魔拳、狂ひて

レビュー一覧 ▽レビューを書く

血滾るヒロイズムの真髄です

投稿者: 退会しています [2015年 10月 26日 11時 56分]
とにかく熱くなりたい。すかっとしたい。ムカつくあいつぶん殴りたい。そんなもやもやした気分になったらこちらの小説を読めば間違いありません。
罪なき人を貪り尽くす妖怪やオカルトな魔物を拳ひとつで叩き潰すシーンはどれも圧巻です。ヒロイズムに徹している主人公を見ていたら、思わず一緒になって拳握りしめちゃうこと間違いなし。
基本はオムニバス形式で進行するので、好きな時に好きな話を選んで読める読み手に嬉し優しなエンタメ作品。
読み終わったあとは思わず気が大きくなってしまうのでご注意を!

呆れるほど熱血漢。それがよい。

投稿者: 室木 柴 [2015年 08月 22日 12時 35分]
 小柄だが筋肉もりもりマッチョマン、加えて悪人面とくれば大抵の人間は悪役だと思うだろう。
 だがこの作品の主人公《青木 衛》はそういった容姿とは裏腹に、いまどき珍しいほどの好青年。
 親切、お人好し、ストイック。
 困っている老若男女を放っておけず、人々を虐げる下種に烈火の如き怒りを燃やす。

 悪意に堕ちた狂人、己の欲望で他者を文字通り虫けらのように踏み潰す怪人、無辜の民を食い物にする外道。
 人智を超えた悪を拳で打ち砕く。時として追いつめられ、悩みながらもあの世この世の暴虐に殴り掛かる。
 その信念。怪異と悪逆を憎む心は最早狂気すら感じる。

 王道的魅力とライトノベル的ポップさが素敵だ。
 ポンポンと凄まじいテンポとスピードで進む物語は切れ味鋭い迫力すら生む。
 粗もあるかもしれないが、それ以上に熱意に満ちた作品。
 憂うばかりでなく熱くなりたい。そういった方にオススメ。

現代異能ヒロイズム小説

投稿者: 退会しています [2015年 06月 05日 13時 09分]
現代に現れた妖怪や怪物、悪人相手に武術で立ち向かう骨太ヒーローの武勇伝!
細かい理屈をごちゃごちゃこねる間もなく拳で悪を撃つ明快さが爽快!
細いイケメンとはひと味違うごっつい男前の魅力を見よ!たよりがいのあるナイスガイの正統派アクション伝奇小説です。
期待を裏切らない勧善懲悪のエンターテイメント、おすすめ!


― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ