VRMMOで妖精さん

レビュー一覧 ▽レビューを書く

読み手を選びますが、肌に合えばとても楽しめます

投稿者: 仮井 [2016年 11月 06日 14時 50分]
一話あたりの分量は少なめ、文章も軽妙で読みやすく今のところシリアスな展開も無く、肩の力を抜いて気軽に読めます・・・基本的には。

題名通りVRMMO物ですが、主人公はPC・NPC問わず周囲からの好感度が高いです。本人が戸惑う位に。
それと合わせて主要な登場人物は善人で、主人公に悪意を向けるような存在は滅多に出ない、ごく稀に出た時も周囲が全力で排除に掛かる為、一瞬でフェードアウトします。

故に主人公には優しい世界である筈の所が、ぶっ飛んだ変態(ただし、今のところ性的な方向は無し)が多すぎてバランスが取れていると言いますか、主人公は悪意なく酷い目に遭わされます。
因みに、一番の変態は未だ出番のない運営そのもの。

また、グロ一歩手前と言うか読み手によってはアウトな表現も度々来るので、楽しむにはある程度の耐性が必要かも?
それらを気にしない事の出来る読者にとってはとても楽しめると思われます。

最も貧弱にして邪悪な種族こと『妖精』

投稿者: メガネスキー [2016年 11月 01日 04時 10分]
 主人公、『白雪』はとあるVRMMOでランダムでしか選択できない『妖精』としてプレイし始めるが…。 
 『妖精』種族は極めて高い魔術適正を持つものの、極めて脆弱な肉体をもつ弱小種族なのであった…。

 人間に踏まれれば死ぬ、手に乗せられて持ち上げれるだけでGで死ぬ。可愛さの余り抱きしめられて死ぬ。死に戻りしてもさらにプレイヤーに潰されて死ぬ。

 しかし脆弱な割りに妖精は極めて危険な種族なようだ。
 妖精の魔力を人間に流すと『人間が溶ける』。そして溶けながらも『非常に気持ち良い』らしく妖精はそれを『美味しく食べる』のである。

 そうして最初の街から出ぬまま、白雪は実にマイペースに妖精ライフを送るのであった…。
 これはMMOとは特に関係なく、妖精さんがとにかく糞ヤバいことをする物語。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ