この異世界で一番美しいものを探す旅

レビュー一覧 ▽レビューを書く

「一回くらい、全力で生きてみたいと思ったんだ」

投稿者: n [2017年 04月 21日 20時 39分]
この作品の魅力は、主人公とその仲間達にあると感じた。

現世での様々な出来事でひねくれてしまった彼は、偽善を良しとせず、事あるごとに露悪的に振舞おうとする。しかし彼が人の痛みが分かる、心根の優しい人物であるということを仲間達は皆理解している。

懐疑的で、気の利いたことも言えず、常に相手のことばかり考えて自分の居場所がなくなることに強く不安を覚えてしまう彼が、異世界で初めて仲間を得て、旅をして、成長していく物語。

レビュータイトルは物語の終盤で彼が放った言葉である。
異世界転生モノならではの、最高にアガる台詞だと私は思うのだ。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ