ドワーフの童話

レビュー一覧 ▽レビューを書く

素晴らしいドワーフの英知

投稿者: 退会しています [2012年 02月 14日 21時 04分]
ファンタジー童話である。カテゴリーはそれ以外の何物でもない。
だが本作がまず面白いのは、主役がドワーフであることだ。
王子でも王女でも村人でもなく、人間ですらない。
地下の洞窟に住み、小柄で、力が強く、手先も器用で、偏屈で風呂嫌いなドワーフだ。
ドワーフの国の王様とお后様が、この童話の主人公である。

この時点でかなり面白いのだが、本作はドワーフ王国で起こるさまざまな問題の中に、人間社会にも当てはまる普遍的な命題を織り込んでいる。
平易でかつ面白い文章のまま、様々な命題に挑んでいる本作は、まさに『童話』と呼ぶにふさわしいだろう。
文章はすべて一話簡潔。一話だいたい5000字くらい。そのとっつき易さも素晴らしい。
未だ完結はしていないが、読みやすい冬の童話祭のとっかかりにするのも如何だろうか?
ファンタジー世界好きならば、損はないと思える。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ