織田家の長男に生まれました

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 鈴木颯手  [2018年 01月 19日 14時 12分] 18歳~22歳 男性
良い点
兄に似た獅子丸に信長一目惚れか?きっと信長の心境は養子と言うより夫にしたい…かも?恋愛経験ないから自身がないな。
気になる点
例え本人がそう言う理由じゃなく獅子丸を継がせようとしても周りはそう思いませんよ。
投稿者: たまま  [2018年 01月 19日 10時 27分] ---- ----
気になる点
>俺がそんな理由から獅子丸に家督を継がせようとしていると思われるのは厄介だ。
>何故ならそれは、俺が、長男でありながら家督を継げない事に不満を抱いているという事になるんだから。

いやいやw
信長や信秀はわかってくれても周囲はそうは思わない
間違いなく安祥家を危険視して叩くための大義名分にする
それこそ家康のやった君臣豊楽より遥かにわかりやすく誰でもそう思う理由になる
なのに生まれた順にしただけとか呑気すぎる
どうせ子供は生まれないし養子は必要なのだから養子に出したほうがいいと思う
それこそ主人公は信長に子供産ませるとかノクターン行きしかねない技使わない限り本家が続かなくなるしお家騒動の原因になる
投稿者: 黄金  [2018年 01月 19日 04時 00分] ---- ----
一言
えっ?信長さんどうしたの…(ニヤニヤ
投稿者: TERU  [2018年 01月 19日 01時 58分] ---- ----
良い点
 獅子丸が信長の養子ってのはいいアイデアな気がするな。
 妾の長男と正妻の長男、跡継ぎになれるのは一人だけってので騒動になる所、両方が跡継ぎになれるってのはこの上ない落としどころだと思う。
 しかも、遠くに出されるわけでなく、妾の長男が主家の跡継ぎってのは大抜擢もいい所。
 長広の正妻妾関係なく第一子が跡継ぎと言うので一応は納得していても、於大辺りは正妻である於広の子が安祥家を継ぐのが一番いいと考えていそうだし。
投稿者: プチッとまと  [2018年 01月 19日 00時 35分] ---- ----
一言
むしろ、その兄似の地味顔が良かったんじゃ?(笑)
お兄ちゃん大好きっ子なのにツンデレだからねー。
投稿者: bb2011  [2018年 01月 19日 00時 00分] ---- 男性
一言
活動報告での返信有難うございます。
鉄が輸入というということは、素材の購入にも
かなり金がかかっているということですね。
この時代内戦続きで日本の中での生産性が落ちて
いて、慢性的な武器不足・物資不足になってきて
います。
それを考え鉄を全量輸入しているとなると、
まとまった鉄の購入にはかなり計画性が必要
になりそう。
因みに江戸中期以降の砂鉄の価格は、約60kgに
付き、上鉄が銀52匁8分、中鉄が50匁8分、
下鉄が32匁、平均すると44~45匁だとか。
-山崎町平瀬氏文書

この価格より高くなる可能性もありえますが、
江戸期は武器の製造が規制されていた事を考える
と武器・兵器用の鉄の需要がある戦国期だと
「もしかすると」多少は安くなったのかも??
投稿者: bb2011  [2018年 01月 18日 23時 41分] ---- 男性
気になる点
史実日本において「兵站」という言う考え方や
概念が出現するのは、火縄銃出現からが始まり
だそうで。
そういう意味では今川家は当時の国としてはかなり
先進的なんでしょうね、流石大国。
尚、一人の兵士が身に付け(戦闘)行動できる
弾薬数の上限は早合を用いても30発程度だとか。
(二-三匁用早合とした場合)
携行弾数が現代の感覚からすると妙に少なく
感じるのは早合その物を身に着け持ち運びが
可能な装具が無いか、普及していなかったから
のようです(ガンベルトのような物のこと)。
早合は火縄(紐の代わり)に結びつけ、肩掛けして
戦闘では持ち運んだとか。
身につけられない分の弾薬は別途「玉薬箱」
という箱を用意し持ち運びました。

火縄も重要な戦略物資で、木綿、竹、木を紐状に
したものに硝石を染み込ませ、確実に緩慢に火が
燃え火縄の先が赤くなり煙があまり立たない
ようにされた物が最も良いとされました。
一本の火縄は2mくらいの長さがあり3、4時間
程度は火種として持ちますが湿気には弱いのが
欠点です。
一言
信長が水力について話していますが畜力について
長広はアドバイスしないのかな?
この時代の日本だと、畜力となると牛か馬ですが
足りない家畜の労働力を大陸から持ってこれない
ものでしょうかね?
例えば大陸だと当たり前に使われている驢馬(ロバ)
とか騾馬(ラバ)の導入の促進は安祥のような未だ
中小規模な独立勢力からしてみれば非常に役に立つ
物だと思えます。

史実日本において驢馬が全く日本で普及しなかった
のは原因がわかっていないとまで言われております
が、これを安祥並びに織田家が独占的に扱って
国内の土地開発や農業に導入すれば他国でも普及
していきそうな感じはいたします。
活動報告での返信で津島を介して西国と取引して
いるとの記述がある事を思えば時間と費用はかかり
ますが将来的には大きな利益となって返って
きます。
ナポレオンもアルプス越えに際しては足腰が強く
タフな驢馬に乗っていますので、山がちな我が国
においての重要性は言わずもがなだと思います。
投稿者: 琉球  [2018年 01月 18日 22時 39分] ---- 男性
気になる点
誤字報告です。第131話
>田畑でそれを押して歩くだけで耕す事ができる機会を研究開発中だ」
「機会」→「機械」
>それでも第一子が男子出なかった事を心底から悔やんでいたからな。
「男子出なかった」→「男子でなかった」
一言
天下一武術会は単なるイベントというだけではなく、人材発掘の目的もあるはずですが、塚原卜伝は別として名前の出た風間太郎、神戸小太郎、加藤鳶助らは登用できたのでしょうか。剣豪は剣術指南役に柳生がいるので足りていますが、隠密系は幾らいてもいいですし、他家に仕官されるのを防ぐ意味でも好待遇で積極的に登用したいですね。
それと、話数が増えてきて、読み返す際に時間経過が分かり辛く感じます。ご提案ですが、例えば「天文○年」という表題で年単位で章分けしていただけると、とても分かりやすくなると思います。
投稿者: bb2011  [2018年 01月 18日 22時 08分] ---- 男性
良い点
銭を稼ぐという事が意外に難しいのも分かって
くるというモノ。
楽市楽座を実行するためには座が無くとも、その
商売の自由を権力者が保証出来るだけの武力も
持ち合わせている必要がありますからね。
後は度量衡の統一、この時代だと升の統一と関所
の廃止か通行税の無償化や格安化などが物流を
変える一助になるかも?
複式簿記を商人に導入させて、税制度改革とか
出来ればいいんだけれどまだ流石に無理か。
一言
常備軍(傭兵軍)の維持には金がかかるのは仕方
がないんですが、まだ安祥くらいの経済規模と
国力の国にはきついんでしょうな。
常備軍のいい所は農繁期であっても戦争が出来る点
にあるのですが。
歴史に学ぶのであれば一歩進んでスウェーデン式
グスタフ・アドルフの「国民連隊」制度の導入
とかでしょうかね。
それか孤児などに士官教育を受けさせて動員兵を
すぐに使い物になりやすくさせるとか?
投稿者: しゃあっ  [2018年 01月 18日 21時 14分] 50歳~59歳 男性
良い点
お金もうけは大変ですよね。常備軍は特に大変ですよね。 
気になる点
風魔小太郎と飛び加藤は、雇いたいですね。卜伝先生でしたか。強いわけだ。
一言
身内に甘いのが、織田家の良いところですね。甥っ子にメロメロな信長公ですけど、安心材料が増えますね。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ