異世界道楽に飽きたら

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 七味とうがらし  [2017年 06月 21日 10時 55分] ---- ----
良い点
主人公の面倒臭い性格が共感できるw、素直に面白いと思える自分は面倒臭い性格なのだろうと思った、
気になる点
初期の数話が説明っぽくてテンプレ的な感じで辛かった、

一言
酒飲みながらネット小説を読むのが楽しみなのだが、吹いた、キーボードが酒に塗れた、ちょっとキーボードがべたつくようになった、
投稿者: 籾船 柚亜  [2017年 06月 20日 20時 29分] ---- ----
一言
ワイン廃棄の話はもやしもんに出てましたよね。
海に投棄してたかどうかは覚えてないですけど。
投稿者: SQ  [2017年 06月 20日 07時 16分] ---- ----
一言
すみません!ワインを海に・・の件は確認までしなくていいです!作者さん、物知りだなー、と思っただけですので!
投稿者: 夜城 桂月  [2017年 06月 20日 01時 09分] ---- ----
一言
めちゃくちゃ好きなタイプの小説です。
書籍版楽しみです。
書籍版に専念するのか、web版も続けて行くのか、気になるところですが、頑張ってください。
三文烏札矢    [2017年 06月 20日 06時 37分]
 感想ありがとうございます! そして、お祝いのお言葉ありがとうございます!!
 駄目な主人公が好き勝手やっている話ですが、気に入ってもらえたようで嬉しいです。
 今後も此迄と同じように、WEBでストックして、それを改良して書籍化する流れになると思います。これからもよろしくお願いします。
投稿者: nekomata  [2017年 06月 19日 22時 06分] ---- ----
一言
赤ワイン、泡盛、ビールw
ウイスキー系は除外なのですねw
ドワーフとお酒は切っても切れない関係です♪
追加注文入ります!
三文烏札矢    [2017年 06月 20日 06時 35分]
 主人公は苦い物が苦手な子供舌なので、ウイスキーはあまり飲んだ事がないみたいです。ハイボールだったらまだ大丈夫なんでしょうけどね。
 飲兵衛なドワーフが100人以上ともなると、どれだけの酒が消費されるのか検討もつきません。
 もしかして主人公の複製能力は、彼らに酒を提供するためにあるのかもしれません。
投稿者: はいよるくま  [2017年 06月 19日 06時 17分] ---- ----
良い点
 そして事が収まった後には、至高の「ナマチュウ」が振る舞われる
 ………というわけですね(笑)
一言
 日本のビールはアサヒのSドライあたりから冷却前提の商品開発をしているので常温は不味いですが(個人的感想)、ドイツ系のエールなどは常温が前提なので冷やすと逆に味がぼけるのが大半です(冷却前提のエールも近年あります)
 とりあえず、ノンアルの常温は人間が飲む代物ではないですね(笑)
 それより、日本酒やウイスキーは渡さなかったのかな

 まあ、私は焼酎党ですが
 
三文烏札矢    [2017年 06月 20日 06時 33分]
 今回の話では出てきませんでしたが、きっとウォル爺は成功報酬として極上の酒の飲み放題を約束しているのでしょうね。豪快に笑いながら「ナマチュウ」で乾杯する彼らの姿が思い浮かんでくるようです。
 なるほど、一言にビールといっても色々あるようですね。日本のビールは汗っかきなサラリーマンのために冷たくなったのかもしれません。
 ノンアルが出たときは需要があるのかと疑問に思いましたが、今では定番になっていますよね。日本酒やウイスキーは、苦い飲み物が苦手な主人公なので手持ちが少ないようです。
 私も焼酎を一番飲んでますよ! ……チューハイも焼酎ですよね?
投稿者: せみ  [2017年 06月 19日 05時 04分] ---- ----
良い点
卵が先か鶏が先か…

美味い酒の提供元を守るための酒なのか、
提供元を守るための美味い酒なのか…
一言
ビールの本家?ドイツでは、みんなぬるいままで飲んでますよね。
まぁ、私は子供舌なので苦いビールは冷えてても温くても、あんまり好きじゃありませんが…
三文烏札矢    [2017年 06月 20日 06時 31分]
 感想ありがとうございます! ウォル爺が大金を使ってまで備えている理由は、今の所はっきりしていません。
 それが酒の提供元のためになるのか、それとも反対に仇で返す格好になるのか……。唯一はっきりしているのは、彼にとってオクサードの街が最優先ということでしょうね。
 ドイツのビールは種類が違うようですが、日本のビールほど温くなると不味くなる飲み物はないのかもしれません。私の舌も甘い物しか受け付けないのでビールは苦手であります。これからもよろしくお願いします。
投稿者: SQ  [2017年 06月 19日 00時 31分] ---- ----
良い点
作者さん。ワインを海に捨てる知識なんてどこで手に入れたのでしょう・・。
三文烏札矢    [2017年 06月 20日 06時 28分]
 すみませんっ、出典を明確にしないまま書いてしまいました!
 画像として見た記憶があるので、テレビか漫画だと思うのですが……。確認次第にご報告します!!
投稿者: サラク  [2017年 06月 18日 23時 06分] ---- ----
気になる点
せいぜいアルコール度数5%程度のビールなんて
水みたいなもんですよ(酒乱)
三文烏札矢    [2017年 06月 20日 06時 27分]
 確かに度数が低いビールは、酒豪のドワーフにとって満足度は低そうですね。
 でも、冷たい喉越しとシュワシュワ感を楽しんでいるのだと思います。そして、お腹が冷えて下痢になりそうです。……お身体にはお気をつけください。
投稿者: 壊人二十面相  [2017年 06月 18日 22時 53分] ---- ----
一言
ちなみにビールをキンキンに冷やして飲むのは日本くらいだそうで、本場といわれるドイツとかではむしろ温めて飲むとか。

まあ、日本のビールは冷やしたうえで飲むのが前提の味に調整されてるのでどっちが上とは言えませんが。
三文烏札矢    [2017年 06月 20日 06時 24分]
 感想ありがとうございます! なるほど、日本は料理だけでなく酒までも改造しているのですね。我が国ながら食への飽くなき探求心は恐ろしいものです。
 寒い地域では温めて、暑い地域では冷やして、そのどちらも楽しめる日本は恵まれているのでしょう。これからもよろしくお願いします。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ