理想のヒモ生活

レビュー一覧 ▽レビューを書く

世の中の男性の誰しもが一度は思うヒモ生活

投稿者: 本山本 [2017年 06月 15日 18時 39分]
先に書籍版を読んでからweb版を読みました。
どうせ書籍版と同じなんだろうなと思って読んだら、全然違う!
これはうれしい誤算でした!
ヒモには違いないのですが、決して楽ではなく、そういった意味では肩透かしをくらうかもしれませんが、すぐに物語りに引き込まれてその点は気にならなくなります。
書籍はすでに9巻まで出ており、web版は更新頻度は低いですがちゃんと続いていて、両方とも今後が楽しめます。
書籍版しか読んでいない方、または今までこの作品に触れていない方、楽よりも苦のが多いヒモ生活をどうぞお楽しみください!

更新・・・よかった^^

投稿者: midnight1100 [2017年 05月 16日 02時 25分]
もう、更新されないのかと 半ば諦めかけていました所
本日更新^^ノ。嬉しいやらホッとするやら^^ 
ご病気でもされてましたか? 「小説を読もう」と「ヒーロー文庫」の両方に別々のストーリーでの投稿というのは
相当きついとおもうのですが^^;、個人的には同じストーリーで構わないとも思ってしまいます・・・・。
 でも、フレア王女の話はぜひ読みたいですww^^;
すぐには難しいのでしょうけど・・ヒーロー文庫 9巻目
楽しみに待っています^^。あ、でもお身体にはお気をつけください・・・・・ペコリ(o_ _)o))

これは面白い作品でした。

投稿者: かきくけ虎龍 [2014年 09月 06日 22時 18分]
異世界と現代社会の価値観の違いや文明の違いを上手く取り入れた作品だと思います。
主人公・・・まさしく理想的なヒモ生活です。
等身大の主人公の行動やあったかな家庭のあり方など、とてもほっとする作品です。
ストーリーも文章も安心してよめる作品なので、是非、皆さま、この作品を読んでいただきたいです。
チートではないのですが、異世界系の一つの形としてとても満足させていただける作品です。

書籍化に関してはタイトルを少し変えて欲しかった

投稿者: えるぴす [2014年 06月 23日 17時 16分]
男の部屋にあると女子に見つかった時の破壊力がやばい小説ランキング上位入賞作。

男としてはかなり夢のある話。
少々ご都合主義な所もあるが矛盾点も少なく素直に楽しそうだなと思える。

テンプレである異世界転移小説の中でも電気を持ち込んだ作品というのはかなり珍しい部類で、それらを魔法を覚え活用し続けるという発想も面白い。

書籍化以降投稿ペースが遅くなったのが残念。

所謂「異世界トリップ物」の、理想形の一種。

投稿者: 瀬戸内弁慶 [2014年 05月 13日 14時 51分]
この作品はファンタジーですが、主人公は戦いません。あくまで等身大のリーマンです。

冒険どころか国の外へも出られず、大体は後宮や謁見の場にて女王の夫としての役目を果たしていきます。

あらすじを書けば変化がなさそうなストーリーに聞こえてしまいます。

でも、この作品の凄いところは、「そんなあらすじを面白く肉付けできること」。

主人公善治郎の活動範囲は狭いですが、その中にもな苦難が待ち構えています。
こうした作品ではあまり描かれない、言語、文化の違い、病、他国との外交。夫婦でそうした危機と協力して向き合いクリアしていく姿は、ひたむきで愛らしい。
当然文明の利器や有利な情報は善治郎も持っているわけですが、彼に好感が持てるところは、その知識の使い方が上手いところ。
知らない現代知識は改めて勉強し、失敗があれば教訓とし、次に活かす。そんなひたむきさが読者の共感を呼ぶ、異世界奮闘記です。

家電持ち込み異世界モノ

投稿者: いき [2014年 04月 13日 11時 00分]
お話自体はよくある文明の発達してない異世界へ飛び、知識等を有効利用するストーリー、この手としては珍しい家電持ち込み
主人公は基本ほぼ後宮に引き籠っているので冒険要素はなく、王や貴族の政治的駆け引きがメインで描かれている点が独特です。こういう駆け引きはある程度頭を使って考えなければならず執筆活動が大変だろうなと推察できます

不満点として、一度異世界から戻り準備期間があった割には準備が適当で家電の扱い等も現実無視しているのでそこは読んでいてかなり気になりました
(使い捨てのボールペンよりしっかりした素材の万年筆のがいいだろとか、液晶ディスプレイは数年でダメになるから必要な資料はほかの媒体に残した方がいいんじゃないかとか冷蔵庫もそのうちコンデンサがいかれたりして壊れる、等を考慮せずリスク管理無視で使っており全然感情移入も共感も出来ない)

今後の展開に期待。ただし年単位で見守るべし。

投稿者: 白樫黒霧 [2014年 02月 12日 22時 02分]
突如召喚させられた主人公を待っていたのは褐色巨乳美人の女王だった。魔法が存在する異世界で王になってくれと頼まれ、了承し、一度現代に帰宅。カーペット一枚分の現代生産物と教養を活かしていく内政チートもの。
とはいっても急激な変化を及ぼすほど内政は簡単ではないようです。
まだ作品内の時間はそれほど経っていないのでチートしている雰囲気は乏しいですし、他国との関係調整とかで面倒なことばかりしてるので主人公の国の発展は大分先になりそうな予感。
キャッチーな設定で序盤は楽しく、中盤以降どのような展開になるか期待の持てる作品ですが、なにぶん更新が長いこと止まっているので長い目見守るように楽しんだらよいかと。

理想のヒモ生活を読んで

投稿者: 山田平 [2013年 09月 23日 21時 33分]
楽しく読める作品だと思います。
設定は難しくなく、文章はさらりとしていて読みやすく、残虐なシーンも特にないので若い人でも読みやすいのではないでしょうか。
特に設定が面白いので、今後どうなっていくのか楽しみな作品だと思います。
欲をいえば、もっと主人公が現代の知恵を使ってヒロインの政治活動を手助けしてくれるシーンが増えると嬉しいです。
書籍もネットではない書き下ろしもあってお勧めです。

がんばる社会人のファンタジー

投稿者: トルマリン [2013年 08月 20日 20時 25分]
この主人公は、社会人としてブラックな会社で地道にがんばって
25歳で300万以上の貯金を溜めてから異世界にきていたり
ヒロインは年上で長身長迫力系美人でアラサーで
他の男を道具扱い出来る位有能で強気
チートも本人自身が活躍するわけではないし
ヒモだから目立つわけにはいかない、わかってくれるのは嫁だけでないといけない

ここまで生臭いと若い学生さんには、共感しにくい可能性が高いと思う
でも、これが社会人ならどうだろう?

あくまでも嫁一筋、家庭円満第一でハーレムなし
内政チートもクリアしないといけないことを、やるべきことを、できることを、こつこつと、じっくり、
300万の価値を知り、社会人として苦労してる人なら、共感できることは多いと思う

ハーレムやオレTUEEEの爽快さもよりも
家庭円満の難しさ、大切さ、そしてその幸せを知って
こつこつとがんばってる社会人にお勧めのファンタジーです。

技術開発から俺tsueeeeか?!

投稿者: えねるーぷ [2013年 08月 17日 16時 43分]
文明格差のある国の婿になり、現代知識無双で国力を高めるというよくあるネタ。
しかしながら主人公は一般のサラリーマンであり、強大な武器を持ち込んでの貢献はしない。
どうも彼の描かれ方(立ち位置)は、社会に根ざした高度知識を提供する事のようで、これこそがこの本の面白さであると言える。

実際の国を見ても、優れた技術と産業基盤を持つ国は外交面で大きな切り札となっているし、今後、どのような技術を国にもたらし国(産業)を発展させて行くのか楽しみです。

(ラノベでお約束な馴れ馴れしすぎる人間関係はあるにしても)外国との駆け引きや、マナーもしっかり描かれているため、ティーンズ以外の方でも稚拙さをそれほど感じずに読めるのではないでしょうか
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ