異世界で双子の娘の父親になった16歳DT-女神に魔法使いにされそうですー

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: はんぺん  [2017年 10月 30日 14時 33分] ---- ----
気になる点
〜で、〜の、〜を等の使い方がおかしいので途中途中微妙に違和感

ワンツーマン等、耳に聞こえた音を適当に文字起こししたような部分がちらほらと
一言
ノーヒットのまま3アウトチェンジか…

とは言え逮捕エンドだから、脱獄後、神々を思う様蹂躙(スパンキング)して神界の頂点(神々全て嫁)に君臨した後帰還(逃走)…みたいなifを期待しても良いのかな?
バイブルさん    [2017年 10月 30日 20時 08分]
 感想指摘有難うございます。

 そうですね、接続語って言いましたっけ? それがアヤシイ事が多く連載中も良く指摘を貰っていましたが洩れはあると思っておりました。

 ワンツーマン? マンツーマンと書きたかったのだろうな、とは思いますがやらかしてましたか(苦笑)

 多分、探せば、寝る場所をベットとか書いてる所とか、賭けるという意味でBETをペットと書いてる場所もきっとあると思います。
 サッと読み直してると見逃すのもあるのですが素でやらかしてます。

 雄一の後日談ですか。

 そんな良くある最強の頭の悪い主人公みたいな展開はありませんよ(笑)

 何より、どちらが悪いかというならば、雄一側が決まりを破ったのが問題で捕まえた側には非はありません。
 謝罪をしに行く側ですからね。

 なので、雄一らしい結果を出しますし、それを見た時に双子の親での伏線を覚えていれば「そうなるか!」と思って貰えると思っております。

 その答えはもう既に始まっている双子の親の続編『ウロボロスの尾を断つ神剣ー連理の枝の巫女ー』をゆっくり追いかけて貰ったら終わるまでには答えを提示させて貰えると思いますので是非、読んでみてください。

 次は続編の『ウロボロスの尾を断つ神剣』でお会いできる事を楽しみしております。
投稿者: 貞太  [2017年 10月 28日 08時 58分] ---- ----
良い点
現在第6章まで読ませていただきました。
この先も楽しみにして読ませていただきます。
気になる点
 ストーリーの展開や組み立て方にも気になる点がありますが、それ以前に、誤字・脱字、不自然な助詞や接続詞の使い方など、文章が読みづらく、致命的に間違えているわけではないのですが、主語述語がどこにかかっているのか一瞬考えてしまうような文法が多いです。
 
 また、シリアスな場面や真面目な会話をしている場面等で、文章力や語彙が足りないと感じることがあり、キャラクターが稚拙に見えてしまいました。

 
一言
 色々と偉そうに書いてしまいましたが、私自身は筆者側に立ったこともない素人ですので、物語を生み出せる方は素直に尊敬しています。
これからも頑張ってください。
バイブルさん    [2017年 10月 28日 13時 52分]
 感想有難うございます。

 この先も楽しんで貰えると嬉しく思います。双子の親を読み終えたら続編の『ウロボロスの尾を断つ神剣』も読んで貰えたらと願っております。

 ストーリーの展開、組み立てがどこを指しているのか分からないので伏線だったりすると気になるように書いてますので何とも言えないので流すとして、文章は……学のある人から見れば酷いでしょうね。
 なので指摘されてる内容も恥ずかしながら半分理解出来てるかどうかです。
 バイクで校庭を走り回り「○○出てこいやぁ!」とか教師が胸倉掴まれて黒板に叩きつけられるという光景が珍しくないドラマか漫画でしかないような学校の出なので学力は察してください(苦笑)
 私自身も鎖骨を折られたりしていますね(笑)
 ちなみに卒業する時にはクラスメイトは半分になってました(笑)

 馬鹿にしたり誤魔化したりしてる訳じゃないので勘違いしないでくださいね? 本当にリアルな話なんで。

 また漫画や小説も皆さんほど読んでいないと思いますのでセオリーも知りません。
 ですが、シリアスな場面は語彙を豊富にすると嘘臭く感じるから徹底的に避けてた認識はあり、真面目な話というのはどこを言ってるのか分かりませんが学がないので中途半端にそれらしくするのはボロが出ると判断してシンプルさを意識してます。
 例えば、異性に告白する時など色々考えてやりたくなるでしょうが、無駄に装飾するとどうなるか、それは学がなくとも経験則と共に知っているつもりです。
 百の褒め言葉より、「君が好きだ」の方が響く、そういう事です。

 ついでだから筆者側に立ってみればどうですか?
 そちら側に来た者だから言いますが、物語もそうですがリアルの見え方も変わってそれなりに楽しいモノですよ。

 これからも良ければバイブルの小説をよろしくお願いします。
投稿者: 華風純  [2017年 10月 02日 19時 48分] ---- ----
良い点
基本的にお約束通りにお話が進んでいたので、読み進める上で不安がなかった事。
気になる点
特になし。
一言
最後の最後でゆういちが去っていく、っていうのはまあ最初の方から"受け継ぐ"っていうのをキーワードにしていたので受け入れられました、というよりもそれが命題なのかなと思っていたので終わってみると自然な形なのかなって感じでしたね。


ただ終わる直前の住人やホーラの引きこもりの部分はちょっと自分には理解できませんでした。
ユウイチの遺志を継いでいるのはテツっていうのを強調しようとしたものなのかな?と強引に納得はしましたが……。

それを除けば良い点に書いた通り、主人公に心酔する人が増えていく作品としてはセオリー通りの読みやすい作品で最後まですっと読めて楽しませて頂けました、ありがとうございました。
バイブルさん    [2017年 10月 02日 21時 31分]
 感想有難うございます。

 ええ、登場人物に無理がある行動を取らせないように自然を意識して書いたのでそう言って貰えると嬉しく思います。

 後書きに書いていた「双子の親が終わりまして」だったかな? の活動報告にも書かせて貰いましたが、双子の親は今、続編でスタートしている『ウロボロスの尾を断つ神剣』というお話のプロローグなんです。
 どうして、プロローグが100万文字を超えるような話になっているかは活動報告の方に書いてるので気になりましたらお読みください。

 ホーラは雄一の目、存在を意識してずっと姉をしてきました。出会った時にどん底から引き揚げた存在であり、その一部がベへモス退治での時にもチラッと語っていたと思います。
 雄一がいなくなり、自暴自棄になってしまいましたが、悪友とホーラとは違う形で心酔するシャーロットのおかげで姉としてのプライドを貫く決心をした次第です。

 テツについては最後に強調しなくても、ずっとしてたのでそこに意識はおいてません。
 自然な流れだとは思いますがセシルとの再会はやっと出せたという意味では強調しました。

 もし、宜しければ、続編の『ウロボロスの尾を断つ神剣ー連理の枝の巫女ー』も読んで貰えると嬉しく思います。

 完結した話に感想を有難うございました。
投稿者: 通りすがり  [2017年 08月 18日 21時 40分] ---- ----
気になる点
完結済み
シリーズものの第一部としてみたら確かに完結済みで間違いない
しかし、それを示唆するものがタグにも説明文にもない
完結済み検索で来た一気に結末まで見たい自分の目線でいえば、内容が嫌いではないだけに、悪質な地雷と言わざるを得ないのが残念
バイブルさん    [2017年 08月 18日 22時 29分]
 感想有難うございます。

 なるほど、なるほど。

 自分目線で言えば、と仰ってる段階で分かってらっしゃるようですが、する必要も改善しなくてはならない理由はないのはご理解頂けていると判断させて貰います。

 今後もそんなタグや説明文などを加える気はサラサラございません。

 だいたい、そんな悪質だろうが良質だろうが地雷だと言われるのは只の我儘ですね。分かってて仰ってるでしょうけど。

 まだ双子の親は読んでくれる方が多かったのでそれほど問題になりませんが、更新しても1日にpv100いかない作者に言ってみれば今から言うような返事が返るでしょう。

 一緒に歩むように読んでくれる読者が欲しい、終わってから読むという人が欲しい訳ではないと言われると思いますよ?

 完結まで何話あるか、書かれる人の采配ですが、読んで貰えているというの活力になり、エタらずに最後まで書けるのです。

 勿論、完結済みを好まれる読者の言い分も分かります。

 まず、完結した以上、エタる心配がなく読める。
 次に、完結に持っていけるだけの文章力、構成力に期待ができる。

 この2つが大きな理由でしょうか?

 ポイントなど良く聞く話ではグループなどを作って操作するとか言いますから、これが一番、信頼が高いのは分かりますが文句を言える程、作者側に何かできてますか?

 お金を払ってますか?
 いいえ、なろうは無料で利用できるシステムです。

 相手の為になる感想を送ってますか?
 いいえ、ただの子供の我儘をぶちまけにきてるだけです。

 それでも、これは地雷だと言われるのであれば、これからも踏み抜いて爆発に巻き込まれてください。

 一般的に貴方の要望はネタバレになるので、やるべき事ではありません。

 例えるなら推理物で小説の帯に『犯人は主人公の嫁だった!?』と書くぐらいに馬鹿けてます。

 嫌いではない内容ではなかった、という一点だけはお礼を申しあげておきます。

 有難うございました。
投稿者: 無理無双  [2017年 07月 31日 20時 44分] ---- 男性
気になる点
最後話の後、子供達がどうなったのかとても気になります!
一言
最後まで読みました。面白かったです笑
できれば、ぜひ続編出して欲しいです!
バイブルさん    [2017年 07月 31日 21時 21分]
 感想有難うございます。

 そう言って頂けて嬉しく思います。

 悪魔の子と呼ばれた勇者との旅に満足したらアリア達の物語を書き始める予定になっておりますので、その時はよろしくお願いします。

 おそらく9月頃になると思われるので、覚えておいて貰えると助かります。

 次はアリア達の物語でお会いできる事をお祈りしております。
投稿者:  [2017年 07月 13日 01時 07分] ---- ----
一言
12話の
「これはポーラという狩猟用道具なんだ。紐の中央を掴んで回転させて投げつける」
ポーラ...直ぐ上の文はボーラなのに...
バイブルさん    [2017年 07月 13日 06時 13分]
 指摘有難うございました。

 以前、同じ指摘を頂いていた事だったのですが、洩れがあったもののようです。

 ボーラに訂正させてもらいました。

 もうしばらく訂正作業はしておりますので、またありましたらご連絡をお願いします。
投稿者: ああああああ  [2017年 06月 30日 12時 49分] ---- ----
一言
始めから読み直してみるよ。その前にリアルの私の命が尽きるかもしれないけど、その時はその時だね。今年中で死ぬのは間違い無いはずだけど、一週間あれば読み終えるでしょ。途中で投げなければね。
バイブルさん    [2017年 07月 01日 00時 26分]
 続編の後まで考えてある作品なんですから、そこまで頑張りましょう。

 毒舌なのか、良く分からない貴方がいなくなるのは寂しいですよ?
投稿者: 乃木 憂  [2017年 06月 29日 23時 34分] ---- ----
一言
終わり方が非常に気になりますが、更新停止の多い「なろう」では完結しただけ大分マシかな、と。

ただ、他の人の感想及びそれに対する返信も読ませていただきましたが、作者の態度がちょっとアレですね。
批評というのは書く上で結構重要なものにも関わらず、否定的な意見に対して真っ向からそれを否定していては、物書きとしてなんの成長も出来ません。
「読者の言うとおりにしろ!」とは言いません。
ただ耳は傾けるべきでしょう。

あと、「読み手の事を考える作品に魅力などありません」と仰っていますが、逆に、読み手の事を考ない作品に価値はありません。
「読者なんて知るか」と思うのであれば、感想機能を使わない、もしくは、そもそも公開しない等の処置をした方がいいでしょう。
そして、公開する以上どんな意見であろうが受け入れてください。
「取り入れろ」ではなく「受け入れろ」です。

なんだか上から目線な上に、少し長くなってしまいましたが、言いたいことは以上です。
最後に、完結お疲れ様でした。

バイブルさん    [2017年 06月 30日 01時 20分]
 感想有難うございます。

 まずは完結を祝ってくださって有難うございます。

 否定的なと言われますが、私が体当たり的に答えている事はストーリーに大きく関わる話だけです。
 細かい事であれば、フムフムで済む話もありますが、今後に繋がる部分には応答をするべきだと私は思っております。

 作者の態度がアレと言われますが、一般的に使われる、「貴方のストーリーには付いていけません」という感想に「そうですか、お気に召さずに申し訳ありません」とだけ返されるテンプレの返事がお好みですか?

 私は批評してくるのにもエネルギーを大量に使われていると思っております。それにカロリーのない解答をするのを良しだと思っておりません。

 今回、主に問題になってるエンディングですが、この先の展開を理解して批評してるのであれば話は変わってきますが、批評されてる皆さんが言われるのは例えるなら、人気の俳優、女優の「あの目がいいんだよ!」と言って100%の成功率で目の整形をしたとして、その人は男前になりますか? 美人になりますか?

 余程の偶然の噛み合いが良くなければ、それはない、と言えませんか? 全体像のバランスの上でその魅力がないと十全に発揮はできません。

 ストーリーでも同じ事です。全体像は書いてる私でもない限り分からない事はしょうがないので、それを流さずに対応するのがアレなのでしょうか?

 フワッとだけでもご理解頂けたでしょうか?

 嘘か本当かは今の段階では証明は難しいですが、続きはあると言って書く予定にしてるだけではご満足頂けてない方に真摯に答えてるつもりですが、ご不満ですか?

 私は貴方が仰るような「取り入れろ」も「受け入れろ」もする気などありません。
 私は、「受け止める」をして書き手として、人としての情緒性を高めたいと思っております。

 このやり方は利口ではない事は重々承知おります。

 貴方や他の人のように反感を持たれる方を生む事になるのですから。

 流して、「やります」と言っておいてやらずに「出来てない」という批判が来た時に「力及ばず……」と言っておけば楽なのは間違いないし、批評してきた側も聞いて貰えた満足感を覚えるでしょう。

 それで収まらなかったらエタったり、消えたりするんでしょうね。

 私はそんなしょうもない嘘を吐きたくないんですよ。嫌われても馬鹿だと思われても自分の作品を愛してると言ってやりたい。

 商業作家になったらそうも言ってられないでしょうが、今の状況では思い描くストーリーを書くのは自由でしょう? こちらで把握する限り流れはおかしくなってません。

 ついで、感想欄や更新についてですが

 貴方はここまで私の作品を読まれたのですから、つまらなかろうが最後まで読む義務があります。
 読まないなら、なろうを利用する資格がありません。
 プロローグだけでも同じで「受け入れろ」です。

 説明しなくても伝わったかな?

 貴方が私に感想欄や更新について言ってる事はこれと大差ありません。

 当然、読むのを止めるタイミングは貴方次第です。私の作品を読んでしまった事を悔むのも自由です。
 だって、なろうの規約に反してませんから。

 と言いつつ、先程の例題に本音も含まれてます。

 私の言葉が嘘かどうかを知るだけでも続きを読んで貰えたらという思いがあったのは否定しません。

 気が向きましたら、どこかでまたお会いしましょう。
投稿者:  [2017年 06月 29日 00時 23分] ---- ----
一言
感想と活動報告読みましたが作者の言い訳が必死過ぎる。作者が最後これで面白いと思っても読者がつまらないと思ったらつまらない。言い訳で作者の考えをいくら書いても見苦しいだけにしか思えない。
バイブルさん    [2017年 06月 29日 06時 04分]
 活動報告でも書かせて貰いましたが、意図を説明しても伝わらない以上、お好きに判断しておいて貰って構いません。
 新しい試み、もしくは、少ないパターンだった事を書かせて貰ったので、説明したつもりでしたが、思えないなら言い訳や打ち切りで終わらせたなどお好みでどうぞ。
投稿者: 膝に矢を受けてしまってな  [2017年 06月 27日 23時 55分] ---- ----
一言
なんだろ、読み手の事より作者の「こうしてやった意図がわかる人にしかわかんない物語なんだよ」というオナ◯ー物語。
バイブルさん    [2017年 06月 28日 01時 12分]
 感想有難うございます。

 えっ? そんな分かりきった事を今更ですか?

 作者が読者に送るメッセージなんて基本、自己満足ですよ?

 分かりやすい例を伝えるとラブレターや告白と同じようなモノ。それを受け取って理解して感動する人もいれば、理解できずに気持ち悪いと思う方もいるでしょう。

 万人受けなんて夢物語ですし、より多くという考えであれば、それは商業作家が編集者と頭を抱えれば良い問題です。

 書く側だから言える事を最後に一言。

 読み手の事を考える作品に魅力などありません。感想などで「この子がツンデレなら愛せる」などとか言われたからキャラを弄るような作品に先があるように思えません。

 貴方も沢山見てきたのではないですか?

 読者に媚びを売って物語が破綻した作品やエタった作品を?

 書き手が読み手に出来る事というのは、思い描くストーリーを少しでも誤差を少なく伝える努力とキャラクターに命を吹き込む作業です。

 ねっ? 自己満足でしょう?

 どうせなら、もう少し面白い事を言ってきて欲しかったですね。煽り方がテンプレ過ぎて残念です。
 面白い煽りが出来ましたら、また送ってください。活動報告でも書きましたがリアル人物からヒントを得てキャラクターを作ったりしておりますので、何かのキャラクターを考える時の参考資料にさせて貰いますのでお待ちしております。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ