【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者:  [2017年 03月 03日 05時 00分] ---- ----
一言
前振りが長い
日比野庵    [2017年 03月 04日 03時 07分]
狼様

一言ありがとうございます。

何処の前振りがどう長いのか、書かれていないので、何ともお返事しにくいのですが、ともあれ、読んでいただきありがとうございました。
投稿者: 彩乃  [2017年 02月 28日 12時 39分] ---- ----
良い点
世界観の描写やストーリーに、一昨日からずっと最新話まで読んでしまう程引き込まれました。
一言
1点だけ気になったことがあります。

黒衣の不可触の存在が謎という話だったのに、2部終盤で主人公と戦った後にシャロームさんと一緒に馬車に乗って悠々と移動していることが、とても迂闊に見えて「おや?」と気になっちゃいました。

自分の存在や繋がりを今まではずっと隠していた(察知されないように動いていた?)のにシャロームさんと一緒に移動するという行動は、ちょっと不用意な部分があるな、と…

今後もう存在を隠す必要がないから堂々と横のつながりを見せたのか、または隠す必要性はあったけど意外と抜けている属性持っているのか(笑)等を想像してはいますが、きっと3部で明かされるとも思っております。

3部、とっても楽しみにしています。
日比野庵    [2017年 03月 01日 00時 28分]
綾乃様。こんばんは。

感想有難うございます。最新話までお読みいただき嬉しい限りです。

黒衣の不可触とシャロームさんの繋がりの件の御指摘、痛み入ります。今後に活かしていきたいと思います。(場合によっては直すかもですが…)

この辺りは第三部で明かしていきたいと思いますが、もう隠す必要がなくなった、というのが答えになります。

3月中にはなんとか第三部を開始したいと考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者: 大空 総代  [2017年 02月 14日 01時 29分] ---- ----
良い点
第二部完結おめでとうございます。
日比野庵    [2017年 02月 15日 01時 51分]
こんばんは。 大空総代様

コメントありがとうございます。

やっと第二部が終わりました。長かったです。

暫くしてから、第三部を再開する予定です。

今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者: るび  [2017年 01月 21日 11時 59分] ---- ----
良い点
よくある転移ものとは違って、文章力があり、読んでいて面白いです。
気になる点
まだ48話までしか読んでませんが、
リムが主人公の魔法を封じる理由が弱いです。
文章を読んでいる限り、主人公が魔法を無意識で使おうとしたときには既に封じていたようなので、それより前には魔法を封じていたんでしょう。
リムが
この人に助けてもらった
⇨この人魔法力が強い
⇨こんな強い力に溺れてほしくない
と考えて封じてるなら、流石に強引すぎる気がします
そもそも、助けてくれた人に力におぼれてほしくないからといって勝手に封じるなんてことしますか?
例えとして合ってるかはわかりませんが、
銀行が、大金持ってる人に金に溺れほしくないからって無断でその人の口座を封鎖する
くらいにはあり得ないんじゃないでしょうか。
そこをはっきりしていただけるといいと思います。
一言
なろう系の異世界ものは基本的に筋を通したような文章が少なく読みにくかったのですが、この作者は文章を見る限りしっかり考えて書かれているので、これからが楽しみです。
完結まで頑張ってください!
日比野庵    [2017年 01月 22日 02時 44分]
るび様

感想ありがとうございます。

面白いとの御言葉、過分の至りです。

>リムが主人公の魔法を封じる理由が弱いです。

為になる御指摘ありがとうございます。
この部分については、更に別の理由を設定しています。

それを明かすのは、随分先の予定なのですが、確かにここまで読んでいない段階では、そう思われるのも無理ないかもですね。

もうちょっと匂わせたほうがいいのかどうか、ちょっと考えます。
※ひっそりと直すかもしれませんが。

今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者: ミモロン  [2016年 11月 04日 22時 37分] ---- ----
良い点
「シャローム商会へようこそ」の巻、接客スペースや小道具の描写が良い感じで、日常感も出ていて、『その世界の或る日』というようなリアリティがありました。

シャロームその人も、なかなか一筋縄ではいかないような複雑な人物っぽいなという感じがあり、今後の展開に期待大です!
日比野庵    [2016年 11月 06日 18時 46分]
こんにちは。感想ありがとうございます。

シャローム、久々の登場です。このキャラは自分でも好きなんですよね。ベレー帽は何色も持っているという設定にしています。御洒落さんです。元々は「ヴェニスの商人」がモデルですから、このような服飾としています。

シャロームは色々と裏がありそうな雰囲気を漂わせていますね。今後の活躍にご期待ください。
投稿者: カミト  [2016年 10月 14日 12時 27分] ---- 女性
一言
あっ!第二部か始まった!楽しみです
日比野庵    [2016年 10月 15日 02時 28分]
こんばんは。漸く第二部を始めることができました。今回はゆっくり更新となりますが、お楽しみいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
投稿者: トニックウォーター (トニオ)  [2016年 09月 08日 05時 57分] ---- ----
良い点
リムに会うまで。

主人公の駆け引きシーン
気になる点
リムに会ってから。
一言
なぜ一介のサラリーマンである主人公が、ここまで勝負強いのかが理解出来ない。駆け引きがもはや業者。

魔法を教えてくれたおじいさんが、なぜ主人公たちを手助けするのかが、全く分からない。描写がほしいところである。

おじいさんが金貨の袋を盗ったときに、主人公が多数の人間から一枚づつ盗った方が良いみたいなことを言っているが、普通に考えて袋ごと盗る方が簡単。袋を盗むスキルが云々の論理が破綻している。
日比野庵    [2016年 09月 09日 00時 48分]
こんばんは。コメントありがとうございます。

御指摘勉強になりました。モル爺の行動については六話に追加しました。
主人公の勝負強さについても、見直してみます。

モル爺の抜き取りの件、まだ十分咀嚼できてませんので、おいおい考えてみます。

今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者: ミモロン  [2016年 08月 19日 19時 58分] ---- ----
良い点
導入部の語りや、世界線を渡る場面の描写は、秀逸だったと思います。
それにしても黒電話…この漫才さながらの取り合わせは、思いっきり爆笑しました♪
一言
「日本まるっと(無法&荒廃地帯に近い環境の)異世界への転移」でしたら、戦前バージョン「満州国」という凄まじいリアル事例がありますね(汗)

※私見ながら「まるっと転移」は、移民ファンタジーみたいな物になるのでは、と思います。アメリカ移民やハワイ移民、ブラジル移民の歴史ですとか…。少し自分でも考えてみましたが、皇室要素の有無など、相当ひねってみないと、この辺りのジャンルは展開がムツカシイ物になりそうですね(シミュレーション戦記モノとか…)。

*****

ストーリーの中の男性陣の反応を考えてみると、この異世界は、女の子の方が度胸が据わっていて勇敢みたいですね。
どんな異世界なのかは、まだよく分かりませんが、続きを楽しみにしています(目安として、第一部は何話くらいになるのでしょう?)。
日比野庵    [2016年 08月 19日 22時 31分]
 ミモロンさん。こんばんは。

 コメント有難う御座います。

 導入部については、異世界転移物にしては、話数をつかってしまったのでどうかなと思っていたのですけれども、そういっていただけると望外の喜びです。

 異世界転移部分については、第一部終了後、またブログ等でも触れていきたいと思います。

 日本まるっと転移物については、確かに御指摘のとおり、移民ものになるかもしれませんね。少しだけ考えてみたのですが、受け入れ先の世界をどう設定するかで反応がまるで違ってきそうで、相当バリエーションがあるかもしれませんね。中々難しいジャンルではないかと。

 女性陣が勇敢ですか。なるほど、そうかもしれません。今後また"勇敢?"な新キャラも出ますので。

 第一部は、大体40話後半くらいを想定しています。

 今後とも宜しくお願いいたします。
投稿者: げる  [2016年 08月 19日 00時 37分] ---- 男性
一言
更新お疲れ様です。
前作は恋愛物と言う事でしたのでチェックしていませんでしたが今作品は異世界物との事で読ませて頂きました。
今のところ序盤なので評価はしにくいですがブログともども楽しみにしております。

追伸
日比野庵氏が書く日本が異世界に転移する作品が読んで見たいと思っています。
最近多くなって来たこのジャンルを日比野庵氏ならどう料理するのかな、などと妄想しつつ。
日比野庵    [2016年 08月 19日 01時 06分]
げる様

こんばんは。

コメントありがとうございます。

前作および拙ブログも御存知とは恐縮しきりです。

今回は、遅ればせながら、流行り物に挑戦させていただいています。

第一部は前作より多少短めになるかと思いますが、時間を掛けて第二部以降続けていきたいと考えておりますので宜しく御付き合いいただけると幸いです。

日本が異世界に転移する話ですか。昔なら戦国自衛隊、最近ならゲートになりますでしょうか。丸ごと転移ですから少し違いますかね。

なろうでは、其の手の作品がいくつかあるようですけれども、日本が丸ごと転移となると、社会システムから何から色々とシミュレーション(軋轢)できそうで、想像が膨らむテーマですね。

今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m
投稿者: 織原  [2016年 08月 13日 20時 48分] 30歳~39歳 男性
一言
我ながら目ざとく発見しましたw。
続きを楽しみにしています。
日比野庵    [2016年 08月 13日 20時 51分]
こんばんは。織原さん。発見されてしまいましたか。(^^A;)こちらでも宜しくです。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ