軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!?

レビュー一覧 ▽レビューを書く

途中で切った人のレビューです

投稿者: みーぽこ [2017年 07月 30日 19時 11分]
※私は途中で読むのをやめました。それを踏まえてのレビューであることをご了承ください。

いろいろな武器・兵器が出てくるのは良いのですが、興味を持った武器をググって一番上のページを見るとどこかで見たような説明文章が・・・丸パクリではなくせめて自分の言葉で噛み砕いて説明してほしかったです。(ワスプナイフなど)

わかりやすい文章なのは良いのですが、同じ文章の繰り返しで字数を稼いでるところが気になりました。クリスが口ずさむスナイパーの歌など既に前章で英訳と和訳で載っているにも関わらずまた別の章で同じく英訳・和訳で繰り返したり・・・(しかもとんでもなく長い)

あとは全体的に無職転生に似てると思いました。(竜族、魔族、獣人族などが存在しそれぞれの名前を冠した大陸に住んでいる等)


楽しい、対戦車兵器も欲しい!!

投稿者: 秋月ひなた [2017年 07月 15日 15時 00分]
ストーリーも出来ていて面白いですし、出てくるキャラも個性的で楽しいです。

時間が無く、全て読んでいるわけではないので、分かりませんが、個人的にRPG7やパンツァーファースト3などの対戦車兵器を使って巨大ドラゴンを倒すみたいなシーンが欲しいです。もし、そんな感じのシーンがあったなら、謝ります。すいません。

※個人の感想です

投稿者: 三重のカツオ [2017年 01月 06日 12時 55分]
異世界転生モノが大好きで、たまたま出会ったこの作品に夢中になりました。最初は。
ストーリー構成等もわかりやすく、読んでいてすごく楽しいです。最初は。

…途中からの展開がうまく行き過ぎている気がしますし、無双は無双でも何か引っ掛かる、あるいは爽快感が皆無に等しいです…。
そして、敵のバリエーションや外部の思惑の描写も不十分だと思います。
ですが、全体的にはキャラ一人一人の個性、性格が物語にうまく影響を及ぼしていると感じられ、伏線ばらまいて未回収、という訳でもないので…そういう意味では「安心できる」作品と言えそうです。

この作品はギャグ作品です

投稿者: [2016年 12月 29日 11時 48分 ()]
タイトルの通り、この作品はギャグ作品です。
途中まではシリアスパートとギャグパートが別れていますが、終盤23章からは理不尽なギャグがシリアスを駆逐します。
よって、最後までシリアスな展開を望む方には全くお勧めできません。
また、そのギャグによる駆逐がサブキャラによって為されるため、俺TUEEEEを望む方にもお勧めできません。
ハーレム展開になるまでも以外と長いので、お手軽ハーレム物を読みたい人にも向きません。

読んでみて! 損はさせない!

投稿者: Kaih [2016年 10月 24日 00時 58分]
《ネタバレ注意!》
私は一話の登校日から読ませて頂いているのですが、当時はまだライトノベルというものにあまり触れたことが無い私でもすぐ読めました。
主人公は能力チートではありません。
魔法世界というのに魔法もロクに使えません。
ですが転生前、軍隊オタクだった為、《使えない》と言われている魔法液体金属と言う、イメージで形状が変化する魔法道具を使って、現代兵器を作り上げていきます。
最初はS&W M69や、AK47などを作って暴発させて孤児院の先生に怒られたり、資金が足りなくて『リバーシ』を作って金儲けしたりして、この世界で生きていく、その準備をします。
この作品の見所は、主人公による武器の解説だと思います。
特にガンオタの方。ぜひ一読してください。

215話に訂正部分あり。

投稿者: れもん [2016年 06月 27日 04時 54分]
この小説を楽しく読ませていただいています。

ところで本題には入りますと、修正場所は12章
第215話 クリス、15歳――『クリス15 絶対不可避!? 弾丸芸術(バレット・アート)! 後編』です。
跳弾の説明について、舗装道路の説明が被っています。
恐らくエネルギーを失わないという点の修正について、どちらか一方の消し忘れかと。

修正よろしくお願いします。

もしや中国製武器を出番をすればどう思う?

投稿者: 柏原成里 [2016年 02月 29日 23時 07分]
例えば“QBZ-95”ライフル、“QSZ-92”拳銃、“QBU-10(AMR)”対物狙撃銃など。
その武器のパワーと精密を高い、“QBZ-95”や“QBB-95”や“QBU-88”は弾薬をお互いに通用(同じ5.8mm弾薬)、本当に便利。
「CAR射撃法」は聞いていますか?「Central Axis Relock(中軸線再び狙い)」という技です、特に拳銃に応用できる、近距離射撃を有利として敵は味方の武器を奪われる出来ない。←これが私のSuggestion
私も軍事類ライトノベルの作家です(タイムスキープに異世界到着した)、軍オタ同志としてここに、シスイさん頑張ろうせ!
http://book.sfacg.com/Novel/32979/MainIndex/

転生者リュートに降りかかる火の粉を払うのは……現代兵器。

投稿者: 中井 修平 [2015年 11月 20日 00時 02分]
中井です。
「小説家になろう」ユーザー登録前から読ませて頂いていました。
とても読みやすく、非常に面白いです。
書籍版の方も全て購入しています。

武器召喚、ではなく製作するので、他の異世界転生モノと比べて新しさを感じました。
初めてのアサルトライフルがAKというのも、ミリタリーマニアとして共感出来る点です。
(自分は西側兵器のマニアなので、西側兵器が少ないのが少しだけ残念ですがw)

武器を1から製作する点に着いても、とても勉強になりました。
特にAKのガスピストン方式について細かく、分かりやすい説明があったので、銃器についての理解が更に深まりました。

転生者リュート、次はどんな困難に、どんな現代兵器で挑むのか、この先がとても楽しみです。
ミリタリーマニアもそうでない人も、是非1度読んで欲しい作品です。

はじめてのレビューと、あとがきのGについて

投稿者: 桜ノ宮橘華 [2015年 09月 12日 21時 21分]
 思わず、レビューに走りました。
 初めまして、桜ノ宮と申します。

 リュートがこのピンチをどう乗り越えてくれるかと、楽しみに思ったときこのあとがきを読んで吹き出しました。

 冬になるとGは、北海道でも出現するそうです。北海道は寒いので、ずっと暖房器具を付けているからだそうです。

 私も、Gは大の苦手ですがこの夏に二回も登場してげんなりです。私の友達は、Gを気絶させることに特化しているらしくうらやまです。

P・S 続き、頑張ってください。応援してます。

とてつもなく面白い❗

投稿者: 鮪のユッケ [2015年 05月 12日 23時 17分]
3日ほど前から読み始めたのですがあまりに面白くついつい最新話までよんでしまいました。銃の歴史や説明等も面白く読めました❗とにかく面白くてついついながなが読んでしまうほど面白いです。また、どんどんリュートの嫁が増えていって展開が楽しいです。あと受付嬢さんがかなり怖いです(>_<)。また、主人公はエル先生とウォシュレットトイレが好きすぎだと思います。個人的にはクリスが一番好きです。とにかくこれからも更新がんばってください。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ