その無限の先へ

レビュー一覧 ▽レビューを書く

最高に熱い作品!!!

投稿者: おれさま [2017年 06月 10日 18時 12分]
この作品の魅力は……
まず戦闘シーンが熱い!!!
弱い敵に圧勝するだけの展開ではなく、格上との戦い。その戦いの中で成長して行く主人公達の強敵に立ち向かっていく様は本当に胸が熱くなります。
また、その戦闘シーンの熱さを際立たせているのが普段の何とない所に織り込まれるギャグシーンです。
キャラ達の魅力溢れる掛け合い、普段はふざけたようなキャラでも戦闘になると引き締まる。そのメリハリがとても良い作品です。

どこまでも泥臭く、どこまでも諦め悪く戦う主人公……
本当にかっこいいです! ぜひ読んで見てください!

登場人物達がとても魅力的

投稿者: Luke [2017年 04月 03日 00時 59分]
この作品、登場人物達が魅力に溢れています。
面白いキャラクター性、という意味でもそうですがそれだけではありません。考え方や歩み方みたいな物がとても良いんです。
主人公を含めた沢山の人達がそれぞれの考え方や、信じる物、目的を持っていて、それを糧に無限の先へと向かっていく。それがしっかりと描写されていて、様々なそのあり方が迷宮都市を、この世界観をより良い物にしている、そう思わされます。

そこが個人的に大のお気に入りでした。もちろんそれ以外にも魅力は沢山あるというか、ありすぎだろってくらいにはあります。バトルも面白いしコメディも面白いし展開も面白い。
色々な魅力がこれでもかと詰まっているこの作品。そんな中の一つを紹介させて頂きました。

無限の先に待つものとは?

投稿者: ハセネコ [2017年 03月 20日 21時 27分]
迷宮都市で冒険者になった主人公が人並みの生活を目指すお話。

そこだけ聞くと目標低いなとか単調になりそうとか思われるかもしれません。
しかし、ご安心下さい。
この主人公呪われてんかよと言う位不幸続きです。
というか中盤本当に呪われてることが判明します。
しかし、試練に見舞われても圧倒的精神力を持つ主人公。
へこたれません。挫けません。諦めません。
ひたすら無限の先を目指します。

貴方も一緒に無限の先を目指しませんか?

うはwwwおkwwwww

投稿者: デビぞう [2017年 02月 06日 05時 06分]
最初に心を折られて、そのあとで、やる気になった作品です。

まず最初に読んで、おもしろい!!!
(内容は割愛)
密かに、オレもか書いてみっかな~って思ってた心が粉砕されました。

そのうち、逆に負けてたまるか!
と思い、このたびなろうデビューした次第です。
偉そうに書いておりますが、わたしゃシロウトのチラシの裏なので、
本編をビビりながらも、心待ちにしております。

あ、サラダ倶楽部も面白いですよ~

そむげのレビュー

投稿者: ハスター [2016年 09月 14日 23時 10分]
最初は異世界転生でダンジョンという事で軽い気持ちで選んだ作品。
しかしいざ読んでみると作りこまれた世界、テンポよく進むストーリー、主人公による熱い展開、そして爆笑を生むコメディ要素。

個人的には今なろうの小説で最も面白く、単なる異世界転生やダンジョン物ではない素晴らしい作品です。

現在書籍化もされ注目を集めていると思いますし、アニメ化もされるかもしれません。

こんな素人のレビューですが、少しでも気になっていただけたら是非読んでみてください。

駄文失礼致しました。
このレビューは利用規約に違反する内容を含むため、運営により削除されました。

お勧めの転生ファンタジー

投稿者: 和尚 [2016年 06月 25日 15時 31分]
 なろう小説はいっぱいあるけど、転生ファンタジー系では一番お勧めできる小説です♪

 ただの俺つえーじゃなく、正統派の苦境を諦めず努力して頑張る所

更にセンスの良いギャグで思わず爆笑してしまう所

 魅力あるキャラに、面白い設定、文句無しですね

本として4巻まで売れてもいるけど、おそらくアニメ化もされるんじゃないかな?

 話は長いけど是非読んで見てください、後悔はしないと思いますよ

燃える!!『その無限の先へ』を読もう!

投稿者: アルツ・ハイマー [2015年 09月 11日 21時 06分]
異世界に主人公は転生して、ダンジョンを攻略する話です。そこだけ聞くとありきたりですが、そうではありません。まず、何でも願いが叶うという迷宮都市に主人公が向かう所から物語が始まります。その胸に人として最低限の生活をおくりたいという願いをこめて。さて、この物語の見所ですが、それはギリギリの状態で繰り広げられる熱い闘いです。主人公はダンジョンを攻略する事を生業とする冒険者となり無限回廊と呼ばれる未だ誰も踏破したことのないダンジョンに挑戦していきます。当然のごとくチートなどという野暮なものはありません。様々な困難にぶち当たりながら成長していく主人公とその仲間たちを見て、失った心の熱を取り戻してみませんか?日常回やギャグパートも秀逸です。

ほんとにおもしろいですわ

投稿者: イチ [2015年 06月 12日 04時 13分]
誰かが亡くなったり、別れなどのよくある感動のストーリーではないのに
目頭が熱くなり、鳥肌が立つほど読みいってしまうのは
YJのキングダムかこれぐらい。
とにかく読んでみてください
思わずレビューしたくなるレベルですよ!
一言で表すなら
絶妙
これですね!
更新待ちで毎日開くのは久しぶりですね
何気なく開いて更新されてたら家に帰ってゆっくり見れる状況まで我慢してから読ましていただいてます。

これを読まないとか、勿体無いにも程がある!断言しますが、絶対書籍化される作品です。

投稿者: 朝太郎 [2015年 03月 04日 13時 25分]
 コメディーとしても秀逸なのですが、それと平行してこんなに熱いバトルを描ける作者さんの才能、凄いです。

 多くの作品では、圧倒的力量で格下を蹂躙しているモノが多いです。
さながらアリンコをプチプチ殺しているみたいです。
昨今の多くは、そんなチートで無双バトルが多いですよね。その方が作者も楽です。

 でも蟻が戦闘中に成長し、猫を倒し、象を倒したら?

 無限の主人公達は、最初は蟻です。
 最初からご都合主義な力なんか持っていません。
全てにおいてジャイアント・キリングを成し遂げているわけではないし、負けてる時もある。
 なのに、熱い!こんなにも胸を熱くして、拳を握りながら読めるものないし、なかったです。

 今のうちに読んで、『無限はワシが育てた』と言っておきましょう。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ