---- ----
良い点
自由自在に転移できてしまうミハルの能力が、心底羨ましいです。ナルニア国物語を初めて読んだ小学生の時、こんなタンスが欲しい!!と心から思った時のようなワクワク感を、久しぶりに味わいました。
心に刻まれないと同じ世界に二度と飛べない、とか、一時帰宅にも時間制限がある、とか細かな設定も良かったです。
一言
はじめまして。
ハラハラドキドキしながら一気読みしました。領主の館に突入するシーンでは、ミハルの恐怖にリンクしました。自分にしか出来ない、とどんなに鼓舞したって、怖いものは怖いですよね!
個人的にはアルトのキャラクターがお気に入りでした。彼が出てくるとそれだけで笑えます。←ひどっ
ティティちゃんも可愛過ぎる!!
何より、ヒューダさんが!!ヘタレ好きの私のツボをぐりぐり押してきました。
番外編に、ゴロゴロ床を転げまわりました!!

暑苦しい感想、大変失礼いたしました。
番外編で、またこの素敵なキャラクター達に会えるのを楽しみにしております。
楽しい時間を本当にありがとうございました☆
飛鳥    [2014年 03月 15日 12時 59分]
はじめまして、こんにちは!ご感想ありがとうございました!
ひ、ひえええこんなとこで何ですがいつも作品拝読させていただいてます!ナタリア姫キャワイイイイ!

特殊能力って誰しも一度は憧れますよねえ。ちなみに私はハイファンタジー特有のきらきらしさからではなく、ラノベのハイテンション世界から憧れに入会した残念な者でございます…。そして未だに願ってやまない。
自分で使えるようになるなら、制約なんてないといいですよねw

私は大体「書きたいシーンが浮かぶ→話を肉付けする」という流れでお話を作るんですが、このお話を書くきっかけになったのは突入シーンでした。
無双でも度胸があるでもない普通の女の子が逃げたいと怯えながら頑張ってるってのは何かこう…キュンとしませんか…。そんで達成してからぐちゃぐちゃに泣くのが可愛い。
アルトは私もお気に入りです!役割的には損こいちゃったんですけど、茶々入れ会話文と弄くり大好きな私の清涼剤。大体アルトの登場シーンはストレス解消空間です。やったー!笑っていただけたー!
ティティは理想の可愛い系女の子の極み。ちょっと変な子が好き。
ヘタレは良いですよねえー!行け!そこだ!行──どうしてそこであきらめるんだああああああああああああああ!っていうとこまで1セットで!本当に大事なところは押さえるけど、そこそこ大事なポイントは狙ったように外す。そんなヘタレが好きであります!
ヒューダはしばらく報われないと良いなあ。

番外編は、こう、背中のムズムズ感が突破できたら頑張ります。蛇足話なんですけど、構想的にはできてるので…また噛み付く…。
こちらこそ、ご感想というご褒美ありがとうございました!
投稿者: さくら  [2014年 03月 09日 05時 06分] ---- ----
一言
だめだ
この話、イライラしました
美晴の性格がどーしても受け入れられなかったです
全体の世界観、構成は好みでよかったです
飛鳥    [2014年 03月 09日 15時 10分]
こんにちは、ご感想をありがとうございました!

主人公の性格が合わないと難しいですよね。
今まで「細けえことはいいんだよ!」というキャラしか書いてこなかったため、キャラ性として色々至らないところがあったかと思います。
それでも読んでいただけたということがとても嬉しいです。
また他のお話を書いたときには、受け入れていただけるようなキャラになっていれば良いのですが…。

またお目見えする機会があれば、どうぞよろしくお願いします!
投稿者: かわた  [2014年 03月 07日 21時 26分] ---- 女性
良い点
とても楽しく読ませていただきました!
みはるちゃんの心情が痛いほど伝わってきて、ティティやヒューダとアルトと街の人達と良い出会いができて、本当によかった~とすっかり物語に入り込んでしまいました。
転移の能力の設定がとても素敵に感じられたのですが、やはり人とは違うものを持っているとそれはそれで弊害がでるのですね。
みはるちゃんが自分の力を個性として認められてほっとしたと同時に涙がでるくらい嬉しかったです。

色々他にも素晴らしい!素敵です!といいたいところが沢山あるのですが、あまりつらつら書くのもあれなのでやめますね。

この物語を読んで自分の心の持ちようも変わったように思います。
本当に素敵なお話をありがとうございました。

番外編またありましたら楽しみに待っています。
飛鳥    [2014年 03月 09日 15時 08分]
こんにちは、ご感想をありがとうございました!

空を飛ぶでも転移ができるでも、あれば嬉しいなあとは思いますが、やはり人に言えない一物を抱え続けるというのはストレスじゃないかなーと思います。
特殊性の落としどころをいかにして見付けるかって難しいですよね。
特殊性を受け入れた美晴の行動理念が広がって、出会った人との縁を深めるとか、人の輪を広げるとか、その後を色々考えるのも楽しいです。

苦悩する主人公、というものを書くのは恥ずかしながら初めてだったので、お気に召していただけてとても嬉しいです!
こちらこそ、お付き合いいただきありがとうございました!

番外編は書いて消して書いて消して、結局書くかどうかちょっと悩んでいます。
またお目見えできる機会があれば、よろしくお願いします!
投稿者: 星海夜空  [2014年 03月 05日 16時 26分] ---- ----
一言
完結お疲れ様でした。
特殊な力だけどかなり制限のある能力と異世界でのコミュニケーションを通してミハルはかなり成長したのでしょうね。
ただ、アルトとヒューダにはガッカリしたというか魅力を感じなかったというか…。まあ完璧な人なんていないと思いますし年相応といったらそれまでかもしれないんでしょうけど、最初にミハルを疑ってからその後謝罪、ティティ誘拐その後まで誠実さが感じられませんでした。アルトにいたっては自己中が過ぎるというかミハルのことなんて友達と思ってないような言動ばっかりだと感じました。
その反面ティティは二人と違って純粋な分とてもかわいいしやさしいし好感が持てました。自分ならティティだけにならまた会いに来たいと思うかもしれませんがそれ以外を天秤にかけると…う~んって感じですね(苦笑)

番外編どんなお話か楽しみにしています。
飛鳥    [2014年 03月 09日 15時 08分]
こんにちは、ご感想をありがとうございました!

読み返してみると確かに、アルトとヒューダに関してはもう少し掘り下げれば良かったかなと思います。
合間に入れようとしたエピソードはあったのですが、どうも冗長になってしまいそうだったので削ってしまったがために割を食った節が。
「悪い奴じゃないんだよ」という書き手の思いをいかに表現するかが小説という媒体の腕の見せ所なだけに不甲斐ないです。
特にアルトは嫌な役所を負わせてしまったので、何か挽回できるような番外編が浮かべば良いなあと後出しながら思っています。

ティティは逆に、書いている内にエピソードが増えたキャラクターで、個人的にも贔屓している子でした。
女の子同士でキャッキャしてるのが大好きで…恋愛ジャンルで書き出したんですが、まあヒューダといい感じに終わらなくてもティティとじゃれあってればいいじゃん!という。
一応それでも美晴の目的は達成してますね!ジャンルが恋愛→ファンタジーになってしまいます…が…。

こうしてキャラクターへのご意見をいただけると、次回作での改善に繋がるためありがたいです。
長編を書くのは中々慣れない中の作品だったので至らない点が多くあったとは思いますが、最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ