0から始める小説の書き方徹底講座!

レビュー一覧 ▽レビューを書く

読もう! よりもなろう! 向け-読者向けより作者向け

投稿者: キャトルミューティレート [2016年 10月 28日 11時 46分]
 その小説を初めて書き始める前に読んで、
 その小説を書き始めてから読んで、
 その小説を書きながらも読んで、
 これからどう書いていくか頭に描く時にも読んで、
 そしてその小説が完結しても読んでいると思います。 

 どのタイミングで読んでもきっと役に立ちます。 
 
 書いた通りに出来ていないなんてザラで、私は書き始めた当初このエッセイ読んで

「何言ってるのか分からないヨー!」

 でしたが、書き続けて行って、

「そぉいうことかぁぁ!」

 やっとその意図が分かって衝撃を受けた事が何度もあります。今後も続きそうです。

 悔しいです。もっと、次の作品にはやっと理解出来た事を組込んで! なんて。

 そうして次へ、また次へ、作品への創造意欲が駆られます。

 なるほど、こんな読もう! なろう! への貢献方法もあるんですね。
(え? の割にお前の作品誤字脱字多くない? 聞こえないっ!)

小説を書きたい方へ

投稿者: SAKIMORI [2015年 11月 10日 22時 41分]
 小説を書き始めたい方、小説を書いていていきずまってしまった方には、かなり分かりやすいエッセイだと思います。
 まだすべて読み終わっていませんが、しっかりとプロットの書き方からキャラクター創作、はたまた文章作法まで丁寧に書かれており、小説初心者の私でも以前よりこのエッセイを読んでからのほうがとても良いものが書けるようになりました。

プロテクのフリー配布! 小説ラブが胸を打つ!

投稿者: コスミ [2013年 08月 02日 22時 40分]
驚異的な作品だと思います。

プロコンビによりみっちりと書き込まれている点。
+、見ず知らずの不特定多数の初心者を、プロレベルまで押し上げてやろう、という謎なまでの無償の優しさ。

まず、プロさんならば、ココでエッセイを書く労力を作品執筆にスライドし、マニー稼ぎに勤しむこともできるのです。その条件を踏まえた上で、こうした、見ず知らずの不特定多数の執筆初心者へ向けて、なぜか、無償で、このような綿密な成長戦略を伝えている……。

もはやファンタジーです。

彼らを突き動かしているのは、どんな心意気なのか……。
プロとか云々カテゴライズする以前に、僕は、彼らを創作者として心底かっこ良いと思い、また、そのような先輩がいる業界を惚れ直し、そして憧れ直した。
とにかく心意気に大変しびれる作品である。正直、まだチラ読みの斜め読みで内容は頭にそこまで入っていないが(!)、この魂こそを、僕は目指したい。

まずはこう言う作品からですね!

投稿者: 山中一輝 [2012年 12月 27日 20時 15分]
まだ読んでいる途中で、

その上沢山書いていて、

書き過ぎて失敗して書き直し中と言う馬鹿者です。

大切なのは何事も基本です。

読む度に思い知らされます。

そうは言っても学習能力が無くて

それ程良い作品は書けていません。

自分で言うのも何ですが、

勢いが良いのは良い事ですが、

編集等や割り込みも出来て便利ですが、

便利な物に頼り過ぎてはいけません。

まずは他の人の作品を見たり、

こう言う物を見て、基礎からの学習を

忘れてはいけません。

初心に戻ってみましょう

投稿者: 白黒帽子(victor) [2012年 02月 01日 22時 59分]

 小説を書きたいときには、ここに立ち寄ってください。または、どのようにすればいいのか、と迷ったときにも立ち寄ってください。
 ほんのちょっととした時間で読めば、すぐにどのようにすればいいのか理解できます。このエッセイはそれぞれ簡素にまとめられ、いくつかの例も載っているのでわかりやすいです。
 小説を書いている方や、まだ書き出そうと迷っている方は一度読んでみてはいかがでしょうか?
 あなただけの小説は、ここから始まるかもしれませんよ?
 

小説を書くときには

投稿者: 退会しています [2012年 01月 15日 20時 02分]
小説とはどのように書くべきか。小説を書くときには、どのようなステップを踏んでいけばよいのか。
それがこのエッセイにはすべて詰め込まれています。
ところどころに分かりやすい例まで組み込まれてあって分かりやすいし、簡潔にまとめてあるので短時間でも小説の書き方をしっかりと理解できる。

これから小説を書く方はもちろんのこと、今一度初心に帰ってみたい方にもお勧めします。
小説を書く前に、ぜひこの作品をご一読ください!
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ