魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 達也  [2017年 09月 19日 17時 59分] ---- ----
一言
気分な高まるではなく、気分が高まるだと思います。
とーわ    [2017年 09月 19日 21時 32分]
ご指摘ありがとうございます、修正させていただきました!
投稿者: 小説の友  [2017年 09月 19日 09時 58分] ---- ----
一言
この物語の良いところは何処までいっても、主人公達五人と魔王、師匠、(主人公達の娘)のSSSランクには誰も到達できないという絶対の格差があることですね。

長期の物語に有りがちな「最後は敵もどんどん強くなって、強さがインフレしていく」ことがならないことを願っています。
投稿者: 空っぽ  [2017年 09月 12日 16時 24分] ---- ----
一言
剣精、盾精、ときて鎧精でしょうか……?
師匠の盾精を解析し、コーディの剣精を模倣しつつあるディックとの戦いで慢心と自信と、ついでに自身を砕かれそうな彼に南無()
投稿者: 神鳥ガルーダ  [2017年 09月 08日 23時 23分] ---- ----
良い点
ありがちな主人公鈍感モノですが、徐々に皆の気持ちに気付き始めている点。

ヒロインばかり脚光を浴びて、主人公がただ傍観者…などという展開じゃない点。
一言
初めて感想を書かせてもらいます。

私は二次小説専門なので、しばらくこのサイトから遠ざかっていました。
店頭で文庫を適当に探していたら、タイトルが面白そうなこの作品を知りました。
そして、WEB版がこのサイトで掲載されていると知ったので、読んで見たらすっかりとはまってしまいました。
二次小説しか書けない私からすれば、書籍化される作品を書ける方々は皆、尊敬に値します。
これからも頑張ってください。

魔王や師匠もよいですが、私は魔王討伐隊の4名が好きです。

書籍第一巻のあとがきで、「他のヒロインの出番も強化してほしいというお声……」とありましたので、一巻の表紙となったミラルカのエピソードを希望します。
師匠が指摘した、ミラルカがディックとアイリーンの仲を誤解していた時、それでも諦めきれなかった時の彼女の心境など……。

投稿者: 猫好き  [2017年 09月 06日 20時 04分] ---- ----
一言
これでレオンに苦戦なんかしたら興醒めです。
なんか鎧が凄いと強調してますが鎧なんか狙わないで攻撃すればいいと思う。
もしレオンなんかに苦戦したら、SSSクラスがそこまで強く感じられなくなりますね。
とーわ    [2017年 09月 06日 20時 21分]
ご感想をいただきありがとうございます。
レオンとディックの力関係は
ディックの戦闘評価の数値を見れば明らかです。
問題が起こるとしたら、クライブがそうであったように
Sランク以下の仲間を狙われた場合でしょう。
しかし王都に入るということは、ディックの本拠地に侵入する
ということでもあります。そうするとご心配されるようなことは起こりません。
実際にどうなるのかは金曜更新をお待ちください!
投稿者: Kirito  [2017年 09月 05日 20時 13分] ---- ----
一言
読んでてとても面白です!!
続き楽しみにしてます!
書籍化おめでとうございます。
買わせていただきました!
頑張ってください!!
投稿者: 雷帝  [2017年 09月 04日 22時 21分] ---- ----
一言
何というブレブレな男
強者が喰らい合う世界を!とか望みながら、自分が勝てないから戦わないとか、殺されそうになって恐怖感じるとか
それ、ただ単に「強者である自分が好きに喰らえる世界を」望んでるだけじゃないのか
とーわ    [2017年 09月 04日 23時 05分]
ご感想をいただきありがとうございます。
その矛盾を劇中のどこで指摘されるか、時間の問題と言ったところですが
どのような決着になるかは今後の展開にご着目ください。
敵視点は今後は極力なくし、
主人公周辺の動向をしっかり書いていきたいと思っております。
投稿者: くま  [2017年 09月 03日 22時 48分] ---- ----
良い点
ほんと毎回のんびりと読めておもしろいです!
これからも頑張ってください!!!
投稿者: 達也  [2017年 09月 03日 19時 24分] ---- ----
一言
飲酒は断っている→酒を断っている
のほうが、わかりやすいかと思います。
投稿者: 香宮 浩幸  [2017年 09月 01日 23時 51分] ---- 男性
良い点
更新お疲れ様です
一言
新刊、新キャラ、大幅改稿……期待してお待ちしております。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ