黒い炎と氷の刃

レビュー一覧 ▽レビューを書く

友情と嫉妬が事件を引き起こした2人の物語

投稿者: アラタナ ナナシ [2016年 08月 23日 10時 10分]
幼き頃から、いつも傍にいた2人の主人公である、ルージュと煌牙(こうが)。2人には、もう1人の幼なじみである巫女姫のレンがいた。

3人は固い友情で結ばれているように思われたが、心の内側では告げられぬ思いが湧き出しつつあった。
世界を破壊する「闇」と呼ばれる存在が3人の関係を大きく変えていく。

また同じように友情を取り戻せると信じる者、いざとなれば友情を捨てても戦おうと胸に秘める者、自分を犠牲にしてでも守りたい者を選ぶ者。
三者三様の思いが交錯するなか、3人の世界は大きく変わっていく。

そんな者たちとは少し離れた位置にいる、異世界転生者の香澄は、異世界への憧れと自分に課せられた役目を知る。
愛憎が入り乱れ、戦うことを余儀なくされた3人と転生者の役目が、世界を崩壊させる「闇」と交わっていく。

淡々とした文章と、大きな展開でもやや淡白な感じだか、大袈裟な書き方出ないのは好感が持てる作品だ。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ