超能力を使える女の子が俺を落とそうと必死に動いているけど、一人と付き合った時点で俺の人生が終了な件について。加えて世間は物騒です……

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 風宮 水零  [2017年 11月 15日 19時 06分] ---- ----
一言
完結おめでとうとございます。2日くらいで一気に読んでしまうほど面白くていつのまにか終わってました。次回作も楽しみにしてます。
くろい    [2017年 11月 16日 09時 14分]
感想ありがとうございます。
面白くてと言って頂けたのを糧にこれからも頑張ります。
投稿者: 苔の骨  [2017年 11月 15日 09時 07分] ---- ----
一言
落とし所が難しそうだったけど、完結お疲れ様です。
ちょっとした所から垣間見えるヒロイン達の魅力や、ヒロイン達との露骨な駆け引きで好木が油断して酷い目に遭うところとか、ハードなシリアスと綱渡りの日常?の書き分けも良かったです。
たぶん好木もこれ以上は酷い目に合わないはず…(最終話から目を逸らしつつ)
果たして好木に安息は訪れるのか。
イイ感じにモヤモヤする終わり方でした。

好木の青春ェ…
くろい    [2017年 11月 15日 12時 14分]
感想ありがとうございます。
ぶっ飛んだ作品なのに最後まで読んで貰い本当にありがとうございました。
投稿者: 返し縫いの鬼  [2017年 09月 20日 01時 59分] ---- ----
良い点
描写不足を感じるところもあるものの、冗長な説明が続くこともなく、納得しやすい立体感あるストーリーが繰り広げられている点。
気になる点
コメディではない?しかし一つのテーマに絞らない方が作り物感もなく、面白いと思えるのでノープロブレムです。実際のところがどうかはわかりませんが、作者様の書きたいものが書かれているように思えて読者も気楽ですしね!
一言
「尽くしている自分が好きなだけだ」等、たまにワッと驚かされる場面があったので気になって読み続けていたのですが、そうしていて本当に良かったです。
起承転結の転にあたるんでしょうか?確かにベクトルが変わるので読者は減ってしまうかもしれませんが、僕はとてもドキドキしていますよ。平等は無理だから優遇っていうのも理にかなっていて好みです。こちらの世界では優秀外科医等が能力者にあたるのでしょうか?皆1番上手い人に切って欲しいから稼いでも使う時間すらなく大変らしいですね、詳しくは知りませんが。
なあなあ系主人公から一歩踏み出そうとしている好君の活躍に期待しております!作者様頑張ってください!
くろい    [2017年 09月 20日 19時 30分]
超能力がある世界観なのに描写不足で設定が定まっていない感じになってしまっているのは自分でも分かっているので補足的描写を入れていく予定です。
とは言いつつも、例えば4章の設定は抽象的な設定ばっかりなのは、意図的に情報を抜いて感情移入しやすく余計なことを考えさせない様にとと言う目論見もありました。
でも、力量不足だったなと思うのでもう少し力を付けてからそう言ったチャレンジ精神は出していこうかなと。

さてと、ご質問にあった優秀な外科医等が能力者に当たるのでしょうか? という事に対しては明らかに足りてないなと思ったので間に合わせでここで一応どのような感じが説明させていただきます。

超能力者が確認されるようになってまだ半世紀も立っていません。加えて、主人公たちが生まれた年代以降に多く超能力者が現れ始めたので本格的に認知されたのは約10年ほど前。
もちろん、研究もされていますが、全然と言って良いほど研究は進んでおらず、超能力者が現れたとしてもそこまでの力が無くせいぜい、人から一歩離れた存在という認識がありました。
しかし、役立たずとされていた超能力者の中にはずば抜けて有用な超能力者がいることがわかり、捜索に力を注いでいるといった状況。

主人公たちの上の年代の超能力者は基本的に弱いというよりも数が少なく、あくまで超能力による医療行為や技術発展、経済活動に力をほとんど及ぼしていない状況。

つまり、世間が超能力の力を利用しようとし始めた黎明期といった感じです。
なので、当然能力を持った外科医が有名になっていることも、経済に携わる能力者が有名人となっていることはありません。

と今言えるのはこのくらいで本当はもう少し設定がありますがこれからの展開に関わるのでこのくらいで。

さてと、長々とした感想返しになりましたが、執筆意欲の沸く感想を下さりありがとうございました。

描写不足に関しては頑張って補完しますので、今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者: 簑天はるか  [2017年 09月 17日 02時 58分] 18歳~22歳 男性
良い点
波豆さんが可愛い
一言
お久しぶりです!忙しくて読めてなかったので先輩骨折時の若田部さんの看病あたりから一気に読みました。

皆が(好木的比較で)自重してくれて良かった!
なんか出てこないなって思ってた彼女がまさかこんな形で出るとは……急なシリアスでしたが、この作品は設定上めちゃシリアスかめちゃギャグかめちゃ変態にしかならなさそうなんで、あれはあれで自然というか書いて然るべきサイドだったのかなって思います。というか、作者様が最初から彼女をそのつもりで登場させてたのなら「いや、すごい!!」の一言です。

それでは最後にもう一回
波豆ちゃん可愛い
くろい    [2017年 09月 17日 16時 52分]
波豆さんに関しては実はすでにラブラブなイベントの伏線を引いてありますのでこうご期待。(相当後になるかもだけど……)
ちなみに中々出てこなかったあの子は初めから京香と絡めて物語を進める予定で書いていました。
とはいっても、展開案はいくつもあって割と柔軟にシナリオを作れるような伏線を用意し、実は4章が決まる前は本当にどの道筋で書き進めるか悩んでいましたが、やはり一番初めに考えたあのストーリーを採用しました。

感想ありがとうございました。
投稿者: 阿吽  [2017年 09月 15日 01時 34分] 23歳~29歳 男性
良い点
僕も妹様を膝の上に座らせてズボン汚したい
一言
妹様の話が解決してよかった…!

さらに以前の兄妹関係に戻れて良かった!(?)

バイト編楽しみにしてます
くろい    [2017年 09月 16日 18時 23分]
個人的にかなり無茶を通した章でした。
まあ、これからのお話は急な作調の変化はさせないで4章以前みたいな感じで進ませる予定です。
楽しみに添えるように今後も頑張ります。
感想ありがとうございました。
投稿者: ユーチューバー・イレーナ  [2017年 09月 04日 00時 31分] ---- ----
良い点
ヤンデレハーレムメンヘラーズとか全然うらやましくないなぁwwww
投稿者: 阿吽  [2017年 08月 31日 09時 56分] 23歳~29歳 男性
一言
妹ちゃんが殺したと思ったけど、これ…

いやまだ俺の妄想だし(´・ω・`)わからんわからん……

うわぁぁどうなるんだこれ一話から読み直そう
くろい    [2017年 09月 02日 00時 15分]
一話から読み直して頂けるなんて嬉しい限りです。
最近はバタついていて中々更新できなくて申し訳ない限りですが、忙しいのも少し落ち着き、時間の確保が出来る予定なので9月中に4章を完結させてみせます。
感想ありがとうございました。
投稿者: 苔の骨  [2017年 08月 27日 17時 29分] ---- ----
一言
「強すぎる力は危険1」の紙の話かどうかは知らないけど、なんとなく加奈の能力的に嫌な予感はしてた。

アレが強烈な臭いを放ってる時点でヤバいのはわかる(震え)
好木…好感度を改ざんして賢者モードを任意発動できる方向に成長しないと死ぬぞ‼
くろい    [2017年 08月 28日 00時 30分]
強烈なにおいを放っているも、作ったのは優しい波豆さん。
きっと、体に優しい何かで出来ていることでしょう。
実は書くのは辞めましたが、強烈なあれの後の方が実は地獄だったり……。

流石に優しかった波豆さんがいきなり極悪非道なことをしてくるのをたくさん見せるのもあまり良くないので強烈なインパクトを印象付けるために割と苦悩した部分だったりします。

感想ありがとうございました。
投稿者: 感想返信不要  [2017年 08月 26日 21時 54分] ---- ----
良い点
アレ入りごはんの時点でふるいにかけられてるからヘーキヘーキ。
気になる点
もっとマイルドな表現(汗、唾液入り)とかにしない時点で作者の趣味嗜好はわかってるはずだしね。
くろい    [2017年 08月 27日 03時 22分]
そうですね。
アレ入りのご飯の時点でかなりふるいにかけていたのをすっかり忘れていました。
ですが、なんでまるであれが汗、唾液入りではないかのように言われていますが、まだ私はあれがあれだと断言してないですよ。
とは言いつつもさすがにわかりますよね。
いや、私の口からは絶対にあれが何かは言いませんけど。



感想ありがとうございました。
投稿者: Adiantum  [2017年 08月 26日 21時 30分] 23歳~29歳 男性
一言
ここ最近の感想返し読んで思ったのですが
書きたい作品を書いてるのか読者をふるいにかけたいのかどっちでしょう?
いえね、構想を無駄にしたくないと感想返ししてるのもあれば振り回しても読んでくれる人のために書きたいと感想返ししてるのもあったのでどちらなのかと。


皆で殺れば怖く無い。
ヒロイン全員で殺りましょう。
とりあえず組織壊滅で。
くろい    [2017年 08月 27日 03時 08分]
私は決して読者をふるいに掛けるつもりはありません。
とは言いつつも、やはり四章からの展開は余りにも今までの雰囲気とかけ離れています。
なので、結局はふるいにかけてはいるんですよね……。
正直にいます、書きたい作品を書いて読者をふるいにかけてる両方です。
自分でも正直よくわかりませんけどね……。


さてと、皆でやれば怖くない。
ヒロイン全員で組織を壊滅……。
この点に関してコメントしたらネタバレしちゃいそうになるので割愛させていただきます。

前半の部分に関しては色々と考えさせられる点を再認識できたのでありがとうございます。
自分なりにもう少し色々と考えてみようと思います。

感想ありがとうございました。

― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ