魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 悠真  [2017年 07月 23日 19時 11分] ---- ----
一言
4冒頭の「私はマナリナと、あの公爵の決闘を見ていた。」ですが、句読点を「私は、マナリナとあの公爵の決闘を見ていた。」の位置にしないと、王女が見学者の位置に居たとしか読み取れないのですが。ここで「あの」と強調する意味も弱いきがします。
投稿者: 天照御大神  [2017年 07月 23日 09時 31分] 40歳~49歳 男性
良い点
 奪還ありきの若き魔王に対して、冷静に互いの新たな関係性の構築を念頭に置いた、会話を成そうとするアルベインの王様の対比がいい。
一言
 この対話で触れてはいませんでしたが、魔王側が敗北した際には両国間の国交の構築ということが、含まれているんでしょうね。
 この世界の【魔王】という存在が、よくあるRPGに登場する邪神を崇拝し世界を破壊に導くために魔物を操り、殲滅戦を仕掛けてくる存在でなく、種族の違いや能力の差はあっても、同じ世界に生まれた者同士という根幹があるので国交を樹立し貿易と文化交流なんてことも可能なんですね。
 しかし、普通に今のアルベインを日本に例えてみると、軍事力という観点においては、王国軍と自衛隊がありますが、ディック達冒険者ギルドが要する即戦力たる冒険者に対する存在といえば、893さんやいるかもしれない中国マフィアやその他のマフィア、駐留中の米軍というのが該当するとは言えず……戦力的には自衛隊を超える兵器と人員を抱える米軍みたいなものを国内で個人が掌握している(ディックは否定してますけど、893さん達顔負けの任侠道を超える思慕によって集約された最強戦力の妻たち未満がいますし)のは脅威のなにものではないでしょうね。
 今のディックはヘタレな上に臆病で、色事には疎い体で野心が希薄で彼の妻たち(未満)の社会的信用もあって容認されていますが、彼が彼女たちをすべて受け入れ(ここ重要)彼女たちの間で子を成したとします。
 するとどうなるか…ディックが後々【不老不死】を得ずに普通に老衰又は諸事情によりお亡くなりになった場合、彼の子供たち孫たちによってアルベインは掌握されていきますね確実に。
 彼が個人的な理由(目立たず安穏と暮らしたい)でしなかった事柄も、子孫たちにすれば偉大な先駆者にして始祖ともいうべきディックは神格化され彼の子孫による国家運営ということになりかねないでしょう。
 未登場の第三王女まで彼の子を身ごもったり、国家中枢にいる貴族にまで手を伸ばしていけば、彼が望まなくても彼の妻たち(未満)の子供たちがディックのような生活を望むとは思えません……妻達の性格からすると…
 この先スフェイアの弟妹たちを物理的手段で増産に至るかは、ディックの芽吹きがトロイ野生や色欲さんに頑張ってもらわねばなりませんが、展開的には
【こうしてディック達は末永く楽しく暮らし、生涯を終え子々孫々まで彼らの偉業は称えられましたとさ、おしまい。あとの展開は読者の方皆さんの心の中にあります】的な展開が常道ですね。
投稿者: 三上蒼衣  [2017年 07月 22日 19時 25分] ---- ----
一言
書籍化おめでとうございます‼

私も本日、購入してきましたが挿し絵を見たときは官能小説を間違って買ったかと思いました(笑)

特にエロ魔王の開脚とネグリジェを拝んだ時には夜が捗るかと!?

後は個人的にイチオシのアイリーンの蹴りは最高でご褒美したね。こういうサービスを沢山お願いします。

強いていうならやはりこうも女の子の挿し絵が続くと間に、薔薇を咥えたナイスミドルでアッー♂なオジサマがキレてるポーズをしている所が清涼剤として欲しくなるのですが、如何でしょうか?

これからも頑張って下さい。
投稿者: 常闇  [2017年 07月 21日 23時 03分] 15歳~17歳 男性
気になる点
最近読み始めたのですが、16話で「金色の瞳は、魔族しか持たない」とあるのですが、74話では師匠は金色の瞳となっているので、ディックは最初から師匠が人間じゃないと気付いていないおかしくないですか?

19話でベアトリスの主はディックとなっているのですが76和ではなぜヴェルの眷属となっているのですか?

上の補足になるのですが、83話でディアーヌは「師匠と同じ髪に、瞳の色。」となってますが、
82話で「『蛇』の人の部分は、浮遊島の人間の特徴を備えた青い宝石のような瞳」となってます
とーわ    [2017年 07月 22日 00時 52分]
常闇様

ご指摘いただきありがとうございます!
色彩についての設定は矛盾が出ないよう、今後は注意しつつ
執筆できればと思っております。大変失礼いたしました。

師匠の瞳については「宝石のような瞳」として、それが
浮遊島の民の特徴であるとしました。これは近くで見ると
虹彩が普通の人間とは違う見え方をする、というようなイメージとなります。

ベアトリスについては失礼いたしました、
「主の眷属」についても、ディックの許可があれば
ヴェルレーヌは召喚可能としました。

以上となります、お手数をおかけしますが
気になる点がございましたら、忌憚なくご指摘いただけましたら幸いです。
投稿者: ティレル  [2017年 07月 21日 22時 08分] ---- ----
一言
書籍発売おめでとうございます。
昨日の夜購入しました、私が持ってった時点で残り1冊!
次巻紹介のとこの師匠の煽りに一瞬、?ってなったけど、ああ!ってなりました、最近大人しいですし。
とーわ    [2017年 07月 22日 00時 44分]
ティレル様

残り一冊、お買い上げいただきありがとうございます!
最初の一週間が本当に大事なので、発売日前後にご購入いただけると
非常に大きなご支援となります。重ねて御礼申し上げます。

今は大人しいというか、本来の形に戻った状態ですね。
昔助けられたころのディックは、誰よりも師匠を慕っていたわけですから。
少年時代、師匠がどうやってディックを育てたかという話も
もう少し詳しく書ければと思っています。
投稿者: るな  [2017年 07月 20日 08時 49分] ---- ----
一言
書籍版発売おめでとうございます
昨日購入しました

これからも更新頑張って下さい
とーわ    [2017年 07月 20日 23時 38分]
るな様

ありがとうございます!
一日目、二日目がとても大事なようなので、非常に早く購入していただけて
大変嬉しいです。重ねて御礼申し上げます。

二日に一度更新を続けたらどうなってしまうのか
自分にも良くわからないのですが、走れるところまで走りたいと思います。
たまに休むかもしれませんが、そのときはご容赦ください。
投稿者: ロア  [2017年 07月 16日 16時 42分] ---- ----
一言
次回は師匠の詰問から始まるんでしょうか?
そうだといいんですけどね。
ディックの感想を聞いて照れる師匠とか想像しただけでにやけてしまいますね。
次回が楽しみです。
とーわ    [2017年 07月 20日 23時 34分]
ロア様

詰問というか師匠が墓穴を掘っていますが
それくらい動揺したということですね。
昔は裸を見られても恥ずかしがらなかったので、今はディックへの
見方が変わっているといえます。
投稿者: Snowy  [2017年 07月 16日 02時 04分] ---- ----
一言
いつも楽しみに読ませていただいています。
この度は書籍化おめでとうございます。
もうすぐ発売ですねー。発売日は朝一で本屋に駆け込まなければ・・・

ヴェルレーヌさんをめぐるお話が展開されてますし、押しかけて来た時のエピソードなど読んでみたいです。
とーわ    [2017年 07月 20日 23時 32分]
Snowy様

お祝いいただきありがとうございます!
書籍化の際に魔王分が強化されましたので
口絵のところで驚かれるかもしれません(^^;

ヴェルレーヌが押しかけてきた時の話、やりたいですね!
最新話で微妙に伏線を忍ばせてみました。
折を見て書かせていただければと思います。
投稿者: レイン  [2017年 07月 13日 08時 29分] ---- ----
良い点
先日質問したものです!丁寧な回答ありがとうございました!文章で表現しきれないほど裏話を考えられていてすごいと思います!これからも頑張ってください!!
投稿者: カイト  [2017年 07月 12日 21時 29分] ---- ----
一言
最近読み始めました。とても面白いですね!
これからも頑張って下さい。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ