マジックユーザー TRPGで育てた魔法使いは異世界でも最強だった。

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 山城・孔臥  [2017年 06月 20日 00時 51分] ---- ----
一言
こいつもどう転んでもただでは起きない連中(貴族とルビ)なんだなあ
婚姻政策は国の基だからね!しかたないね!

奥方様が憤激しないといいね!
投稿者: 黒大公  [2017年 06月 19日 23時 24分] 40歳~49歳 男性
良い点
現実的で、人間臭いお話。
気になる点
小説なのに色々とウザイ事言ってんなよ。な読者の心の声。
一言
どこかの国では、学校を一つ作るだけでもいい大人が 大騒ぎ。ましてや、物が物ならばそりゃ、大事ですよね。
投稿者: ファルムル  [2017年 06月 15日 07時 27分] ---- ----
一言
マルギルス様とご一行の皆様方、なんか未来のことに思いをはせておられますが、とりあえずいきなり大樹が元通りになってまず反応するのって現地にいる暗鬼なんじゃあ・・・・・・
三河宗平    [2017年 06月 19日 21時 54分]
読んで頂きありがとうございます。

今回更新分で触れていますが、呪文で安全にあそこまで到達できていたので、現地の暗鬼のことはあまり気にしていませんでした。
油断といえば油断ですね。

今後ともご意見ご感想いただければ幸いです。
投稿者: 黒大公  [2017年 06月 14日 23時 24分] 40歳~49歳 男性
良い点
ドライでクールな思考。
気になる点
冷めた感じを受ける主人公の思考。
一言
一番の敵は人。
三河宗平    [2017年 06月 19日 21時 53分]
ご愛顧ありがとうございます。

自分ではあまり普段と変えたつもりはなかったのですが……。
人が一番やっかいというのはいつもと同じでしたね。

今後ともよろしくお願いします。
投稿者: Phoung  [2017年 06月 14日 23時 17分] ---- ----
一言
浄化や回復の魔術があったとして最高実力者が使うとどれくらい効果があるんだろう?
マルギルスの魔法と違ってセディア世界の魔術だし微妙なのかなぁ……
三河宗平    [2017年 06月 19日 21時 52分]
ご愛顧ありがとうございます。

何故かこの話、いままで神官系の人の活躍があまりないんですよね……。
作中世界の魔術ですので上限はお察しですが、今後はそういう場面もありますのでご期待いただければと思います。

今後ともよろしくお願いします。
投稿者: TWO  [2017年 06月 14日 23時 06分] ---- ----
気になる点
<慈母の恩恵>

>最もその後にまた別の超級マスターレベルクエストが発生するが

最も→尤もorもっとも
三河宗平    [2017年 06月 19日 21時 50分]
読んで頂きありがとうございます。

誤字報告ありがとうございます。さくっと修正してきます。

今後ともご意見ご感想いただければ幸いです。
投稿者: じぇい  [2017年 06月 14日 22時 22分] ---- ----
一言
マスターレベルのクレリックがいれば、浄化とか楽勝なんですけどネー。
三河宗平    [2017年 06月 19日 21時 49分]
ご愛顧ありがとうございます。

戦略レベルで与える影響でいえばマジックユーザーよりもクレリックですね。
クリエイトフード系の呪文なんかは、ドリフターズの黒王様を地でいきますし。

今後ともよろしくお願いします。
投稿者: KK  [2017年 06月 07日 19時 16分] ---- ----
一言
中国語の部屋かな。神が私の人格を設定して演じてたとしても、それは私というプログラムが100億の大脳細胞上で走っているか、神というなのプラグラムの上で走ってるか、下層レイヤーが違うだけ。
私というプログラムが走っているという事実が存在する。
三河宗平    [2017年 06月 14日 22時 33分]
ご愛顧ありがとうございます。

はい、そのあたりのネタが念頭にありました。
前話の要約はまったくそのとおりですね。

ちなみに私が中国語の部屋を知ったのは、山本弘先生の「神は沈黙せず」でした。

今後ともよろしくお願いします。
投稿者: OLDTELLER  [2017年 06月 07日 13時 25分] ---- ----
一言
世界は虚構で‘ 神 ’に支配されているから逆らえと言われ

色即是空と解釈して
我思う故に我在りと答える。

‘ 神 ’を暴力と理不尽の象徴と考え
人は自ら造り上げた精神文明を否定したなら猿と変らぬ動物でしかないと考えたうえで

真偽や価値とは、人の創った概念であるとかを踏まえて

ホモ・サピエンスとは
外部記憶システムを継承して学習して「自分」を形創る人間にある者という存在と考えれば

個人ではなく種として考えたとしても

それぞれの‘ 神 ’や、‘ 利権 ’や‘ 国家権力 ’という征服のための暴力装置を掲げて争そい合う者達や

暴力で他者を服従させる本能を利用した弱肉強食の‘ 神の掟 ’を吹聴する者がペテン師だと証明する論理ですね。

‘ 掟 ’に従う権威に服従する生き方でなく
‘ 法 ’を護る理想を望む生き方を選ぶのが

欲望という本能に溺れたり欲望を利用したマインドコントロールに従わず自由に生きるという事で

「自分の価値を自分が決める」という事の本質なのでしょう。

そこを
富という物質だけを考えさせるようなマインドコントロールによる
富を収奪するカーストを形成するための誤魔化しの理屈で

‘ 欲望の奴隷 ’となる事が自由で
欲望を充足させる事が幸福であると考え

社会の一部として人格を育てた“ ‘ 人 ’のための自由 ”や
‘ 人と人の繋がりで得られる幸福 ’のような精神を軽視するなら

そういうふうに自分を甘やかしてしまえば

「自分の価値を自分が決める」という言葉は
暗鬼教徒のようなテロリストや、自らを貴族と呼んで恥じない生産者に寄生する権力者達を正しいと認める事になってしまう。

そういったエピソードなんでしょうね、これは。

ただ、誤魔化しの理屈については触れていないので
そこを曲解したり誤解したり理解しない読者もいそうな気はしますね。

私も最近ミュータントを主人公に書いた拙作で似たようなテーマをとりあげたので
ついついと色々と考えてしまいました。

この話からすると
三河宗平さんはSF者っぽいですので私と似た視点の一部を共有してるのかもしれませんね。
三河宗平    [2017年 06月 14日 22時 30分]
読んでいただきありがとうございます。

どのような思想であれ、「実感」がともなわなければ虚しいものだなと思います。
ただし「実感」はあくまで個人の主観だということを忘れると、暗鬼崇拝者のように極端な方向へいってしまいますね。

まあいずれにしても、高説や人生訓的な話を書ける作者ではありません。
どちらかといえば、異世界転生モノをSF的な視点から語ったら面白いんじゃないかという小細工ですね。

とはいえ確かに私はファンタジーが主ですがSFも好きで少しは読んでいますので、そのように感じていただけたら幸いです。

今後ともご意見ご感想いただけたら幸いです。



投稿者: 黒大公  [2017年 06月 07日 07時 29分] 40歳~49歳 男性
良い点
主人公を含む登場人物が"大人'であること。 この作品の大きな魅力のひとつは、やはりこれかな、と。
気になる点
現実に迎合していく大人のやり方。
一言
事実や真実は都合が悪ければ蓋をして、世間的な善人やそれが世界そのものであっても目を閉じ耳を塞いで生きて行く。 大人の基本ですよね。
三河宗平    [2017年 06月 14日 22時 32分]
ご愛顧ありがとうございます。

そういっていただけると有り難いですね。
作者的には、たまには大揉めに揉める話なども書いてみたいのですが。

というよりそのうち揉めることがでてきそうです。

今後ともよろしくお願いします。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ