蜘蛛ですが、なにか?

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 湯冷まし  [2018年 02月 25日 20時 43分] 18歳~22歳 ----
良い点
とても面白いですとても面白いんですけど、
衝撃の事実とまさか~がぴょんぴょんしすぎて
あたしの頭ももぴょんぴょんしますわー
投稿者: was  [2018年 02月 24日 15時 57分] ---- ----
良い点
主が唯一の神であること
偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
神の名をみだりに唱えてはならないこと
安息日を守ること
父母を敬うこと
殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
姦淫をしてはいけないこと
盗んではいけないこと
隣人について偽証してはいけないこと
隣人の財産をむさぼってはいけないこと
西側の歴史と政治全部これに当てはめられるな
主体性教育をあきらかにできなくしている
インターネットもマスコミも全部論理なきお気もちろんしかない工作絶対あるだろうな
@realDonaldTrumpのリプライツリーにつけまくってね
投稿者: was  [2018年 02月 24日 06時 45分] ---- ----
良い点
独裁国家の定義は嘘をつく国なのですべての国家がそうでクーデター可能 民主主義国は中国未満 人のせいにするの恥ずかしいぞ ほめるのは窓口でほめたほうがいいぞ 陛下に虐殺者の国賊を献上 コピペは憎悪を煽るためのbot 共産と自民裏でつながっているとしか思えん ネトウヨとパヨクそっくりだから分割統治されているんじゃないか感ある 判例は論理を無視したしがらみのゴミ フィクションには矛盾があるが法律には穴しかないサブカル未満 情報量を意識すると美文になります、文脈依存で極限まで圧縮すると読みやすい
異世界バカスカつかっているより堅実にターゲットに届くタイトルのほうがいい、埋もれる
投稿者: おばあさんB  [2018年 02月 20日 22時 17分] ---- ----
一言
書影が公開されましたね。それ主人公がする顔じゃねぇよ白ちゃんや
しかし、ついに蜘蛛要素が無くなってしまったな……ちょっと悲しい
だから次巻では異形の軍勢とその中心にに座する白とギュリと魔王とかを希望したいところ

満を辞して鬼君との邂逅。週刊少年跳躍でも鬼が大暴れする作品が大人気ですね。そっちも兄妹が関係している辺り、鬼と兄妹は引かれやすいのか
しかし読み返すと鬼君よく人間思いやれるな。自分だったら禁忌の内容知った時点で妹の生まれ変わり探すために人間牧場始めるわ
そしてシュン君に自分と同様、家族を守れず目的の為に妹を利用され何も出来なかった情けない兄仲間としてマブダチ宣言しつつ、妹がまだ生きてること、その歳まで一緒に入れたことをめちゃくちゃネチネチ僻むわ
投稿者: ステルスミキさん  [2018年 02月 20日 15時 17分] ---- ----
一言
登場人物紹介2あたりまで読みました。
白ちゃんのはっちゃけ具合はダンジョンのところが一番面白い。そして気づいちゃいけないことに気づいたかも…ポ、アリエル、マザー、シロちゃん(D)世界をまたにかけた、○○喧嘩、うん仕方ないよね、作者含めて家族みたいなもんだし、問題ない。きっと作者もクモだったんや
投稿者: ネリモノ  [2018年 02月 19日 02時 15分] ---- ----
一言
とりあえず
教室の隅っこで恐々とボッチ生活していた自分を保護しようとしてくれた先生に全部ぶちまけて
どうなるかを観察してみると良いと思います
投稿者: ひゃくごう  [2018年 02月 16日 19時 08分] ---- ----
一言
白さんに信頼できる仲間とかできたら皆んなに仕事投げまくってそのままニートになっちゃ(ry
投稿者: GUESS  [2018年 02月 13日 07時 52分] 23歳~29歳 男性
良い点
二周目読んでます
前半と後半でガラッと変わるのが面白いです。
鑑定様の影響は大きいですね(笑)
気になる点
既出とは思いますが
286の進軍する軍団のくだり
今回引き連れてきているのは、メラ率いる第四軍、鬼くん率いる第八軍、私率いる第九軍。その三軍だけ。

白さん十軍では?六軍解体のくりあがりなら鬼くんの軍が七軍ににくりあがると思います
投稿者: 白灰  [2018年 02月 11日 06時 02分] ---- ----
一言
連続更新乙です!

>挙句ユーゴーは若葉さんたちに利用されていたと聞かされる始末。
む? ああ、これは「305転生者会議」のあたりで語られていた「夏目くんの軍隊を囮にした」件の話ですね。
スーの父殺しとかの裏に、実は白織さんがいたことまでは、シュンくんはまだ知らないはずですし。


さて、シュンくんもちょっと成長したこともありますし、色々と事態が動きつつあるようですね。
なにより、白織さんが、ついにコミュ不足を指摘されました。
これは、話の流れ的にも大きな転換点になりそうです。
なにしろ、禁忌情報を得て以来、白織さんは読者にも真意が分からない存在として暴走しっぱなしでしたからね・・・・・・・・。
これからも暴走を続けるのか、あるいは、仲間を持てる存在へとその進むルートを切り替えるのか、それはやはり白織さんにとって重大な選択になることでしょう。

というわけで、次回も楽しみにしてます。
それでは、また。

投稿者: 大佐0918  [2018年 02月 09日 02時 22分] ---- ----
良い点
第四回D先生嬉しい
一言
今までは友達だし協力はしてたけど仲間じゃなかったのかなあ
ソフィアは白織が何をしようとついてきそうな気がするけど
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ