俺と君達のダンジョン戦争

レビュー一覧 ▽レビューを書く

ゆるキャラ?ギャグ?知らない子ですね。

投稿者: ハセネコ [2017年 10月 25日 08時 29分]
近未来を舞台に各国から拉致された男女一組による祖国の未来を懸けたダンジョン攻略物語です。

この作品題名通りダンジョン攻略が主軸なのですが恋愛、ホラー、推理、他の国との外交などの色々な要素も含まれてるので飽きが来づらいですし、話もサクサク進むのもいいですね。

登場人物も人類最強覇気使いのヒロイン(君だけ出る作品間違えてますよね)を筆頭に鋼の心持つ野心溢れる主人公(あの仲悪いヒロイン達に挟まれて何故心病まないの?)、フランスから来た謎のエセ忍者(ナルト読みすぎ)など個性豊かなメンツが揃ってます。

ただ一点注意点があるとしたらフラグ立てちゃうと準レギュラーですら描写すら無くあっさり死にますので(被告人は後書きで最初から殺るつもりだった、やっと殺れたと供述)下手すれば全滅エンドすら有り得ることだと思います。

色々書きましたが自信を持って他の方にオススメできる作品なのは間違いありません。

人類最恐のヒロインと平凡(?)な主人公がおくるダンジョン攻略!

投稿者: ひょろ [2017年 10月 20日 23時 22分]
普通に暮らしていた主人公が気付いた時には別の場所にいてダンジョン攻略をさせられます!(⚠️異世界ではないです)

この作品、面白いことに私たちの時代ではなく未来のお話です。
既に第三次世界大戦が終了しています。
なので技術力はこの時代よりも上ですし、国家間の政治的な関係も違います。
さて、なんでこのことを明記したのかというと、もちろんこの物語の重要な部分に関わってくるからです。

とある理由からダンジョン攻略を任されるのですが、敵は超強力な魔物やエルフ、そして機械などですけど、主人公の戦闘能力は平凡です。
じゃあかなりギリギリの戦いになるのか?
いいえ、無双します。
主人公ではなくヒロインがですが 笑
ヒロイン人類最恐レベルですし、なんかもうこの子だけ作品のジャンルが違う気がします 笑
そこ以外は可愛らしい(?)のですけどね!
一応主人公も頭脳はかなり優れているのでそっち方面で活躍します!

サクッとバトルし、ドロッと政争

投稿者: さちーか [2017年 10月 07日 15時 19分]
この作品は無作為に選ばれた世界中のパンピーが、ドローンなどの近未来兵器を駆使して並行世界の軍隊とダンジョンで戦う物語……
主人公は日本人の探索者として、同じく日本人であるメインヒロインと共にダンジョン攻略を最速で駆け抜けていきます。

この作品の魅力は狂戦士と化したメインヒロインの無双と、外道に堕ちた主人公の鬼畜戦術。
第一章はメインヒロインによるゴリ押しバトルでサクサク進みます。
第二章は前半が主人公とメインヒロインの蹂躙戦術。
後半は政治闘争がメインになっています。

仁義なき病みっぷりを魅せる二人のヒロイン。
器の小さいビビりでヘタレな主人公。
個性的な他国の探索者、お茶目な日本政府、いつでもガチな敵モンスター。

彼らが織り成す物語を、是非とも読んでいてはいかがですか?
第二章の掲示板回は、掲示板好きなら一読の価値あり!

映像化されたらモザイクしかないかも。

投稿者: ふひと [2017年 09月 27日 06時 45分]
 内容を語る前に、まずはあらすじの一番最初の文章を見ていこう。
「フワッとした感じに書き上げられた、ゆるキャラ達の織り成すほんわかギャグストーリー!」
 うむ、内容を読んだ限りでは間違っていない。だから一読者として、もっと詳細に補足した。
「(物理法則が)フワッとした感じに書き上げられた、(狂気的な)ゆるキャラ達の織り成す(敵の内臓とかで)ほんわかギャグ(ダークさがないとは言ってない)ストーリー!」
 こんな感じである。

 この作品の持ち味は、何といってもハイテンションな物語なので、こんなレビューなんか見てないで、さっさと本文読もうね!

・まだ読みたい人向け補足
 政治とか掲示板要素とかあるけど、個人的には掲示板の再現度が高いのが高評価。結構簡素に書いてしまう人が多いから……。物語に謎が無いわけじゃないが、ひたすら戦争している感じなので、頭空っぽにして読むのがお勧め。

近未来ダンジョン探索物語

投稿者: 鋼鉄トーフ [2017年 09月 06日 09時 48分]
謎の施設で目覚めた群馬生まれの「上野 群馬(こうずけ ともめ)」。
彼を待っていたのは剣と銃とダンジョン&クエスト!(美少年と美少女も居るよ)
だけどもクエストの依頼主は日本国政府のお偉方で…頼れる相棒は総理の孫娘「高峰 華(たかみね はな)」
そして明かされる国家規模の代理戦争と生存競争。その裏側に潜むものとは!
この物語は戦闘狂剣客少女「高峰嬢」と、慎重だけどタングステンメンタル「ぐんまちゃん」による冒険譚である。あ!大型ロボが重戦車に轢かれたー!
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ