魔法女子学園の助っ人教師

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 個人的感想です(豆腐メンタル)  [2017年 07月 29日 04時 48分] ---- ----
一言
なろう長編の中でも特に好きな作品
ストレスフリーな展開なので、苦もなく読めるため5・6回は読み直してます!
ただ個人的に今回のアドリーヌ編は主人公の対応が余りにも遠回り過ぎる気がして、いつもの主人公らしさが薄く話も長すぎかも?
東導 号     [2017年 07月 29日 14時 56分]
いつも、ご愛読ありがとうございます。

励みになる言葉を頂き嬉しいです。

ありがとうございます。

アドリーヌ編は本作品の中で最長のパートとなりました。

いろいろな方からアドリーヌへ対しての応援を頂いたのと、彼女の生い立ちそして家族他作者から見て幸せになって欲しい人がたくさん出てしまったのが原因です。

しかし、このパートもいよいよ大詰め。

もう少しお付き合い頂ければ幸いです。

今後も本作品を楽しんで頂ければと思います。

何卒宜しくお願い致します。
投稿者: 日本武尊  [2017年 07月 25日 20時 56分] ---- ----
一言
僕も異世界ものを書いているのでファンタジーの醍醐味とか世界観とかが参考になります!
 こんな大人気作品とは程遠いですが、僕もこんな壮大なストーリーを書けるように頑張りたいです。
東導 号     [2017年 07月 26日 11時 04分]
いつも、ご愛読ありがとうございます。

拙い作者ですが、励みになる言葉を頂き嬉しいです。

ありがとうございます。

今後も本作品を楽しんで頂ければと思います。

何卒宜しくお願い致します。
投稿者: ぶれ  [2017年 07月 22日 09時 59分] ---- ----
気になる点
キーワードに「チョロイン」が入っていない(笑
東導 号     [2017年 07月 23日 08時 04分]
いつもご愛読ありがとうございます。

確かに「チョロイン」ですね。
納得です。

今後も本作品を楽しんで頂ければと思います。

何卒宜しくお願い致します。
投稿者: 半年萌やし  [2017年 07月 07日 14時 06分] ---- ----
一言
いつも楽しく読ませて頂いてます。この作品、登場人物が多いので、出来れば人物紹介を書いてもらいたいです(名前、年齢、職業、1.2行のプロフィールみたいな)。たまに「あれ?これ誰だっけ?」みたいな事が起きるので。
東導 号     [2017年 07月 07日 21時 28分]
いつもご愛読ありがとうございます。

以前にも何回か、同じお問い合わせ頂きました。

キャラ紹介ですが、現状では第34話と第327話に載せています。

それ以降も登場人物は結構な数に増えて、群像劇状態ですね。

最初から読む方のネタバレになるとの指摘もありますので、方法も含めていろいろ考えてはおりますが、いつ掲載するかは未定です。

申し訳ありませんが、今後とも宜しくお願いします。
投稿者: Joker  [2017年 07月 04日 23時 23分] ---- ----
一言
「ははっ」って入れるのは口癖だからなのかと思いますが、割と頻繁に、偶に連続で出てくるのはどうかと思います。そんな頻繁に最初にははって笑うひといないでしょ。ピエロじゃあるまいし。
投稿者: 傍甜 さゆ  [2017年 06月 29日 20時 55分] ---- ----
一言
久しぶりに助人魔女教師に帰ってきたらまさかの二巻発売決定。マジかよ...400話ぐらいから追ってきてましたが凄い勢いに感動を覚えますね...!!(これは、キテる!)Twitterの方でもリプさせていただきましたが一巻読みました!最高傑作でしたよ♪
東導 号     [2017年 06月 30日 05時 26分]
いつも、ご愛読ありがとうございます。
そして励みになるお言葉を頂き、本当に嬉しいです。

はい! 第2巻発売決定はマジです。
現在まだ作業中ですが、更なるパワーアップ目指して頑張っています。

今夏発売予定ですが、担当編集様からOKが出ましたら、随時情報発信したいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。
投稿者: 黒猫さんから猫神様へ  [2017年 06月 24日 00時 29分] ---- ----
一言
いつもお忙しい中、更新お疲れ様です。

第907話を読んで
なんかアスモデウス好きっすわぁ。

これからも幕間などで悪魔従士の活躍を書いてほしいなぁ。
夜の仕事人、闇の掃除屋、影の情報通的立ち位置、大好きなんで。

それではお体に気をつけて、応援してます。
東導 号     [2017年 06月 24日 11時 53分]
いつも、ご愛読ありがとうございます。

悪魔王アスモデウスは一般的に凄い嫌われ者ですが、自分はあくまでも私見による別の解釈をして書いています。

有名な話がトビト記のエピソードですが、相手の人間女性に手を出していないという話も気になりましたので。

悪魔の中ではさすがにルシフェルは別格。
ですが、バルバトス、アモン、マルコシアスなど魅力的です。

他にもルウに従う悪魔従士の様々な話は構想中です。

今後とも宜しくお願い致します。
投稿者: はむはむ  [2017年 06月 19日 12時 10分] ---- ----
一言
ロドニア王家の家名がアレフィエフだったことを最新話で知ったことは私と作者さんだけの秘密ですw
意外と読み落としてたんですねえ(´・ω・`)
東導 号     [2017年 06月 20日 12時 31分]
いつも、ご愛読ありがとうございます。

自分も以前のパートを読んで確認しながら、原稿を書いています。

本作品はもう群像劇と言っていいほど登場人物が多いです。

2年C組の生徒も今の人数がベストというか限界?

魔法女子学園には先輩、後輩、入学希望者&教師&父兄も居ますから、凄い数です。

でも書いていて、とても楽しいです。

いろいろなキャラがいますので。

頑張って書いていきますから、今後とも宜しくお願い致します。
投稿者: ナウシカ  [2017年 06月 14日 12時 19分] ---- ----
一言
10話まで 読んだところです。娘を助けてもらったお礼は、かろうじてしていますが、家まで娘を送ってきた際に、対応した者の非礼には、知らんふりのようですね。また、「それよりもこの世界をいろいろ見たくなったから」と言っているのに、学園の講師をすると言うことは、簡単に世界を見て回ることを諦めるんだなあ、と不思議に思いました。
東導 号     [2017年 06月 14日 16時 41分]
いつもご愛読ありがとうございます。

細かく具体的には描写していませんが、ルウは不満を言わないだけで夢を諦める葛藤はあったようです。

それに責任感が強く、助けを求める女子には弱いタイプでもあります。
ご理解の上、作品をお楽しみ下さい。

今後とも宜しくお願い致します。
投稿者: ふぁむ  [2017年 06月 14日 09時 44分] ---- ----
良い点
毎回更新楽しみにしています。書籍化遅ればせながら、おめでとうございます!
ずっと読ませていただきながら初のコメントです。ルウ達の冒険とサクサクとしたバトルパートや、ヒロイン達との生活の様子など、私にとって面白いと思う要素が多いです。少し言い回しがオーバー気味なのと古臭い感嘆表現(リーリャのわぁお!や、ジゼルのにゃにおう!)なのはご愛嬌と思っています。
気になる点
他の方も申されていますし、作者様からの理由もありますが…どうしてもアドリーヌ編が冗長すぎると思います。確かに私もアドリーヌのキャラは好ましいとは思います。しかしながら物語的には同僚→妻と他のヒロインと流れはほとんど一緒なのに、話数は倍以上というのはアドリーヌのゴリ押し感が強く、アドリーヌ好きですが、お腹いっぱい感は否めないです。話的にも悪魔が関わっていますが、アンナの親父さんの頑固さと狭量さをパワーアップさせたようなお話ですし…正直に今後ルウとの関係性が深いと思われるケリーとリューのお話がここまで気合の入ったアドリーヌ編よりも薄くなることを危惧しています。一読者のわがままですが、この姉妹の話は作中に伏線として散りばめられていますし、過去のルウの話とアールブ側なのでしっかりしてほしいと感じます。どうしても制作サイドからのゴリ押しは様々な分野で忌避されることでもあります。私は少し作者様の書籍化の編集サイドの方にアドリーヌ好きがいたのかな?と邪推してしまいました。難しいのかもしれませんが、出来る限り平等に描いてほしいと感じました。
一言
苦言を呈しましたが、書籍化も順調に進んでいるご様子ですしこのまま進んで行くこと祈念しております。お体ご自愛くださいませ。

最後に戯言ではありますが、ケリーに関してはそろそろ報われてもいいのでは?作中要所で出てきていますが、あそこまで想いを燻らせていると可哀想に見えてきました(笑)
東導 号     [2017年 06月 14日 16時 37分]
いつもご愛読ありがとうございます。

励みになるお言葉を頂き、深く感謝致します。

そして貴重なご意見も頂きありがたいと思います。
今後の作品執筆の参考にさせて頂きます。 

アドリーヌ編に関しては細やかさは勿論、スケール感を大きくしたので全体が凄く長くなっています。
申し訳ありませんが、ご容赦下さい。
 
只今、書籍版第2巻改稿執筆中です。
大幅に修正&新たなエピソードがたっぷりと入ります。

今後とも宜しくお願い致します。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ