おとーさまは、むてきなのですっ ~異世界で人生二度目の成り上がり~

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 南国  [2017年 04月 19日 19時 53分] ---- ----
気になる点
前作も完結してないのに新しいの書いてると完結させれない悪癖についてしまいますよ、今作は第一部完とでも最後に付けて区切りでも付けたらいかがでしょうか
一言
でも更新してくれるのが一番うれしいです
投稿者: ビンゴカンタ  [2017年 04月 05日 02時 25分] ---- ----
一言
こっちの世界で成功したらもう戻らないことも有り得るかも。
少なくとも私ならそうする。
投稿者: 芳寛  [2017年 02月 25日 13時 46分] ---- ----
一言
あんれぇ?早くても一年後には帰るんじゃなかったの?
大丈夫?この場合はバイトの方が引き継ぎとかに後腐れ無いと思うけど。
投稿者: 綾禰  [2017年 02月 24日 02時 03分] ---- 男性
一言
 いずれ元の世界に戻る筈なのに、そんなに国にとって重要な立場になってどうするつもりなのかと最新話を読んで思いました。政は素人だとかで断ろうとしてましたがそのうち居なくなると言う前提条件が会話に無かったのが余計に気になってしまいます。
 現状見ていると自分が居なくなっても運営が回る様にギルド職員の教育風景の描写が見られないですし、逆に正蔵が居ないと成り立たない状態になっている様に感じますし、最新話に関しては正蔵は元の世界に帰るつもりが無い様な印象がありました。
 私のど忘れで、すでに永住を決めていたらすみません。
投稿者: マリポ  [2017年 02月 19日 12時 45分] ---- ----
気になる点
冒険者ギルドの経営の話なのに肝心の冒険者ギルドの設定がおかしすぎる。正直ガバガバです。
冒険者登録とか管理してるのはそもそも何処なんですか?
業界とかあるので様々なギルドが有るのでしょうが、統一された冒険者ランクとか使われてるのですよね?個々のギルドで勝手にランク付けしているのでなければ、業界全体で使えるようなシステムが無ければならないはずです。業界大手が言えば規則が変わるとか、その規則を管理しているのは何処なのですか?
冒険者登録証がどうやって作られて管理されているのか分かりませんが、偽って使うと規則に反し逮捕されたりするんですよね? だとすると国とかが規則を管理してるのか、それとも、ただの詐欺師として国に突き出されるのかな?
紛失したらランクが3つ下がるのも変ですね。
普通この手のランクは何が出来て出来ないのかを実力実績で大体を図るもので、紛失したから下げますだと、誰のためにもならないですよね。実力者が見合った仕事を出来なくなるだけですし。普通は再発行に掛かる費用と罰金ぐらいでしょうか?
一言
主人公を成り上がりさせ易くする為にひどい設定にしてるのかもしれませんが、あまりにもガバガバすぎてちょっとなぁ……な感じです。
あと、タイトルに関しても違和感があります。少しずれてるような?
『おとーさまはむてきなのですっ』のわりに、子供はおまけじみた感じで、必要性は無く、むてきに関しても経営がメインなのにタイトルに持ってこられてもてきな? 『二度目の成り上がり』に関しても一度目は?と聞きたくなります。

話に見合ったタイトルにするか、タイトルに見合うように話を修正していくのか今一度考え直してみてはいかがでしょうか?
すみもりさい    [2017年 02月 23日 18時 54分]
ご指摘ありがとうございます。

読みにくい点、引っかかる点、多々ありまして申し訳ありません。

いただいたご指摘を元に、どこかのタイミングで加筆、修正したいと考えています。

タイトルは迷走の末に、なぜかこうなったのですが、なぜこうなった……?
こちらも再考してみます。
投稿者: 臥龍鳳雛  [2017年 02月 07日 20時 53分] ---- ----
良い点
無双できる力を持ちつつ、冒険者ではなくギルド職員として搦め手で事態を解決していく展開が面白かったです。
気になる点
*** 夏の休日、海水浴と修行をしよう ***
「だいたい、海で泳いだらべたべたして気持ち悪いじゃないの」
************

海水浴の習慣がなく、海で泳いだ経験もないのに、なぜ「海で泳いだらべたべたして気持ち悪い」という意見が出て来るのでしょうか?
すみもりさい    [2017年 02月 23日 18時 51分]
感想ありがとうございます。お楽しみいただけているようでうれしいです。

海水でのべたべたは……かつて海に放り出された経験が――とかいろいろ、はい、あるのかもしれませんです。

投稿者: 虹色咲音  [2017年 02月 06日 14時 52分] ---- ----
一言
追伸:実際、養殖で取れた物はそれを必要とする商人のところに売ればいいのでは?なぜこのような回りくどいことをするのでしょうか?長時間の安定な提供ができるなら、その商人と長期契約を結べばいいのに、その方は稼ぎも多くなるでしょうに。それに、そういう素材を必要とする商店がいるなら、普通の取引もあるのですよね。依頼人にとっては、依頼を引き受けてくれる人は特定できないから、ギルドに依頼をして、それで気まぐれでこの依頼を受けたい人がそれを受けて達成していますよね。でも、コピルさんの場合は長期の提供ができるから、提供者を特定できるから、そもそもギルドという中継はいらないじゃないのですか?ビジネスなら、私は長時間協力できる仲間と直接契約を結びます。自分から見れば、ここのギルドはあくまで仕事の紹介所ではありませんか?確かに最初の1回目はギルドの力を借りますが、依頼人が誰なのかをわかれば、次回からは直接その人のところへ行って、長期の契約を結べば済みます。だってさ、そういう材料の依頼って、依頼人が依頼して、引き受けてくれる人がそれを達成してから、ギルドに行って材料をギルドに預かりして、お金を貰って、それで終わりだと思われがちですが、実際のところ、依頼人ももう一度ギルドまで行って、材料を受け取らなければならない。もしくはギルドから職員を派遣して、宅配便のように依頼人のところに行って材料を引き渡しますよね。そこで問題です、引受人が不確定の状態ならそれでいいでしょう。しかし、決まった人が何度もそういう行為を繰り返すのは、あんまり効率的ではないのでしょうか?ギルドも割合でお金を取るし、それに、どうせギルドまで行ったなら依頼人のところへ行って、直接渡せばいいのではないのでしょうか?同じ町に住んでますし。百歩歩いても、五十歩歩いても同じではありませんか?面倒臭がりの人なら、そもそも最初からこういう地味な作業みたいな依頼を引き受けてくれないですし。もし自分で運ぶのが面倒なら、運送屋を雇えばいいですし。その方が効率的でしょう。このような場合はギルドを通らない方が時間やお金の節約にもなるでしょう。まさか、この世界には自由交易の理念がないのですか?それとも、こういう取引行為は法律で禁止されているのでしょうか?
すみもりさい    [2017年 02月 23日 18時 49分]
先のご指摘同様、読みにくいところが多々あり、申し訳ありません。

コメントいただいた内容を吟味して、どこかのタイミングで対応できればと考えています。

貴重なご意見、ありがとうございました。
投稿者: 虹色咲音  [2017年 02月 06日 13時 23分] ---- ----
気になる点
コピルさんの昔話がおかしいと思います。彼は元々冒険者ですから、冒険者のままでも養殖業を続けられるから、前ギルドマスターはどうして彼を職員に誘ったのですか?ギルドの戦力を上げたいなら、職員じゃなくて、ギルド専属の冒険者になればいいだけの話ですよね。そもそも職員にはギルドの事務などを処理する義務があり、事務能力も求められていますから、しかし、自分が見てる感じでは、コピルさんにはそれらの能力を持っているようには見えませんが?養殖業ができるとか戦闘のサポートができるとか、そのどれもがギルドの一員になるために必要なものではありません。では、前ギルドマスターは何を根拠に彼をギルドの職員にしようとしているのですか?前ギルドマスターがギルド職員兼冒険者だから、ほかの職員も同じく冒険者兼職員でなければならないのですか?もしかして、彼はバカですか?それと、前のギルドに所属している冒険者達も皆、冒険者兼職員ですか?おかしいとは思いませんか? もしそれが二年前の常識なら、大手ギルドならたくさんの人材や人員がいるはずでしょう。どうして彼らは冒険者兼職員ではありませんか?もし彼らも冒険者兼職員なら、どうしてギルド職員は冒険者であってはならないという規則を追加したのですか? とても変だと思います。
一言
2度目の人生も前の世界と似たような営業職か…ちょっと微妙な感じですが、設定自体は面白いです。
すみもりさい    [2017年 02月 23日 18時 48分]
ご指摘ありがとうございます。
引っかかる部分が多々あり、申し訳ありません。

語っていない部分など、どこかのタイミングで見直して読みやすくしたいと思います。
投稿者: Qケイ  [2017年 02月 02日 22時 24分] ---- ----
一言
相手の斜め上を行く倒し方が面白くて一気に読みました。
帝国の外交官がどうなるか楽しみですw
すみもりさい    [2017年 02月 23日 18時 47分]
感想ありがとうございました。楽しんでいただけたようでうれしいです。
投稿者: TKY  [2017年 02月 02日 02時 13分] ---- ----
一言
なるほど、直接元凶をボコるとかやるタイプじゃないもんな、正蔵さん
いや、場合によっちゃあ容赦なくやるだろうけど、あくまで外交政略…というか、正蔵さんの言うところの『営業交渉』として対抗するか
しかしまぁ、実行犯には一言、あまり気持ちのイイ言葉ではないかも知れないが…ざ ま ぁ m9( ^ Д ^ )wwww
すみもりさい    [2017年 02月 23日 18時 46分]
平和主義を貫く正蔵さん(場合によっては物理で殴る)。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ