足リナイ脳ノ補イ方

レビュー一覧 ▽レビューを書く

もっと世の中に知られるべき名作。

投稿者: 多羅尾伴内 [2018年 01月 13日 02時 59分 ()]
私は今まで「なろう」読み専で、
異世界とか、悪役令嬢ではない、本当に面白い作品を探していました。
ある日、某スコップサイトでこの作品が面白い、泣ける、と書いてあり、
早速読み始めました。実際読んでみると、とても面白かったです。

主人公は発達障害を抱えていますが、自分の障害と真摯に向き合い、
その辺の下手な健常者よりもずっと真面目に生きています。
そんな主人公が、魅力的な女性と出会い、恋をするのですが……

私のつたない説明は置いといて、とにかく読んでください。
泣けます。笑えます。考えさせられます。そして最後は、作者様の力量に震えます。願わくは、この作品が皆さんの魂に響きますように……

君を笑顔にする為に

投稿者: 遠堂瑠璃 [2017年 10月 11日 19時 38分]
あなたが、一番大好きな人にしてあげたい事は、何ですか?
幼い子供のように不器用で、もどかしい恋心。
自閉症という症状を持つ主人公は、初めて好きになった女の子にその気持ちを上手く表現する事ができずに、いつもむず痒い想いをうちに秘めています。
その娘に、いつでも笑っていてほしい。ただ、それだけ。けれどできるなら、いつか自分の事を好きになって欲しい。
君を笑顔にする為に、できる事は何だろう。

恋をするって、ちょっと苦いけど、とても優しくて素敵な事。
この作品を読み終わった時、あなたもきっと、恋がしたくなる筈です!

泣ける!前向き!障がいを受け入れた恋愛物語

投稿者: 生島いつつ [2017年 08月 04日 00時 07分]
これぞエンターテイメント作品ではないでしょうか。
文章がとても優しく、ヒロインの髪をミルクティーに例えた描写は綺麗です。

作中で徐々に明らかになる主人公の障がい、自閉症スペクトラム。
それを障害ではなく個性と捉え、自立するために周りの助けも得ながら自分で考えて行動を始めます。
読み手の私は「自分はできているか?」と見直した次第です。
その行動の支えとなる愛する人、彼女との出会いが主人公を前向きにします。
彼女を喜ばせようとするその姿は健気で切なくて、心の底から応援したくなります。

現在本作はヒロインの抱えるものも明らかになりつつあり、作品タイトルの意味がわかってきます。
そしてそれがまたギュッと胸を締め付けます。

読むほどに苦しくて「お願い、二人に幸せを!」と叫びたくなる純愛ストーリー。
笑いもある。けど涙もある。泣きたい人には是非お勧めです。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ