歌い手カレシと絵師なカノジョ

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 秋乃(元︰秋月)  [2017年 09月 14日 22時 48分] ---- ----
良い点
夕葉が少しずつ少しずつ、しっかりと進んでいくのが凄く、嬉しいです。…小さい頃からそばで見ていて彼女らしさがようやく出てきたような、そんな不思議な感じがします。
藤夜アキ    [2017年 09月 16日 22時 01分]
夕葉の成長はじわじわで、颯斗は割とギュンと成長していく感じがします。何だろう、男子三日会わざれば刮目せよで、女子はとんとんと着実に育っていくような、そんな感じでしょうか。
彼らの成長をあたたかく見守って下さることが、私としては何より嬉しいことで、きっとそれは、彼らも同じように嬉しく思っていることだと思います。
投稿者: tlaloc  [2017年 09月 09日 21時 44分] 15歳~17歳 男性
一言
更新通知にしてたはずなのに来てないと思ったら、なんか外れてた。
続きが本当に気になる
更新まってます
藤夜アキ    [2017年 09月 10日 11時 35分]
更新通知を登録していただいているなんてとても嬉しいです。
多分、一度間違って完結にしてしまったことがあるので、それで外れてしまったのかもしれません……と思うと他の方もそうなのでしょうか、だとしたら少し不安ですね。
更新を待って下さっている、その言葉で今日も続きを書く勇気がもらえます。ありがとうございます。
投稿者: 坂田塔婆  [2017年 09月 09日 16時 52分] ---- ----
一言
ああ、忘れてた、これの作者は藤夜アキだった
藤夜アキ    [2017年 09月 10日 11時 33分]
最近の感じだとお忘れになっていたでしょう?
投稿者: ストロベリー  [2017年 09月 08日 22時 56分] ---- ----
一言
あー、お母さん視点だと、ストーカーナルシストの息子なんだろうから、大反対は想像できるな。
藤夜アキ    [2017年 09月 10日 11時 33分]
彼女からしたらよく知る存在ですからね、余計に嫌でしょうね。颯斗の前に現れたハードルはよっぽど高いと思います。
投稿者: 坂田塔婆  [2017年 08月 30日 03時 20分] ---- ----
一言
着実に関係を深めているようで何よりです!
藤夜アキ    [2017年 08月 31日 03時 30分]
でも互いが互いをどう想っているかは、知らない二人です。
もどかしさはあまり無いところが、颯斗と夕葉との違いですね。
投稿者: 坂田塔婆  [2017年 08月 23日 22時 49分] ---- ----
一言
こ、これから成長するから……(小声)
藤夜アキ    [2017年 08月 26日 00時 34分]
夕葉の年だと少しキツいですね!
投稿者: tlaloc  [2017年 08月 20日 17時 32分] 15歳~17歳 男性
一言
完結してなくてよかった~
口の中が甘い・・・甘い・・・
にやにやが止まらないけど、続き期待してます!
執筆頑張ってください
藤夜アキ    [2017年 08月 22日 01時 47分]
すみません、びっくりさせてしまいましたよね。
まだまだ書けていないことがたくさんあるので、それを全て書き終えてから完結です。
これからも執筆、頑張らせていただきます。
投稿者: 坂田塔婆  [2017年 08月 20日 10時 17分] ---- ----
一言
 一瞬完結したのかと思って焦りました。
 面白いので完結してなくて良かったです。
藤夜アキ    [2017年 08月 22日 01時 46分]
驚かせてしまって申し訳ないです。
そう言っていただけ手とても嬉しいです。
これからも更新続けさせていただきますので、よろしくお願いします。
投稿者: 瑞穂  [2017年 08月 19日 11時 09分] ---- ----
一言
先程157話の勇気と勇気の話を読んでる時でした。サッカーの試合前かよって文章付近で、近くの椅子に座ってた人の着信音が聴こえてきました。
その曲が偶然サッカーの入場の際に流れる曲だった事に、思わず何この偶然!!とニヤケました。
157話は私にとって臨場感あるシーンになりました。
藤夜アキ    [2017年 08月 19日 22時 13分]
何とまあ、この感想をいただいた今日、どんな偶然か、私はあるサッカー漫画を買って呼んでおりました。しかも、ちょうど感想を書いて下さっていた時刻にです。まさにもうその時間ぴったり。157話のような雰囲気はそれほど書いていないのですが、読み返してみてもやはりお気に入りの一話です。男子同士の絆というものの力強さは、他にないパワーと繋がりを感じさせるものがあります。
印象深い一話を見つけていただいて、私はとても嬉しく思っております。
投稿者: はなまる  [2017年 08月 18日 03時 34分] ---- ----
一言
200話おめでとうございます。

一から読み直してきて、歌絵師の良さを再確認してきた。
久しぶりの2人のゆったりとした雰囲気に、一区切りついた感覚で、これからがより楽しみになってきました。

ペース配分に気をつけて、2話更新頑張って下さい。
藤夜アキ    [2017年 08月 19日 22時 10分]
ありがとうございます、お祝いの言葉で、二百話書いた疲れも随分楽になりました。

いくら私と言えどもいつどんな話を書いたかはうろ覚えのところも多いので、執筆の際に時々読み返す(通しではなかなか目にしないのですが)のですが、その時に、ああ、二人はここまで歩んできたんだな、としみじみさせられることがあります。落ち着いたり、わちゃわちゃしたり、仲たがいしたり、ほんと、良い二人です。二人の恋人としての日々はまだ始まったばかりなので、それがどう動いていくのか、私自身、とても楽しみです。

このまま完結まで同じペースを保てるよう、私も気を引き締め直して頑張っていきたいと思います。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ