信長の弟 織田信行として生きて候

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 藤原千尋  [2017年 06月 23日 22時 31分] ---- ----
良い点
知識のみの逆行転生、仮想戦記であること
史実だと早死にする知名度が低い武将が主人公であること。
気になる点
コメディタッチで、ある意味やりたい放題でそのまま進むと思ったのですが将軍様を強くし過ぎてしまったためカタルシスが弱くなってきてしまっているように感じました。
一言
書籍化されたのですね。おめでとうございます。
ただ、信行は尾張の歴史に明るかったり歴史マニアでも無い限り知名度が低い武将(信長が主人公だと切っても切れない武将ではあるが)なので個人的に作画は神江里見か叶精作か池上遼一辺りだと良いなと思っていましたがAmazonのTOP絵は中々良いですね
投稿者: 歓喜天  [2017年 06月 23日 22時 24分] ---- ----
一言
熱田様のお告げで、何人か幕府側の人間が死ぬ事にしてしまえばどうかな?まず、前線に出てくるであろう人物を指名して、戦闘又は暗殺できっちり殺して、熱田様に逆らった天誅が下ったのだ!と宣言すれば、普通に戦闘して勝ったとかより、狼狽えてくれると。
なんせ、朝敵処か神敵にされる方が嫌ですから。
投稿者: 闇の皇子  [2017年 06月 23日 20時 19分] ---- 男性
一言
手回し式のガトリング銃を装備しようぜ。
そして、防護盾に隠れながら、撃ち捲ろうぜ。
弾薬1000万発あれば、楽勝だよ。
地上が賑やかで、黄泉の世界から信長が戻って来るかもね。
投稿者: yogee  [2017年 06月 22日 18時 47分] 50歳~59歳 男性
良い点
死の直前から足掻きに足掻いて生きる闘争に傾注する転生者、信行の行動力がファンタジー!
辻褄合わせに走らず、大胆に展開する物語が夢中にさせてくれます!
投稿者: ギガントス  [2017年 06月 21日 19時 50分] ---- ----
良い点
えっ?いつの間にあしかが無双?ってビックリしました。
あーでも銅管パイプ作ってたから対人地雷と迫撃砲(作り方はBANされるから書いちゃダメだぞ!)くらい自作してるわなぁ。
アカン勝ってまう笑
投稿者: 闇の皇子  [2017年 06月 08日 04時 21分] ---- 男性
一言
皆根切だーー。
投稿者: 琉球  [2017年 06月 04日 03時 47分] ---- 男性
一言
近衛前久と山科言継は散々主人公に財貨をたかってきたくせに何の成果も挙げられず、堂々と幕府側を支援すると言ったように読み取れました。
もし敵対するならば主人公が勝った暁には朝廷も公家も幕府諸共滅ぼすぞという脅迫ぐらいしても罰は当たらないと思います。
他の方も指摘されてますが、信長に勝つまではとても面白かったのですが、その後は急に主人公が平和主義者の優等生になってしまい、読んでいてフラストレーションを感じています。
投稿者: ローラン  [2017年 06月 03日 19時 53分] 30歳~39歳 男性
気になる点
天皇に認められた官位の領地を将軍の一声で変えられるのか?
投稿者: みかん  [2017年 06月 02日 16時 22分] ---- ----
一言
最初のほうは面白かったけど、後半は微妙

主人公が平和主義者の無能で、よってたかって回りから食い物にされてモヤモヤする展開ばっか

海外勢とか予言とかいらなかっただろコレ

さっさとバカ将軍ぶっころして、ハイエナ公家を取り潰さないと読者の堪忍袋も切れるわ
投稿者: KB  [2017年 06月 02日 10時 11分] ---- ----
気になる点
 現代人としては教科書の中の幕府や朝廷しか知らない上に、未来がわかっちゃってるから蔑ろにしても仕方ないんだろうけど、自分がかなり未来を変えてると知っていながら、未だに元鞘、じゃなくとも友好関係に戻れると思ってるあたりが度し難い。
 ついでに言うと、生み出した数々の品は信行からしてみればありふれたものであり、弱点や対処の仕方が分かってるんだろうけど、使う側は違うよな?圧倒的な力が対処された時は誰だって動揺するぞ?もっと言えばこの時代の人からしてみれば革新的な技術だよね?更に更に、情報の優位性や重要性を知ってる現代人のくせして対外諜報が歩き巫女か配下からの報告って少なくない?対防諜機関もないとか情報抜かれ放題じゃない?
一言
 まぁ、その全てを理解した上で容易に対処出来るから放っておいたんだろうし、今まで通り天下取るまでは苦戦らしい苦戦も無いんだろうとは思っちゃうんだけだけど笑笑
 最終的には秀吉の朝鮮出兵あたりも代わりにやっちゃうような感じ?笑
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ