用務員さんは勇者じゃありませんので

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: さらまわし  [2017年 05月 13日 00時 25分] ---- ----
良い点
一気に読ませて頂きました。
まず、なろうでここまで読み応えのある作品に出会えたことを嬉しく思います。
気になる点
ただ、個人的な思いとして、ひとつ言わせていただくと、エスティアがああなったあたありから、主人公から感じていた良い意味での人間くささがどんどん失われていってる気がしています。
まるで悟りを開いて世俗を離れたような人間、あるいは他作品のようにチート能力を使いまくり何も感じない量産型主人公のように。

こと女性関係に至っても、娼館に行っていたような主人公が、今では女を見て絵を描くだけという、若干、いえかなり気持ち悪い感じになっているのも気になります。
過去、イライダやヨビ、アカリに対して抱いた感情も忘れてしまったのでしょうか。
一言
そういった主人公の変化から、彼の心情を色々と想像するのも楽しみではあるのですが、適度な間隔で答え合わせができるような話を挟んで欲しいと思います。
このままではあまりにも主人公が報われない。
投稿者: あかもと  [2017年 05月 10日 21時 12分] ---- ----
気になる点
74ページ目

当主であるイグシデハーンは疎遠だった長男、ナバーの子の殺人を指示したことが原因で、ナバーの嫁である蝙蝠系獣人種の直訴によって仇討ちがガルーダ王に認められ、そこに助太刀として乱入してきたクランドというハンターに毒を用いた卑劣な手段で殺された。

とありますが

疎遠だったナバーは長男ではなく次男ではないでしょうか?
投稿者: 漉緒  [2017年 05月 06日 04時 42分] ---- ----
良い点
久々に濃厚なビターテイストでした
投稿者: 一絡げ  [2017年 05月 03日 05時 28分] ---- ----
良い点
更新お疲れ様です。相変わらず読ませますね。

>『魔力解放』はかつてオーフィアに貰ったもので、
>『依頼変更』はかつて怪盗スケルトンのジーバに貰った三つの魔法式の一つ
女神の加護がなくても、怖くて強い女から貰ったもので強化されていく蔵人。毒自体も師匠譲りと言えなくもないですし。怖い。
イラストのニルーファルが、想像以上にスレンダー。これはこれで。
投稿者: ゆゆ  [2017年 05月 02日 23時 10分] ---- ----
一言
まさか二度もご主人を助けるとは… 自分の命よりマルヤムを優先した勇敢な魔獣達に合掌。
バーイェグ族のその後も気になるし、新たに強くなった雪白の戦闘力も気になるね。
蔵人さん頑張れー!
投稿者: 蒲焼三太郎  [2017年 05月 02日 19時 01分] ---- 男性
良い点
主人公の絵が見た人に影響を与えているところ
立ち上がって前を向くきっかけになってよかった
気になる点
誤字報告
128-月は巡り、砂は流れる
 蔵人は魔導書を左手に開きながら砂の球壁を形成し、球壁内で詠唱を始める。
 そして、『魔方式』が発動した。
 魔法式

131-多重連結式
 蔵人の解放詠唱は球壁内に響き、誰に聞かれることなく消えていく。
 だが、その爆発的な魔力の蠢動に、『ニールファル』や船頭が総毛立った。

132ー砂流の果てに
「パラスっ、ラハっ、来ちゃ『だめ駄目っ』」
 「だめ」は1回でいいのではないでしょうか
投稿者: 翠草色 キウイ  [2017年 05月 02日 03時 06分] ---- 男性
良い点
131話と132話を読みました、スゴい面白かったです。

雪白さんの覚醒、蔵人さんのオーバーブースト魔法後瀕死の重傷ってエラいことになった。  

2人目の勇者の死亡ですか、しかも彼女悪い人じゃなかったから、後味悪い。そして戦争であろうと蔵人さんが殺したってのが後々大問題になりそう、いやなりますね。
死亡した女性勇者に恋してた男子勇者が復讐するのでしょうか、そして砂漠と砂漠に関わる人々の明日はどうなるか。

次回の更新も楽しみに待ちます。  
投稿者: イブニング  [2017年 05月 01日 22時 18分] ---- ----
良い点
怒涛の展開。いつもなら2話ぐらいになりそうな気もするけど面白いから問題なし。
雪白覚醒って国滅ぼせるんじゃ!しかも他の勇者ごとww
一言
リサの死にたいする雪白の態度…正解かもね。
投稿者: 未来世紀  [2017年 05月 01日 13時 24分] ---- ----
良い点
面白かった
一言
多重連結式ってのでとうとう主人公が覚醒するのかと思ってたら、
雪白が覚醒してた。
投稿者: 七田  [2017年 05月 01日 06時 37分] ---- ----
一言
面白かった!
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ