燦然のソウルスピナ

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: ヴェルドスタ  [2017年 06月 15日 09時 58分] ---- ----
一言
アーマードコアとかその手の対人ゲーやってた人間の感想としては
射程と機動性両方で負けてると相手が油断してない限り絶対勝てない

数の優位があるなら包囲に活路
でも相手に火力があると食い破られる

ちなみに、射程と機動性とさらに数でも負けてると、エヴァ劇場版の量産機に襲われる二号機みたいな絵になります(実体験)
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 15日 20時 16分]
ヴェルドスタさん、ありがとうございますー!

あー、まさにそのへんのお話で。
この高機動型アシュレ、あるいは航空戦闘型アシュレは、拠点攻撃を前提にしたものだと、最終形態に近いチート的能力です。

TRPG版にあっても、こういう能力者をどう封殺するか、というのにだいぶ頭を捻りました。

ただ、実際には優秀なFCSやサポートAI、自動追尾型の攻撃兵器、航空戦力ないし衛星軌道上からの監視システムと連動した攻撃などがない上に、《スピンドル能力者》たちは基本生身なので、圧倒的なパワーで完全に制圧する、圧勝するという状況は作りにくいかもしれません。

パーツ換装で前線に復帰、とかできないんで(なまもの)。

さらにいうと転移系の異能、サーチをごまかす幻術系、相手の超常的移動を阻むアンカー系異能類も充実していますので、一方的に押しまくるのは難しい。

でも、その辺を考えるのワクワクしますよね。

さて、どのような運用がソウルスピナ世界では行われるのか。
たのしんでもらえたらうれしいですー!

でーわー!
投稿者: ポインヨ・ポインヨ  [2017年 06月 06日 23時 51分] 23歳~29歳 男性
良い点
最初なんだこれイラストがすげえ、と思って読みはじめたら内容も凄かった。まだ序盤を読みはじめたばかりだが、たまらず書き込み。
一言
ヒャア!やっぱりファンタジーは最高だぜ!!
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 08日 21時 41分]
ポインヨ・ポインヨさん、はじめまして!

えへへ、ありがとうございます!
おもしろいものを提供できていたなら、うれしいです!

イラストに注目していただけたとのこと。
担当のまほそに話しましたら、跳び上がって喜んでいました。

そういえば、作品を拝読いたしました。
龍を殺した王様。

おれたちはあの日夢見た場所に辿り着けているだろうか。
英雄って、どうゆうことだったっけか。

そういう初期衝動というか、原風景というか。

ファンタジーなんだけど、これ、ボクらの現実でもあるんだよね、というのを感じる物語だな、と思いました。

会話はなくてもお話は成立するよ、という良い見本を見せていただいたとも思います。

やっぱ、ファンタジーは最高だぜ!
投稿者: トニックウォーター (トニオ)  [2017年 06月 05日 14時 46分] ---- ----
一言
なるほど、ローズ・アブソリュートという名前のオイルがあるのですね。

これは1本取られました。

文法云々ではなく固有名詞でしたか。

それと、私は飲みながら文章を読むのが好きなので、折角の諫言はありがたい限りですが、ウイスキーの肴にでも貴作を読ませていただこうと思います。

それでは。
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 05日 20時 47分]
トニックウォーター (トニオ)さん、こんばんわ。

そこそこ古いSFマンとして、日本SF新人賞などに応募していた経験からするに、見識有る方は「指摘」にではなく、建設的なことにその才能を振るわれた方が、結果としてジャンルの発展に貢献していただけるのではないか、という見地を得ております。

指摘はすれども創作はせず、という部分が肥大して激しく衰退したジャンルを間近に見てきた者として、これはたいへん切実なお話です。

お酒も、娯楽も、ほどよき距離でお楽しみいただければ、実際に娯楽を作り提供する側としても、居心地よいかなあ、と思います。

それでは、良い夜をお過ごしください。
投稿者: セオンドラ  [2017年 06月 04日 18時 37分] 23歳~29歳 男性
気になる点
三話くらい読んだんですが、率直に言うと、死ぬほど読みにくいと感じました。
ちょっと落差に付いていけてないのかも知れません。
一言
レビューや感想を見て読んでみたい、という気持ちはあるのですが、入門として何話くらい読むと区切りとして纏まってるでしょうか?
現状は登場人物の名前や用語が頭に入って来ないです。
冒頭の苛烈(?)なクライマックス感は好きなので、作者さんの手引きを戴けると、覚悟をして読んでいけると思うのですが……
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 05日 10時 12分]
セオンドラさん、こんにちは。

一度ご返信させていただいたのですが、すこし言葉が不十分だったので、もういちどご返信させていただきました。

まず、この作品は娯楽ですので、ご無理をなさってはいけません。
娯楽の最大の敵は「無理をすること」です。

用語などがスッと入ってこないという状態は、基本的には作者サイドの落ち度なのですが、現状、手引きを作成している時間がない、というのが正直なところです。

第一話:降臨王のデクストラスを読んで「これはあたまに入らない」と思われたなら、おそらく、マッチングがうまくいかないタイプのお話なのだと思います。

楽しんでいただければ、作者としてはうれしいのですが、なによりもまず、ご無理をなさらないでください。

また、プロフィールを拝見しますに、作品を持って、ランキング3位以上を目指されるとのこと。

一日も早くすばらしい作品を上梓され、目標を達成されることをお祈りいたします。

50万作品に届こうかという数の小説をこうして無料で読める場を、提供してくださっている小説家になろう、というサイトのさらなる活性化に、貢献されることを願います。

それでは。
投稿者: さざんか  [2017年 06月 01日 20時 17分] ---- ----
一言
ジゼルがイリスを嫌っていたのも、心を壊された件だけでなく、レダの心と関係がありそうです。

奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 05日 09時 40分]
さざんかさん、いつもありがとうございます!

あたり。鋭い。

でわ、またまた、おきがるにー!
投稿者: 早瀬ぱこ  [2017年 05月 24日 14時 06分] ---- ----
一言
最新話まで、読ませて頂きました。
世界観、物語、登場人物たちの心の揺れ。地の文も台詞も凄い。読み進めるごとに、ソウルスピナの世界に引き込まれますね!

五十四夜のトラーオ、どうなってしまうのか。
また、メナスの放った弾丸も、気になります。なんとなく、イズマの秘密と関わりがあるような気がするのですが……?
物語の鍵になるのかなーと思いながら、これからも引き続き、応援してます!
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 05日 09時 26分]
早瀬ぱこさん、ありがとうございます!

えへへ、楽しんでいただけているようで、うれしいです!

個人的にエクスカリバーのとなりにレーヴァティンが並び、ティルヴィンクと妖刀村正が覇を競い、オーディンが斬鉄剣を振うような世界が大好きなもので、全部を包括できるような世界を創ろう! というとこから始まりました。

もとがTRPGなもので、こう、参加してくれるヒトたちの「こういうのにしたい!」を全部かなえちゃうよ、という精神でこしらえました。

さあ、トラーオに撃ち込まれた弾丸。
どうなるか。

進めていきますよー!
投稿者: トニックウォーター (トニオ)  [2017年 05月 24日 04時 44分] ---- ----
一言
すみません。

まだ未読なのですが、あらすじの日本語文法にん?と感じるところがあったり、英語文法的には、ローズ・アブソリュートではなくて、アブソリュート・ローズだし、そもそもアブソリュートの後に名詞とか意味が分からないしとか色々と考えてしまい、どうにも読む気が起きませんでした。

当方、特に厨二要素にアレルギーがあるわけではないのですが、そちらに走るとどうにも文法などに目が行ってしまうのです。

今度ベロベロに酔ったときにでも拝見させていただこうかと思いますが、一応こういう意見もあるということで、申し上げさせて頂きました。
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 05日 09時 21分]
トニックウォーター (トニオ)さん、はじめまして。

ローズ・アブソリュートにつきましては、一度、お調べになられてからのほうが、コメント、よかった気がいたします。

また、泥酔時はテキストではなく、充分な水分と総合ビタミン、あるいはアルコール分解酵素などを摂取されることをオススメいたします。

くれぐれもご自愛くださいませ。
投稿者: みにら  [2017年 05月 09日 13時 53分] ---- ----
良い点
久し振りに10話ガッツリ一気読み。
ノーマン&バートン&メナスカッコよすぎ!
オッサンいい。
副官さんキャラ立ちすぎだろーです!
トラーオ、めっちゃイケメンになったなー!
死ぬなよ!
気になる点
えっと、誤字があったはず…
一騎打ちシーンで、
「掛け金」→「賭け金」かな?
一気読みすると、どこに誤字があったのか忘れちゃいますね。
一言
ノーマンがバートンをどう抱っこしてたのか、気になりますね…(真顔)

それはともかく、メナスという男はどんだけ隠し玉があるのか。
多分近接戦闘もイケる口なんだぜコイツ。

アシュレの母上、わっかー!
レダちゃんの登場も嬉しいです。
何が語られるのか、そして何が語られないのか。
わざわざソフィアさんを呼び出した意味…またろくでもなさそう…
次も楽しみにしてまーす!
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 05日 09時 39分]
みにらさん、いつもありがとうございますですー!

お返事遅れてスマンスですー!

ボクはおっさん書くの好きなんですよ。こう、なんというか、いろいろ深みがある年齢に達してるオトコ、というのはホント好き。

キャラ立ち副官=ギュメロン、ですね。
このエスペラルゴ勢というのは、はぐれ者集団なんで、アクの強い奴らが揃い踏みなのでございます!

当然、それを束ね率いるメナスという男も、一筋縄ではいかない。
“悪”の側の魅力、みたいのを全面に押し出していく感じになると思います。

さて、ストーリー展開ですが、ついこの間(6月2日更新分)で、法王庁サイドは一段落。
そろそろ主人公サイドにカメラが戻ってまいります。

しばらくおまちください。

あ、お姫さまだっこじゃないかしら(え?
投稿者: さざんか  [2017年 05月 05日 21時 23分] ---- ----
一言
そう言われてみれば、あの槍何かに似ていると思ったら。
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 06月 05日 09時 18分]
さざんかさん、ありがとうございます!

そう、あの槍、そういう経緯なんです。

えへへ
投稿者: v2  [2017年 04月 24日 09時 48分] ---- ----
一言
自分作品を読む前に一通り感想欄見る人なんだけど、感想欄見る限りすごく面白そうで読みたいんだけどNTRの単語が出てきてて怖くて読めないんですが……タグにもついてないし感想欄で言われてるNTRって何があったんですか?
奥沢 一歩(ユニット:蕗字 歩の小説担当)    [2017年 04月 24日 11時 34分]
Alcorさん、ありがとうございます!

興味を持ってくださったとのこと。
うれしいです。

さて NTRについてですが……うーん、これはなんと解答させていただいたらいいものか、迷います。

タグのような省略語名称というのはストレートに届くぶん、非常に誤解を生みやすいもので、個人的には避けてきたのですが、読者さんから頂く感想にまで注文をつけたり、介入したりする権限も権利も趣味もありませんので、そのままにしてきたのです。

また、作者として、お話の内容をここでつまびらかにするわけにもいきません。
感想欄というのは運営も規定するように「だれでも閲覧可能な公共の場」ですので。
そこで、ちょっと例えを考えました。

安心が保証されているお話を「マイカーで楽しくドライブして、憧れのレストランでおいしいお食事」だとするならば、
ソウルスピナは「空母から戦闘機に乗り急発進。白熱の空中戦を体感」という感じです。

楽しいにもいろんな種類があって、ソウルスピナはどちらかといえば、ドキドキやスリル、意外性を楽しむタイプの娯楽なのです。

先日お食事をご一緒したあるラノベ作家さん(たいへん著名な方です)のお言葉を借りれば、
「え? まだネタを盛るの?! ボクだったら、ここだけで3冊くらい書いちゃうのに、え? まだまだ盛るの?! そして、裏切りと逆転と、まだまだいくの?! よーし、残りページ数こんだけだし、ラストバトルも終わったし……そろそろ安心──うわっ、まだ仕掛けがあるの?! ってかんじでした」
となります。

お話としてハッピーエンドを志向しているのは間違いないんですが、ボクの考えるハッピーエンドと省略語名称(タグ)で皆さんが抱く「ハッピーエンド」はきっと違うと思いますので、そちらのほうもタグ付けさせてもらっていないのです。

だいたいのニュアンスはお伝えできましたか?

ニコニコ・ワクワク冒険・安心のお話、をお求めならご無理をなさらず。
ドキドキ・スリル満点・予想外の展開、をお求めなら、ようこそいらっしゃいました。

もし、お求めのお話ならうれしいです。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ