その後のタイムトラベラーズ

レビュー一覧 ▽レビューを書く

死んだ後ってどうなるんだろう? 考えたことありませんか?

投稿者: 四島 村政 [2017年 07月 04日 22時 17分]
『死』

それは人のみならず命あるものには必ず訪れる瞬間
時間、場所、理由は様々ですがその時は必ずやってきます

考えたことありませんか?自分が死んだ後のこと
今まで生きていた世界から消えてしまうということは死んだ人の物語はそこで終わってしまうのでしょうか?

いいえ違います
ではどうなるのか?
それはこの作品を読んでいただければわかります

死者達が進む悔いを無くす旅
そこで巻き起こるドラマの数々を是非読まれてみてはいかがでしょうか?



私はこの作品を読んで人の数だけ物語があるんだということを感じました

人の死を扱った作品は多数あります
この小説家になろうでも転生を書いた作品が沢山あります

その物語の登場人物にこんな背景があったと思うと面白いと思いませんか?色々な想像が膨らみませんか?

そう思った方はこの世界に飛び込みましょう!

【完結】それぞれの人生、それぞれの想いを辿る旅

投稿者: 数々 [2017年 06月 09日 22時 02分]
本作はSFジャンルですが、本質はヒューマンドラマです。それも濃厚な。

話の中心は、タイトルにもあるタイムトラベル。しかし、ただ時を巡るだけではありません。
死者達が、それぞれの悔いを無くす、そんな旅に出ます。
旅の同行者達は様々です。老紳士、色黒の中年、不良少年、裕福なお嬢様、わけありの姉と弟。そして記憶を失った少年……。
個性的な面々の、それぞれの心残り。
失われた故郷、憧れの人、孤独、家庭内不和……。
もちろん辛い話もあります。
読まないでも済むように、配慮されています。ですが読んでいただきたい。

これでもかと涙腺に訴えかけます。お好きな方は是非ご覧ください。
重そうな話だと、敬遠される必要はありません。
サービス精神旺盛な死神や死者の国のスタッフ達。そんな面白い設定が、物語を読みやすくさせています。
苦手なジャンルだと、読まず嫌いしていた人も、ぜひチャレンジしてください!

死を考えると生を振り返ることになる

投稿者: 秋野 木星 [2017年 05月 19日 23時 41分]
この作者さんに出会ったのは、お気に入りの作家さんの感想欄から何人かを経てのサイトの中でした。本当に偶然の出会いです。それが毎日話をする盟友になるなんて思ってもみませんでした。

今朝この方の短編をお勧めしましたが、今度は最初にハマった連載の紹介です。
これは先頃完結したので完結作品の好きな方にも一気に読んでいただけます。

テレビや新聞、知人からの電話などで死は身近にやってきます。「お気の毒に」の一言で済ませていた裏側にこんなエピソードがあったかもしれません。
誰でも一度は経験する「死」
死を考えることで今の生を大切にしてみませんか。

心優しい作者の架空の世界へ皆さんも遊んでみてください。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ