アンタだけが幸せとか赦さない

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 名無し  [2018年 02月 15日 13時 19分] ---- ----
良い点
愛情と優しさの違いを理解できました。
気になる点
主人公の人生は最後まで自分の幸福がなかったことに、義弟の人生には意味があったのか、失意と絶望のうちに死んだ幼い二人に同情するばかりです。
一言
歪なあまりにこういう結末しかあり得なかったんだろうなと、納得できます。
たとえ、誰かが救いの手を差し伸べてくれても、母親の愛情にのみ執着していた主人公では、その手を取ることはなかったでしょう。
母親も優しさのあまり主人公を面と向かって憎悪することができず、かと言って他所に預ければ主人公はやはり絶望して死を選んだ。
義弟も自分の存在が罪の証という考えが根底にあって、引き取られた先でも自分の価値を見出せずに失意の自殺……。
義父も母親を信用せずに別れた辺り、自分のことを裏切った存在を許せなかっただけではないでしょうか?
本当に愛しているなら独力で真実を見出そうとしていたはず、今さらのこのこやってきたあたりそれほどできた人間ではなかったんでしょう。
揃いも揃って歪な家族、壊れるのは時間の問題だったでしょう。
投稿者: バグ  [2017年 09月 11日 20時 13分] ---- ----
一言
他の方の感想返しを見て思う事は実母の父親が最低過ぎる点、どう考えても犯罪絡んだら古い考えは通用しないのでは?百歩譲って好意的に解釈しても夜這い風習の村や平安時代の貴族の婚姻形態の考えではないかと思う。
投稿者: 結花  [2017年 08月 23日 20時 44分] ---- ----
良い点
最後の話が、実は一番現実味があったと思います。
良いとか悪いとかいう話でなく、
ああ、やっぱりそうかと、すとんと腑に落ちた感じです。
一言
結局、誰もが自分を好きで、好きな自分を理想に近づけたい
愛されたい愛したい、ただそれだけなんでしょうね。
投稿者: 夏カボチャ 悠元  [2017年 08月 22日 16時 31分] ---- 男性
良い点
最初は軽いよくある不幸話かと思いましたが、内容は濃厚で、むしろ引き込まれる一方でした。
一言
最後の部分でどんでん返しになってよかったです。

ハッピーなのか、バットなのか凄く複雑で楽しくといっていいかわかりませんが。すらすら読めました。
投稿者: むらもんた  [2017年 08月 17日 23時 41分] 23歳~29歳 男性
良い点
楽しくといいますか、心を締め付けられるような気持ちで読み進めました。
私の知り合いも不倫が原因で家庭がメチャクチャになりました。
相談も沢山受けていたので、この作品を読んでいると本当に切ない気持ちになりました。
言い方を変えると、そこまで感情移入させるほどこの作品の内容や表現はリアルで生々しく、素晴らしいのだなと思いました。

個人的にはハッピーエンドもバッドエンドも好きでした。
読み終えた後のなんとも言えない余韻が凄いです。

自分が知らないだけでこんなに凄い作品があるんだと気付かされました。そして自分の小説がまだまだだなと痛感しました。
これからも色々な作品を読み、勉強していこうと思わせてくれた作品でした。
一言
これからも応援していますので沢山の作品を書いてください。
投稿者: 鳴上 或都  [2017年 08月 17日 07時 29分] 23歳~29歳 ----
良い点
ハッピーエンドで終わらせない、良いと思います!
気になる点
最後の話の蒼始点って投稿したりしますか?
投稿者: のいん  [2017年 08月 14日 12時 42分] ---- ----
一言
復讐するだけの根性があるのなら、母親を切り捨てて生きる
根性もみせて欲しかったですね。情けない。
黒ユリ    [2017年 08月 16日 20時 40分]
お母さんに依存し、お母さんの為だけを想って行動することしかできない弱い子なのです。お母さんに愛されていないと知った時、絶望してお母さんを切り捨てる根性などどこにもありません。
実はとっても情けない子なのです。今まで強気だったのは必死だったからです。
投稿者: 沖芯  [2017年 08月 14日 11時 24分] ---- ----
一言
こういう終わり方もあるとは思います。
ただ最後の行からラストへの何もない改行を長くするとハッピーエンドでいたい人がポイントいれるときに余計な一文を目にしなくてもいいのかな、とかポイントいれるときに思いました。
黒ユリ    [2017年 08月 16日 20時 36分]
ハッピーエンドでいたい人も、あのままではバッドエンドの内容が分かってしまいますよね。ご指摘ありがとうございます。
投稿者:  [2017年 08月 14日 00時 44分] ---- ----
良い点
父と義母への復讐
気になる点以外はとても楽しく拝見できた事
気になる点
ラスト2話に突っ込み所が多かった事(不倫相手の素性や蒼の扱い、最後など)
一言
蒼の存在感がなく空気 
正直いなくても話に一切影響がなく、蒼がいる意味はあったのでしょうか。
黒ユリ    [2017年 08月 16日 20時 34分]
最終話、再投稿いたしました。
少しは蒼の出番がありますが、壊れてしまって感情が無いのでやはり出番は少なめです。
投稿者: ナカガイ  [2017年 08月 13日 23時 01分] ---- ----
気になる点
真エンドの場合、気力的にあちこち崩れるタイミングが合わさって、更に義弟に思考誘導されたら、こうなるのかな、と。ちょっぴり違和感でした。
一言
てっきり母親を真実幸せにするなら、自分も義弟も目障りだろうからと、父方の祖父母なりに頭を下げて別居するだろうこの主人公なら。なんて思っていました。
同居とか、母親の事を嫌う素地が多少はないと思いもよらない気がします。だって母親と守り守られた2人環境で育っておいて……自己顕示欲がよっぽど強いのかと、ちょっと主人公像がブレました。
というか、まさかの逃がさずの追い込み漁ですか母親さん。むごい。でも不気味で怖いと感じて当然かとも思います。
復讐のために作り上げたのは自分でも、この道具(ムスメ)は何時壊れて刺してきても不思議じゃないって。
コワッ。ホラーです。娘の被害妄想説も捨てがたいですが、自決なら義弟か義父による誘導が不可欠ですかね。

いち読者的には、連絡先を知っていて適度に放置してくれそうな、元義母の不倫相手の部下とかに義弟共々立候補して、いろんな意味での贖罪を兼ねて身を削る思いをしながらすごすのが萌えます。
わずかな幸福エンドの可能性を示唆しての【完】的な。

何はともあれ、大変楽しませていただきありがとうございました。完結おめでとうございます!
長々と失礼いたしました。
黒ユリ    [2017年 08月 16日 20時 32分]
お母さんに依存することが生きる希望だったのです。しかし、お母さんに愛されていないと知り絶望して死を選びます。

お母さんは愛してもいない男の子供をお腹に宿してしまいます。それだけでも不安なのに、祖父母は見得の為に結婚させます。お母さんは疑心暗鬼になり、親すら遠ざけてしまったので紫乃は祖父母とはほとんど面識がありません。なので、祖父母の家で暮らすという考えは紫乃の頭にはありませんでした。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ