竜騎士から始める国造り

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: ゴンザレス山田  [2017年 12月 05日 22時 08分] ---- ----
一言
復活してほしいなぁ
投稿者: おおば  [2017年 04月 16日 18時 44分] ---- ----
良い点
最初は楽しく拝読してましたが25話の光燐教会への寄付の話の中で平均寿命の表記で萎えてしまいました。平均寿命60半ばは衛生が整った1950年代の日本の平均寿命であり物語の舞台である世界ではおよそ半分くらいだと思われます
いぬのふぐり    [2017年 04月 17日 14時 08分]
>良い点

 お読みいただき、ありがとうございます。
 途中、平均年齢で萎えさせてしまったようで、申しわけありません。
 この年齢は、現在はなくなってしまった『設定』が生きていた時に考えた平均でした。
 おおばさんが仰るように栄養や医療技術を考慮した場合、かなり平均年齢は下がると思います。
 直そうかと思ったのですが、平均年齢を下げれば話を進めていくためには、世
 代交代が必要になるので、平均年齢は下げずに行きました。
 また、ドラゴンや亜人がが存在している時点で、現実の史実に当てはめること
 はできないので、その辺りは『これは物語だ』という考えで読んでいただけたら、ありがたいです。
 25話はまだまだ初めの方なので、次話も読んでいただけたら嬉しいです。
投稿者: 青犬  [2017年 02月 15日 04時 09分] ---- ----
一言
長い一日の終わり

「三十六計逃げるにしかず」ですが、困ったら逃げろという意味ではありません。

兵法三十六計の一つ「走為上」が元になった故事ですが、戦争における終戦手段には「降伏」「和議(停戦)」「逃走」があり、その中で逃走だけは敗北にならないという理屈です。

降伏:完全なる敗北の確定
和議:相手の条件を飲む必要があるので半分の敗北の確定
逃走:被害が少なければ再戦出来るのだから逆転可能。


言い直すと、「勝算のない戦争はしてはいけない」「勝ち目のない戦いは最初から起こすべきではない」という意味です。

負けたら手遅れなので、負ける以前に負ける戦はするなよという戒めみたいなもんですよ。
いぬのふぐり    [2017年 02月 21日 14時 57分]
>一言

 指摘していただき、ありがとうございます。
 これに関しては、サイトなどにあった説明を参考にしたのですが、サイトごと
 に多少解釈が変わっており苦慮した記憶があります。
 さらに、当時、感想でも色々と荒れてその都度説明もしていた話だったりしますw
 これに関しては、物語の上では語られていませんが、主人公の誤用で正解となっています。
 主人公は、必死だったり重要でない場面では結構適当なので、それを現すシー
 ンでもあったりするので……。
 ですが、大変勉強になりました。
 今後、おかしなところがあれば教えてください。
 今回は誤用で正解でしたが、読んでいてお気づきだと思いますが、結構ミスが散見されているので……。
 よろしくお願いしますm(__)m
投稿者: 武神武美数血  [2017年 02月 08日 10時 10分] ---- ----
一言
更新はいつ頃になりますか?
いぬのふぐり    [2017年 02月 08日 15時 00分]
>一言

 次回更新は未定となっています。申し訳ありません。
 次に更新をする時は『完結確約』と書きたいので、完結してからの投稿になり
 ますので、よろしくお願いします。
投稿者: 将真  [2016年 12月 25日 16時 43分] 30歳~39歳 男性
良い点
更新お疲れ様です。
ブックパスの電子書籍で読んで、二巻読み終わった後きました。
打ちきりと聞き残念ですが、ネットの更新が続いているので安心しました。
面白かったです。
詰みかけ領主の改革や、竜殺しの軍師を思い出しました。
入れ替わりというのが、面白かったです。

気になる点
他の方指摘してるように、誤字多いですね。
場合によってはキャラの名前間違えている時もありますし。
一言
ロベールの頭の良さが凄いですね。
また徹底的に合理的ですね。
とはいえ、砦救出のために尽力したりと、味方には
優しく敵には容赦しない。
ただ英雄にしては、ちょっと色が足りないかな。
転生前の年齢からそっち方面が全くないとは思えないし、まぁストライカー侯爵家とうまくいかなくなったら、逃げないといけないから、身軽なままで居たいのだろうけど。

まぁ完璧超人など、敵キャラならともかく
主人公だと魅力ないけど。
自分の国を造りたいという野望に燃えるロベール
第一皇子と第二皇子の勢力争いに巻き込まれながら
どう立ち回るのか。
今のところはロベールの能力が優秀だから大丈夫そうだと思ったけど、今回ユスベル帝国が昔古竜を
暗殺したそうなんで、その王家の血が流れている
皇族やその取り巻きがあまりに巨大になりすぎる
前に暗殺とか考えてしまうかも
ストライカー侯爵家もどう動くか?
とはいえ、侯爵は娘のルイスに丸投げしているけど
ロベールが昔いた伯爵家もあれで引くとは思えないし
まぁ今までの行動見る限りアホ伯爵なんで
そんなに危なくはなそうだけど。
次の更新と新作の書籍発売期待して待ってます




いぬのふぐり    [2016年 12月 31日 14時 36分]
>良い点

 2巻のご購入、まことにありがとうございます。
 残念なことに、打ち切りという中途半端な終わり方になってしまい、私も非常
 に残念ですが、web版はもう少し期間をあけてから書き続けようと思います。
 web版は、書籍版のプロットのような状態になっていますが、それでも、面白
 い、と思っていただけるような作品作りをこれからも心がけていくつもりなの
 で、これからもよろしくお願いします。

>悪い点

 誤字脱字、さらにはキャラクター名が間違っているの部分が多いですね……確かに。
 まぁ、キャラクター名は別のキャラと被ったりして修正を加え、全部見つけら
 れなかった、という何とも情けない話です。
 少しずつですが、直していこうと思います。

>一言

 ロベールの性格は、『苛烈』であること。を念頭に書いてきました。
 ただ、そんな中でも身内となれば甘い。つまり、足元をすくわれやすいという
 弱点も添えて。
 また女性関係に深いかかわりの人が居ないのは、元々奴隷出身で死ぬこと前提
 に入れ替わりを考えたので、相手に迷惑をかけないように、との考えです。
 ここらへんは、苛烈であっても鬼や悪魔になり切れない性格が表れていると思います。

 皇家に関しては、今のところ良いように扱われていますが、今後ロベールの周
 囲がどれほど成長するのか。
 そして、皇家がどのように対応していくのか。
 さらに、周辺国家の動向によりますね。
 皇家は古竜を暗殺した家系ではありますが、ヴィリアがすでに気にしていない
 といっているので、ロベールとしてはそれを文句にした行動はとらないと思います……。

 次回更新は、春以降でしょうか……?
 新作の書籍化はどうなるか分かりませんが、できるように鋭意努力をしていき
 ますので、これからもよろしくお願いします。
投稿者:  [2016年 12月 13日 13時 10分] ---- ----
一言
河原の少女というタイトルで
インベート辺境伯のままの部分がありました
プロット前の名前のままのところはメモってなかった

投稿ページから自作投稿作品の全話の文字が1つにまとまったTXTデータをバックアップとしてダウンロードできるんだから、そこからプロット前に使ってたキャラの名前を自分で検索すれば作者ならどこにあるのか簡単に探せるよ

いぬのふぐり    [2016年 12月 15日 06時 35分]
>一言

 『河原の少女』について、誤表記の部分を修正しました。
 ありがとうございます。

 誤字脱字は無理でも、表記ミスについてはその段階の名前で検索すれば発見できますね。
 ただ、その100か所を見つけるのは一話から順に見ていく必要があると思う
 ので、修正は順次ゆっくり、になると思います。
 
投稿者:  [2016年 12月 12日 00時 57分] ---- ----
一言
最新話まで読んだけど、感想の8割ぐらいが誤字脱字や文法や言い回しの指摘で埋め尽くされているのに、いまだに全話に通して100カ所以上の誤字脱字がありますね

準男爵がまだ辺境泊になってたり
名前がプロット段階の別人のままになっていたり
いまだに修正されていない場所がかなりありました
いぬのふぐり    [2016年 12月 12日 06時 40分]
>一言

 まぁ、人がやることですからね。
 それに、指摘してくださっているかたも、ボランティアでやっていただいてお
 り、私自身それらを無くそうと思い書き、修正をしておりますが、全て見つけ
 ることはできないので、読者の方に頼り切りになっている状態です。
 その100ヵ所以上も指摘していただければ、修正します。

 感想に関しても、指摘だけではなく普通の感想も募集しておりますので、どん
 どん書いていただければ、と思います。

投稿者: のう  [2016年 11月 24日 00時 27分] ---- 男性
一言
ノロさん、キザだがいい人そうかな?

この世界にノロウィルスがあったらヤバそう。
マイコプラズマが流行ってるそうですのでお気をつけください。

遅ればせながら2巻について
発売日翌日には買ったんですが
ミナさんを周囲が振り回してる事の多い巻でしたが、ミナさん本人の気持ちの発露が少ないためミナさんの内面描写が読んで見たくなりました、幕間などで予定は無いでしょうか?

イラストについて
カラーイラストのミナさん
メイド服というよりは旅館の仲居さん風に見える…‥目がおかしいのか。
胸囲がアムニットよりありそう絵師様の優遇措置かな。


ヴィリア
1巻だと上半身より上の絵ばかりだったので
プルガサリみたい?とか思ってましが
2巻最後でようやくドラゴン体形と納得

プルガサリは前世紀に当時のゴジラ特技スタッフが乞われて外国で作ったらしい怪獣映画です。


いぬのふぐり    [2016年 12月 06日 23時 27分]
>一言

 ノロさんは、キザったらしくウザいくせに憎めない人にしたいですw

 この世界どころか、現実世界でも猛威を振るっていますからね。
 どんどん伝播していきそう……。
 マイコプラズマに関しては、仕事場の人がかかって戦々恐々としていました。

>2巻購入

 ご購入、ありがとうございます。
 ……残念な結果になってしまいましたが。

 生まれた時から振り回され続けたミナが、周囲の勝手な考えに翻弄されることに対して切れる話です(真顔)
 内面描写を頑張っているつもりですが、やはり少なかったようですね……。これ
 から頑張って書かねば!
 これらについては、要望があれば……といった感じですね。書いても、幕間では
 なく活動記事になりそうです。

>カラーイラスト

 メイド服が、着物みたいな色合いですからねw
 胸囲についてはほら……年齢ですよ、年齢。アムニットは、これから大きくなるんですよw

>ヴィリア

 そういえば、全身がしっかり描かれたのは今回が初めてですね。
 一巻時は、土煙が上がっていましたしw
 
 プルカザリ……地上の楽園……うっ、頭が……。
 当時、小さかったので曖昧ですが結構ニュースになっていた気がします。
 地上の楽園が話題に上り始めた時も、ちょっとだけニュースになった気がします。
投稿者: 斜読下詠  [2016年 11月 11日 20時 01分] ---- ----
一言
・ドラゴンの住処
>それは、農民だちだ。
たちだ。

>漁港

…漁港は(ry

>住民が増えるにつれ教員の数が間に合わず、
数が足りず
…施策として増える住民に併せて私塾や教員を増やそうとしていないのであれば、「間に合わず」は合わないと思う。

>子供を学校に通わせない場合は税収を上げる

税金
…税収は(ry

>当たり前話だが、


>話が簡単に進めたのは
話が簡単に進んだのは
話を簡単に進めることができたのは

>隣国ユーングラント王国からやって来たリットーリオと、
リットーリオで、
…「と」にするならリットーリオと一緒に住んでいる人を入れないと

>座学では不安な面があるものの、基礎体力をつけるための訓練にも問題は無かった。
訓練には
…「~にも」で繋げるならその前にも「問題ないこと」が必要。

>だが、しょせんこの程度だ。
…この一文はどこを指しているのだろう?

>それに、ヴィリアは今ニカロ王国に
…「それに、」はいらないと思う。

>リットーリオ家族が住む
リットーリオの家族
リットーリオと家族

>隣国の貴族を匿っていることがばれれは、
ば、

>飛んで降りることが出来れば良い程度の竜騎士が居ればいい、
出来る程度の

>竜騎士の、ドラゴンの何たるかを教えた手前、あれほどに人物になっていたことに嫉妬し、負けたくないと思ってしまったのだ。
…リットーリオは主人公のどこに嫉妬する点があるんだろう?
客観的に見て、主人公も結構イイ感じだけど、リットーリオはダントツで屑イ。ロベール(真)ですら霞むくらいに。
あ、だからこそ「隣の芝は青い」なのかな?

ついでに、人質の話は、リットーリオが適任だったかも。
捕虜→人質→身代金の支払いで解放(→どろっぷあうと)と今迄の正しい戦争の形になってるし。

>ビスの方が出自と
…この部分何か足りない感じがする。
「出自がxxxなのと」かな?
いぬのふぐり    [2016年 12月 06日 23時 15分]
>一言

 誤字脱字だけではなく、文章の不備もしてきしていただき、ありがとうございます!

>だがしょせん~

 だが、しょせんこの程度だ。ついてくるだけの根性はあるが、竜騎士になるための基礎が無いので伸びが悪い。

 といった感じに修正しました。
 今まで、リットーリオが教えていた者は基礎が出来上がった人ばかりなので、勝手が違うな……、といった感じで。

>ビスの出自

  監視について貴族が当てがわれなかったのは、リットーリオが特殊な立場ということと、ビスの方がマシュー出身でありロベールと古くからの付き合いがあり、とニカロ王国で鍛えられたコミュニケーション能力が買われてだ。

 といった感じに修正しました。
 こちらは、古くからの付き合いで安全安心、といった感じですね。

>リットーリオの嫉妬

 昔は自分の方が竜騎士としての腕前が上だったのに、いつの間にか教えていた
 生徒に抜かされてしまったキィーな気分を出したくて書きました。
 リットーリオはしょぼくれ爺さんを、隠居させつつこき使う描写にしたかった
 のに、どこでどう間違えたのか屑に……。
 何とか挽回したいんですけど、挽回する場がなくなってしまった……(´・ω・`)


 いつも、本当にありがとうございます!(似たようなところが毎度間違っていますが……)
 今後ともよろしくお願いしますm(__)m
投稿者: illness  [2016年 11月 10日 01時 28分] ---- ----
気になる点
領地開拓編 「ことごとく蹂躙せよ」話より

>衝撃と共に視界が横を向き、続いてグルン・・・と半周して自分の背後が見えた。
>首を捻ろうにしても力が入らず、次第に視界は黒く染まり意識が遠のいた。

地の文ロベールの一人称視点なのでこれではロベール死亡したと読み取れるのですが如何でしょう。
いぬのふぐり    [2016年 12月 06日 23時 00分]
>悪い点

 指摘していただき、ありがとうございます。
 確かに、途中まではロベール視点なのに途中でヒョードル視点に移っているの
 で「?」となりますね。
 分かり易く、以下のように修正しました。



「ドラゴンが喋っているだと――……」

 ドラゴンが暴れまわる阿鼻叫喚な地獄絵図の中、数多くいるブレイフォクサ公爵軍兵士の一人、ヒョードルだけはヴィリアが人語を話していることに気付いた。
 それは、全くの偶然だ。ドラゴンが口を小さく動かすと、それに呼応するようにドラゴンを駆る竜騎士が口を動かす。
 その動きに気付いた瞬間に、一人と一頭が何かを話していると気づき、と同時に声も聞こえてきたのだ。

 しかし、それを誰にも教えることが出来なかった。
 驚きに動きを止めてしまったために、ドラゴンが振るう槍を防御することなく頭部に受けてしまったのだ。
 ヒョードルは頭部に衝撃を受けると同時に、視界が勝手に横転し、続いてグルンと半周すると、自分の背後を逆さまで見ることとなった。

 なぜ後ろを振り返ってしまったのか。

 ヒョードルは、敵から目をそらしてしまった理由を理解できず悪態を吐きながら前を向こうとするが、首をひねろうにも力が入らない。
 次第に視界は黒く染まり、意識が遠のき、そしてすぐに意識が遠のいていった。



 またおかしなところがあれば教えてください。
 よろしくお願いします。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ