魔書伝奇 あるいは四条維光少年の人生に突如として起こった、不可思議かつ波乱に満ちた冒険

レビュー一覧 ▽レビューを書く

ビジョンの画。から碾(ひ)く淵(ふち)へ祈る。

投稿者: 長めに漬けられん時計 [2017年 11月 14日 23時 48分]
 ルビをふる勇気は、自分が層へ浸潤する術に靠(たが)う縡(こと)への証(あかし)でも或(あ)る、だからこそブックは統一されて一本だけ。
 対す作品に詠む時、多様だけれども的を射(ゐ)るルビの巧みさを覩(み)ぬく。
 次第のルビは作者さんの華(はな)だと感じて。
 大河(たいが)の晷(かげ)を全て碊(うつ)せば。何でも无(な)ゐのだが、孤(ひと)りの肉体ゑ宿し安定する】からくり恤(じゅつ)【の旋風の状況へ載(しる)す䡉(こう)、尚(なお)の事に|宓《やす》らかの、墟(あと)は臨(のぞ)み。漶(はっきりしない)躄(ゐざ)の踢(け)を、残(のこ)せるのか?
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ