異世界で魔法を覚えて広めよう

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: YUKI  [2017年 10月 26日 01時 26分] ---- ----
一言
とても面白かったです!
出来れば学校ができてからの話も欲しかったですが…
あ、あと"小さいときからの記憶持ち"の方がいいと思います。
早秋    [2017年 10月 26日 07時 23分]
お読みいただきありがとうございます!
投稿者: さんかすたー  [2017年 06月 26日 16時 27分] ---- ----
良い点
楽しく読ませてもらいました
完結おめでとうございます
一言
生まれた時から記憶がある転生のほうが好みかなぁ
個人的には魔法がある!?いやほぉぉぉうって感じの転生しても子供らしさを失わない主人公だと読み続けたいと思ってしまう
逆に転生した両親の性格的遺伝全否定かよ!みたいな子供らしくなく中身がおっさんで周りの人に説教?するよう感じだと読む気がなくなってくる

前に出てる二重人格といっても知識だけあるタイプ、なろうでいうオットーフォンハイデッカーや異世界転生騒動記のような魂が2つ3つあるタイプなどいろいろありますからね

次回作も楽しみにしてます
早秋    [2017年 06月 26日 20時 20分]
感想ありがとうございます。m(__)m


転生のタイミングは、なかなか難しいですね。
仰っているとおり、前の人格全否定が嫌と言うのもよくわかりますし。
そこは、設定やらなにやらでカバーは出来そうですが……。
投稿者: ワイワイ  [2017年 06月 24日 18時 57分] ---- 男性
良い点
二重人格はワイワイした感じでいいかもと思いました
早秋    [2017年 06月 24日 20時 32分]
うーむ。二重人格ですか。
そんなつもりはなかったのですがね。
どの辺がそう思われているのでしょう。。。
投稿者: 銀色の妖精  [2017年 06月 20日 22時 05分] ---- ----
気になる点
えっもうこれで終わりなの。結構楽しみにしてたのに....。
早秋    [2017年 06月 24日 20時 34分]
(返答遅くなって申し訳ありません)

続きを書くとしても、別の話として書くと思います。
……今のところまったく、なにも(プロットなど)用意していませんがw
投稿者: 常世神命  [2017年 06月 20日 07時 55分] ---- 男性
一言
お疲れ様です
小さい頃からに一票で
早秋    [2017年 06月 20日 08時 02分]
ありがとうございます!
投稿者: マムマム  [2017年 06月 20日 00時 47分] ---- ----
良い点
面白かったです
最後まで毎日更新で安心して読めました。
一言
小さい頃からの記憶持ちを読みたいです。
これからも頑張ってください。
早秋    [2017年 06月 20日 07時 23分]
お読みいただきありがとうございました。m(__)m
投稿者: 猫人族  [2017年 06月 20日 00時 28分] ---- ----
一言
完結なのですね。まだまだ読みたかったです…。もし続きを別作品で書かれたなら読ませて頂きますね。
早秋    [2017年 06月 20日 00時 40分]
そう言っていただけるとありがたいです。

セ「どこかでまた会えましたら、よろしくお願いします」
投稿者: KID  [2017年 06月 20日 00時 01分] ---- ----
良い点
終わりそうな雰囲気だなーと思ったらほんとに終わった!
変に間延びするくらいならさっくり終わってよかったと思います
まだまだ何やらあるみたいなので楽しみにしています
きっとセイヤの死に際とかに神様が関わってると思うから赤ちゃんのフリは嫌だとかでかなり早いけど後から記憶復活かなと思います
気になる点
1番気になるのはお兄さんの巫女のこと…結局誰だったのかわかんないんですが…読み飛ばした?
あとはセイヤの優秀な妹と途中から大人しくなった母親がどうしたかですかね。
結構、未解決というか投げっぱなしになってることありますよね?
神様にもらった訓練所とか最初しか有効活用されてないし。
転移のみの学校立てるならあの不思議空間に作った方が良かったのでは?
一言
誤字報告
ちなみに、この世界では、上流社会でも結婚式に白いドレスを必ず切るという習慣はない。
こちらの世界にも白いドレスを必ず「切る」習慣はないですよw
早秋    [2017年 06月 20日 00時 39分]
どんな猟奇的な結婚式だ! Σ(゜Д゜)

ご指摘ありがとうございます。
修正いたしました。



仰る通り、投げっぱなしのままで終わっているものは結構残っていますね。


以下、ちょいネタバレ
-----------------------------------------

お兄さんの巫女は、本編にも書いていないので、読み飛ばしていません。
言い訳ですが、あまり本編(魔法)とは関係ない話なので、すっとばしてしまいました。

マリーは、学校ができてから大活躍していますw

母親は、セイヤには手出し不可と判断してすっかり大人しくなっています。
その代わりに公爵を出した次第です。


注)
神様の訓練所は、完全にセイヤ専用なので、学校に利用することはできません。
途中の変化はありましたが、人数制限ありです。
なので、不思議空間に学校を作ることはできません。
あまりにチートすぎるので、そんな制限になっています。
あとは、セイヤが死んだらなくなってしまいますしね。
投稿者: 藤乙  [2017年 06月 19日 21時 50分] ---- ----
一言
おうっふ?! いきなり終わった!? Σ (T◇T; )/ /

個人的には「幼少から記憶を持っていて、でも韜晦してる」が好きです(^O^)/
早秋    [2017年 06月 19日 21時 53分]
実は第四部が始まったときには決めてましたw
が、途中で言うのもおかしいかなとおもって、ぎりぎりまで黙っていました。
投稿者: ソラト  [2017年 06月 19日 21時 45分] ---- ----
一言
とりあえず本編(一章?)完結で良いのですかね?
もし完結ならおめでとうございます

正直、物足りない感が強いのですがそこは作者様の自由なので仕方ないですね
でも出来ればもう少し読んで居たかったのが本音ですw

因みに自分は小さい時からの記憶持ち派ですかね
早秋    [2017年 06月 19日 21時 51分]
物足りない感は、よくわかります。
ですが、区切りがいいのも確かで、どうせ続きとして書くのであればいっそのこと別の話として書いてしまったほうがいいかなと考えた次第です。
(すみません。その続き話を書くかどうかは未定です)


小さいときの記憶持ちは、セイヤのときに使ってしましたからね。
区別するのが大変そうです。
(却下するという意味ではありませんw)
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ