スタイリッシュ武器屋

レビュー一覧 ▽レビューを書く

お気に召すまま?

投稿者: みかん [2017年 07月 29日 08時 01分]
この作品は読んだ人次第で受け取りかたが違う作品になるでしょう。

ギャグとして、とんでもファンタジーとして、ざまぁ物として、超越者のものとして。どう読むかは読んだ人のお気に召すままです。

私は、そうですね。魔法の国ザンスシリーズの片鱗をこの作品に見ました。もう少し言葉遊びが増えたら更に好きになれそうです。

現在はスポーツネタが書かれている為に、スポーツに全く興味がないために正直ピンときません。ですが、ここにきて今までの登場人物が皆が出てくるようなので展開的にこれからの話に期待。

一皮むけたひのきのぼう

投稿者: まめまる [2016年 10月 13日 01時 01分]
ボケとツッコミを人形劇でやらないスケールがあります。
物語全てがボケで、ツッコむのは読者に任せるスタイル。
キャラクターや世界観が、読者に全力でボケてきます、好きなだけツッコんでください。
キャラクターの役割が明確で複雑な味付けをされていない為、助長さがなく勢いを殺していない、それなのに勢いに巻き込みつつ、キャラクターを崩壊させずに、立たせています。良いバランス感覚だと思います。
何気なく開いたページでしたが、ちょっとした掘り出し物に出会えた気分です。

誰もが、ひのきの棒の様に可能性に満ちている

投稿者: 月末よしみん [2016年 10月 10日 14時 05分]
人は誰かに型にはめられて、知らない間にその形が自分のあるべき姿だと思い込んでいる。
しかし武器屋の伊藤さんはひのきの棒で、その型を叩き崩してくれる。

スタイリッシュ武器屋は、そんな話だと私は思う。

この物語を読んで行くにつれて、自分も心の型が叩き壊されていき、どんどん自由になって行く、その爽快感はいまでにない素晴らしい体験だった。

是非、私以外の方にもこの体験を味わってほしいと思う。
世界中の人々が、ひのきの棒の様に自由になる様に。

これはスーパーエンターテインメントだ。

投稿者: けけお [2016年 06月 05日 20時 58分]
僭越だが、とりあえず読めとしか言えない。
面白いとか面白くないとかいうレベルをはるかに超えている。
俺は、これはもはや小説ではないと思っている。スーパーエンターテインメントワールドだ。もはや小説を超えている。デズニー的な何かだ。ジャパニーズな祭りだ。ワッショイだ。タマラン。

連載が終わってから、まとめて読むヤツは不幸だ。この、更新が待ち遠しくてソワソワする感じ。コロコロコミックや少年ジャンプが待ち遠しかった、少年のあの頃を思い出す。
そして、読んだ興奮を本能のまま感想に書き込む喜び。

伊藤さん。俺もひのきの棒が欲しいです

あまりにこの作品が好きすぎて、ついハイテンションにレビューしすぎた。
ごめんなさい。

武器屋を中心に繰り広げられる、笑いと感動と成長のストーリー

投稿者: ロリ神 [2016年 06月 01日 10時 16分]
本作はいわゆる群像劇となっているが、余計な思考は無駄である。
勢いだけで読むべし。
全キャラの性格がぶっ飛んでいるため、読者を市中引き回すのだ。

細かい設定は気にせず(気にしたら負けである)、各キャラと伊藤のやりとりを単純に楽しむほうが本作品に向き合える。

珍念も言っている。
「設定も世界観も滅茶苦茶なのは、既成概念に囚われない自由な発想の持ち主なのです」
と。

絶賛するばかりでは、能がない感想になってしまうため
以下について指摘したい。
独白というか、感情が高ぶった時の口上があまりに長すぎて、盛り上がっている展開に水を差していると私個人は感じた。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ