そしてふたりでワルツを

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 弧滓 歩之雄  [2018年 01月 12日 23時 22分] ---- ----
良い点
最新話まで読ませて頂きました。
外伝シリーズは短時間でお手軽なか読め、ジャンルもそれぞれ変えた数々のドラマ、面白かったです!

そして一話完結型でありながら繋がっているお話しが繋がっている事に作者様の芸術を感じます。

外伝を見てボコが好きになりました
本編ではモブだと思っていたのに 笑
一言
ゲツトマが行く先々はなんでこんな所ばっかなんだwww

……あ、類友か! 笑
あっきコタロウ    [2018年 01月 13日 01時 05分]
弧滓さん

こんばんは!

ほんともう、外伝がむしろ本編みたいな感じで……笑
やりたいこと全部やっちゃお☆的な、とりあえずわちゃわちゃ! いろいろやっていきたいと思っております~!

わーい! つながっている部分気づいていただけて嬉しいっ!!
話が増えるほどに、少しずつ深まっていっていると感じていただけたら幸せです。

そしてー! ボコ推し! やった!
外伝だとデコ推しの方が増えることが多くて。ボコ推しさんが出てきてくださって嬉しいです!
多分、カミィの次におバカさんなので、影のある過去持ちですが、これからもヘラヘラしていってもらいましょうw

本編の真のモブ賞をきめましょうか!?

エントリー1.ほくろの男 2.大臣 3.カミィの実家のメイド 4.研究員コンビ 5.カミィの両親 6.死ぬ人達(兵士、トーマスの兄達、反乱軍含)

さて! 一番印象が薄いのは!?
答えは、あなたの心のなかに……笑

ゲツトマまさかの類友説www
た、たしかに、他に考えてるお話も、そこはかとなく類友感が漂う……!(無意識だった)
なんて鋭いんだ弧滓さん!w

ご感想ありがとうございました!
今後もゆる~く続けていくつもりです。気が向かれたら、ぜひまた遊びにください!
投稿者: 雪麻呂  [2018年 01月 12日 04時 33分] ---- ----
良い点
独特の文章と個性的なキャラクターに、どんどん惹き込まれていきました。どのキャラも魅力的で、群像劇として大変に読み応えがある。何より、作者様ご自身が楽しんで書いていらっしゃるんだなぁということが伝わってきて、此方までウキウキを分けてもらったような気分です。最近、技巧に逃げつつあった己の怠惰に気付かされました。やはり創作は楽しんでやらねば。熱い何かを思い出させてくれて、ありがとうございます!
一言
最新話まで拝読致しました! 面白かったです!
とにかくキャラが立ってますね。新しい登場人物が出てきても、誰が誰だか混乱しない。最初からクライマックスってやつでしょうかw 何故ガスマスクを…! ジュンカミの、この噛み合ってるんだか合ってないんだかの絶妙な距離感が堪りません。本編を読む前は「この顔はきっと根暗に違いない」と思っていたジュンイチ君、こんなにも清々しいアレだったとは! ナントカと天才は紙一重といいますが、むしろコインの裏表ですね。ええ、そういう方は大好きですとも。
ここだけの話、ぶっちゃけ苦手なタイプかと思っていたカミィちゃんも、読後はすっかりお気に入り。なんだよ可愛いじゃないかカミィちゃん…!
マリクも生き生きしてて好き。「金は人間より優しい」は名言ですな。でもマリク太郎の話は爆笑しましたw みんなマリクで遊びすぎw
そしてそして、ゲツトマ! やっぱりゲツエイ可愛いです! トーマスも、ちょっとしんどいですが、傍から見る分には面白い人ですよね(撃たれる撃たれる!)。彼、自分で気付いていないだけで、もうヤケクソなんじゃないでしょうか。でもひとまず生き延びたことにはホッとしております。ゲツエイとの二人旅は…周りの人にはめっちゃ迷惑w お前ら台風か!
なんというか、トーマスは「お芝居が終わっていることに気付かず、いつまでも舞台にいる主役」みたいな気がします。もうスポットライトはとっくに消えているのに、悲しいまでに主役を演じ続けている。或いは自分自身さえ騙して。彼が一番、人間というものの哀しさを教えてくれるキャラクターだと思いました。
ゲツエイは黒子かな。ただ黙って傍にいてくれる。それ以下でも、以上でもなく。そして、それでいいのだ。
翠さんイチオシのヘルさんは、期待通りのカッコ良さ! 群像劇という舞台に於いて、彼の役割はとっても美味しい。こういう「人知れず活躍した立役者」ってポジションは…ツボなんですよ…(ΦωΦ) やっぱり一周回って彼が一番好きかもしれませんw いつか番外編で彼の話を読んでみたいです。
楽しかったです! ありがとうございました(=゜ω゜)ノ

あ、結婚するならセバスチャンです☆


あっきコタロウ    [2018年 01月 12日 07時 57分]
雪麻呂さん

いらっしゃいませお嬢様こちらのお席へどうぞー!(紫髪のイケメンがいっぱいいるところへご案内)

ご感想ありがとうございます!
はい! めっちゃ楽しいです!(とても良い笑顔)
技巧に凝るのもそれはそれで。逃げだなんてそんな。向上心だと思いますし、とても素晴らしいことだと思います。
楽しく技巧に凝れれば両方できて美味しいですね! 一石二鳥!

最初からクライマックス!wキャラ先行で作ったのである意味正解です! キャラが出た時点でそれはもうクライマックスなのだ。
ガスマスクは……僕の性癖……w
性癖により変な個性盛られて大変な変態になってる人たちでした笑

ジュンイチは清々しい童貞! とても! ロリコン! やったー! HAPPY!笑
カミィは正直、僕も、書きながら、「こんな……何もしないやつ……! これはきっと読む人はイライラするだろう」と思っていたので、苦手かも、と思われても納得です。読後マシになったようで大変喜ばしいです。ありがとうございます! 良かった!

マリクはもうすっかり「不憫属性」が定着してしまいました笑
いろんな方に不憫ネタでいじっていただいています!w(畜生の笑み)

そしてゲツトマ!
えまって……まって……むっちゃ……むっちゃ刺さった感想……
>もうヤケクソ
これ……これめっちゃ……えやばいそれ好き……その発想めっちゃ……ぐっときた……それ……それについて考察するだけで数ヶ月、いや数年過ごせる……そっかトーマスヤケクソ……えっ、無理好き……それめっちゃ好きです最高かありがとうございますめっちゃ良いワードいただきましたありがとうございますこれは荒ぶるしかない。

>「お芝居が終わっていることに気付かず、いつまでも舞台にいる主役」みたいな気がします。もうスポットライトはとっくに消えているのに、悲しいまでに主役を演じ続けている。或いは自分自身さえ騙して。

すみません泣きました……むっちゃ泣いた…・・・ ええ・・・・トーマスしんど……しんどい……そのたとえ死ぬほど好きむりしんだ。しんだ…・・・
好き……つら…・・
えちょっと、その解釈好きすぎて……(思わずコピーしてサークルメンバにチャットで送りつける所業)
雪麻呂さんの解釈が心地よすぎてちょっとむりです語彙が死ぬ。もっと聞きたい。
ゲツトマの解釈が良すぎてそのあとのヘルさんのくだりはもう返信しなくて良いかなって気持ちになってます今。

ヘルさんが一番好きとな!?
それは翠チャンが飛び上がって喜ぶやつですね! 良かったね!(空に向かって)

そしてまさかの結婚候補はセバスチャンなのですかwおじーちゃんですけどだいじょぶですかw

ご感想ありがとうございました、よろしければまた遊びにいらしてください。
投稿者: 夕立  [2018年 01月 08日 16時 44分] ---- ----
一言
今度こそ本当に感想の最後だから!
信じて!


ゲツトマ編
様式美。ちょう様式美。トーマスゲスいって言われているみたいなんですけど、私は小物って感じたんですよね。上手くいかなかったから癇癪起こして逃げた子供、みたいな。
小さい頃に愛がもらえなかったから、ひねくれて育っちゃった可哀想な子供。
そこのところ、ゲツエイは純粋ですよね。

【獣はいかにして弾丸となりしか】
蜘蛛さん通訳できるんですね! すごいな優秀!
だけど、ゲツエイが人間の言葉喋れないし、蜘蛛さんも人間に言葉を発せられないしで、結局一方通行。無念。

ゲツエイ、こんな経験を繰り返して、人殺しと快楽が結びついてしまったんですね。
なんというパブロフの犬。
キャラの成り立ちは納得。

【ゲツトマ冒険記】
フンババって叫ぶ何か昔あったような気がする。
んあ~、思い出せない。アハ体験ならず!

トーマスしんどいですかね?
ゲツエイさえいえれば意外と楽しく生きていけそうな。
自分を決して裏切らない何かがいてくれるって、たとえ人じゃなくても幸せなことだと思うんですけど、それに気付かないからトーマスはシンドイのか。
うーん。私が天さんの境地に到達できる日は遠いかも!

【ゲツトマ冒険記( ウソツキたちの夜 編)】
>ちょっと滞在してみて、気が向いたら王として君臨してやってもいい。
トーマスお前どんだけ偉いんだよww 突っ込むしかないw
そして安定の様式美。

【ゲツトマ冒険記( ようこそ桃源郷 編)】
幻覚怖い。
ゲツエイまじ優秀。トーマスもちょっとは頑張って?
この二人、どちらが欠けても立ち行かなくなるんですよね。ある意味絶妙なバランス!


>トーマスしんどいです笑 それも語りだすとキショいことになるんで自重します。気が向いたらつついてください笑 喜んで弾けます。

どうぞ弾けてくださいと言いたいところなんですけど、他にもリンクのついてる作品があるんですよね?
そちらも読んでから情報を貰った方が楽しく読めるんでしょうか?

本編でキャラの人となりは把握したので、詳細設定があるのであればいくらでもどんとコイ! です。
キャラを深く知るのも、そういう設定をした作者さんを知るのも楽しいので。
量が多くなるようでしたらメッセージの方にぶん投げてもらっても構いません。
ネタバレやらで感想欄荒らさずに済みますから!

本編も外伝も読んでみて、外伝の方が楽しそうに書いてるな~と感じました。
他の方の感想を読んでみると、キャラ先行型というので納得。
うんうん、キャラに愛があるっていうのはいいですよね。読んでいてこちらも楽しいです。

次の外伝が出てくるののんびりお待ちしておりますね。次は誰のお話が来るのかしら(*´∀`*)
あっきコタロウ    [2018年 01月 08日 20時 25分]
夕立さん

嫌よっ……信じたくない……っこれで終わりだなんて……!(寸劇)

引き続きどうもありがとうございます!

アーッ! わかる。小物感わかる。可愛い。
>上手くいかなかったから癇癪起こして逃げた子供
まさにそれだと思います。
トーマスも決して”できない子”じゃなく、努力もするし、器用だし、基本は”できる子”なんですけど、ちょっとやり方が悪かったというか。

やっている行為が殺人なので、そういった部分でのゲスさはあると思うので、それもまた合ってると思いますし。
僕はトーマスのことは、いつも、「こいつっ……こいつは……ほんと……顔は……顔だけはっ……(良いのに、他の部分はクソゴミだなあ)」とハンカチを噛みながらかいております。

呼び方なんてぇ! なんでもいいんだぜぇ!w

★獣はいかにして

蜘蛛くんめっちゃチートですw
ゲツエイの戦闘チートの理由のひとつが蜘蛛くんですw
ゲツエイが見えない範囲は彼の助言でカバーなのです。
ニンジャらしく情報を掌握してもらっておりますが誰にも伝わらない無念。

★フンババ

多分一番有名な”フンババ”はギルガメッシュ叙事詩に登場する森の番人ではないかと思います。
なんとなくそこのイメージから、森に住む民族としてパク……いえ、参考に、させていただきました。
元が神話ですし、きっとそれを元にした創作物が世の中にたくさんあると思うので、フンババは世に溢れているのかもしれません!

★ウソツキ

トーマスくんナチュラルに尊大でございます笑
ほんとクソですw本人のかわりにお詫び申し上げます……! すみません! どうかお気を悪くされませんよう……!

★桃源郷

究極を言えば、ゲツトマもジュンカミも、実はお互いいなくても生きてはいける、と思います。飯食って睡眠とって、と生存のための営みをすれば最低限生命活動はできますので。ただ、生きづらくはなります。確実に。より円滑とか豊かに生きるためには、相手が必要であると考えます。

★トーマスしんどい

ンンンンンンンンンンッ!
良いんですか聞いてくださるんですか~~!! はじけますよ~~!!
他の関連作は設定資料&らくがき集のなかで一覧にしてまとめてあるのですが(https://ncode.syosetu.com/n0930eb/10/)
とくに読んでなくてもトーマスはしんどいので大丈夫です(?)

設定厨なので死ぬほど設定ありますむしろ設定しかない! 謎の設定ばっかり! 各キャラのカニ鍋の食べ方とか好きなカレーの辛さとかクッソどうでも良い設定からわりと世界観に関わるようなものまで設定ばっかりが~ンアーッ! 設定と小ネタをあつめて外部ブログまで作ってる始末です……!
そんな設定ばっか作ってないで書けよ~ってめっちゃ思うんですけど僕は怠惰なのでぇ……(号泣)

トーマスしんどいのは、他のところでも同じこと漏らしたことあるのでデジャブあったらごめんなさいなのですが、

トーマスって、もともとは多分、普通の感覚をもった人だったんです。
ジュンイチのように、幼少からずっとつまらない虚無感がつきまとっていたわけでなく、かつては、「優しくされたい」とか「認められたい」みたいなのがあって。
だけれど、それが叶わず、環境によって次第に心にぽっかりと穴が空いてしまって。

その穴が、何か人間らしいもので埋まればワンチャンあったのかもしれない。
トーマスはカミィに対して、「こいつは使える」という、道具的な意識しか持ち合わせませんでしたが、もしそこに、1ミリでも何かそれ以外の気持ちがあれば、国が救われて幸せになる道があったのかもしれない。

でも、トーマスの穴は、カミィと出会うより前に、ゲツエイとの出会いで埋まってしまった。
トーマスの心の、カミィがもしかしたら入り込めたかもしれない部分に、ゲツエイが先に蓋をしてしまった。

ジュンイチは他者を「実験道具」として見ていたけど、もう少し心に開いているところがあって、そこが天才と、普通の人の差で、結局トーマスは、「よくできる子、努力家」ではあったけれど、「天才」では無かった。

ジュンイチは周りがオープンだったにもかかわらず、自ら孤高の選択を知らず知らずのうちにしてしまっていたのですが、
トーマスは逆に、周りが閉じてしまっていたから、自分の心をうけとめてくれる人がいなくて徐々に閉じて、周りには期待しなくなっていって。
そして、ゲツエイと出会ったことによって、少しだけ残っていた僅かな隙間すらも埋まってしまって、そこで完結して彼というものが出来上がってしまった。

>ゲツエイさえいえれば意外と楽しく生きていけそうな。
>自分を決して裏切らない何かがいてくれるって、たとえ人じゃなくても幸せなことだと思うんですけど、それに気付かないからトーマスはシンドイのか。

そんでこれなんですけど、それです。(語彙)

気づかないのは、期待してないからで。期待すると裏切られる(かもしれない)から、最初から何とも思わない。便利だから使う。

トーマスはゲツエイのことを「道具」として見てますが、自分で意識してない深層心理で、カミィやその他の人に対する「道具」の扱いと、ゲツエイの「道具」の扱いに差がある。
ゲツエイがトーマスの、ももいろのまる。ふたりでワルツ。
なのですが、そこに差があることを、トーマス本人は気づいてないです。
せいぜい「使える道具」「使えない道具(ゴミとか豚とか)」として分けてるくらいのもんで。

トーマス、ゲツエイがいるのに、心理的にはいつもひとりぼっち。
トーマスが心ひらけばすくなくともひとりぼっちじゃなくなるのに、自分が閉ざしてるせいでひとり。
ゲツエイのほうは受け入れる準備できてるのに、完全に無駄になってて。

それでも相手がゲツエイなので途中で「こいつ心開かないしもういいや」ってなって離れていかないのは救いかもしれないけれど、ゲツエイは、トーマスがもし死んでしまっても「あーあ」くらいのもんで多分悲しまないんですよね。

ゲツエイはトーマスのこと群れの仲間として見てるので、「あーあ死んじゃった」って喪失感はあると思います。
でもそれは人間のようにずっと悲しいんじゃなくて「まあでも、しゃあないな」みたいな野生の生死感だから、人間の悲しみとは違って。

ふたりは、どうやったって感覚を共有できない。ひとりと、ひとりなんです。

トーマスが死んだらゲツエイはきっと一人で生きていくし、ゲツエイがいなくなったらトーマスも一人で生きるだろうと思います。

お互い忘れないけどそれは悲しみじゃなくてそれぞれ違う感情で、トーマスはゲツエイがいなくなった穴を、他では埋められないから、今度は正真正銘一人として完成してしまう。
ゲツエイはもしかしたら新しい群れを持つかもしれない。とりあえず目の前で死んだら肉を食う笑

そんで僕は、トーマスがそのように、他者に期待しない(ずっとそばにいる相手にも期待できない、それで幸せに思えない)諦めの心になってしまった(ゲツエイがいればそれで楽しい! と思えるほどの信頼を他者に置けなくなってしまった)プロセスがまずしんどいなって思うのと、
それとやっぱり、どんなに一緒にいてもあくまで「ひとり」としてしか自分を見れないのもしんどいのと、
絶対にトーマスのもとを離れないであろうゲツエイだけど、トーマスが死んだら意外とあっさりと見捨てて(というか食って)いくだろうっていうのとかもしんどいし、他にも考えれば考えるほどしんどいが出てきて、
あとはトーマスとジュンイチの対比もしんどいし、そこにマリクをぶち込むとそれもしんどいになって、というかジュンカミもしんどいし、「ウオオオオオオアアアア(包丁の絵文字)」ってなります!!

なんか、しんどいの気持ちを上手に言えなくて「コイツ何言ってんだ(真顔)」ってなったらすみません!!!!
説明が下手マンです!!!

★外伝

ありがとうございます。
「本編はプロローグ」そんな暴言をよく吐きます笑
外伝でキャラ遊びがしたいために本編あるみたいなとこ、なきにしもあらずw

読むのも書くのも描くのも遅いマンなので全部半端にユルくですが、またお付き合いくださるととっても嬉しいです!
次の書きかけの原稿は、ジュンイチの母マリアベルの話が冒頭だけできてるのですが、僕はすぐ嘘をつくので違うやつが先に出て来るかもしれません笑

いっぱい感想ありがとうございました。
めっちゃ……語って……きいてもらえてすごく嬉しいです。めんどくさかったらごめんなさい……!

また遊びにきてください!
投稿者: 夕立  [2018年 01月 08日 16時 42分] ---- ----
一言
下の感想欄からの続きデス。

マリク、デコボコ、セバスチャン編
ジュンカミがいちゃらぶと非常識担当なら、この人達は作品の良心達! ……いや、良識達……でしょうか?

【春の頃、めぐりめぐりて】
ふかふかぽかぽかおなかぱんぱん。絶対寝るよねー。起きてろっていう方が無理ー。
それでこれあれでしょう? ジュンイチくんの言う後で食べるピンクのご飯ってカm(自主規制)
こんな光景をいつも見せられるマリクもなかなかに大変ですね。精神的ダメージが。
それともバカップルめって感じで見てるけど見てない境地なんでしょうか。
地味にいいお話でした。

【かくて、狼は漸う王となり】
いい話。これ以外言い表しようが!

【彼のはなし】
ピオニーどんな花なん? って調べにいきましたわ!
めっちゃ豪華! 華ある!
こういう物静かで落ち着いたカップル好きなんですよね~。
ジュンカミごめん、君らも好きだけど、私はこっちのカップルの方が好きだ!

【木枯らしの行方】
執事といえばセバスちゃん。そんな認識があるんですけど、なんでなんでしょ?
黒執事のせい?
いやいや、それ以前からも執事といえばセバスちゃんのような気が。

遅れてやってきたセバスちゃんの春、応援しておりますよ!
それで結果は?(ΦωΦ)


すみません、感想二つに割る、あれは嘘です。
二分割でも長過ぎたww 三分割で!!
ってわけで次に続きます。
あっきコタロウ    [2018年 01月 08日 20時 17分]
夕立さん

引き続きありがとうございます!!!

★春の頃

ウッ……ももいろのご飯……!!!!!!
ありがとうございますその通りです。一字一句異論はありませんイグザクトリーです。(良い笑顔で親指を立てながら)
マリクも最初はダメージだったと思いますが次第に慣れて無我の境地ですね笑
いちいち気にしてたらやってらんないと思いますw

★かくて、狼は

ありがとうございます!
普段はおちゃらけたナンパ野郎なボコも、こういう過去があって、だからマリクになついてるんだよっていう掘り下げの回でした!

★彼のはなし

ピオニーの花可愛いですよね。
しかし花言葉が慎ましさなんですよね。結構自己主張しそうに思うのですが、色が淡い品種が多いからかな? って。
存在感はあるけれど、キツイ色彩を放つものでもない。そんな芯の強さみたいなものをもった彼女であってほしいと思います。
カップル気に入っていただけて嬉しいです!

★木枯らし

執事と言えばセバスチャンw
僕も気になって、なぜなのか調べてみたのですが、一説によるとハイジに出た執事がセバスチャンで定着したとか……?
僕はリトルマーメイドのあのザリガニのセバスチャンが浮かびます。
年代によって違うのかもしれませんが、どの年代にも執事のセバスチャンが居る感じでしょうかw
黒執事が浮かぶとは、夕立さん流行に敏感でいらっしゃる……!!
最近のセバスチャンといえばたしかにそのキャラの印象が強いかも!

セバスチャンの結果は、上々な感じですw
ずっと吾妻の家に仕えてきて、やっと自分のことを落ち着いて考えられるようになった彼でした!
落ち着いて……いや、逆にハッスルなのかしらw


まさかの三分割ありがとうございます!!
投稿者: 夕立  [2018年 01月 08日 16時 04分] ---- ----
一言
>口に合わない感じでしたら、シュッと、見なかったフリしていただいても大丈夫なので……!

いえいえ、口に合わないわけではないのです。
ただ、このワルツという作品は作者さんも含めて夕立にとっては未知との遭遇と申しましょうか。
今まで触れたことの無いタイプだったので若干戸惑い気味? みたいな?

ええ、そして、見なかったフリでもいいなんて寂しいことは言わないでくださいましw
物語を途中で読めなくなるのは非常に悲しいのです。
なので私は読むなと言われても読むぞ! というか、読み終わりました(*ノェノ)

ちょこちょこ思ったことメモりながら読んだんですけど、どうにも量が多くなりそうなんで、感想二つに割りますね。
とりあえず、ジュンカミペアが中心になっているお話達から。

【ストロベリー☆パニック!】
カミィぷりん好きですね! というかお菓子全般が好きなのか!?
……。お菓子で割と簡単に釣れそう。そしてジュンイチくんがそれを利用してそう。
一方マリク、今まで趣味無しだったんですね~。
貧乏暇なしというか、デコボコが常にいたからおひとり様用趣味が必要なかったのか。

趣味が家庭菜園って素晴らしいですね。
頑張れマリク! 土いじりは心が安らぐけど草むしりで泣けるぞ! (←実体験。休日は我が家の家庭菜園の草むしりに追われてます……w)

つか、薬まみれで増殖したイチゴとか、ジュンイチくん以外は食べたくないんじゃ?
ジュンイチくんのことだから、嫁ちゃんの喜ぶ顔が見たい&新しい薬の効果を実験したいっていうダブルの衝動に駆られて何も考えずにブシャーしたんでしょうね。
マリクの受難は続く!
【ジュンイチ立ち入り禁止】の看板も絶対効果ないよ!
被害はエンドレス!!

【お注射のはなし】
いちゃらぶだった!
タイトルの時点でそこはかとなくそんな気はしてた!

二人にはおままごとみたいな生活をしていてもらいたかったというのは内緒です(´・ω・`)
まぁ、好きな人がそこにいればつながりたくなるし。仕方なしか!

【マリクたろう】
マリクたろうwww
やばい虹色のマリクsやばい。
っていうか、おもいっきり走れメロスなんですけどwwww

【恨みを買うはなし】
>麻酔も、事前通告もなく人の体に刃物を。
昔あごの骨を折って手術しないといけなくなってですね、それはいいんですけど、途中で麻酔が切れやがったんですよ(遠い目
本気で涙がちょちょ切れました。
だからジュンイチくん、麻酔無しで施術はやめたげて。
って、ボコの父ちゃんジュンイチくんと縁があったんですね。
てか、仕事を斡旋してくれる執事さんってマr

【#マリクなう】
ゲツトマの目撃者は殺されるとか、様式美すぎて笑えます。普通にリアルの夕立がふきだしました。
ジュンイチくん、ゲツトマの監視でもするためにこのアプリ作ったんすね……。
天才はやることの規模が大きいわ!

次の感想欄に続きます。
あっきコタロウ    [2018年 01月 08日 20時 17分]
夕立さん

ゆ……夕立さんッッッ!!!!!!!!!!!!!!!! 僕は死んだ。

嬉しい……嬉しい……3つも感想くださって……!!!
こんなこと言うのもアレですけど、僕本当に、「ワルツはキャラも文章も好き嫌い分かれる」って自分でも思ってて、それに、他にもいろんな人から「ハマったらキャラも文章も考察捗って面白いけど無理な人には絶対無理」って言われてて、(もちろん相手に悪意は無いです)
しかも一人じゃなくてかなりの数の人に言われてて、だから、お口に合わない人がとっても多いと思ってて、
僕はワルツにいろんな好きなものを詰め込んだので、自分では大好きだけど、他の人には強制できないと思っているので、無理して読んでもらってたらめっちゃ申し訳ないなって思っているので、美味しく読んでもらえてめっちゃ嬉しいです!!
(説明が超下手)

それにしてもwww
作者含めて未知ですかwwwえwwwまってwwwなんでwww
それはなんでwwww
そんなに作者も変な感じですかね……困りました、これが素です。(真顔)

★ストパニ

お菓子で釣れますね!! 「甘いのあるよ」って言ったら多分モブおじさんにもついていくと思います。
甘いので釣る作戦はいろんなところでジュンイチが使ってますw一番よく使われるのは石川先生がくださる二次創作の中でしょうかw
「甘いよ」「わぁい」の流れももはや様式美となりつつあります。

マリクは貧乏暇なしタイプですかねえ。趣味って結構、心に余裕ができないといろいろと楽しめないかなって思って……マリクには今までそんな余裕も無かっただろうっていう感じです。しいて言うなら、昼寝は好きなようでした。

夕立さんも家庭菜園を! たしかに普通だと、草むしりしんどいですね。腰にキそう……。
マリクにとっては多分、草むしりすらも、ジュンカミに振り回されない時間として楽しめそうです笑 心を無にして草をむしる……w

薬まみれで増殖したいちご、多分カミィならなんも考えずに食べますな。
「ジュンイチくんはかしこいから、ジュンイチくんがすることはなんでもすごい」みたいな絶対の信頼(別名:思考停止)があるのと、あと単純に「いちごおいしい」みたいな、我々の想像の数歩さきを行くアホアホな感じで……!(一部で白痴ヒロインと揶揄られる始末)

★おちゅうしゃ

これはほんと……すみませんなんでこんなん書いたんでしょうねエッヘヘ。
タイトルで察してたとか夕立さんどんだけ……! 鋭すぎかァ!
おままごとかわいい……かわいい……。
実際問題、普通の生活はおままごとなんですよね彼ら。家事全般は全部他人任せだし。

これまた長い話なんですが、ジュンイチのキャラ性を考えたときに、「夫婦となったのだから夫婦らしいことをするもんだ」という考えのもと、きっと何かしらの勉強をするだろうと思ったのですが、
そうなると「夫婦生活(夜)」もあってしかるべきと考える(言い換えれば、子供をつくる必要があるのではと)のが一点と、あと、彼はやっぱり未知の体験に心惹かれる好奇心メガ盛りマンなので、そういう行為もしてみたいだろうっていう。
その二点からふたりには大人な関係を結んでもらったというのが言い訳ですが実際のところはただ僕が己の欲望のままに進んだ結果です。謝罪もうしあげますッ!

ジュンイチが実際どのように考えて夫婦生活を過ごしているのかは詳細を他所にあげておりますがR-18なので概要だけ述べますと、
とりあえず彼は彼なりにカミィを大事にしているつもりなのですがあくまで”つもり”にしかなってなくてピエロってるなーて感じのちょっと闇が深い感じの話です。

ジュンカミも実はしんどいですw

★マリクたろう

これ読者様人気一番の話ですw
だいぶ狂気ってますw

★恨みを~

えへへw
ジュンイチにとっては他者は全てモルモットなのでした。
ですよね、普通は麻酔無しでなんて考えられませんよね。てゆかあごの骨折れるってかなり大事件じゃないですか!? それだけで痛そうなのに麻酔切れてってダブルで痛いやつ~! つらい!
この執事はどちらにも取れるようにはしております。お好きな方でご想像ください!

★マリクなう

伝わって良かった! 様式美ギャグやりたかったので!
個人的お気に入りの回でした。メタ的なネタ、好きなので……笑
ジュンイチがいればだいたいのネタができてしまうのでとっても便利なヤツですw

ご感想ありがとうございます! 返信も続きます。
投稿者: 夕立  [2018年 01月 07日 00時 21分] ---- ----
一言
他の作者さんの割烹の方でお名前だけこんにちは。
そして割烹で皆さんが見せてくれるFAとかのお力で若干ネタバレ気味からの読書スタートとなりました(笑

本編 最終話 終幕:ある晴れた日のキャロル までの感想になります。

本編に入る前の人物紹介。実はここで小笑いしたのは内緒です。

トーマスの項目の『イケメン「設定」。』

「設定」なの? って笑いました。気持ちがわかりすぎてw
そうなんですよね。文字で書くだけならいくらでも盛れるんですけど、イラストで描きだす時にイケメン美女設定は首を絞めるんですよね。
気分は「描けるがボケェ(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゛」です。
そうか、私も今度から見た目いい設定のキャラの挿絵には「設定」って入れればいいのか。(遠い目

そして本編。
読み始めてしばらくもにゃもにゃした感じがしていまして。なんでや? って考えてみたら、文章のテンポが童話調だからだって気付きました。
ふわふわもわもわの衝撃吸収材で覆われた何かの中身は、実は刃物と銃弾と血と人間の黒さみたいなw
この語り口の効果か、グロイはずの場面もあまりグロくないんですよね。凄いな童話調。

そして、この童話調の作品にカミィという少女は実によく合うと思うのです。
最初何も考えずに読み始めた時は、普通の17歳の少女像というのに比べてカミィ幼すぎない? と思ったのですが、童話と思って読むと非常に馴染む。
それを抜きにしても、物語が進むに従って、この子の純真さがきらきら輝く宝石になっていたように感じます。

ジュンカミはいいぞ~とどこかの割烹で言われていて「何のことやら?」と思っていたのですが、うん、ジュンカミはいいですね。
作中でもぶっちぎりの純粋と純粋が引っ付いたんですから!

個人的には、本編の言いたいことって、途中挿入されていた【ももいろのまると、すばやいはりねずみ】に全て集約されていたのかな~って思いました。
ほっこりほっこり。いい絵本ですね。

この絵本に出てくる「ももいろのまる」が私は一番好きだ!
心労で激やせしてしまった大臣さんにはよく頑張りました賞かな!

外伝を読んだらまた感想書きにうかがいますね~。
あっきコタロウ    [2018年 01月 07日 02時 55分]
夕立様

はじめましてこんばんは!
感想ありがとうございます。

ンンッ//ネタバレからのスタート笑

ええとも! 「という設定」は大変便利ですw
どう見ても服装がダサかったり髪型がもっさかったりするのになぜかモテモテなキャラも「設定上イケメン」とか「設定上美女」としておけばあらまびっくり。あっという間に説得力メガ盛りです笑
ゴリゴリ使っていきましょうぜ!w

もにゃもにゃさせてしまいましたかすみません。
この作品、群像劇の性質上、視点の切り替えが激しかったと思うのですが、その時のメインとなるキャラごとに地の文の書き方を変えておりまして。

カミィパートは童話調、ジュンイチパートはこれまた端的に文章ぶつ切り気味、残酷部分はポエムでボカし……という感じで、自分でも、クセが強いので好き嫌い分かれそうだなと思っている部分です。
ポエム部分とか「何言ってんだコイツ」状態ですよね笑
謝るしかッできないッ! 申し訳ないです;

カミィの部分は3~5歳くらいの気持ちで書いてましたw使える語彙をかなり絞ったのでしんどかったです。

17才なんて飾りです!w
本来17才だったらもっと世の中知ってるはずなんですけど、物語中のこの少女の役割は、何色にでも染まれる白だったので、なんかこんなんなりました。(ニュアンスに重きを置いた説明)

作中語られていない裏設定のようなもので、とある事情から、この子、家庭教師もつけられておらず、ずっと外と隔離されて、絵本だけを与えられて生きて来たので、本来育つべき社交性やら世間の常識やらなんやら抜け落ちてます。(物語に重要な部分ではないのでカットしました!)

とりあえず「なんも知らねーお嬢さん」てのが伝わればじゅうぶん……!
だったので、伝わったっぽいのでガッツポーズしています。
まさに童話をモチーフにして作ったキャラでした。そこを読み取っていただいてありがとうございますの気持ちです嬉しすぎて漏れちゃう……//
拝んでおこう(-人-)

>ジュンカミはいいですね。
あっ無理これ嬉しすぎる死んだ好き。これめっちゃ嬉しい。
いや感想もらえただけで何もかも一字一句全部嬉しいですが特にこれほんと嬉しい。
ジュンカミはええぞ……ウッ……す、好き……(´ཀ`」 ∠)もっかい死んだ。

★以下、興味なければ読み飛ばしてください!
僕的にめっちゃ、「シコいな~」て思うのが、ジュンイチって、カミィ意外の相手とだと絶対うまくいかないんですよねw
基本的に他人の気持ち分からんマン(分からんというか考えない)なので。
ジュンイチメインの部分は、地の文でも、他人の表情から感情読む描写を排除してて。
例えば「困っているようだ」みたいなのはNGで、「眉を下げている」はOKみたいな感じで、目にみえる事実しか書いてないし、
会話も「~してもいい?」ってたずねるんじゃなくて「しよう」「するよね?」って押し付けて行く感じで。ラスト付近の独白長台詞も全部自分の話してるだけ。
そんな人なんで、「普通」の人と上手く関われないんですけど。カミィなら、それを全部受けれるんですよ!(パンっと膝をたたくジェスチャー)
その、「この人じゃないとダメ。他の人じゃダメ」みたいな感じが個人的にめっちゃ好きで……。
そこが「ジュンカミはええぞ」の、理由のうちのひとつだったりします。これだけじゃ、ないんですけど!! こんなっ話をっ見てくださって本当にありがとうございます。
★ここまで

ももいろのまるとすばやいはりねずみは、ジュンカミであり、また、ゲツトマでもあります。ゲツトマはゲツトマで、ふたりでワルツです。
トーマスしんどいです笑 それも語りだすとキショいことになるんで自重します。気が向いたらつついてください笑 喜んで弾けます。

ももいろのまるとすばやいはりねずみは、究極を言うなら、「お互い、その人じゃないとダメな関係」みたいなことなので、きっと夕立さんにも、あなただけのももいろのまるがいるんだろうなって思います。

大臣笑
彼ってばモロにアイヒマンテスト(権力者には逆らえない心理実験)の犠牲者って感じですw

ご感想どうもありがとうございました!!
これだけ語っておいてこんなこと言うのもアレですが、もしかしてお口に合わない感じでしたら、シュッと、見なかったフリしていただいても大丈夫なので……!
本編だけでもご感想とっても嬉しかったので、無理はしないでくださいね!

ご負担でなければ、ぜひまた遊びにいらしてください。
投稿者: 弧滓 歩之雄  [2018年 01月 04日 05時 47分] ---- ----
良い点
外伝一まで読ませて頂きました。

非常に個性的なキャラ達が織り成す物語は圧巻の一言です。
また三人称をメインに、時より唄を紡ぐような一人称を織り混ぜる独特な時の文が非常に勉強になり楽しかったです。

誰を見ても異彩を放っているので甲乙つけがたいですが、好きなキャラをあげるからマリクとゲツエイです。
マリクの『やんちゃしてるけど実はいい人』的な兄貴キャラがたまりません 笑
本作最強と思われるゲツエイの戦闘力もさることながら、彼が出来上がった背景とトーマスとの関係性も良いですね。

あとセバスチャン、本作きってのまともキャラ……だと思うのですが、あのジュンイチに愛想つかす事なく執事として全うしてるだけで何だが物凄いキャラにみえてしまいました 笑
気になる点
本編は終了で現在外伝を手がかれてるようですが、本編としての続編はあるのでしょうか?
トーマス、ゲツエイが悪役として非常に残忍かつ魅力的だったため、彼らとのキチンとした決着を是非みたいです。
……ただ主人公のジュンイチからは彼らは別に目的じゃないんですよね^^;
一言
非常に楽しかったです。
引き続き外伝も閲覧させていただきます。

ゲツエイ蜘蛛万能過ぎワロタァッ!!
あっきコタロウ    [2018年 01月 04日 14時 27分]
弧滓 歩之雄さん

あけましておめでとうございます!

ありがとうございます!
キャラをメインにした作品なので、地の文でもキャラっぽさが出せたら良いなという部分に比重を置いたので、少々クセが強い表現になってしまいましたが、楽しかったと言っていただけて嬉しいです。
群像劇というジャンル上仕方ないことではありますが、視点の切り替わりが少々多いので、その時メインになるキャラが誰なのか分かりやすいようにと工夫してみたつもりです。
この点はまだまだ僕も勉強が必要だなあと思います! がんばる!w

マリク……! またもやマリク……!
いただく感想のなかで一番人気がありますマリク!!
好きですと言われるたびに、「いじめてやる! 将来ハゲさせてやる!」と意地悪心が沸くダメな作者です笑(かわいがってるつもり)
ゲツエイは、人間の姿をしているのに、中身が動物だから、人間としての常識が通じないところが可愛いなって思いながら書いてます。気に入っていただけて嬉しいです。
ゲツエイと友達になって、だんだん人間の常識を教えるも良し、一緒に野生となるも良し、な感じで、自分のキャラながらも妄想が止まりません笑
ゲツエイだからこそ、トーマスと良いコンビになれたんだと思います。

セバスチャン!
この人も地味に人気キャラです。
後半の外伝で彼がメインの話があるので、そこでまたキャラが深まったら良いなと思います。

続編については、第二部の構想は実はあった……のですが、ゲツトマとの決着ではなく、マリクに恋人ができる話の予定でした。
いろいろあって、闇に葬られました笑 マリク、ここでも不憫ですw

ゲツトマはもともと、国外へ出てからは、他のいろんな国で冒険するスタイルの話をやりたくて。今、外伝にゲツトマのシリーズが3つあるのですが。そんな感じでオムニバス的に続けていきたいので、決着は今のところは何も考えていません。
決着つけると必ず誰かが死ぬので、話を続けられなくなるので……。まだ書きたいことがあるうちは、無いです。
いつか、「もう何もやることがない!!」となったら、決着つけさせるのもありかもしれません。
一応、「戦ったらどうなるか」を考えたことはあります。

作中で強いのはゲツエイとジュンイチですが、条件次第でどちらが勝ってもおかしくないかなと思っています。
近距離戦で不意打ちOKならゲツエイが勝つと思いますが、とくに条件を指定しない場合、遠隔地から核ミサイルとか撃てばジュンイチが勝つ(周辺を盛大に巻き込んで)と思います。

蜘蛛くんマジチートですwwwww
ゲツエイが強い理由は蜘蛛くんのサポートのおかげもありますw

ご感想ありがとうございました!!
ぜひぜひ、またお気軽に遊びに来てください!
投稿者: 三村 たま  [2017年 12月 18日 05時 41分] ---- ----
良い点
おはようございます。

外伝まで拝読いたしました。読み応え抜群でした!(*^▽^*)
カミィちゃんとジュンイチさんを含め、二人をとりまく登場人物たちみんな、キャラクターが作りこまれていて、個性的で、ワクワクしながら読み進められました(*´ω`*)

セバスチャンやデコボココンビも外伝で深く掘り下げられていて、より一層好きになりました(/・ω・)/ とくにデコさんは、優しい一面が見られて、思わずホッコリ(*´ω`*) セバスチャンの純愛にも思わず頬が緩みました。

一番好きなのはやっぱりマリクです(笑) 外伝のボコさんの話を読んでさらにほれ込みました。
マリク(一番常識人)がいるおかげで、カミィちゃんとジュンイチさんの魅力がさらに引き立っていますね(*^▽^*)

言いたいことがいっぱいあります……!

トーマス、普通にいい人だと思ってたら、予想以上に悪い人で思わずびっくり( ゜Д゜) イラストの素敵な笑顔にまんまと騙されました……(笑) 
まさか撃つとは思いませんでした……カミィちゃん、助かってよかったです(´;ω;`)

トーマスはクズ(すみません)を極めていて逆に清々しかったです(笑) ゲツエイを呼ぶ場面がかっこよくて好きです(*´ω`*)
言葉を交わさなくても通じ合っている二人の何ともいえない関係、読んでいてそそられるものがあります……!( ^ω^ )
気になる点
誤字っぽいものを。あっていたらスルーしてくださいまし。

第十一話  第ニ楽章:銀狼のラプソディー
>まさか現実になるだとは誰が予想する!?

“だ”が無い方が読みやすいかもしれませぬ。

外伝五 木枯らしの行方
>「ありがとう。素直に受け取っておくよ。じゃ、行こうか。着いて来て」

異聞三 ゲツトマ冒険記(ようこそ桃源郷 編)
>「いらないって言ったのに。着いてきてたとはな」

正しくは“付いてくる”のようです。
一言
詩的な表現とか、同じ言葉を何回も使わない工夫とか、読んでいて「すごい……!( ゜Д゜)」と感嘆する部分がたくさんありました。勉強になりました(`・ω・´)ゞ

マリク、これからも応援してます!(''◇'')ゞ 

長文失礼しました。ありがとうございました!<(_ _)>
あっきコタロウ    [2017年 12月 18日 06時 05分]
三村たま様

感想ありがとうございます!

いかにも!キャラ推しで作った作品です!w
本編はむしろプロローグ。その後の外伝や小話を、これからもちょっとずつ創っていけたらなって思います。

デコ&セバスチャン、地味に人気あるんですよね。
メインキャラのジュンイチ&カミィよりも……笑
良いヤツっぽいからかな?w

そして、やはりやはり!!
ワルツの一番人気、マリク!!!!
たまさんもマリク推しですかっ!!!!
マリクは振り回される損な役回りですが、あいつのツッコミのおかげでみんなのボケが冴えるので……引き立て役、間違ってないですっw

トーマスはえへへw
クソ野郎でした!
クズにクズを混ぜてクズをトッピングしたクズ野郎です! 
見た目は最高に良い(という設定)なのにクソ野郎なところが推しポイントなので、清々しいって言ってもらえて嬉しいですwありがとうございます!

ゲツトマの二人にはこれからもっといろんなところへ行って冒険してもらいたいです!
書くのめっちゃ遅いので、いつになるか分かんないですが……

気になる点のご指摘ありがとうございます。

「なるだとは」は、そういう言い回しなので、とりあえずこのままで置いときます。他の人からも指摘があったら、変えようかな。

「着いてくる」は、ずっと勘違いしてましたー!ぐわー!どうしよう!
「到着」の「着」」なのでこっちだと思っていましたが、どうやら手紙などのモノは「着く」で、人の後を歩くのは「付く」なんですね。勉強になりました。
他にも間違えたまま使っているかも……! 全文検索してきます……。
教えていただいたところは、直してきますありがとうございます。

感想ありがとうございました。
よかったら、これからも、ワルツを応援してもらえると嬉しいです。外伝とかゆっくり増やしたいので、またぜひ遊びにきてください!
投稿者: サク  [2017年 11月 27日 19時 30分] ---- ----
一言
温泉……想像していた温泉話ではなかった!!
ゲツトマはゲツエイが喋らないから(関係ないかな?)表現がより詩的でよいですね!
好き
そしてジュンカミに次ぐナイスペアやなぁ~トーマスもゲツエイもお互いが居てよかったねて思える感じがとても好き。
あっきコタロウ    [2017年 11月 27日 23時 47分]
サクさん

あざぁす!

ハッハ! ワルツで普通の温泉になるわけがなかったのだ……笑

ゲツトマはなんか、アレです。トーマスは僕なので……素でいられるから……書きやすいし……自分に酔ってるので……ポエムを書きます(謎理論)

ゲツトマもふたりでワルツッ!
HAPPY!!!!!

投稿者: 夕凪 もぐら  [2017年 11月 04日 03時 43分] ---- ----
一言
感想14

外伝
外伝八   木枯らしの行方

現状ラストは、美しい良エピソードでショートでなく、きちんと物語らしい回。これだけで一本の長編書いてもいいぐらい。
もっと続くのだろうけどラストエピソードとして、これはこれでラストエピソードとして悪くない(最後びっくりするくらい時間経ってるし)
それの主人公をセバスチャンが飾ったってのも、良ぽいんと。
彼も何気に話を上手く回すキャラ…
いつか深く掘り下げてもよいかなっておもいますー
独立した短編にするとかー。
この話、あんまし世界観は選ばないすよね。

気になったのは、その後、数十年セバスチャンに春が来なかったこと。かわいそう笑
あっきコタロウ    [2017年 11月 04日 03時 59分]
夕凪 もぐら様

ありがとうござます!

実はつい最近まで、これのあとに、尻の穴の話がありましたwwww
ちびワルツにお引っ越ししたったですw
良かった! お引っ越しして良かった! 褒めてもらえた!w

執事についての資料を漁っていて気になったのが、「執事は結婚し辛い」なんですよね。
結婚して家庭をもつと、主人優先じゃなくなるおそれがあって、失業しちゃう確率がめっちゃ高かったんですって。
あとは、お屋敷の敷地内に別宅を持たせてもらえることもあったらしいけど、実質家族が人質状態になっちゃって、すごいこき使われるとか。
60歳を超えてからやっと結婚したような人もいたりして。

という部分から着想を得たのがこれです。

春はなかったけれど、”ちょっとおつまみ”くらいのことは、多分、あったかもしれないです。セバスチャンにも。でも、やっぱり主人が大事だから。
ジュンイチの母との死に際の約束なんかもあって。だから、家庭を持つには至らなかった。

そんな彼だけど、マリクという部下ができたから、これからちょっとハメをはずしちゃうかな? そんな感じですw

そうですね、この話単体で見ると世界観は選ばないと思います。
しかし現実基準にするといろいろと下調べの甘いところがたくさん出てきそうなので、ワルツの世界でやるくらいが、ちょうどよくヌルい温度って感じです笑

いっぱい感想ありがとうございました!
参考にすべき部分がいっぱいあって、改稿捗りそうです!
改稿終わったらまた外伝も増やしたい(野望)ので、ぜひまた遊びにきてください~!
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言

↑ページトップへ