境界迷宮と異界の魔術師

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: fey  [2017年 06月 23日 06時 49分] ---- ----
一言
しかし呪法兵と呪術を多用したこの軍隊、テオドール一派じゃないと対処できないくらい強いですよ。
こんな強国が隣国にあったのにノーマークだったとは、恐ろしい。
ペンギンの里で難破船の情報を偶然得られなかったら、今頃魔界解放とか、周辺国への大侵攻とかあったんでしょうねぇ
投稿者: 見守る猫  [2017年 06月 23日 02時 42分] ---- ----
一言
>供給されるはずだった呪力が行き場を失い――逆流してきて。そして爆発を起こした

あちゃ、返し風かな?呪力だし、ありえそうな納得がありますね。
呪いを使うなら、返し風が来る覚悟が必要があるからねー・・・・おお、コワイコワイ
小野崎えいじ    [2017年 06月 23日 03時 34分]
呪詛返しという奴ですね。呪法だけに反動等もあるのかなと。
投稿者: ミカ=エル  [2017年 06月 23日 02時 13分] ---- 男性
一言
更新お疲れ様です☆
神像vsガシャドクロ&ヒュージゴーレム
天使長vsダンピーラ
よく分からない(笑)呪法兵vs空飛ぶ人造ケンタウロス
騎士団長vs猫娘&ラミア
騎士団副団長vs空飛ぶモグラ魔獣
・・・なんか種族名とかで表して語るとどちらが正義の味方か分からなくなるところがまた良いですね(笑)

そういえばそうなのか、と思ったのがグレイスとの相性。デュラハンやらガシャドクロはすごく相性が良いのですねぇ。
ただでさえパワー型でもありますし。
ドレスの効果とガシャドクロとの相性によって高まった能力と今のグレイスの気持ち。勝てない理由は無いですね〜☆

しかし、ローズマリー。。。。チャリオットの形を想像してる内にソリに乗ってサンタクロースのコスプレをしてる姿が浮かんでしまいました(笑)

思いがけずディアドーラにまで損害を与えられたようですが。。。さぁ、どうなることやら(*^ω^*)
小野崎えいじ    [2017年 06月 23日 03時 20分]
ありがとうございます!
お互いの顔ぶれを列挙するとどちらが味方かという感じになりますねw

マルレーンの召喚獣達とは相性が良いですねw
グレイスは今回かなり気合が入っていますからねw

サンタコスwトナカイがゴツイ感じですがw

ディアドーラにも被害が及んだようですがどうなるでしょうねw
投稿者: 紅梅及びvaly  [2017年 06月 23日 01時 26分] ---- ----
良い点
機動力及び防御力を増強した上に出力やらも上昇させるパーツとの合体に周囲のエネルギーを収集して武器の巨大化と、スパロボにでも参戦しそうな強化具合が素敵です
なんと言うか、アレですよね
最低限のイベントこなしてラスボス倒して、その後に残ったイベントの処理しつつなんとなく最強装備とか整えていく感じ
……裏ボスと言うか隠しボスとか出てきますかね?(笑
小野崎えいじ    [2017年 06月 23日 03時 13分]
スパロボ参戦w色々大変な事になっていますねw
ラスボス後に最強装備w
そのあたりはどうでしょうねw
投稿者: 純菜  [2017年 06月 23日 00時 39分] ---- ----
気になる点
チャリオット4問 → 門
クイズ番組ですねw
まりー「はい! 越○製菓!」ピンポーン
ボタンがあったら押したくなる病w


マジックスレイブが一斉に火魔法レペルバーストを発動させる
これ、合ってます?
レペルが凄い気になった
一言
始めましょうか、イグニス、マクスウェル
合体ロボのパイロットになっちゃいましたよ、マリーさんw
まりー「運動系は苦手なんだけどねえ」しまった団扇持てない
コクピットだからねw
小野崎えいじ    [2017年 06月 23日 00時 46分]
ご指摘助かります。修正しました。
越後製○w
チャリオット問題はきになりますねw

こちらもリペル、が正しい表記でした。修正しました。

合体ロボw魔法生物ではありますがパイロットっぽいですねw
団扇持てないw
ですねw
投稿者: つん  [2017年 06月 23日 00時 14分] ---- ----
良い点
ワイ映画感覚で観戦中ww蓄ペンから教えられた生シラス丼と鰻の骨唐揚げをおつまみ中
小野崎えいじ    [2017年 06月 23日 00時 23分]
映画感覚w中々美味しそうなものを食べていますねw
投稿者:  [2017年 06月 22日 21時 37分] ---- ----
良い点
【番外388裏 中編 感想】
■>胸部装甲に生じた亀裂から天使兵の内部に潜り込み、急速に膨張しながら氷のスパイクボールに変貌する
水の状態変化を利用出来るのは水魔法の強みですね。巧みな術者ほどその点を活用していそう。
しかしエリ夫兄さん、性格によらずえげつない……相手が生物じゃないからというのもあるのでしょうが(笑)

■>対呪法の備えがあれば……というところかな。しかしこんなものを小規模な部隊として作れる、というのは
エレナが提供してくれた技術が活躍。加えて相手が人間だったら、動揺によって無防備な状態を晒してくれてもっと楽に勝てたんでしょうね。それがない兵隊を複数用意出来るという点でも厄介である。しかし兄さん、その分野に関してはあなたの義弟を思い出してみてください……。

■>もしかすると陛下の長年の探し物が見つかった可能性もあるぞ?
見つかったというのはその通りかもしれない。絶対に奪えない場所に、ですが。

■>そもそも、同等以上の速度で空中戦を行う相手というのが設計思想から考えれば想定外なのかも知れないが
まあ確かにそんな相手はイレギュラーなわけですが、そのイレギュラーを鍛え上げた当人にしてみれば、想定外などという言葉は甘えだと思ってそうである。

■>我らは互いへの呪法を以って人騎一体となる、実験体の研究によって得られた新式の強化呪法!
前半は双子にも使われている技術ですかね。人騎一体となると、デュラハンとのカードでも面白かったかもしれませんが、実際には呪法に頼らぬ本物のコンビネーションによる勝利というカタチになりましたか。まさか前日の「絨毯ごろごろ→タッチ」が布石になっていたとは。

後半はいらんこと言っちまいましたね。遠慮は要らない相手だとシーラに確証を得させただけ(笑)
一言
(番外388裏 前編より)
>頭上の光輪を高速回転させて身体の周囲に方陣を展開していた
(番外388裏 前編より)
>クロムウェル自身も呪法の使い手なのか、身体のあちこちに方陣が展開し
この二箇所における「方陣」は、マジックサークルか何かなのでしょうか?

(番外388裏 前編より)
>及び飛行部隊《へ》後衛への援護攻撃が彼らの仕事だ
ここは「や」或いは「と」でしょうか。

(番外388裏 前編より)
>飛竜側に避けても諸共に切り裂けるような技。
飛竜の身体はすり抜ける筈なので、「諸共に」ではいけないと思います。

(番外388裏 前編より)
>それは――呪法剣で飛竜越しの攻撃してくるという予測か
「飛竜越しに」とするか、「攻撃」の後に「を」を付けるのが良いと思います。

>確かにw若干水属性への偏りが見られますねw
しかし同じくらい(?)目立っているのは土属性だという。主観ですが。次いで光属性だろうか。

>ミラージュボディさんがw近接戦で使いこなせるのがテオドールぐらいというのも不遇の原因でしょうかw
テオの相手=そのエピソードのボスクラスばかりですからね。
かといってたまに実力差のある相手と闘った場合、わざわざミラージュボディを使ったりはしないという。
やはりミラージュボディさんの立ち位置は絶妙すぎる。

>魔力探知系を誤魔化すための術ですからね。ディアドーラも外からでは看破できない模様ですw
そういや最初はテオも片眼鏡に関係なくひっかかってましたっけね。
今更ですがテオがひっかかるとかどんだけ、なんて思ったものでしたが。
小野崎えいじ    [2017年 06月 22日 22時 31分]
対応力が高いですねw
シルヴァトリアの魔法騎士団は対魔人も想定しているので結構スパルタなのかも知れませんw
呪法兵だから、というのはありますねw

相手の手札を事前に対策しているというのは大きいですねw呪法兵でなければ余程の相手でなければそうなっていたかなとw
テオドールの場合は逆にと言いますか、驚いたりもする高性能ぶりなのでw

かも知れませんwシリウス号で固唾を呑んで戦況を見守っていますねw

想定外は甘えwテオドールはというかBFOの廃プレイヤーは言いそうですねw

生体呪法兵からの研究成果という可能性は高いですね。
デュラハンは本当に一体化していますからねwごろごろタッチw良いコンビですからねw

この手のセリフは大体墓穴かも知れませんw

ご指摘助かります。修正しました。

魔法建築やら地下工作やら色々活躍していますねw次に光闇あたりもという感じでしょうかw

大物が相手なだけに、という感じはありますね。
絶妙w相手方に看破する能力が無ければ、という相性的なところはありますw

でしたねwテオドールは上空からなので違和感から察知したようではありますが、それがなければ測量など行ったり色々と大変だったかも知れませんw
投稿者: おじやん  [2017年 06月 22日 20時 38分] 30歳~39歳 男性
良い点
外道を叩き潰してスッキリ\(^o^)/その1
気になる点
足が合っても爪先から
→あっても、もしくは有っても、かなと。
ディスペルする
→無効化する、では?
下にに潜り込む
→下に潜り込む、かなと。
一言
エリオットとサフィールのタッグでの戦闘は初めてですね。前は部隊と共にでしたから。しかし見事ですね( ゜д゜)これはレアンドル王とゼファードのタッグと互角と言ってもいいぐらいですね(=゜ω゜)ノ
イチエモン、今回はオボロとタッグでしたか(笑)オボロも戦闘を重ねているだけあって、見事なサポートですね。
で、チート使ってズルしてる騎士団長と飛竜のタッグ対シーラとイルムの仲良しタッグですか( ゜д゜)なんか力の差が歴然としてる感がありましたが(笑)
実験体の研究と聞いて腹ただしさもあったと思いますね( ̄▽ ̄)事情を知ってるだけに。何気にリントブルムも相手の肥料を激突しないように掻っ攫ってましたし( ゜д゜)
意外に男気あるなと思いましたね( ̄▽ ̄)
さ、次の後編でもスッキリした戦いを楽しみにしてます\(^o^)/
小野崎えいじ    [2017年 06月 22日 22時 11分]
楽しんでいただけておりましたら嬉しく思いますw

ご指摘助かります。修正しました。

確かにwサフィールとの連係で、という点に主眼が来るのは今回が初ですねw
レアンドル王達とのタッグと比べても相当なものですねw
イチエモンやオボロもこっそり活躍中の模様ですw
チートw飛竜以上に小回りの利く相手との戦闘というのも中々経験が積めませんからねw呪法剣はかなり危険な技でしたがゴーレム訓練をしているシーラには通用しなかったということでw
シーラもスッキリしたかなと。スティーヴン達とも仲良くしていますからねw
相手方の飛竜等も保護対象ということでw
男気w
ありがとうございます! 更新頑張ります!
投稿者: 影法師  [2017年 06月 22日 16時 09分] ---- ----
良い点
更新お疲れ様です。
一言
>呪法兵
スティーブン達だけでは対抗困難、エレナの知識が無いと
境界公調査団でも一苦労という感じですか。
子供7「戦狂いは調査と協力勧誘もきちんと行うんだなあ」
子供8「戦狂いと境界公が協力した段階で、王様達完全に詰んでるよな」

>砲撃魔法
『全力、全開!』とか『・・・頭、冷やそっか』とか、
テオドールが言うと洒落になりませんね。
某白い悪魔さんと違って、テオは言葉で説明や対話してくれますが。
てお「彼女の真似は良くないと分かっている。
あっちは孤独になるだけだし」

>訓練と実践
エリオット「義弟くんはこちらが想像できない攻撃を訓練で仕掛けてきたなあ
サフィールもビックリさ」
イチノシン「テオドール殿の回避は分身の術を越えてました。
一部の忍術を魔法で再現された時は、冷や汗が止まりませんでした」
二人「戦う時の彼の笑みを見た後だと、他の驚異への耐性がつきますね」

>ディアドーラ
エレナが居るとは考えても、その協力者までは予想が出来るかな?
でぃあどーら「ふふふ、まだだ。データ取りに協力願おうか」
ズマリー「その余裕、どこまでもつかしらね?」クスクス
せらふぃな♪変ーわるんだ変ーわるんだ 無敵のロボに~♪
でぃあどーら「っ!?何?さっきの歌を聞くと、異様な絶望感が!?」

>空中戦
しーら「食ーべーたー分ーは、痩ーせーるーぞぉー!」ドップラー効果っぽく
くろむうぇる「すれ違うように落下しながらあんな事を言われて、
挑発と分かっていても腹立たしい!」
いるむ「激しく動いた後の食事は美味しいものね」
しーら「シーフードカレー希望!」
いるむ「私はポーチドエッグを頼もう」
くろむうぇる「カレーとは、どんな料理なのだ?」
二人「「お前は知らない方が良い。三度食べれば、もう虜」」
小野崎えいじ    [2017年 06月 22日 19時 10分]
ありがとうございます!

呪法兵はかなり凶悪ですね。対呪法の備えがないと大変だったかも知れません。
子供に吹き込まれた情報がw

テオドールがwOHANASHIですねw
白い悪魔さんw

エリオット達がw忍術再現はいけそうですねw
驚異耐性w

このあたりの予想はどうでしょうねw
ディアドーラがw
ゴールド○イタンw

ドップラー効果w楽しそうですねw
シーラとイルムヒルトがw
投稿者: 柚月 雪芳  [2017年 06月 22日 13時 16分] ---- ----
一言
>番外389裏 呪法兵団・中編
サブタイトルのカウントが389になっていますが、388ではないでしょうか?
間違っていたらすみません。

さりげなく、すねこすりが活躍中w
猫氏は分身を温存?

騎士団長を相手に、目には目を連携には連携をということですねw
最後は潜ってきた修羅場の差が出ました。
小野崎えいじ    [2017年 06月 22日 18時 45分]
ご指摘助かります。修正しました。

こっそりオボロも活躍していますねw
シーラはここぞというと時に、という感じでしょうかw

連係勝負ではシーラ、イルムコンビには勝てませんねw
このあたりは実戦経験の差だと思います。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ