あのとき、僕は魔女の弟子になった

レビュー一覧 ▽レビューを書く

さざなみのように美しい表現

投稿者: バナセル [2017年 12月 07日 18時 34分]
17歳高校生の星野は、
同じ学校で『茨の魔女』と呼ばれる少女に “小説を書くため” の『弟子入り』をします。

青春期の心の不安定さ、どこか懐かしさを感じさせる情景が丁寧に“描かれ”、穏やかかつ美しいクライマックスへ導いていき――
すべてを読み終わるころ、読者にはゆったりとした感覚が訪れているはずです。

文章、情景描写など勉強になる作品だと思います。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ