僕、妖狐になっちゃいました

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 緋月  [2017年 05月 20日 02時 14分] ---- ----
一言
おそらく50万文字くらいまでの頃にまとめて読ませて頂いて、更新通知設定忘れていたのだろうけど……思い出して開いてみたら3倍近く長くなってた上に完結してる 笑

マッハで読んできます。
yukke    [2017年 05月 20日 11時 23分]
ゆっくりと読んで頂いて構いませんよ~

なんだか、意外と積んでいてそのままという方が多かったので、驚いています。完結させて良かったです。こうやって、また読もうってなってくれますから。

3倍近くになってるのは、申し訳ないです……書くのが楽しかったんです。それと、長編を読みたい人の為にと、頑張ってましたから。

とにかく、最後まで楽しんで頂けたら幸いです。
投稿者: 炬燵布団  [2017年 05月 18日 23時 24分] ---- ----
良い点
綿密な設定により編み上げられたインフレ上等の熱い王道バトル。椿ちゃんは最強の妖狐を目指すのですね。

僕、ワクワクしてきました!

とりあえず最終回と聞いて、急いで追いつくために中盤をちょっと飛ばしてしまったので二周目、読んできます。
一言
空亡というと最近だと美少女ゲームで邪龍になったり、少年漫画で黒い球体を飛ばす技として出てきたりと、色んな形で目にするようになりました。yukkeさんの空亡楽しみにしています。
yukke    [2017年 05月 18日 23時 40分]
感想ありがとうございます。

もう敢えて王道中の王道を、直球で投げ込んでみました。捻り過ぎて、最後納得いかないと思われてもしょうがないので、読者の人には「やっぱりこうなったか~」って感じの読後感を与えて上げたいなと思ったのです。設定は捻ってますけどね(汗)

空亡は最近良く見かけますね。禁断の力として、様々な使われ方をしていますが、さ~て私の空亡はどうでしょうかね~それは、お楽しみと言う事で。

出来たら、何回でも楽しんで頂ければ嬉しいです~
投稿者: 蠍座ノ白鴉  [2017年 05月 17日 01時 25分] ---- ----
良い点
完結おめでとうございます!
で合ってますよね?500ピッタリと綺麗に終わりましたね!椿達の物語はまだまだ続いていくみたいですけど、とりあえず今回の事件は人と妖怪で乗り越えることが出来たと。
いやぁ、色々と言いたいこともありますが、本当にここまでお疲れ様ですと、こんなに面白いものをありがとうです!
一言
怪奇日食、空亡と来たら常闇ノ皇ですね。
完全に私の頭の中では大神が出てきます。
黒い太陽でまさか、とは思いましたけどw
yukke    [2017年 05月 17日 07時 52分]
感想ありがとうございます。

こちらのストーリーは完結になりますね。
椿達の物語は、まだ完全に完結はしていません。先ずは最初に浮かんだ書きたい所まで、書かせて頂きました。

そして次のラスボスの名前が、既に出てますね。また定番ではありますが、これも私オリジナルで書かせて貰う予定です。

とにかく、一旦椿達は休息いたします。また暴れる日まで、楽しみにしていて下さい!

ここまで読んで頂き、ありがとうございます!
投稿者: 蠍座ノ白鴉  [2017年 05月 03日 21時 48分] ---- ----
一言
ちょちょちょ!レイちゃん!?
え?天照大御神様!?マジで??
凄いです!いろんな意味で!
アマテラスー!!
yukke    [2017年 05月 04日 01時 17分]
感想ありがとうございます。

そうです。やっぱり、この子はこうでしたって感じです。

ちょくちょく怪しい雰囲気は出していたんですが、一切伏線なかったですからね~難しかったとは思います。

さて、次で最終章です。このまま楽しんで貰えたら幸いです。
投稿者: 蠍座ノ白鴉  [2017年 05月 02日 23時 58分] ---- ----
良い点
色々と書きたい事があって、何を書けばいいのか分からなくなるくらい面白いです!白狐と黒狐と妲己と椿の四人カップルは見てて可愛いですしねw
一言
九尾組が可愛いくて、もうね、最高。
何だかんだ言っても、華陽は嫌いじゃないです。
外伝的なので妲己と玉藻にもみくちゃにされる華陽ぷりーず!w
yukke    [2017年 05月 03日 00時 28分]
感想ありがとうございます。

やっと、この4人組の絡みを書けました。まだまだ書きたいですけどね(汗)
この絡み、楽しんで頂けて何よりです。

九尾の3人は、なんとか頑張って性格を分けました。まぁ、玉藻が石になる前に、この3人も色々とあったと思います。

それを……ですか。う~ん……時代が相当古くなってるし、意外と難しいかも。まぁ、裏話でちょっとした設定はあったので、それを広げてみますね。

だけど、アフターストーリー絡みになるので、多分そこで書くかもしれないです。

次は最終章となりますので、ぜひ最後まで楽しんで下さい。
投稿者:  [2017年 04月 20日 08時 30分] 18歳~22歳 男性
一言
面白いです。
男の娘ものは初めて見ますが、結構好きになりました。
かなり百合ってますね。
これからも応援しています。
僭越ながらポイント評価をさせていただきました。
後、ブクマとお気に入り登録もさせていただきました。
yukke    [2017年 04月 20日 14時 22分]
感想&評価ありがとうございます。

男の娘は、受け入れられる人と受け入れられない人がいて、加減が中々難しいところですが、気に入っていただけてなによりです。

そして、実は意外と百合度が高いんですよ。だから、割とそういうのが好きな人にも、受け入れられてるかな~とか思っちゃったり(汗)
ただ、これも加減が難しいので、上手くいってるからは、分からないですが……。

これからも、楽しんで頂ければ幸いです。
投稿者: 蠍座ノ白鴉  [2017年 04月 12日 17時 52分] ---- ----
一言
そういえば思ったんですけど、椿の両親は妖力を使い果たして石になったんですよね?(違ったらスミマセン)
消えたとか死んだ訳じゃないなら再開もできるのかな。あと妲己も。
yukke    [2017年 04月 12日 18時 46分]
いつも感想ありがとうございます。

はい、その通りです。妖気を使いすぎての石化です。つまり……。

まぁ、その辺りは次の章で分かると思います。お楽しみに~
投稿者: 蠍座ノ白鴉  [2017年 04月 11日 22時 23分] ---- ----
良い点
茨木童子...、皆それぞれに物語があるって事を少し忘れていました。そっか、茨木童子もずっと悩んでいたんですね。いえ、生きているなら悩むこともありますよね。
ありがとうと言いたいw ありがとう!
一言
ハァ!?やっぱ自分が思ってた事と違いました!ハハハー!かと思ったらレイ!お前ホントに天照の力持ちかよ!

いや、正確に言えば間違ってるけど...天照本体的な辺りかと思ってたんです。チックショ後出しになってしまったか...ウゴゴゴゴ
yukke    [2017年 04月 11日 22時 34分]
感想ありがとうございます。

茨木童子サイドも、番外編でとも思ったのですが……ここはやっぱり意外性を出すために、この瞬間まで伏せておきました。
椿達では分からない所で、茨木童子がどう悩んでいたかは、読者の方のご想像で……。

さて、レイちゃんですね……うん、まだ確証は得てないですからね。大丈夫ですよ、ハッキリと正体を提示してはいません。

もしかしたら……ですよ(笑)
投稿者: カフェオレ  [2017年 04月 07日 01時 59分] ---- ----
良い点
椿ちゃんの反応がいつも初々しくてたまりません!
どんどん可愛く(強く)なってるのが
文章から良く分かります。

気になる点
第弐拾陸話 【1】の一部 黒槌土壊を茨城童子に避けられた後、
酒吞童子かん になってましたよ。
あと、最近昔の技名が略されすぎていませんか?
一言
更新スピードが早くてすごいです。それと、

椿ちゃんの絵が欲しい!!!
yukke    [2017年 04月 07日 08時 09分]
感想・誤字報告ありがとうございます。

誤字の方は修正と、その前後で分かりにくい所を修正しました。

技名ですが、これは賛否両論ありまして。私自身色々と試行錯誤しています。
というのも、技名は1度言ったら後は分かるから、そう何回も説明やフルで技名を使われたら、くどい。という意見の方も、少なからずいるんです。

少しでも、色んな方に読んで貰いたい、そんな思いの中で、色々と実験的に書かせて貰っています。その為、多少疑問に思われる事も起きると思います。それでも、読んでいただいて感謝です。

絵は……私は超絶下手なので、ファンアートや、絵を描いてあげるという企画を探し、それに参加するしかないんです(汗)

また絵を頂けたら、絵の置き場所を作らせて頂きます。
投稿者: yakumo#  [2017年 03月 25日 21時 37分] 15歳~17歳 男性
良い点
まず何と言っても更新スピード、はっきり言って「仕事しているんですか?」と聞きたくなる早い※褒めてます
それと書き方がとてもお上手です。きちんと頭に情景が浮かんでくる当たり前ではありますがとっても大事で難しいことだと思います。
校長は残念でした。「とっても怪しい味方」というイメージが強かったので、よくもまあ裏切ってくれました(笑)同じくカナちゃんもびっくりしました主要キャラが完全に死ぬなんて想像すらしませんでした。しかも完全に死んでから転生とは、賛否が分かれるところかと思いますが、死んで絶望するというのが欲しくて尚且つ死んでほしくないというわがままな僕には新しい世界でした。
妖狐、狐が好きな僕としてはワクワクが止まりません頑張ってください
気になる点
ぶっちゃけさせて頂くと、350話より前の椿さん翼さんは余り好きではなかったんですよね。どうしてもなよなよし過ぎな気がして、「やっちゃいなよYOU」と何度も思いました。・・・ですが、酒呑童子さんに鍛えられてからというものカッコよくなっちゃって今まで読んできた中の小説でNo.1を飾っても良い作品となってくれました(良い点に書くべきだったかな?)

気になる点を挙げるとするなら、名前ですかね?
椿さんやヘビスチャンさんはきちんと名前がありますが、酒呑童子さんや白狐さん、黒狐さん、雪女さんなど種族名ではないかと思います。今後どうなるかはわかりませんが、白狐さんや黒狐さんだけでもつけてあげてほしかったです。
一言
yukkeさん京都にお住まいなんですね僕も最近、高校卒業したら京都の深草藪之内町周辺に住みたいと思い始めました。母にもその旨を伝えましたし、意外とガチです。

そういえば、前に逆お気に入りユーザーにyukkeさんの名前がありました、僕としてはとてもありがたい限りなのですが、人違いじゃないですか?僕のどこにお気に入りにする要素があったのか非常に気になります(差支えなければ、このままでもいいですけどね?寧ろこのままでお願いします)

言いたい放題言わせて頂きましたが、総合的に僕はこの作品が大好きです。応援しているので完結なんてせず、番外編込みでも良いので1000話を突破してください(無理乞い)

※Twitter登録させてもらいました。
yukke    [2017年 03月 25日 22時 19分]
感想ありがとうございます。

更新スピードに関しては、夜に書いているんです。1時間弱でだいたい書き終えられますね。なので、仕事してても問題なしです。すいません、こんな事してるの私だけかも……。

校長先生やカナちゃんの事、色々な感じ方をする方をする方がいて、私的には策略通りと感じています。
ただ、校長先生は初登場時、まだ敵か味方かハッキリさせていませんでした。なので、完全にこの人に関しては、これは無いという方もいらっしゃいます。意外性でいったら成功でしょうけどね(汗)

そして、椿のなよなよ加減ですが、ぶっちゃけやり過ぎなくらいが良いと、そう思って書いていました。
何故なら、最終決戦の相手が相手なので、椿の格好いい所を全面的に見せないといけないですし、それまでの成長を、こんななよなよしていたこの子が、こんな事に……って感じにしたかったのです。ただ、長すぎました。そこまで、なんとか読者飽きさせないようにというのが、難しくて、実力不足を痛感しました。

さて、名前なんですが……これは、本当に悩みました。
変な名前を付けるわけにもいかないですし、かといって無いと問題だよなぁ……という事で、ずっと悩んでいました。

結論としては、他のキャラの名前、あるにはあります。白狐黒狐にはあります。ちょっとある設定を作り、それを最終決戦時に使おうと、そう考えて今まで名前は伏せてきました。
ヒントは、真名(まな)に対しての日本古来の考え方です。とくに、悪いものに狙われる人々は、この名前とは別に真名を付けて、それを隠す習慣のある所もあります。ちょいとそれを利用させてもらっています。

それじゃあ、他の妖怪達は良いのかって? あれは愛称なのです。つまり、全員一応真名があるという設定です。でも、全員出せるかは今後の話の流れ的に微妙かもですね。
作ったは良いが、皆気にしてないから、別に良いかなってなっちゃった。でも、白狐黒狐は出します。これはちゃんとプロットに書いているので、ご安心を。

京都、深草。稲荷の南にある場所ですね。良いですね、稲荷大社に近いよ。ただ、あの辺り何もなかったような(汗)

はい、お気に入りユーザーさせて貰ってます。いや、単純に私が、相手から逆お気に入りにしてくれた人達は、全員お気に入りにしちゃってるんです。ただ、ちょっと使い方間違えたかなと思い、現在は自粛しています。でも、そちらのはこのままにさせて貰いますね!

番外編……大丈夫です。別連載でアフターストーリー書きます。と言うか、アフターじゃないや。今現在、そのアフターストーリーの設定書いてたら、「これ壮大なストーリーになっちゃったよ」となっています。

というわけで、このお話はチュートリアルです! 本番はこの小説が終わった後からなのです!(やっちゃった……)

というわけで、今後も是非ご愛読お願いします。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ