ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

レビュー一覧 ▽レビューを書く

厨二ではない!これが大人の魅力だ!

投稿者: ツリー [2018年 02月 15日 23時 10分]
ぶらりぶらりと転生作品を検索中に出会った作品です

異世界転生ハーレムかな?と思い読んでみたらなんのその
この作者は読者のツボを掴むのが上手い!
子供の姿でダークヒーロー的な事されたらそりゃ同世代はおちます!
最強クラスの主人公・・・だけどそれを隠して学園生活を送るという王道焦らしから
たまにある人外クラスとの対決での爽快感!
ヒーローよりボスをお求めの方はこの作品を是非よんでください!

こんなにも泣ける作品に久しぶりに出会いました。

投稿者: 大栄カケル [2017年 08月 30日 20時 59分 ()]
感動したくない人は読まないで下さい!

そうでない人は、読んで後悔するような事はありませんので、是非一度は読んでみて下さい。

設定はあらすじの通りです。
この作品、とにかく主人公がカッコいいんです。
そしてヒロインが可愛いです!
ただの俺つえーとは違い、努力などもしっかりとしている描写もあります。

そんなキャラの良さだけではなく、物語の完成度も凄く高く、ほどよく笑えて、泣ける素敵なお話です。
私が読んできたなろう作品のなかでは珍しく、しっかりと泣かせにくるような感動が起こせる程のものです。ここまで感動できる作品はなろうでは珍しく、とても良かったです。

書籍化がされるのも納得です。
これを読んで、私は家族を大切にしようと思いました。感動や泣けるって言うと、安い涙頂戴物の作品に思われてしまいそうですが、そんな低度のものではなく完成され過ぎた作品です。

主人公がとにかくカッコイイ

投稿者: 基山 和裕 [2017年 07月 28日 21時 16分]
一言、とにかく主人公がカッコイイですね。弟子の成長を見守る親父さんみたいな感じで。
そしてその主人公の期待に応えようとして必死に努力するエミリアとレウスが健気でかわいい。

そしてその主人公も決して最初から強いというわけではなく、不遇な魔力適正を創意工夫で克服し、弟子と苦楽を共にして少しずつ成長してく…そんな姿に心が打たれます。

一番のお気に入りのシーンはやはり学園長とのバトルでしょうか。常に弟子を立てて、自分は影に徹していた主人公が真の力を見せる場面。読んだあとは本当にスッキリしました。
間違いなくオススメできる作品です。

これほどの良作は他にない!

投稿者: 真道一 [2017年 03月 14日 14時 06分]
異世界転生系とだけ聞けば、誰もが一度は読んだであろう、チートを備えた主人公がただ無双するような話を思い浮かべるはず。
ですが、この作品はそれらとは全く異なります!

まず、主人公が世間的には弱いとされている無属性な点。
人々の根底に根付く常識を、前世のエージェントとしての経験と様々な工夫を以て打ち壊し、最強へと登り詰めるその姿!
彼を見ていると、無属性の無は『無能』という意味ではなく、『無限』を意味していると思えてきます。

そして、もう一つ魅力的なのは弟子がいる点。
旅をしている間にハーレムを築いていく…的なものはよく見かけますが、弟子というのは中々斬新!
彼等が一緒にいるだけで微笑ましいですが、主人公と共に成長するが故に、より興奮を覚えます。

文章もボケやツッコミが面白く、読めば自然とのめり込んでいく事は間違いなし!
まだ読んでない人は、是非今直ぐ読む事をお勧めします!

冒険と弟子育成。その両方が楽しめる異世界ファンタジー

投稿者: 流星ガンホ [2017年 02月 16日 02時 44分]
すでに書籍化もされている有名な作品です!

最強のエージェントが異世界に転生した話です。
私が特に面白いと思った点は、この二つでしょうか?

①主人公は魔法に関して無属性(世間一般で弱いと思われている)というハンデを持っているにも関わらず、様々な工夫で最強クラスへとのぼりつめること。学園編のラストバトルは特に好きです。

②作品のテーマでもある「弟子を育てる」という点に強いテーマがあること。おかげで主人公だけでなく周りのキャラクターにも自然と愛着が持てるようになります!
特にレウスという獣人キャラの成長は読んでいて楽しいです。

少年編&学園編もワクワクと感動の嵐ですが、
その後の諸国漫遊の旅も美味しそうな食べ物を作ったり、面白い国を回ったりと読みどころが満載です(^W^)

是非、一度ご覧下さい。

面白です。ほんと

投稿者: ヘタレ眼鏡 [2016年 09月 03日 23時 13分]
異世界召喚、転生系の物語が多い中でマンネリ化してないところがとても面白です!そして何と言ってもキャラの設定がいい!一人一人の動作や発言その情景がまるで伝わってくるようです!最近、書籍化の準備がひと段落したそうなのでこれからのストーリーにますます期待しています! 追記 ホクトをもっと活躍させてもいいんだぜ?笑っ

言葉では言い表せない程。

投稿者: Deeth [2015年 11月 22日 15時 12分]
やばぃですぜこれは。私はまだ若輩者で読んできた作品も多いとは言えないけど、この『ワールド・ティーチャー』はそんじょそこらのラノベとは群を抜いて素晴らしいですね。普通の生活では意識しないような物事を強く意識させてくれました。これまで書籍化、アニメ化されたラノベはとても多いですよね。しかし、私はこの『ワールド・ティーチャー』こそが至高にして究極のファンタジー小説だと断言します。15年9月に1巻は発売されましたが、いいぞもっとやれどころか早く次を(ノシ 'ω')ノシ バンバンという思いですよ。
本当に素晴らしい傑作です。読んでいない人は、読んだ後、絶対読まなかった事を後悔するはずです。
\( ‘ω’)/ウオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーエミリアアアアアァァァァッッッッッッ!!!

滅多に見られない良作

投稿者: チビ [2015年 08月 12日 06時 02分]
この小説は、そうですね。まずリラックスしてみましょうか。
そして目の前にある料理を想像して頂きます。

一度口にすれば最初はさっぱりとした風味、確かな歯応え、されど噛めば噛む程味が出てくる深味、胃にスッと沈み、後に溢れる五臓六腑の歓喜の声。

デザートには是非ともケーキをオススメしましょう。

食後には可愛いわんちゃん達と遊んでみては如何でしょうか?


ボリューム、質、共に申し分無い素晴らしい作品です。

是非ともお目を通して頂きたい

素晴らしい! こちらの作品は読み応え抜群ですなぁ

投稿者: かきくけ虎龍 [2015年 07月 24日 20時 54分]
こちらの作品は『なろう現世で死んだエージェント教官が異世界に転生系自分に厳しく鍛え上げて異世界を駆け巡る風味』ですなぁ。

世界観、ストーリー、キャラクター設定のどれも素晴らしく、作品にのめり込んでしまいますなぁ。

個々のキャラクター設定や視点もよく練りこまれており非の打ち所がない良作ですなぁ。

皆様、7月の夜長にこちらの素晴らしい作品を読まれてみてはいかがでしょうか。

良質の冒険小説をオススメします。

投稿者: todo [2015年 03月 14日 20時 27分]
異世界転生モノ(作品)は多々あれど、冒険小説と比較出来る作品は多く無いでしょう。
例えばマイケル*ムアコック「エルリックサーガ」とか、神江京「放浪王ガルディス」とか。(敬称略)
読み応えの有る芯の太いまるで、あぁ讃岐ウドンの様な、、、すみません意味不明ですね。
正直 不満/不明点も有ります。転生前の職業から考えて主人公が「甘い」のでは?ないか とか、主人公と並び立つ「強敵(ライバル)とかいて友(とも)と呼ぶ」がいない(孫好きの筋肉お祖父さん?)とか。まぁ今後の展開に期待でしょう。

読んでみて下さい。私の駄文では語りきれません。ただし1人で。結構目が汗をかくコトが有ります。教室や職場、通勤電車での読書は御注意下さい。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ