乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

感想一覧

投稿者: いずはら深海  [2017年 07月 05日 21時 18分] ---- ----
一言
ケイト、夏休みが終わってホッとしているお母さんみたいなこと言ってますね。
主婦化が進んでいる?
そしてマリアベルは、学園に於いて望みが叶ったことなどほぼないことを自覚しよう。
投稿者: totto  [2017年 07月 05日 16時 06分] ---- ----
一言
今度はどんな事件があるのか楽しみですw
投稿者: 甘味 (旧03)  [2017年 06月 28日 22時 04分] ---- ----
一言
昨日ぶりです。
…いや、日付は同じなので本日ぶりですかね。


◆28 第二十五話 神って疫病神の略ですか
 それはありがとう、でも私はあなたの隣にいるくらい絡まれた方がマシです……!
→くらいなら

◆30 第二十七話 恐怖の後だから余計に嬉しい
髪の隙間から見えてケイトの耳が赤かった事。
→見えた

◆33 第三十話 八つ当たりは法律で禁止したい
 気持ちは分からないでも無い。何も知らない人間に我が物顔で語られるのは腹が立つ。一切の被害か及ばない場所から心配されても、
→被害が

◆35 第三十二話 お願いだから後悔先に立って
 ツバルの秘密はミリアンダ侯爵が全力で隠している事なのに。私の両親すら知らない、確かに彼のルートでは王様も知らなかったはず。
→確か彼の

◆43 第四十話 最後の砦……でもないか
 アヴァントール学園は財有るものが集うため、事前に知らせて親同士の画策を防ぐとかなんとか……前に聞いたような気がする。
→親同士が画策するのを防ぐ

◆47 第四十四話 ぼっち脱却
 まぁその警戒理由さんの愛情が重すぎるで積極的には関わりたくないけど。
→重すぎるので

◆50 第四十七話 グレイ先生ありがとう!
 今日私が着けている髪飾りは昨日グレイ先生から貰ったスイートピーのバレッタ。~~~気がするだけでけど。
→気がするだけだけど

◆57 第五十四話 新キャラがつれてくるのって両極端だよね。
 園芸は趣味だと思ってたけど、やっぱりケイトに付き合ってた影響だから一人でだとやろう思わないしなぁ。
→やろうとは

 と言うかカトレア様が私に用事があるっ事自体予想外なんだけどね。
→用事があるってこと

◆59 第五十六 見た目はいくらでも改造出来ます。
 赤黒い、ボルドー色の髪は襟足だけ長くて外にハネと様な癖がついてる。瞳はワインレッド、三白眼で眉間に皺ご寄っているせいかかなり迫力が強い。
→皺が

◆60 第五十七話 泣き付き三時間コース
「テンペストの令嬢なら家柄は問題ないだろうし、入って貰えんなら助かるが……まずは他の連中が来てからだな」
→入ってもらえる

◆62 第五十九話 ノーと言えない悪役もどき
「今日はこの間の議事録を清書するくらいで、大した仕事はないんです。詰まらないかもしれませんが……この椅子に掛けて見ていてください」
→つまらないかも

◆64 第六十一話 幸せな方のドキドキ
 唯一合宿っぽのは班に別れてのレクリエーションタイム。
→合宿っぽいの

◆65 第六十二話 平凡で特別な時間
 その時はきっと、私も彼女達から離れ様と思っているだろう。その対等な関係が嬉しかった。
→離れようと

◆77 第七十四話 幼い友人
 エルなんかもうちょっと寝そうだし。
→もうちょっとで

◆78 第七十五話 正解が記憶の中なら、捏造したっていいじゃない
 そして私が返事をする前の行動する所も、昨日の話だと勘づいたから。
→前に

◆79 第七十六話 余韻よ戻ってきておくれ
 ユリウス様にはご挨拶したかったけど……また今度カトレア様にでも頼もう。仲良さそうだったし、三年生を訪ねればなんとかなるはず。
→訪れねば もしくは 訪れれば

◆86 第八十三話 幼馴染みは大切に
 勢いよく下げた頭に遅れて、肩から滑り落ちた髪はが視界を遮る。
→髪が


更新楽しみにしています!
投稿者: 甘味 (旧03)  [2017年 06月 28日 02時 46分] ---- ----
一言
誤字脱字報告です。わざとでしたらスルーをば

◆4 第二話 いきなり崖っぷち
 今ならば私が気を付けることが出来る。平民だからっていじめたしりない。
→いじめたりしない

◆12 第十話 君と見る月はいつだって美しい
 美しい碧眼。その目付きを怖い言う人もいるけれど、
→怖いと

 甘えてばかりで行動しなかった。私のその自分に対する甘さが、マリアを不安にさせたのだ。まだ四歳の愛娘。お父さんにもお母さんにも甘えて甘やかされて、ただ笑顔育つ事が仕事であるはずのあの子に、
→ただ笑顔が 

◆13 第十一話 一難去って、十難くらい一辺に来た
「オルセーヌさんがおむかえきてますよ」
→オルセーヌさんからお迎えが
もしくは オルセーヌさんがお迎えに

◆14 第十二話 駆け込み寺と書いて避難所と読む
 それに大前提として、ヒロインがグレイ先生を選ぶとは限らない。選ばれたら最悪だけど攻略対象
イケメン
は他にも四人、確率は五分んの一。
→五分の一

◆15 第十三話 ただのへたれってだけ
 元貴族現平民の就職率を知っていて尚彼を無職にする度胸など無い。彼には全く落ち度か無いのだから。
→落ち度が

◆18 十六話 恋と好意の違いなんて所詮は一文字
 大丈夫、元の戻るだけ。
→元に

◆21 第十八話 門出なりて
 グレイ先生がいなければ、私は文字通りどうなっていたか分からない。あの現象に関して不明な事は多いが、グレイ先生がいなければ無傷済まなかった事は間違いないだろう。
→無傷では済まされなかった

◆22 第十九話 後の祭りってこれか
 異質な魔力を持つのだと知ってから、私は魔法学を力を入れて学ぶようになった。
→魔法学に

 第二王子、二番目の王子、王位継承権第二位。そんな人、我が国には一人しかいません。よーく知ってます、覚えてます、出来れ忘れたい人ですけど。
→出来れば忘れたい

◆23 第二十話 ドナドナ
 漫画やアニメと言うゲーム外の媒体に時、
→媒体のとき

 マリアベルになったからこそ思う、乙女ゲームって悪役に鬼畜過ぎないか。それともマリアベルが性格グズ過ぎるからか。
→性格クズ


  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇

読み始めて初日ですが、これからの展開が楽しみな作品です。
投稿者: レミィ  [2017年 06月 25日 22時 32分] ---- ----
一言
初感想失礼します。書籍版のほうから読ませていただいております!ケイトが本当に癒しですねマリアベルのケイトラブ?ぶりも嬉しく見ています。ルーナ様は良識のある方でよかったと思いました。そしてツバルですがきっとあまり良い印象を抱かれていないキャラだろうと思いつつも何気一番気になるキャラです…wデレたときの反動がやばいんだろうなぁということも実はマリアベルを嫌っているだけではないのではないかという予想もあり、今後も奴のやらかし様を追っていきたいと思いますw次のお話も楽しみにしています!
投稿者: メガネ  [2017年 06月 22日 23時 45分] ---- ----
良い点
ルーナの誠実さとマリアベルの毅然とした態度に好感を抱きました。
気になる点
一部の敬称や敬語表現が気になりました。

>「マリアベル様、ご到着されました」

恋人でも肉親でも同性の友人でもないただのスタッフが、馴れ馴れしくも令嬢の到来をファーストネームで告げるような事はないと思います。
マリアベル・テンペスト様、あるいはテンペスト様、テンペスト嬢などの方が良いかと思います。


>ルーナ王子という呼び方

例えばルーナ本人が不在で、他人と世間話でもしている中で「そういえばルーナ王子の事だけど〜」などと話題に出す時なら分かりますが、当人に向かって呼びかける場合は「殿下」あるいは「ルーナ殿下」にした方が、つっけんどんにならないと思います。


>ルーナ王子が「言った事ではありませんし」

→仰った(おっしゃった)事ではございませんし


>それはルーナ王子が「決める」事です、私にとやかく「言う権利はありません」

→「お決めになる」「申し上げる権利はございません」


普段の友人達とのやり取りならフランクな話し方で構わないと思うのですが、こういったシーンにおいてはもう少しきちんとした敬語表現であってほしいと思いました。
一言
誤字報告

>折角なので紅茶「を」お菓子を頂いてから帰りました。

→紅茶「と」お菓子
投稿者: いずはら深海  [2017年 06月 22日 16時 53分] ---- ----
気になる点
『第八十三話』にて、ミスらしき物を発見したのでご報告します。

>外食は好きではないのでこれか先も変わらずに~……
→外食は好きではないのでこれから先も変わらずに~……

>二人で話たい
→二人で話したい

>普通ってことあのだろうか。
→普通ってことなのだろうか。
一言
『ルーナ王子が言った事ではありませんし』
“言った事”ではなく“仰った事”ではないかと。
一応、ルーナは王子様でマリアベルよりも身分は上なので敬語にした方がいいかなと。

あと『ルーナ王子が決める事なので』の“決める事”部分も“お決めになる事”に変えた方がいいかなとも思うのですが。

理由があってそうしてるのならスミマセン。
投稿者: totto  [2017年 06月 22日 16時 04分] ---- ----
一言
また学校で何が起こるのか。
楽しみですね( ˘ω˘ )
投稿者:  [2017年 06月 16日 17時 41分] ---- ----
一言
いつも楽しく読ませていただいております。

マリアベルが好きです。優しいだけじゃなく一本筋が通っている子で、数ある転生ものの中でもたいへん魅力的なヒロインだと思います。とにかくかわいい。

ツバルくん。たぶん賛美両論だと思うのですが、こういう拗らせてる子私は大好きですねー。
いろいろありすぎて極端に視野が狭くなってるだけで、本当は愛情深い良い子だと思います。
ケイトとマリアベルの気が置けない関係も微笑ましくて大好きなんですが、個人的にはこっそりツバルとのルートを応援していたりします。
というか「大嫌い」宣言といい、何気に誰よりもフラグが立っていると思うのは気のせいでしょうか?(笑)

次は王子の呼び出しですね。マリアベルさんがんばれー!
投稿者:  [2017年 06月 14日 20時 59分] ---- ----
一言
いつも楽しく読ませてもらっています。
これからも更新頑張ってください。
応援してます。
感想は受け付けておりません。

↑ページトップへ