庸滅亡

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 羽純燈伽  [2017年 05月 23日 19時 34分] ---- ----
一言
RTありがとうございました!

とても読みやすくて、話もすっと頭に入ってくるので飽きることなく読むことができました。
楽しかったです!

これからも執筆活動頑張って下さい!
文叔    [2017年 05月 24日 00時 49分]
こちらこそ、読んでもらったうえに感想までいただいて、本当にありがとうございます!

長くてくどくて読みづらくないかなーといつも心配しているので、読みやすいと言っていただけるとはとても励みになります。

がんばります、ありがとうございます!
投稿者:  [2016年 07月 04日 07時 40分] 15歳~17歳 女性
良い点
描写がわかりやすく、すっと入って来ます。
面白かったです!

気になる点
語彙の不足が見られます。もっと多様に言葉を使えたらもっと本格的に作者さんの世界を表現できるのではないかなと思いました。

他の点はとても良かったです。
一言
ツイッターでリツイート頂き、どのような方だろうと一生だけですが読んでみました。
面白かったです!!
文叔    [2016年 07月 05日 00時 20分]
読んでくださっただけでなく感想までいただいて、ありがとうございます!
本当にうれしいです。感謝です。

ご指摘もありがとうございます。
参考にして精進させていただきます。

もう一度、どうもありがとうございました!
投稿者: 称好軒梅庵  [2016年 05月 08日 15時 50分] 30歳~39歳 男性
一言
まだオドーが逃走したところまでしか読んでいませんが、非常に面白いです。
とくにサガルの戦闘は、自分の書いているものの戦闘描写が恥ずかしくなるほどの出来映えです。
自分も光武帝を題材に小説を投稿しており、歴史物が好きなので応援させて頂きます。
文叔    [2016年 05月 08日 19時 58分]
感想どうもありがとうございます。
本当に本当にうれしいです!
一応完結しているとはいえ、長い作品なのに、読んでいただけて感謝感謝です。

戦闘シーンも気に入って下さったようでうれしいです。


光武帝はぼくも書きたいとは思っているんですが、知識がない上に勉強不足でいつになることやら(苦笑い)。


最後までお付き合い下さるとうれしいです。
投稿者: 玖龍  [2016年 01月 02日 01時 30分] 18歳~22歳 女性
一言
完結お疲れ様でした。。

壮大なお話でした。圧巻です。すごい。その一言に尽きます。

ズタスが死去するのは想定外でした。そういえば、チンギス・ハンも病死だったなぁ、と思ったり(この人はそこそこお歳ですから関係ないですね……というか、騎馬民族といえばこの人しか思い浮かばなくてですね……何となく、ズタスのイメージはこの人でした……すみません)。しかし、英雄は英雄のまま死ぬ、というのはこの物語にとって必要な結末だったと思います。ズタスの、嵐のような激しい人生にすごく心を動かされたお話でした。。

個人的に、初回登場時から次世代組のファンでしたので、最終章あたりは特に読んでいて楽しかったです‼「タクグスとサガルのコンビが見られるのか!?」と少し期待していたのですが……!!しかし、そこは違う族に属す者同士。ずるずると引きずられることなく、潔く別れる姿もまたかっこいいです‼次に会うのは戦場で、ですかね……?いずれにせよ、またふたりが再会できる日を私も楽しみにしています。。

あと、韓嘉先生(誠に勝手ながら、先生と呼んでるんですけど)もすごく好きでした……!!敵地にありながら己を失わない、芯の強さ。ズタスとの掛け合いも、次世代組とはまた違った大人の雰囲気が楽しめました。

ラストのオドーも久しぶりに出てきたかと思うと、何やら動きがある感じですね……!!オドーも立派な次世代組。あの、お祖父ちゃんの威光に甘えてた坊ちゃんがどこまで成長したのか、それもすごく楽しみです。


長々と感想を書いてしまいましたが、要するに、「読んでいてとても楽しかった」ということです。。児童書の『三国志』ぐらいしかかじったことがなかったうえ、戦記物を読んだことがなかったので少し不安だったのですが、全然問題なく、寧ろさくさくと読めました!!素晴らしい作品をありがとうございました‼
文叔    [2016年 01月 02日 13時 32分]
感想ありがとうございます!
とてもとてもうれしくて、何度も読み返しながらニヨニヨしております(笑)。


本当に細かく読み込んでくれていて、とてもうれしくて感謝です。
ズタスはチンギス・ハンももちろん入っています。
他にも一人二人、北から中華帝国を侵略した男がいるのでそれも混ざってますが、
チンギスも含めてたいていみんな途中で死んでおり、
子供や孫や曾孫たちが征服したり追い返されたりしているため、
ズタスもそれにならってみました。
ズタスは子供には恵まれなかったけど、次代組にね、お任せということで(笑)。


タクグスとサガルが組んだら相当強力ですが、
タクグスも自分を安売りしないし叔父さんを見捨てられもしないので、
とりあえず「味方未満」というところで一時北へ退場です。
サガルは居残って、なし崩し的に天下をめざします(笑)。


登場人物はたいていモデルはいなくてオリジナルですが、
オドーは完全に少年マンガ主人公的立ち位置ですね(笑)。
オドーが勝者になればその展開ですが…


韓嘉にも注目してもらえてよかったです。
実はもうちょっと活躍させたかったんですが、
戦争シーンばかりなので出番がなかった(苦笑い)。


「戦記物に縁がなかったのにさくさく読めた」はとてもありがたいです。
そういう方に向けても書いていたつもりだったんですが、
実際にはどうか自信が持てなかったもので。
これで他の人にもおススメしやすくなりました、ありがとうです(笑)。


今はこのシリーズばかり書いているので、
また気が向いたらぜひいらっしゃってください。
最後にもう一度、本当にありがとうございました、ありがとうございます!
投稿者: 遥か空に  [2015年 12月 13日 18時 26分] ---- ----
一言
更新ご苦労様です。
、風土病で侵略が止まったか、合わない気候や水で死者が出ることもあるため、致し方ない。
南北統一まで、二、三百年はかかるのは歴史が証明している。
文叔    [2015年 12月 13日 22時 14分]
いつもいつも本当にありがとうございます!

ぼくの小説は歴史を知ってる人だと
何の工夫もしていないことがバレてしまいそうですが(照)、
でもあんまり嘘っぽいのを書くとそれはそれでと思うので、
開き直って書かせてもらっています(照)。
投稿者: 遥か空に  [2015年 11月 16日 17時 27分] ---- ----
一言
更新ご苦労様です。
都が悪夢を見舞われる結末になりそう。
文叔    [2015年 11月 16日 23時 00分]
いつも感想ありがとうございます!
サブタイトルですでにネタバレしてるところはありますが(苦笑い)、
ここから先もまだまだ楽しんでもらえればと思っています。

もう一度、ありがとうございます!
投稿者: 遥か空に  [2015年 11月 13日 00時 36分] ---- ----
一言
更新ご苦労様です。
こうなると、笑裏蔵刀の計で主人公の鋭鋒を交わすしかないか。
効果的なのは、春秋の越が呉を弱めるため、西施をおくった時間稼ぎをしながら国力を回復させるか。
王昭君の故事を利用するか。

碌な考えではないな。

前の感想の水滸伝、余りに悲惨な終わり方をしたため、水滸後伝を作って報われた終わり方をしてます。
また、日本にも水滸伝をモデルに作られた物が、滝沢馬琴が作り上げた南総里見八犬伝です。



文叔    [2015年 11月 13日 01時 00分]
いつも感想ありがとうございます!

美女を送られたくらいで止まるズタスでもないだろうなあ。
「蛮族らしく受け取って約束を破るか、央華にならって受け取らず進撃を続けるか、どちらがいい」
とか使者に言いそうだ(笑)。

水滸伝を読んだのはずいぶん昔だから内容が薄れ気味です(照)。
でも里美八犬伝はさすがに知っています(笑)。
投稿者: 遥か空に  [2015年 11月 06日 07時 59分] ---- ----
一言
更新ご苦労様です
速く南方に逃げないと、北宋の徽宗の如く、金の虜囚になり、朔北に連れて行かれ、惨めな最期をむかえることにねりかねません。

だからこそ、北方の騎馬民族や当時の中国の王朝に巣食う腐敗した役人や商人に苦しんだ民衆達があの話を作った。

そう、水滸伝を。

文叔    [2015年 11月 07日 08時 24分]
本当にいつも感想ありがとうございます!

そうなんですよねえ、人民の苦労もうまく書けないとと思ってはいるんですが、
このあたりがなかなか難しい。
そのうち水滸伝みたいな話を書くのもおもしろいかもとも思っていますが、
あれほど魅力的なのはさすがに難しいかな。
難しい難しいばかり言っていますが(照)。

本当にどうもありがとうございました!
投稿者: 玖龍  [2015年 10月 29日 00時 29分] 18歳~22歳 女性
一言
はじめまして、玖龍と申します。。

高校のカリキュラムの関係で、詳しく世界史を学べませんでした。古代中国史にはすごく興味があったのに残念……と思っていましたが、この作品はわかりやすく解説しつつ、それをフィクションにうまく挿入させているのでさくさく読めました。まだ第一章しか読めていませんが、続きが楽しみです。

中国史では宦官や賢帝と呼ばれる諸王、後宮が花形だと思うのですが、騎馬民族を主人公に据えてあるところもまた面白いと思います。

時間を見つけて、早く追いつけるように頑張ります‼
文叔    [2015年 10月 29日 01時 39分]
はじめまして、いらっしゃいませ。
感想どうもありがとうございます。
とてもうれしいです!

そう言ってもらえるととてもありがたいです。
本物の中国史を元ネタにしたパロディみたいなものなので、
いろいろ好き勝手やっておりますが、
まるっきり嘘ばかりというわけでもないので、
そのあたりでも楽しんでいただけると幸いです。

後宮どころか女子がほとんど出てこないんですが(照)、
それでもよければこれからもおつきあいよろしくお願いします。
投稿者: 遥か空に  [2015年 10月 12日 09時 48分] ---- ----
一言
更新ご苦労様です。
平原で騎馬民族と戦う、いくら大軍でも止めないと大敗する。
まあ、そこまで愚かではないかな。
文叔    [2015年 10月 12日 10時 17分]
いつも感想ありがとうございます!

けっこう愚かです(照)。
会戦はかなり突飛に書いてるかもしれません、すいません(汗)。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ