終焉世界

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: コツーマイ  [2017年 10月 01日 09時 33分] ---- ----
一言
タグにデッドエンドとあるのでこういう結末になると思っても
いざ読み終わると、やはりどこかで救いを求めてました。
主人公たちに来世があるなら今度こそ報われて欲しい、そう思いました。
理不尽な世界に抗ったけど、どうにもならないと言う意味では火垂るの墓を見た後に近いかもしれません。
それでもこの結末のおかげで自分にとってこの先も忘れられない良い作品になりました。
ミノ    [2017年 10月 01日 16時 42分]
ありがとうございます。
少しでも記憶にとどめておいてもらえれば幸いです。
投稿者: K-K・Bot  [2017年 06月 24日 10時 39分] ---- ----
良い点
世界観に引き込まれました、終わり方も綺麗でした。
一言
楽しく読ませて頂きました
ミノ    [2017年 06月 24日 10時 45分]
ありがとうございます!
投稿者: かじバン  [2017年 05月 25日 23時 22分] ---- ----
良い点
神殺しってかっこいいよね!
気になる点
神様の目的とグレイ=グーの正体がはっきりしないからモヤッとする。
一言
そして世界はナノマシンに飲み込まれました的な?
ミノ    [2017年 05月 26日 07時 18分]
ありがとうございます。
いろんな解釈があってもいいと思います。
投稿者: 鯵祭  [2017年 04月 16日 21時 58分] ---- ----
一言
何と表現したら良いのか分かりませんが、とても不思議な気持ちになる作品でした。
控え目に言ってもハッピーエンドとは言えませんが、バッドエンドかと言われると素直に頷けるわけでもない。
こういうエンディングもあるんだなと思わされました。
ミノ    [2017年 04月 17日 12時 25分]
ありがとうございます。
不思議な読後感を持っていただければ作者としても嬉しい限りです。
投稿者: nak  [2017年 04月 13日 07時 00分] ---- ----
一言
不思議な読後感でした。
汚れ切って何の希望も残らない。
そんな描写しかないのに清々しい清涼感すら感じます。
たまにはこんな話も良いものですね。
ミノ    [2017年 04月 13日 10時 12分]
デッドエンドだけど後味の悪いバッドエンドではない、という着地が出来たと思います。
投稿者: Ryo  [2017年 04月 05日 02時 58分] ---- ----
良い点
絶望感がひしひしと伝わって良かったです。
何も意外なことがなく淡々と終焉へ近づいて行き果てる。
このような小説はなかなかなく、どんどん引き込まれていきました。

一言
これからも頑張ってください。
ミノ    [2017年 04月 05日 12時 33分]
ありがとうございます!
投稿者: umiうさぎ  [2017年 02月 20日 12時 16分] ---- ----
一言
きれいな物語だった。
ミノ    [2017年 04月 05日 12時 34分]
うまく落とさせたと思っています。
投稿者: 本虎  [2017年 01月 09日 15時 02分] ---- ----
一言
とても面白かったです。
ナウシカ的な世界観を使って更にダーク成分を増した感じに引き込まれました。
ナウシカでは腐海の後に清浄な世界がありましたが、この世界にはそれもないという絶望がすごかったです。
主人公も良い意味でも悪い意味でも人間らしいというか日本人らしく、するっと感情移入できるようでした。
ミノ    [2017年 04月 05日 12時 34分]
ありがとうございます!
投稿者: 2012/213  [2016年 11月 25日 02時 08分] ---- ----
良い点
吐きそうなぐらいの閉塞感。
出し切ったと言わんばかりのラスト。
とてもつらい。
一言
ぐえー!じゃなくて首をじっとしめられて胸を圧迫させられるような作品でした。
悪い意味じゃないんですが、自分の語彙の中にこの気持で賞賛を表すような言葉がなくてすいません。
テンションが変になるぐらいダメージや感動を受けました。
個人的に最終話が好きです。
そして某所を見てよかったと思いました。
そうでないと多分読める機会がなかったので。
ミノ    [2016年 11月 25日 14時 27分]
ありがとうございます。

書いているこちらものめり込む気持ちでした。
楽しい話ではないですが、楽しんでいただけたのなら幸いです。
投稿者: 朧転n  [2016年 10月 23日 15時 34分] ---- ----
良い点
一欠片の希望もない、極端に言えば「異世界がだんだん滅んでいくだけ」の話なのにこれだけ引き込まれるのは凄いと思いました。
古代兵器を手に入れても多少善戦出来る程度にしかならず、「光典」を手に入れた時にはもう手遅れ。
ラストシーンは物悲しく、悲惨で、でもどこか懐かしく美しい。
とても異色な作品ですが、大変面白かったです。
ミノ    [2016年 10月 23日 15時 55分]
ありがとうございます。

まさしく異色作だと自分でもそう思います。
楽しんでいただいて何よりです。

他の作品は流石にここまで暗くないので、目を通していただければ幸いです。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ